topimage

2018-02

お粥とスカーフ>『わろてんか』第117話 - 2018.02.20 Tue

​​​​​​​​リリコ&四郎の恋話にも
大して興味涌かないけど

隼也&つばきよりは
まだ好意的になれそう

風太&トキの方が
藤吉&てんよりはマシだったのと同じか?

でも、どれも
どーでもいいっちゃどーでもいい(笑)
…という意味では似たり寄ったり

この温度差が「​ちっちゃな​」というタイトルに表れている?

…ひじゅにですが何か?



​「藤吉君に似てきた」​by栞



↑いいかげんシツコイんですけど(^^;)


マーチン・ショーという名前も
いいかげん飽きてきた。

同じ言葉を繰り返せば、おバカな視聴者は簡単に洗脳される?

ひじゅには、かなり単純だけど
実態が何だかサッパリ分からないのに
名前ばかり連呼されたり>マーチン・ショー
だめんずぶりしか見せられてこなかったのに
真逆のイメージを押し付けられても>藤吉
悲しいことに​心が全く追いつかない​んですけど(^^;)


でもまあ、隼也も今日のところは
暴走せず地道に頑張っていく気持ちになった様子で
取り合えず安心…しても良いのかな?

「僕がアメリカおった時
苦しかったり辛かったりした時も
このショーを観たら元気になれたんです」

そんなん知らんがな(酷)

海外に行くこと自体が難しかった時代に
(それこそ父@藤吉に誓ったハズの大学を中退して)
親のお金で渡米し祖母の家に滞在しながら
色んな“娯楽”を観て回っていたのを
「苦しかったり辛かったり」と堂々と言ってしまうのもなあ…

つーか
そのショーがどんなもので
どんな風に元気にしてくれたのか
そこを説明しなくちゃダメじゃん。


そして、またまた
つばきさんと逢って鼻の下を伸ばす隼也。

​今度は何を企んでいるんだ、つばき!?​

としか思えない登場の仕方ばかりだな(笑)

まず、そんなことはない
このドラマにそんな裏のある話は描けない(酷)
…とは思うけどね

だからって
彼女の印象が良くなるわけでもない。

そんな彼女に持ち上げられヘラヘラしちゃう隼也も
ナンダカナ…だし(笑)

嫌いでもなければ好きでもない組み合わせ。

朝ドラにバカップルも付き物だけど
それこそ、微笑ましいどころか
呆れるばかりのバカップルも多いけど
この2人はまだ、その域にも達していない感じ。

さくら@『べっぴんさん』みたいに嫌悪感を抱くくらいの方が
ドラマとしては良かったりして?


この2人と並行してリリコ&四郎の恋話も進める様子。

同じバカなことしちゃうのでも
リリコにふさわしくなりたくてダイエットして倒れてしまう
四郎の方が可愛気はあるな。


「このご時世、何かと当局から睨まれるんと違いますか?」

唯一気になったのは。この点。
今が昭和の何年頃なのか忘れちゃったけど
そろそろ戦争の影がチラつき始めた模様。

それが最後の​山場​となるのかな?
それともタイムワープで華麗に​スルー​





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


スカーフ猫のコインケース


発芽玄米お粥


美味しい恋物語


​​​​​​​​

ちっちゃな恋の物語>『わろてんか』第116話 - 2018.02.19 Mon

​​​​​​​​どーでもいいことなんだけども…

つばきさんが隼也を訪ねて来た時
持って来た菓子折りの中身は何だろう?

隼也は似顔絵饅頭その他色々売っているわけじゃん?
似た様な物じゃ難だし…

と、余計なことを考えてしまった(笑)
本当に、どーでもいいですねそうですね

…ひじゅにですが何か?



​「藤吉君なら、どうしたかな」​by栞



↑先週、隼也の失敗は

藤吉に似ている

ということを免罪符に
甘々に締めくくられてしまった。

藤吉幽霊の再登場で、そこをダメ押し。


そして今日

全く反省していない隼也を
またもや周囲が甘やかしまくる。

“藤吉に似ている”ことは最大の美点であり
全てを凌駕するものなのね。

藤吉ったら回想シーンでまたもや登場してるし(笑)


隼也を持ち上げている様でいて
実際には、ひたすらひたすら​藤吉上げ​

そんなに松坂桃李さんが好きなのかい?
それとも、藤吉を物凄く魅力あるキャラに仕上げられたと
悦に入っているのかい?

…って感じ。

後者だったら勘違いも甚だしいし
後者がそんな有様なので
前者を台無しにしている。


せめて、上記の栞様の台詞をてんに言わせてやれば良かったのに…

本当は、マーチン・ショーの件も
てんが言い出した方が良かった気がする。

何か、このままでは

​ヒロインを徹底的に無視する意向なのか!?​

…としか思えないんですけど?


ミスリリコアンドシロー誕生エピは
てんが「お飾り」ではなく立派な「興行師」として成長している
ってことがテーマの様だったけど

実際に目立ったのはリリコだった…ってのは置いといても(^^;)

栞様を始め、周囲にお膳立てされまくりで
てん自身の才能がどうかってのは伝わって来なかった。

そして今回もまた、お膳立てされまくり。

隼也に対する思いも
「厳しさこそが親心だと、てんは信じていました」
という最後のナレーションからすると
間違っているのは、てんの方…って結論になりそう(^^;)

母としても興行師としても「お飾り」
ヒロインとしても「お飾り」


別に葵わかなさん押しってわけじゃないし
寧ろ、CMで見かける度に彼女の存在が
既にトラウマっぽくなっているのを感じているくらいなので(^^;)
彼女が最後まで影が薄いままでも
そーいう意味では気にもならないだろうけど>ぉ

でも、ドラマとしてバランス悪過ぎない?

何より
吉本せいさんに失礼だよね。


そして

そんなモヤモヤを抱える視聴者を置いてけぼりにして
ドラマはラブストーリーに突入して行く模様。

ああ、楽しみだなあ…(棒)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー








​​​​​​​​

ブイヤベース - 2018.02.18 Sun

​​​​​​​ブイヤベース​を作ったので写真を載せちゃいます。
だって作ったのは初めてなんだもん(笑)



bouillabaisse
bouillabaisse posted by (C)ひじゅに


昨日は溜めておいた洗濯物を一気に処理。
干してから猫を医者に連れて行き
ちょこっと買い物に回ってから帰宅きた頃には
太陽がすっかり隠れ強風になっていました。

なので、夕食にはブイヤベースを作りました。

といっても冷凍食品(魚介類+濃縮スープ)に
水と野菜を加えて煮込んだだけだけどね(笑)


↓↓↓評価↓↓↓

​――​
美味しかったです。
もうちょい辛ければ言うこと無しって感じ。

​――​
辛くて食べられない」
(半分以上残してしまいました)


​真逆​じゃん。


ちなみに、猫は
一か所だけ小さく毛が抜けていたのですが
診てもらったら皮膚病の一種ということでした。
元気だし食欲もあるし、心配はいらないとのことでした。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


お湯で15~20分温めるだけ


5~6種類のシーフードをサフランの香りをつけてトマト風味のスープ仕立てに


特製スープに魚介と野菜をセットアップ


​​​​​​

謝り方>『わろてんか』第115話 - 2018.02.17 Sat

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​猫を医者に連れて行ったので遅くなっちゃいました
(一か所だけ皮膚病の兆候があるだけで元気は元気)

取り合えず

羽生結弦選手と宇野昌磨選手
おめでとうございます!

…ひじゅにですが何か?



​「すんませんでした、精進します!」​by隼也



またもや布団で眠っている、てんの図ぅ―

またもや藤吉幽霊の登場か?
と、冗談半分でいたら
いや、100%冗談のつもりでいたら

​​​​冗談じゃなかった!?​​​​


…いや、さすがにここでは出て来なかったんだけどね(笑)


誰よりも早く起きて“風鳥亭”の掃除をする隼也の図ぅ―

一応、反省しているそぶり。
そんな隼也に謝り方を教える風太。

あのう…

ここは笑うところなんでせうか?
ももももしかして
風太と隼也のやり取りを漫才に見立てている…のでせうか?


一応、へりくだっている隼也の図ぅ―

そんな彼に周囲が雑用を言いつける。
ここもまたギャグタッチ。

いや、ギャグだって構わないんだけどさ。
変に暗く湿っぽく描かれる方が嫌だけどさ。

でも、お笑いこそが緩い出来だから
肝心の隼也が益々軽く浅く見えてしまう(^^;)


「ホンマはあのお嬢さんに
ええとこ見せたかったんとちゃうか?」
本質を突いてういるリリコ(笑)

でも、ここでもまた隼也に軽い反応をさせ
ギャグにしようとするから
反省している様になまるで見えない。

もっともここは、隼也&つばきの恋話の前振りっちゅーか
予告みたいなものなんだろうけどね(^^;)


そして、ひじゅにが予想した通り
つーか、誰でもわかることだけど(笑)

「本物のマーチン・ショウが東京公演をやりたがってるみたいだ」
と、朗報を携えてくる栞様。

「隼也君の目の付けどころは間違ってなかった」
と、結末は隼也上げ。

失敗どころか​大成功​
まさに功績を残したってところだな、隼也。


何ちゅーかさ…

今回の「失敗」は目の付けどころ云々の問題ではないんじゃ…
詐欺でさえも結果論に過ぎないんじゃ…

それこそ基礎の基礎に関わることじゃないのかなあ?
商売人としても人間としても。

でも、そこはまるっと​スルー​なのね。


おまけに最後は父親の失敗談に大笑いする隼也の図ぅ―


昨日、あれだけ隼也を甘やかしていたのに
今日は今日で、さらに甘やかす。

​良いのか、これで?​

少なくとも、面白くはないぞ。
少なくとも少なくとも、私はね。

↑そんなんどーでもいい?


そして​、藤吉幽霊再登場!

脚本家なのか
スタッフ全体なのか
知らんけど

もう、よっぽど

松坂桃李が好きなのね

って感じ?

いや、ひじゅにだって嫌いじゃないけどさ
藤吉役は黒歴史の部類だと思うな。

なのに、いつまでもいつまでも縛り付けられて
気の毒過ぎて泣けてくるぜ。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


謝り方


拭き掃除ロボット


幽霊


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

甘やかし>『わろてんか』第114話 - 2018.02.16 Fri

​​​​​​​​​隼也が謝れと言われた時
もしかして謝れなくて

♪ごめんね~と
言えない~
あな~たのため~に~♪

と、主題歌に続くのかと期待してしまった(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「蜘蛛の巣ある!」​byてん



↑この台詞回しは上手かったぞ、てん>褒めてます



てん:ほらね
 諦めないで頑張り続けていれば演技力だって上がるのよ

隼也:うん、だから僕はマーチン・ショーを諦めない
 いつかきっと日本公演を実現させてみせる

て:もう、お金ないじゃん

隼:栞様が出してくれるよ
 つーか、今度は栞様が動いてくれるよ
 ​僕の失敗から学んだだろうから​

て:学ぶべきなのは、あんた自身でしょ

隼:自分の監督不行き届きだって反省してたじゃないか
 実際、あの人のやり方は緩いよ
 僕がいざという時は行動に出るべきと教えてあげたんだ

て:無謀なだけでしょ
 栞様はもっと思慮深いわよ

隼:結果論だろ
 僕は一生懸命やったんだし
 マズイところがあったとすれば
 それは風太さんに変に押さえつけられてたからだよ
 のびのびさせてくれてたら、もっと上手く立ち回れたさ

て:風太はそう言って、あんたを庇ってくれたんじゃないの
 ​まんま​受け止めてどうするの
 反省すべきは、あんただけよ

隼:実際に僕だけが悪いわけじゃないから
 周囲に恵まれなかったのが大きいんだから
 お金を損したのは僕だけで他に害はないだろ

て:ああ…ホンマに子育て間違えたわ…

隼:子育てなんてしてないじゃん
 僕のことはリリコさんや子守りに丸投げだったくせに

て:確かに仕事仕事であんたと触れ合う時間は限られてたけど
 うちだって一生懸命だったのよ
 その時間は濃かったはずよ

隼:そんなシーンがあったっけ?
 映ってないところを後になって言い訳したってダメだよ

て:朝ドラ視聴者には​脳内補完​という武器があるのよ

隼:ともかくもね、悪いのは詐欺師だから
 万丈目さんだって言ってただろ
 今回のことは高い勉強代だと思えば良いって

て:あれは、お父ちゃんがあんたに残してくれた
 “北村笑店”25年分の汗がしみ込んだ、重たいお金なのよ

隼:その言い方はオカシイな
 最初の内は大して儲けなんかなかっただろ
 芸人さんを迎えるのにヘソクリはたいたり
 借金したりしたんだろ
 その頃は貯め様がなかっただろうに

て:そ、それはそうだけど…

隼:それに、お父ちゃんは25周年になる前に死んだだろ
 無理くり“北村笑店”と絡めなくて良いって

て:25周年記念のイベントを企画してるんだから
 宣伝する必要があるのよ
 ​大人の事情​にまで口を出すんじゃないの!

隼:ほーら、そうやって仕事優先じゃないか
 芸人さん達の方がよっぽど優しいよ
 ぜんざいをご馳走してくれたりしてさ

て:あんたの甘さと、うち達が甘やかし過ぎたことを
 皮肉ってるのよ、きっと

隼:素直じゃないなあ、お母ちゃんは
 つばきさんみたいに謙遜になれよ

て:あの人、あんたを煽ったんだから謝るのは当たり前でしょ
 お父ちゃんはね、そう簡単に鼻の下を伸ばしたりしなかったわよ

隼:お母ちゃん一筋だったからって言いたいの?
 なら、僕だって、つばきさん一筋さ

て:史実通りなら、あんたの相手は笠置シヅ子なんだけどな…

隼:誰だよ、それ?

て:とにかく今は、修行のし直しよ
 ほら、上の方に蜘蛛の巣蜘蛛の巣!

隼:やっと褒められたからって同じ台詞繰り返さなくても(笑)
 
て:やっとじゃないわ
 スタッフからも共演者からも毎日毎日褒められてるわよ

隼:朝ドラ・ヒロインである間は持ち上げられるものらしいよ

て:ままままさか
 朝ドラ・ヒロインの甘やかされぶりを、今回のエピは​象徴​しているんじゃ…

隼:僕は甘やかされてるわけじゃないから
 逆に制約が厳し過ぎたんだよ
 折角、お父ちゃんから才能を引き継いだのに生かす環境になかった

て:お父ちゃんが正義じゃないのよ

隼:リリコさんも大絶賛してるじゃないか
 僕はお父ちゃんに倣って“北村笑店”を大きくしていくよ
 失ったお金の100倍は稼がなくっちゃね

て:そんなに上手く行くと思ってんの?

隼:思ってるさ 
 ​僕は、お父ちゃん似だもん!​





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


蜘蛛の巣


ぜんざい


諦めない


​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (119)
ひよっこ (157)
相棒 (112)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (21)
食べ物・飲み物 (49)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR