topimage

2017-02

後編>『相棒15』第14話 - 2017.02.15 Wed

第14話『声なき者~突入』


劇場版へと繋がる鎖の輪は
山崎@警察庁長官官房総務課長とミッチーなのね。

前者は後味悪い、つーかムカつく終わり方だったし
後者は、まだ冠城さんと逢わず仕舞いだし。
(ナポリタンの店紹介しなきゃならないものな)



「酢豚のパイナップル食べられないのに」by冠城



↑確か、梅干しも苦手の右京さん>酸っぱい物がダメ?
酢豚におけるパイナップルの存在意義が分からない
…とか言っていた記憶があるけど
そんなに浮いているかなあ?
某中華料理シェフが酢豚の隠し味はイチゴジャム!
…と言っていたのだけど、そこはどう?



なんてことは置いといて


ヤクザ絡みのクラウドソーシングに
「いつの時代?」な“健全な家庭を守る会”
裏に隠されていたのはDV

さすが『相棒』、時代を表してますね。


「声なき者」であるDV被害者の一人@司君が
必死で声を上げようとしていたのね。

最初から計画的なものかと思っていたけど
ハプニングによる咄嗟の行動だったのね。

正当防衛を認められそうなので良かった。


「妻は夫に従い家庭を守り子供を国家のために役立つ人間になるように育てろ」
DVを行う人が必ずしもこの様な思想を抱いているわけではないだろうし
この様に唱える人が必ずしもDVを行うわけでもないだろうけど
ちょっと温床になっちゃいそうな考えではある。

役割的に、夫がリーダーとなり妻が支える…というのは良いと思うよ。
組織としてね。
でも、この言い方では、家庭の全てを妻に押し付けていることになる。
根底には男尊女卑思想があるし。

「奥様や子供はあなたの所有物ではない、彼らにも人間としての尊厳がある」
だから、右京さんのこの言葉は全くもって正しい。

だけど、その前にさ
お金は入れているかもしれないけど、他は何もせず威張っているだけで
ましてや暴力まで振るっちゃったらさ
「健全な家庭」でもないし「守る」という役割を果たせていない
つーか、自分で壊してしまっている。

理想云々の前に、会の名称からして大いなる矛盾(笑)

母親失格と非難された司君の母親が
司君の様な家族思いの息子を育て
司君は必至で家族を守ったわけで

この逆転が『相棒』らしい皮肉


事件そのものも、司君一家の今後も取り合えず解決し
明るい方向で終われそうだったところなのに
この「声なき者」の叫びを押さえつけようと画策し
最終的に出世までしちゃった山崎のおかげで
視聴者の心にはドンヨリしたものしか残らないのであった(^^;)

劇場版で解消せねば!
と煽られた人は少なくないハズ(笑)


今回、冠城さんがなかなかカッコ良かった。

「突入中止!」と叫ぶところといい
複数相手のアクションといい。

今迄は、どちらかというと、臆病だったんじゃなかったっけ?
それとも、今回のためにワザと爪を隠していた?


その冠城さんが、ミッチーとの出逢いを思い出し過去に遡る―
という形で始まった今回の話なのに
そこに至る前に終わってしまったな。

劇場版のラストがここに繋がるのか?




脚本:太田愛
監督:橋本一
ゲスト:及川光博 菅原大吉 六角精児




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


酢豚>パイナップル入り


ドメスティックバイオレンスを子どもの視点からとらえたノルウェーの絵本


DV被害の証拠に

自分探し>『べっぴんさん』第111話 - 2017.02.14 Tue

堀江謙一さんの手記『太平洋ひとりぼっち』は
石原裕次郎主演で映画化されているのね

ここで堀江さんを持ち出してきた理由が分かる気がする(笑)

…ひじゅにですが何か?



「俺が忠さんの墓たてるわ」by龍一



↑見事に丸投げ(笑)
すみれこそ、これじゃ最後に何が残るんだか…



主人を亡くした後の使用人の処遇。

かのさん@『あさが来た』は親戚の家へと帰って行った。
何て寂しい末路だろうと思ってしまった。
でも、かのさんは笑顔で去って行った。
皆が揃って見送っていた。

脇役ながら決め台詞も持たされていて
それが最後に生かされていた。


『べっぴんさん』は、それを超えようとして
見事に失敗した…んじゃないかという気がする(^^;)


高齢者が登場する物語にちょっと警戒してしまう傾向が
ひじゅににはあるのだが
それは、最終的に死を描く例が多いから。

逆に先の希望を持たせる話になっていると
上手い下手を別として物凄く感激する。

だから「冒険の旅」という忠さん&喜代さんの決断は
本来なら拍手喝采のハズ。

なのに…何か…何かな…


「はなさんとお話したい」
喜代さんったら、死を願っているのかと思ってしまったよ。


「お嬢様達、見事にそれぞれの美しい花を咲かせておられます」
つい最近まで、すみれを「お嬢様」と呼び続けていたのは
喜代さんの主人は、はなお母さんだけ…という示唆だったの?

はなお母さんが亡くなった時点で
喜代さんも今の忠さんと同じ立場になってしまったわけだけど
ゆり&すみれを育てるという任務がまだ残っていたし
そちらが終わる前に、さくらが生まれてしまったから
現在に至ったわけで…

はなお母さんが生きていたら
「ご苦労様でした」と微笑んでくれたかもしれない。
余生を過ごすための場所もお金も用意してくれたかもしれない。

でも、すみれも、さくらも、頼ってばかりのくせに
人間扱いさえしてくれない。

こりゃー逃げたくなるわ>ぉ


忠さん&喜代さんの「冒険の旅」は
結局のところ「死への旅」…(^^;)

龍一が「墓」なんて言い出したのが、それを示唆している>ぉ


坂東家ではなく、龍一が…
それも、お金と引き換えに…

ああ、何て殺伐としたドラマでせう。


そんな風にしか受け取れないっちゅーか
そう解釈でもしないとナンダカナっちゅーか(笑)


龍一も『べっぴんさん』の中ではちょいと浮いたキャラだから
取り扱いに困った渡辺が体よく追い出した…って感じだよな。

『さくら青春物語』前編では
彼女を未知の世界へと案内し、二郎さんに逢わせる役割があっただけで
メインの話にはあまり関わり合いがなかった。
出来事の前に他の友人達が迎えに来たりとかしてさ(笑)

後編に入って、さくら&健太郎にシフトするから
龍一の存在は益々邪魔(^^;)


もはや『ウェルかめ』と同じくらいか、それ以上に
脚本家の力不足が浮上してき…ゴホンゴホン!



終盤になるとカップル乱立も朝ドラ“お約束”。

「冒険の旅」の直後、というより最中に
タケちゃんの恋話が唐突に再燃?

忠さん&喜代さんをそそくさと結び付け
次は、ずっと独身をバッシングされ続けていた明美の件を
そそくさと解決?

タケちゃんがプロポーズした時に、もしも受けていたら
結婚至上主義みたいな印象を残してしまうから
この時まで待っていた?

ナンダカヨクワカラナイ…と思っていた栄輔さんの再登場は
実はここで三角関係を描くため?




決戦の日の前に>カツを食べて勝つ


自分探しが止まらない


国内でのハイキングから世界の冒険の旅まで

旅立ちの時>『べっぴんさん』第110話 - 2017.02.13 Mon

予告の時点で『さくら青春物語』はまだまだ続く
つーか
後編の始まりだ!

…と、一応覚悟はしていたのだが

幾ら何でも
すみれや“キアリス”がメインに戻り
さくらの話は脇で静かに語られる程度だろう…
と思っていた

そしたら龍一や健太郎までクローズアップされてきちゃったよ
二郎&五月も“ヨーソロー”もまだまだ出てくるよ

つーか
二郎の顔を見て笑っちゃったよ>こらこら

…ひじゅにですが何か?



♪俺はこの場で今、何をしているんだい?♪by龍一



↑“このドラマにこそ当てはまる言葉だろ!”シリーズ>また?


『べっぴんさん』前半の良い意味でのファンタジー世界は
麻田さんの死と共に消え去ってしまった。
いや、あの美しい世界のほとんどは
靴を作る麻田さんの美しい所作が担っていたのだろう。

彼の後を継ぐ存在になるかと一瞬だけ思えたママさんは
脚本家が気負い過ぎたのか単に力不足かで
ヘンテコなキャラになるばかりで中途半端に退場してしまった。

登場する度に微妙~なキャラに変化していったものの
ドラマに重みを加える役割はかろうじて果たせていた(かもしれない)
五十八お父さんもヘンテコな形で消えていってしまった。

最後に残った、このドラマの“良心”と言っても良い存在の
喜代さんが今、去って行こうとしている。


もはや一片の希望もない!?


わわわわたくしは、震える手を必死で抑えつつ
この感想を書いております(嘘


今週のタイトルは『旅立ちの時』―


あれだけ大騒ぎした、さくらの家出は
東京に行く!
という思いだけを残したらしい。

腫れ物に触るかの様な特別待遇の“キアリス”バイトで
リボンやト音記号の絵を異様に褒められたもんだから
美大に行く気満々の、さくらである。

進路が決まったもんだから
一時的な安心感に浸っている紀夫&すみれ。

   いやいや
   今だに食器も片付けない、さくらだから
   東京で些細なことで挫折するかもしれないぞ。
   そしたらまた男に逃げ込もうとするかもしれないぞ>ぉ



流行に流されやすい龍一は、ラケットからギターに持ち替え
「反体制」に酔っているらしい。

健太郎は家族の勧めで京大を目指しながらも
さくらの東京行きに心を揺らしているらしい。

   そんなんどーでもいい
   つーか
   そーいう話がメインになるのだったら
   萎えるなあ…>こらこら


そんな「旅立ちの時」に差し掛かったのは子供達だけでなく
予告通りに忠さん&喜代さんも同じ。

「さくらお嬢様がこの家をお出になったら私はどないしたら」
保育所問題の時からの繋がりで一貫しているかの様に聞こえるけど
さくらの長い長い家出期間はどうしてたの?

「私は何を残してきたんやろう」
すみれも、さくらも、喜代さんが育ててきたわけだし
“キアリス”も喜代さんがいたからこそ成功したわけだし
十分に大きなものを残してるじゃん。


さくらが良い成長を見せなかったから虚無感に囚われることになったわけね。
分かる、分かるよ…>ぇ

洗濯機が長々と映ったのは前作へのオマージュ?

いや、多分、色々な電化製品が登場したことで
家事も昔よりは楽になってきたから
益々自分の存在意義に疑問を持つ様になってしまった…
っちゅーことだろう。

何だか嫌な脚本だなあ。


「一緒に冒険の旅に出ませんか」
五十八お父さん生前葬の時のイキナリの初恋話から
今ここに来てイキナリ発展。

まあ、五十八お父さん自身が
娘ではなく兄の家に居候し、晩年は兄嫁&甥嫁に世話を丸投げ…
というリアル世界だったら、かなりの確率で嫌がられる選択をして
そのまま亡くなってしまったから
残された忠さんとしては否が応でも身の振り方を考えなければならないよな。

…と、脳内補完はバッチリの状況。


脚本家としては、この高齢者2人の処遇に
困り果ててしまったのかもな。

子供達の「旅立ちの時」に合わせ
堀江謙一さんの名を出して時代の雰囲気を示唆しつつ
表面上は綺麗に纏めたつもりなのね。


でも、視聴者の心に浮かぶのは
「姥捨て」という文字だろうな(^^;)


ところで―

二郎&五月の子供の名前は慎太郎。
裕次郎じゃアカラサマ過ぎるから兄の名を取った?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー







『ヒメアノ~ル』 - 2017.02.12 Sun

観てしばらく経つのだけれど、心のどこかに引っ掛かって取れないので
感想を書くことで消化できればと思います。

かなり壮絶な殺人シーンが複数あるので、決してお勧めはできません。
でも
ラストシーンに全て持ってかれるので、あまり気にならないとも言えます。

   ↑個人的意見

*「ヒメアノール」=ヒメトカゲ
体調10cm程で猛禽類の餌にもなる小型爬虫類
つまり
「ヒメアノール」=強者の餌となる弱者



☆★☆★☆ネタバレあり★☆★☆★


原作は未読なのですが
聞くところによるとテーマが変えられているそうなので
別物として楽しむのが正解みたいです。


「お母さ~ん、麦茶2つ持ってきて」


高校の同級生だった森田と岡田という2人の青年が登場します。

森田を主人公とした連続殺人事件と
岡田を主人公としたラブコメとが交互に描かれます。

原作では
最後まで、この2つの世界は交わらないのだそうです。

森田の殺人の動機は
人を殺すことで性的快楽を得る…という持って生まれた特質
によるものだそうなので
そう生まれついてしまった者と、幸いにもそうではない者との
人生を対比的に描いているのでしょうか。

勿論、「強者」と、その餌となる「弱者」を示してもいるのでしょう。


映画の方は
2つの世界は完全に一つになります。

高校時代に酷いイジメに遭ったことが土台となっているので
被害者になってしまった者と、幸いにして免れられた者との
対比であると同時に
実は岡田もそのイジメに加担してしまったことが判明するため
ラストでは2人の対峙が必然となってくるのです。

「強者」と「弱者」は入れ替わります。


最初は岡田ワールドから始まります。

彼は20代半ばくらいのフリーターで、現在は清掃員のバイトをしていて
友達も恋人も趣味もこれといった夢や目標もなく、虚しい日々を送っていましたが
ひょんなことで知り合った女の子@ユカから告白され、付き合うことになります。

冴えない主人公を可愛い女の子が積極的にアタックしてくる、という
まさにラブコメ!という展開です(笑)
ネット用語で言うなら、喪男からリア充へと一気に昇格です。

そして、そこまで進んだところで、ようやくタイトルが出て
森田の視点へとイキナリ変化して、画面全体のトーンが一気に暗く変化します。
ここがまず素晴らしいです。



岡田ワールドも明るいところばかりではなくて
ユカを先に好きになった清掃会社の先輩@安藤が癖のある人物で
笑っちゃうんだけれども、ちょっと不気味なムードを醸し出しています。

森田もユカのストーカーだったことから岡田ワールドに関わることになるので
キャラ的には、この安藤と森田が対比されているのだと思います。

安藤は始めは岡田の名前もウロ覚えだったのに
ユカのことで「親友だよね」と岡田に頼り
ユカが岡田の方を選んだことを知り「絶交」を言い渡し
森田に重傷を負わされた後「俺達、親友だよね」と岡田を許すのです。


森田の方は高校時代のイジメっ子のリーダーを殺し
共犯者の和草を恐喝することで今迄暮らしてきた様子です。
反逆しようとっした和草&婚約者を殺したことがきっかけとなり
連続殺人が始まります。

恨みつらみではなく、寧ろ全く感情のないまま…ってのが怖いし
却ってリアルに感じられたりもします。



イジメっ子の遺体の前で自慰行為をするシーンがありますが
原作の様に殺人に性的興奮を得たからというよりも
女生徒達の前で自慰行為をする様に強いられた経験から来ているもので
性的快楽とは、あまり関係ないんじゃないかなあ…という気がします。
あのイジメっ子には、あの行為で締めくくるのがふさわしいっていうか。

まあ、殺人だけでなくレイプも伴いますし
和草達を殺すシーンでは岡田&ユカのラブシーンと重ねて描いていたので
少しは関係しているのかなあ。


ともかくも、森田の方もまた「友達」が深く関係しているところが
安藤と対になっていると思います。


反面、彼に対し罪悪感を抱いていた岡田のかつての行為のことは
森田は全く忘れていたかの様な態度を示すんですよね。

でも、忘れたわけないと思うんです。
寧ろ、一番ショックだったことかもしれません。
ショック過ぎて、その時の記憶を失ったってこともあるかも?

本音を隠すこと、さっき口にしたばかりの言葉を「言ってない」と誤魔化すのが
彼の生きる手段だったらしいことが最初の方で示されていましたので
それが伏線だったとも考えられます。


ラストは、岡田と一緒だったからこそ、ああなったのでしょう。

犬のことも
上記の台詞も
それが示す記憶障害も。

安藤の「俺達、親友だよね」に繋がっていると思います。


出演者は皆、素敵です。

ムロツヨシが上手い。
勿論、濱田岳も。

森田を演じきった森田剛は最高に素晴らしいです。

殺人シーンにしても、動きも良いし迫力もあるし
何もない空洞の様な暗い目をしているところが何とも言えません。

ラストは泣けます。
物凄く切ないです。



2016年/日本
監督/脚本:吉田恵輔
原作:古谷実
出演:森田剛(森田)
濱田岳(岡田)ムロツヨシ(安藤)佐津川愛実(ユカ)
駒木根隆介(和草)山田真歩(久美子)大竹まこと(清掃会社社長)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ブルーレイ>豪華版


原作>全巻セット


DVD>豪華版

辛ネギ味噌ラーメン&佐野ラーメン - 2017.02.12 Sun

またラーメン屋さんに行ってきました。
先回とは違う店。

といっても、ちょっと前に一度行ったことがありまして
その時は
私が味噌ラーメン+別売りのトッピングで辛ネギをチョイス
連れは佐野ラーメン
…を注文しました。

なのに何故か
やって来たのは普通の味噌ラーメンと辛ネギがたっぷり乗った佐野ラーメン。

2人共チキンなので文句も言わず
そっと辛ネギを私の味噌ラーメンの方に移して食べたんですが
佐野ラーメンの澄んだスープを真っ赤に染められた連れは
ちょっと悲しそうでした(笑)

そして今回
また同じメニューを注文してみることに
(チャレンジではなくリベンジ?)


辛ネギ味噌ラーメン

ラーメン-辛ネギ
ラーメン-辛ネギ posted by (C)ひじゅに

最初から辛ネギありのメニューができていました。

辛ネギの下には普通のネギ・細かく切ったチャーシュー・コーン・ワカメ等。
青竹踏み手打ちと謳ってある麺はやや太めでザックリした感じ。
量は結構多いです。

悪くはないんだけど…特別美味しいという程でもなく…という感じ。



佐野ラーメン

ラーメン-佐野
ラーメン-佐野 posted by (C)ひじゅに

連れ曰く
「あまり美味しくない。〇店のフードコートの方がマシ」



…ということなので、今回でオシマイとなる模様(^^;)
なので店名は伏せておきます(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


佐野ラーメン


味噌ラーメン


お米のラーメン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

べっぴんさん (115)
相棒 (109)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (10)
食べ物・飲み物 (19)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR