topimage

2017-04

元気です>『ひよっこ』第14話 - 2017.04.18 Tue

比較しても仕方ないから

つーか
比較しようがないから

比較しようという気持ちさえも起きないんだけど

でも、つくづく思ってしまったよ
やっぱ脚本が上手いと違うよな…って

…ひじゅにですが何か?



「奥茨城村は元気です」byみね子



いよいよ青年団との対峙―
そこまでの過程はコミカルに描かれる。


*まずは青年団メンバーを軽く紹介

「青年?って感じの人もいますね」
と、ちょっと笑いも入れたりして
でも、団長&副団長について詳しくは語られない。

以前

団長@三男の兄は
「俺の言うことなんて頭っから聞いてくんねえ」
「保守的」
…と、三男の口から

副団長@時子の兄は
「村で一番ケチ」
…と、時子の口から

それぞれネガティブな面を語られただけなので
これは難しそうだ…
というイメージが視聴者の心に作られている。


*家を出る際の、三男・時子・みね子の様子

事情を知らない親から引き留められる三男と時子。
それぞれの、親のキャラや家族間の立ち位置等も
ソコハカトナク分かる描き方。

励まされ見送られる、みね子。
ガチガチに緊張している姿がカワイイ。
「東京の実さんに届く様な気がして」
美代子母さんやお祖父ちゃんの心情も滲み出る。


*ビビリながらも会場に入っていく3人と覗き見する母3人


立ち聞き覗き見は朝ドラ“お約束”中のお約束。
でも、こんなに自然&生き生きとした覗き見があっただろうか(笑)

上記の遣り取りが合った後だし
三男を見かけた母@きよさんが様子を気にするのは自然だし
時子さんがお茶菓子を持って来るのも
矢田部家にも何度もそうしてきたのを見せているから自然だし
みよ子母さんが(お祖父ちゃんに促された上で)心配して来たのも自然。

物語を勧めるための安易なきっかけとしての覗き見ではなく
お節介から来るものでも勿論なく
中の様子に一喜一憂する姿に親の情が表れているし
素朴~なオバちゃん達って感じがすこぶる良いと思うよ。


で、いよいよ青年団を前にする3人―

一旦は却下される…ってのは、お約束だし
この時点では、青年団側が頭が固いっつーか
簡単に言ってしまえば“悪役”に見える。

だって
団長も副団長もネガティブなイメージのままだから。

それに
三男が村が大好きなのに東京に行かねばならないことを知っているから。

家族に反対されながらも東京行きを決意している時子だって
夢のためであって、村や人々を嫌ってのことではないし
ましてや、実父さんは…

そうした、出て行かざるを得ない人達ばかり見て来たから
どうしても、そちらに同情的になってしまっていた。


でも、ここで
「生まれた時からここ出て行くことなんか
できねえ運命の人間のことは考えねえのか?」
…という、団長の言葉にハッとさせられた。


そうだね…逆の立場だからラッキー!とは限らないよね。

人は、物事は、色んな面から見ないと分からない。
それぞれの面に、それぞれの悲しみもある。

自分ばかりが悲劇のお姫様だと酔っているのは愚かなことだな。

「俺達はちゃんと現実を見て生きてんだ」
どうにもならない現実の中で、それを良い方向に転化させようと
頑張っているんだなと思う。

そして、その後の逆転が感動的。

思いが先走るばかりで
その思いもまだ一方的で
それを具体的な形にするのはまだまだ拙い
3人の子供達を諭す様にテキパキと話を進めて行く青年団。

あのコンビネーションも凄い(笑)

宗男叔父さんの
「俺は決めたんだ、笑って生きるってな」
という言葉を思い出すな。

このドラマに出てくる大人は皆とても「大人」だ。



でさ、この話し合いの中で
ヒロインみね子が全く出しゃばらないところも良いよね。

演説するのは三男だし>今日の主役は彼
「何で?」と先に反論しかけるのは時子だし

アンカーをみね子に決めるのも自然な流れ。

実父さんが出稼ぎに行っていることは皆が承知だろうけど
失踪の件はまだ知らないんだろうな。

朝ドラ“お約束”では、もう全員に知れ渡ってる頃なのに(笑)
それで皆がヒロインに同情的になり
ヒロイン中心に都合良く話が動くってのが相場なのに(笑)

そうなっていないところが、とても心地良い





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ゴボウ


自由の女神トーチ


元気です

明日に向かって走れ>『ひよっこ』第13話 - 2017.04.17 Mon

『幸せなら手をたたこう』
幼稚園の時だったかに歌わせられたけど
ヒネクレひじゅにには、まさに「明る過ぎ」な歌で
ちょい苦手だった

この歌詞を手掛けたのは木村利人さんという人で
彼がフィリピンに農村復興ボランティアに出掛けた際
「僕達、友達になろう!そして二度と戦争が起こらないようにしよう」
…と
涙ながらに語り掛けてきた一人の青年の言葉が発端となり
生まれたのだそうだ

身にも心にも大きな傷を負った悲惨な過去を背景にした
「平和の誓い」の歌なのだね

認識を改めたわ

…ひじゅにですが何か?



「いつもと変わんなくしてなきゃいけねえんだよ」

                                                                                                       byみね子



美代子母さんの口から
今、矢田部家に起きている出来事を聞かせてもらう
みね子の図ぅ―

このドラマは始まった瞬間から
「大人」「東京」という言葉や、それらが伝える概念が
何度も何度も語られている。

特に「大人」は
タイトル『ひよっこ』に結び付いた、大きなテーマだね。

実父さんのことを隠されていた時は「子供」
でも今は「大人」として話を聞く、みね子。


既に大人である母さんだって耐え難いことはある。

目の前にいる我が子に、最初は気遣いながら言葉を選んでいたけれど
途中から、ついつい感情的になってしまうのは無理もないこと。

そんな母親に
「一人で怖かったんじゃねえの?」
「私がもっと大人だったら、一緒に行ってあげられたのに」
と、気遣いを示す、みね子。

少しは覚悟していたとはいえ
父親が失踪してしまったという知らせは
とても冷静ではいられないほどの衝撃的なものだったろうに
母親を責めるでもなく縋るでもなく
逆に、その心に寄り添い、思いやりを示す。

うん、物凄く「大人」だ。



父親が出稼ぎに行っていることで
家族全体が変わったのだと、みね子自身が言っていたけど
今度はこの失踪で…みね子はさらに成長している。

悲しい出来事で精錬されるって、悲し過ぎるんだけど…
でも、大きく成長していくヒロインが描かれるのは素晴らしいと思う。


自分がショックを受けた様子を見せていたら
母さんもお祖父ちゃんも余計に辛いだろうし
みね子よりまだ「子供」の、ちよ子と進もいる。

だから、ワザと元気にふるまう、みね子。

いつもの自分で居続けなければならない…と
今度は逆に(話してくれる前の母親みたいに)
明るく振る舞うことを自分に課す。

これは「大人」ならではの責任であり、悲哀だよなあ…
強さでもあるな



そんな彼女の様子を敏感に察知し
優しく事情を聞き、抱き締めてくれる親友達。

美代子母さん+みね子も良いシーンだったけど
その前の回の、お祖父ちゃん+みね子のシーンも良かったけど
この友達のシーンも素敵だね。


友達繋がりで、公子さん@時子母が訪れるところもホッとする。

最初は、時子から事情を聞いて慰めに来たのかと思ったけど
まだ学校から帰って来る前だし
美代子母さんの様子にビックリするところからして
まだ何も知らないままだったのだろう。

以前にも、ああして矢田部家の畑にやって来たことがあったからね。
いつも、ああして親しく交流しているってことだよね。

みね子を抱き締める時子の姿と呼応するかの如く
美代子母さんを抱き締める君子さん。

今日はやはり「友達」押しだな。


ヒロインの悲しみでドラマ全てを覆ってしまうのではなく
聖火リレーを巡る青春物語もしっかりと進行中。

TVや新聞に宣伝してもらおうと提案する時子。

これで両方のネタが結び付くってことなのかな。
実父さんがチラリとでも見てくれたら幸いだよね。

また涙を流す、みね子
みね子を抱き締める時子

でも、その最中に
「羨ましかっぺ?」
と三男をからかう、みね子。

うん、このバランスが良いな。


この3人だけでなく
他のクラスメート達にも協力を仰ごうよ!って思うけど
今のところはまだ、この3人だけだから救われているものがあるね。


ドラマとしては
合間に『ひょっこりひょうたん島』の歌が入ったこと
いつもの通り、みね子の父親に向けたモノローグが入ったところが
効果的。


ラストは
また泣き出す、みね子と
みね子を抱き締める時子。

この繰り返しがまた良い感じだ。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ガリ版刷ポストカード


『幸せなら手をたたこう』収録


災害時でも「いつもと変わらない」食事を

カップヌードル ぶっこみ飯 - 2017.04.16 Sun

多分もうかなり遅めだと思うけど(笑)

カップヌードル ぶっこみ飯

を食べてみました。

bukkomi-a
bukkomi-a posted by (C)ひじゅに

説明によると

カップヌードルを食べた後のスープにご飯をぶっこんだ
「あの味」を再現しました。
カップヌードルのスープをベースにフライ麺の香ばしい風味を加え
熱湯調理が可能な湯戻りのよいライスを合わせました。


だそうで

bukkomi-b
bukkomi-b posted by (C)ひじゅに

なるほど、中身はお米です!

具は普通のカップヌードルのと同じ。
麺の代わりにお米が入っているって感じ>あ、そのままか

bukkomi-c
bukkomi-c posted by (C)ひじゅに

できあがり。

味もカップヌードルまんま。
つまり、麺を食べ終わった後にご飯を入れたところを
再現したというわけですな。

だったら、ワザワザこんなのを作らなくても
各自がご飯を用意すれば良いことじゃん…って気もするけど

麺とご飯両方じゃ食べきれない!
でも、ご飯で食べたい!
という人のためにピッタリ!

ってことですな。

bukkomi-d
bukkomi-d posted by (C)ひじゅに

まあ、そういう風に食べることはないのでハッキリとは言えないけど
多分、普通にご飯を入れるのとはちょっと違います。
多分、ぬめり加減とか。


★☆★☆★☆

【感想】

-私-

美味しい。
でも、味が濃い。
少し食べれば、もういいやって感じ(笑)


-父-

美味しい。
味が濃い(お湯を足してました)
最初はかなり良いと思ったが、途中で飽きた。

☆★☆★☆★

皆さんはいかがでしょうか?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


カップヌードルぶっこみ飯


チキンラーメンぶっこみ飯


ドリームトミカ

蒸発人間>『ひよっこ』第12話 - 2017.04.15 Sat

昨日は東京の冷たい部分が―

今日は東京の温かい部分が―

週の終わりに温かい方を見せてくれる
この配慮が良いね

…ひじゅにですが何か?



「何だか楽しい」by鈴子



↑この台詞に泣けた。

今迄もウルウルすることはあったけど
今回は涙が溢れた。


「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」
「出稼ぎ労働者の一人」じゃなくて「矢田部実」という名前を持つ一個の人間

そんな美代子母さんの主張をちゃんと聞いてくれる人がいた。


同じ茨城出身の警察官@綿引さん
同じ…ってところに温かさも感じるし
同じでなければ分かってくれない東京の冷たさも感じさせる。

「非番の日」限定ってことで
つまりは正式な創作ではないってことだし。


冷たさにばかり触れてきて、心が凍えそうになっている母さんは
この思わぬ助けに、ホッとする前に戸惑ってしまう。

冷たさにばかり慣れてしまって、こんなのドラマならではの都合良い展開だよな
…なんて斜めな見方をしてしまいがちの視聴者は、それでもやはりホッとする。
何だかもう本当にホッとする。


「お忙しい時間はもう終わりましたでしょうか?」
マッチを頼りに“すずふり亭”を訪ねる美代子母さん。

マッチが登場した時点で、こうした展開になることは予想できたけど
母さんが店仕舞いまで外で待っていたのかと思うと、そこが切ない。


重箱を渡されて、それを愛おしそうに撫でる母さん―
父さんが取りに来るまで預かると言ってくれる鈴子さん―
夕食を出そうとしてくれる省吾さん―
家族皆で来るまでは…と断る母さん―

身も蓋もない言い方をすると、全て想定の範囲内。
ベタな展開とさえ言える。
だけど、そこが胸に迫って来る。



「ああ、やっぱりいた」
駅の待合室で始発を待つ美代子母さんを見つけてくれる鈴子&省吾。

「お夜食、食べましょ」
店の料理ではなく、いなりずしを持って来てくれる鈴子&省吾。
レトロな水筒も一緒。

「ありえねー!」
と、現代の価値観が染みついちゃっている視聴者は
驚愕しながらも、何故か照れながらも
ここでマジ泣きしてしまうのであった。


いやあ、岡田君!
さすがだな、岡田君!


出来過ぎでも良いよ。
いや寧ろ、出来過ぎなくらいで良いよ。
人はこれだけ優しくなれるんだ!ということを
思いっきり描いてほしい。

ヒネクレひじゅにだけど、マジ思うのであった。


でもって

“母さんin東京”だけでなく
ちゃんとヒロインの姿も交互に描くのを忘れない。

大人と子供の狭間で不安に揺れ動いている、みね子に
藁を編む手伝いをさせてくれる、お祖父ちゃん。

ここは、ちょっぴり「大人」の扱いでもある。
でも、不器用で上手くできないってところが
みね子というキャラを表してもいる。

今は父さんのことで大変な時で
みね子は常に父さんに心の中で話しかけていて
…そんな中で

「父ちゃん似だな」
と、お祖父ちゃんに言われて
それを喜ぶ、みね子
…という図が切なくも温かい。

何もかもが切なくて暖かい。


ラストは
「お帰り」
「ただいま」
と、互いに言い合う母娘の図ぅ―

まだ事情は何も知らないけれど
心で感じ取っている、みね子と
みね子を観ながらどんどん涙目になっていく美代母さん。

「大人」になりかけで
同じ「女」でもある、みね子にだから
ああいう表情になったんだろうと思う。

みね子は、母さんの思いをしっかりと受け止めることができる
ということだよね。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


小松基地航空祭で1日2000個売り上げた大人気商品>だそうですわよ奥様


「蒸発人間」等、昭和三〇年代の世相を語る


中身は付かないけど、取箸&間仕切り3種付き

いばらき>『ひよっこ』第11話 - 2017.04.14 Fri

「インド人もビックリ!」

というフレーズは知っていたけど>有名だものね
ああいう映像だとは知らなかった

ちょいとカルチャーショック>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「お母さんは大丈夫でしょうか?」byみね子



昨日の
「何でお母さんは私に嘘をつくんですか?」
の後に、こう↑続くのが良いね。

「嘘」をついた母親を責めているのではなく
「嘘」が問題なのでもなく
「嘘」の向こうに隠された何かへの不安と
そうやって隠さねばならない母親を心配する気持ち。


聖火リレーを巡る明るい青春物語と
家族の上に射す不穏な影。

自分が居たという証を残すため
聖火リレーを計画する三男。

理由も伝えず、予兆もなく
存在を全く消してしまった実父さん。


第一週であんなに明るく美しく幸福感に溢れていた
みね子の日常が
急速に暗く陰っていく。


それでも

聖火リレーの計画は進んでいるし
(いよいよ青年団に話を持って行く様子)

今日のところは、時子と2人きりで活動しなければならないのを
三男はちょっと喜んじゃってるし

進君リクエストのカレーを作るシーンも楽しそうだし
(カレーパウダー&小麦粉に魚肉ソーセージ)

カレールーはまだ奥茨城まで届かないけれど
TVCMは行き渡っていて
それを真似する進君は無邪気でカワイイし

ちよ子はまた少し大人に近付いているし
(みね子の役割を彼女が担うことになるんだろうな)

ドラマのトーンが沈み切らないよう
楽しい要素も所々に散りばめてある。


そこのところに、ちょっとホッとするし
それ故に起きている事柄の重さが際立ってもいる。


「嘘と分かっても、母ちゃんから離すまで待ってやれ」

お祖父ちゃん&みね子のシーンは良かったね。
理解して、それ以上は追求しない、みね子も
そんな孫の方を抱く、お祖父ちゃんも。


美代子母さんは東京の「陰」に触れる。

「東京を嫌いにならないでくださいね」と言ってくれた
あの温かい“すずふり亭”とは対照的。

駅から宿舎へ―

「どんな人だったかもよく覚えてないのよ」
と言う管理人さん。

僅かな服と家族からの手紙の束が入っている鞄。

父さんが過ごしていた部屋。


敷きっ放し&乱れたままの布団や
煙草の吸殻や汚れた食器の山は
まあ、男ばかりだから…とも言えるけど

あれだけの部屋にあれだけの大人数がひしめいているのだから
最初から劣悪な環境。

そんな中で父さんは夜を過ごし
何の楽しみもなく働き詰めの生活を送っていたのだと
思い知らされた母さんの心境が思いやられる…


この部屋のシーンで
いつも父さんが座っていた位置に置かれた布団だけが
キチンと畳んである。

そこが、父さんらしいくて、尚更切ない。


建築会社へ―

何の手掛かりもないばかりか
「多いんだよね、奥さんみたいな人」
出稼ぎ労働者が陥りやすい危険について
つまりは“現実”について知らされる。


警察署へ―

見知らぬ子持ち女性の様子を間に挟んだことで
ラストの母さんの台詞が際立つ。

「出稼ぎ労働者を一人探してくれと頼んでいるのではありません」

他人にとっては「よくあること」
似た様な訴えを毎日「腐るほど」聞かされている警察にとっては
まさに「労働者の一人」に過ぎないのだろうけど

「矢田部実という人間を探してくださいとお願いしてます」

一人一人が生きた人間なんだよなあ…

それを叫ぶ母さんの演技が良かった。
お祖父ちゃん&みね子と並んで
今日な名シーンが2つ。

あ、進君の「インド人もビックリ!」や
ちよ子が味見をする仕草に「大人」を漂わせるところも、だな。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


カレーパウダー


魚肉ソーセージ


インド人もビックリ!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (18)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (26)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR