FC2ブログ
topimage

2018-10

悲しみ>『まんぷく』第12話 - 2018.10.13 Sat

​​​​​​​ううううう~ん…

何だかさ、何だか
加地谷さんがアヤシイ雰囲気になってきたなあ…

今迄はアヤシく見せかけてるだけに思えたんだけど
今日は中身もアヤシく見える

でも、それもまた見せかけてるだけって可能性もあるし…

萬平さんと彼と世良さんも加えて
良い感じのトリオで行ってほしいんだけどなあ

​頑張れ、ラブリン!​>ぇ

…ひじゅにですが何か?



​「蘭丸は兵役に取られました」​by牧



↑ああ…こーいうのはダメだわ
こーいうのはキツイわ
ひじゅには、こーいうのは弱いんだわ…•(つ﹏<)・゚。


桜の季節から夏へとワープ。

大事な人が亡くなっても、その直後は
お葬式だの色々な手続きだのバタバタと忙しく
ゆっくり悲しんでいる暇もなかったりするので
このくらいの月日が過ぎた頃に
ようやく自分の気持ちに直面することになる。

仕事中は平静を装っているけど
家で、お風呂の焚口で、こっそり泣く福ちゃん。
一人でいる時に咲姉ちゃんの夢を見る、お母さん。

表面上は“日常”が戻ってきているから
悲しみを表すにも気を遣ってしまうのだけど
“日常”であるだけに余計に喪失感が重く襲い掛かって来る。
そうした積み重なってきた日々が感じられるタイムワープって
なかなか​凄い​んじゃないかと思う。


でも、咲姉ちゃんの死だけでは終わらず
寧ろ、それが合図であるかの様に
色々な哀しみが少しずつ、幸福だった世界に浸透して来た。

ホテルのお客が少なくなってきたと思ったら
鉄製の門扉を供出することに―

萬平さんの会社の従業員に赤紙が来たと思ったら
白馬@蘭丸も―
そして真一さんも―

どんどん広がって来るし、近づいてくる。
ジワジワとした怖さがある。
それがラストの憲兵達のシーンにも繋がる。


だけどさ
コミカルなパートを担っている牧さんに真っ先に
蘭丸を戦地に送るという哀しみが襲ってくるなんてなあ…

まだチラリチラリしか登場していない牧さんに
こんなに早く、こんなに強く感情移入することになるとはなあ…
これだけでも、なかなか​凄い​ドラマじゃないかと思う。


「大事な人がいるなら
生きてそこにいるなら
簡単に手放してはいけない
いけないよ」

今日の白眉はここでせう。

真一さんの咲姉ちゃんへの思いが悲しいし
この言葉を福ちゃんにかけてあげる心情がまた悲しいし
今、この言葉は真一さんにしか言えないよな
…と思うと、より悲しいし

でも、この言葉を聞けたのは
真一さんを思いやる福ちゃんの優しさと
実際に訪ねて行くその行動にもよるわけだし

咲姉ちゃんのいない家の中は意外にも(?)綺麗で
真一さんは少しやつれた感じなのも
色々なものが重なって、心に迫るシーンだった。


で、萬平さんに逢いに行く、という行動を取る福ちゃん。

牧さんと野呂さん、それぞれのプロポーズ大作戦(?)が
微笑ましく描かれた後なだけに
萬平&福子も微笑ましく復活して今週は終わり
…かと思ったら

何と萬平さん、濡れ衣で逮捕!

まあ、牧さんも微笑ましいだけでなく蘭丸のことがあったし
今や完全な幸福は失われてしまった…という象徴?​



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


プロポーズに


昭和17年の夏


大事な人に会う15分前


​​​​​​​

さくらんぼ>『まんぷく』第11話 - 2018.10.12 Fri

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​咲姉さん、克子姉さん
…と書いてきたけど

↑最初のうちは他人行儀な視聴者@ひじゅに

今日からは
咲姉ちゃん克子姉ちゃん
…と、福子と同じ呼び方にしようかな

そうすると
福子は​福ちゃん​の方が良いのかな

↑こんな風な気持ちになるのは久しぶり(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「気持ちは言葉にせな伝わらへん」​by野呂



↑成長しているな、野呂さん!

脇役の台詞が前振りになっていて
後にヒロインがその通りの行動をする―

というパターンを半年観て来た後で

主人公達がハッキリキッチリ発言するシーンがあり
そこに新鮮さや爽やかさを感じた後で
脇役がこんな風に言葉にするのって

何だか良い感じ!


誰もが予想した通り
白馬の王子様@牧さんも保科さんに愛の告白。

ちょいと気になるのは
牧さんの場合は
咲姉ちゃんも保科さんも楚々とした美人
ってこところに共通点があるけど

野呂さんの場合
福ちゃんと保科さんではタイプが全く違うので
好みがよく分からない(笑)

…あ、​傍にいる​という点か?


そんなコミカルなラブストーリーで
視聴者の心を少し軽くした後で
一気に叩きつけられる現実の重み。

あまりにも早すぎる咲姉ちゃんの死―


父親が亡くなったから
長女だから
一家の頭として頑張って来た咲姉ちゃん。

一波乱あったものの結婚を許されて
自分の人生を楽しみ始めたところだったのに…


お母さんが、自分が付いていれば良くなると言ったのも
最後の時に、目を開けてと何度も呼びかけ
それに応えるかの様に咲姉ちゃんが最後に目を開いたのも―

母親の側から見れば
子を思う親心が伝わってきて切ないし

咲姉ちゃん側から見れば
今迄、咲姉ちゃんが本当に従順で献身的で一生懸命に
母親の下で頑張って来たのが伺える感じで
また違う意味で切ない。


勿論、だからって、お母さんが毒親だなんて思わない。
このところ、ヒロインの親(特に母親)が
良さそうに描きながら実は毒親!
ってのが朝ドラ“お約束”になりつつあったけど(笑)

鈴お母さんは、根がカワイイ感じに描かれているし
何だかんだで長女も次女も好きな人と結婚させているし
時代性の問題もあるし
全体的に良いお母さんだと思う。


「そうね、藪医者なんよ、きっと」
そんなお母さんに調子を合わせる福ちゃんも切ない。

お母さんの言い方は一方的で理不尽なところもあるけど
咲姉ちゃんへの愛情が溢れているから
福ちゃん自身もそうだから
祈る様な思いだから
…というのが分かるからね。


でもって、そうしたシーンの直後に
すぐさま臨終シーンを持ってくるとは…
​何て容赦ない脚本でせう!​

このとこの朝ドラには
ナレ死
というのが定着しつつあったけど
咲姉ちゃんの臨終はしっかり描いてくれて
アッパレ!という気持ちもある。


春が来たのに​桜​を見ることができない咲姉ちゃん。
忠彦さんが描いてくれた​桜​の絵を病室に飾り
ずっと眺めていた咲姉ちゃん。

その死の後
その翌週に
福ちゃんが萬平さんに知らせに行った時
外はまだ満開の​桜​

この対比が何とも悲しかったな。
美しくもあったし。


野呂さんが保科さんに贈った缶詰もサクランボだし。
何か、胸にチクリと来る構成だった。


萬平&福子の先行きにはまだ暗雲。
萬平さんの仕事も何やら暗雲。

加地谷&世良の胡散臭い兄弟(ぇ)は、いつ、どんな正体を現すのか?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー





さくらんぼ


桜肉


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

桜とビーフ>『まんぷく』第10話 - 2018.10.11 Thu

​​​​​​​​​​​​​​缶詰のビーフシチューは食べたことない
今度、挑戦してみようかな

そういう気持ちにさせるのは
やはりドラマ力

最終的にはチキンラーメンにハマることになるのかな

…ひじゅにですが何か?



​「聞くなよ」​by野呂



↑野呂さん、カワイイ(笑)


あのまま缶詰が登場しなくなったら寂しいなあ
…と思っていたんだよ~
リクエストにお応えして!
…って感じで出てきてくれたよ~

しかも今度は保科さんがターゲット?


昨日の雪景色から時間経過して、今は3月―

萬平さんに逢えないまま過ぎた月日。
先姉さんへの不安や心配で未知ていたであろう日々。
それが十分に分かるから、ここはまるっと飛ばしてOK。

福子からの手紙が萬平さんのもとに届く―

丁寧な字と文章に、ほっこりする。
萬平さんとこうして繋がりが持てていることに、ホッとする。

その手紙によって
咲姉さんが、萬平さんから紹介された病院に移っていること
お母さんは相変わらず頑なな態度なこと
つまり飛ばされた時間の中で変わったことと変わってないことが分かる。


世良さんからの電話によって
萬平さんの仕事面で変化したことと変化していないことが分かる

プライベートな面では、お母さんに
仕事面では、加地谷さんに
やりたいことを阻まれている感じだなあ、萬平さん。


でも、お母さんの方は反対する理由が
娘への愛情があるからこそ…というのが分かる。

いや、まあ、タヌキのようでいて>外見のことではない
割と単純で根がカワイイお母さんだから
そういう理由だってことは分かっていたけどさ(笑)

長女次女の結婚後の状況から来る反対だと思っていたよ。
そしたら、自分自身の結婚生活から来る心配だったのね。


「お父さんを支えるために夢を諦めた」
「旦那様に振り回される様な、そんな生き方を
あなたにはさせたくないの!」
萬平さんにピッタリ当て嵌まっちゃう様な感じだなあ(^^;)

でも、あのお母さんが黙って従っていたかは疑問だなあ(笑)
それに、お父さんが亡くなった後、一番苦労してきたのは
咲姉さんじゃないかなあ。
つまり、その時点のおいては、お母さんが娘に苦労かけちゃってたんじゃ…

だから、咲姉さんがこのまま亡くなってしまったら
あまりにもあまりにも…って感じがする。


それさえなければ、今井家は暖かくて良い家庭だと思う。
幸福な家庭だ。

姉達もそうだよね。
萬平さんは新一さんみたいに優しい夫になるだろうし
病気やら何やらで大変な状況に陥る可能性は誰にでもあること。
自分の信念を貫く忠彦さんのおかげで克子姉さんは経済的には大変だけど
あっけらかんとして幸せそうに暮らしている。

そこが鍵なのかもね。


でもって、それとリンクさせているってことは
加地谷さんも、やっぱ良い人…ってオチなのだろうな。
そうであってほしいな。


そうそう、忠彦さんも良い夫であり父親だと思うよ。
咲姉さんに贈った絵が証明している。

結婚祝いの絵は蝶だと勘違いしていたけど、鳥だった(笑)
そして今回も鳥。
そうした“自分”を捨てることは決してしないけど
相手を本当に励ます絵を描けているのは技術だけじゃないよね。


そして、野呂さん

今回のビーフシチューは、下心抜きで(笑)
咲姉さんを思いやってのものらしいし
その下心に関しては、どうやら保科さんにチェンジした模様。

一方的にフラれる役じゃ気の毒…と思っていたけど
立ち直り早っ!
って感じで、頼もしい(笑)

白馬の王子様@牧さんにも
あのロビーのシーンでフラグが立ったと思えたんだ。

保科さんが恋愛経験に乏しいと言っていたのは伏線だったのね。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


手紙





ビーフシチュー


​​​​​​​​​​​​​​

雪>『まんぷく』第9話 - 2018.10.10 Wed

​​​​​​​​​​初雪
…かどうかは分からないのだけど

画面の上では初めての雪

韓国では、初雪の日に好きな人と一緒にいると
その恋は叶う、または恋人と一生幸せになれる
…というジンクスがあるとか

萬平&福子の上に降る雪も
そんな意味を含んでいるかの様で

本来なら前途多難を予想させる
ちょっと切ないシーンなのだろうけど
逆にちょっとホンワカしてしまったな

…ひじゅにですが何か?



​「周りが気弱になっては駄目なの」​by克子



気丈な克子姉さん。

結婚の経緯や現在の生活の様子からしても
芯が強く、かつ明るい性格が伺われる。

今は咲姉さんのことで大変だし
その先には福子の結婚問題で騒動になるかもしれないし
さらにその先には色々な苦労が待っているのだろうけど

そんな福子を克子姉さんが励ましてくれるんだろうな…
精神的支えになってくれるのかもしれないな…
と、何だか頼もしく、ちょっとホンワカもした瞬間。


咲姉さんの病気は結核―

最初の病院では風邪だと誤診され
次の病院では特に手立てもない様な言い方をされ
つくづくツイてない姉さん…

萬平さんが紹介してくれた病院は3度目の正直となるのだろうか?
それともダメ押し…となってしまうのだろうか?

当然ながら家族全員が心配し、暗雲が垂れ込めるのだけれど
視聴者の気が重くなり過ぎない様にコミカルタッチでドラマは進む。

それが、浮いているどころか気遣いに感じられるし
安易に病気や死をネタにしているとも思えないし
まさに「slice of life」と自然に受け止められるのは
何故だろう何故かしら?


動揺の余り八つ当たりしまくり
挙句の果てに(?)自棄食いを始める、お母さん。

おかずを落としてしまったりして、何かカワイイ(笑)


真一さんは、気付かなかったどころか
最初から分かっていて
その上で咲姉さんの意思を尊重してくれていた
…のじゃないかなあ

お母さんにはまだ見えていないみたいだけど
妻への言動は物凄く優しいよね。


克子姉さんから事情を聞き、忠彦さんは何やら新しい絵を描き出す。
咲姉さんを励ますための絵を描いてくれるんじゃないかと予想。

最初、姉さんが彼の前に座っていたので
モデルになってるのかと勘違いしてしまった(笑)
そしたら、またもや鳥の絵を描いていた。
咲姉さんの結婚のお祝いに贈ったのは蝶の絵だったっけ?
誰かのために描く時は鳥以外の題材になるのだったりして?


悪人が存在しない世界…
というのは朝ドラでは“お約束”…なんだけど
かなり無理くり状態になりがち。
今作は、今のところ、そこが良い感じ。
最初は癖がありそうに見えた人物が実は良い人なのが見えてきて
それがとても嬉しく感じる。


で、萬平&福子は…っちゅーと

まず週タイトル『…会いません、今は』は
お母さんに反対されて…のことかと勝手に思っていたけど
実は、咲姉さんのことだったのね。

これって、ある意味当然だし、仕方ないし、自然だよね。

萬平さんが結核の専門医を探し出してくれた
…そのことそのものも良いけど
単純にそこだけ描くと、ちょいとアザトクなっちゃったかも?

福子への点稼ぎの行動と捉えられかねないし
そうさせるために病気ネタを入れたと脚本への批判にもなりかねない。

でも、白馬の王子@牧さんが漢方薬を持って来てくれる
というシーンと
萬平さんが加地谷さんに心当たりを聞く
というシーンを挟んだことで
そこのところの雰囲気が緩和された上に
2人の印象も上がった。


それと、今日一番感心したこととして―

「お見合いはしません!」
と、キッパリ退ける福子に

「申し訳ありません、それはできません」
「お姉様がお元気になられたら
僕は福子さんに結婚を申し込むつもりです」
と、キッパリ宣言する萬平さん。

これまた“お約束”だと
福子は母親の前で何も言えなかったり
萬平さんは取り合えずその場は引き下がったり
…ってなると思う。

​ハッキリキッパリ意思表示​するところが最高。

しかも双方とも、キツイ感じではなく
カワイイ感じ。

こういうラブストーリーは、ひじゅにも好きですぜ。
結婚した途端にドラマが失速…なんて事態にならないことを祈りますぜ。

↑ああ、まだトラウマ…(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


初雪の風景


会いません


漢方薬Tシャツ


​​​​​​​​​​

椿>『まんぷく』第8話 - 2018.10.09 Tue

​​​​​​​​​​​​性懲りもなく
また比べてしまうけど(笑)>これも朝ドラの宿命

ラブストーリーがメインのはずなのに
トキメキどころかキモさ満載だった某作に対し

夫婦になってからが本題のはずなのに
そこに至る前の小さな恋の物語があまりに可愛くて
唐変木な私もニヤニヤしたり涙ぐんだり…

実に忙しい今作なのである(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「福子さんは…か…かわいい方です!」​by萬平



萬平&福子の初デート。

まあ、先回の屋台でラーメンもデートと言えるかもしれないけど。
そして今回も、ラーメンを食べる2人であった。


1回目は自分から引き下がり
2回目の勝負に出た萬平さん。

「はい、分かりました」
と、アッサリ答える福子。

3年前の結婚式の時から
萬平さんの福子への恋心は分かりやす過ぎるほど分かりやすく
視聴者にもビンビン伝わってきた。
だから、2回とも萬平さん側に立ってハラハラ見守っていた。

福子の方は、朝ドラヒロインにありがちな
不自然なほどに鈍感…ということはなく
寧ろ敏感に、でもゆっくりと、それだけに慎重に
気持ちが高まっていく…という感じで
だからここは福子の方が断るというパターンも有り得るかな…と
一瞬、疑ったりなんかしちゃったけれども
何とも素直に受け入れる福子はやはり良い意味で王道を外れている?


萬平「鯉がいます」
福子「あ~」

萬平「あ、椿が」
福子「わあ」

↑何かもう本当に“初デート”そのものって感じ(笑)


で、この2人の会話の中で
お互いの背景が語られるところが面白い。

勿論、まだよく知り合っていない2人だから
こういう話題が出るのは当然なので
不自然さはないし
寧ろ、こうして近づいて行く加減が微笑ましい。


で、またラーメンを食べているところが良いし(笑)

実際、美味しそうだよね。
食べ物が美味しそうに見えるドラマって貴重だと思う。
有名パティシエによる様々なケーキが登場しても
何故か不味そうにしか見えない作品もあったし。


萬平さんの仕事場に行くシーンでは
まず、福子が彼の“世界”に触れることが重要だと思えた。
萬平さんのキャラも際立って見えた。

加地谷さんの登場は予想通りって感じだったけど
思ったよりアッサリしていたし
この場がどーのこーのよりも、後々の展開のきっかけっぽくて
ちょっと気を引き締めちゃったりなんかして(笑)

福子のことを「知り合い」なんて言っちゃうところは
2人だけの世界にずっと居られるわけではない
ぶつからなければならない“現実”がある…と突き付けてくる。

でもって、それを後になって否定する萬平さん。
弱いとか卑怯とか全く思えず
ここでちゃんと気にかけていたことを示してくれて
寧ろ誠実さを感じた>アバタもエクボ?


「べっぴんさんでもないし
立花さんに気に入ってもらえる様なところなんて…」
こっちは福子側の“現実”。

一応、謙遜してみました!…ではなくて
かといって、過剰に劣等感を持っているというわけでもなくて
ごく自然に言えるところがカワイイ。


「心が優しくて、礼儀正しくて、頭も良いし
ラーメンも美味しそうに食べるし」

まあ、朝ドラ・ヒロインは皆
​優しい​ってことにはなっているんだけどさ
福子は家族への接し方等からしても自然に伝わってくるから良い。

逆に、朝ドラ・ヒロインに礼儀正しさって
あまり見られない気がする。
某前作のトラウマかもしれないけどさ(笑)
福子は言葉遣いといい行動の仕方といい、やはり自然に礼儀正しい。

朝ドラ・ヒロインって
閃きがあるって場合が多いから、頭が悪いってわけでは決してないのだろうけど
ハッキリ​頭が良い​って感じは滅多に受けない>スマソ
変にドジだったり、図々しかったり、暴走したりするからかな?
福子は自然に賢い子って印象で、そこが今のところ一番の魅力かな。

朝ドラ・ヒロインに限らず、ラーメンに限らず
何かを​食べながら​台詞を言うのって結構気になるよね?

手に持ったまま、口に近づけたままで話すのは不自然だし
少量入れて、あるいは入れたふりして話すのは
上手い人もいるけど、下手な人の場合はワザトラシイ。
口の中の食べ物が見えてしまうのは微妙>気にならない場合もある
口元を強調した映し方だと変にエロくて深い。

福子も萬平さんも、自然な感じで好感持てた。

​キーワードは「自然」?​

そういう意味で、やはり福子はいわゆる王道の朝ドラ・ヒロインを
良い意味で外れている。
某前作が悪い意味でちょっと外れていたのと好対照>あ、また比べてしまった

まあ、良い方にってのは、地味ってことでもあるんだけどさ
でも、朝ドラが他ドラマと大きく違うのは
毎朝触れるから実在の知人みたいになっちゃうってことがあると思う。

必ずしも、共感できるキャラじゃなくても良いけど
不快感があるか否かは、物凄く重要。


凄く起伏があるわけでもないのに
一緒になってニヤニヤしたり、ちょっとウルっときたりした
初デートは幸福の内に終了。

直後に、立ち塞がる武士の娘@お母さん。
まあ、理不尽なものではなく
母親として、ある意味当然だよなあ…ってところだしな。


外野の方では
意外なことに恋愛経験がなくオロオロする保科さんに
缶詰攻撃が全く功を奏さなかった哀れの野呂さん。

意地悪だったりライバルだったり…という不穏な影はなく
2人とも良い人っぽい。

白馬の王子の歯医者さんも、これからどんどん関わってくるのかな?

プロポーズの相手である咲姉さんが結婚したことも
3か月(だっけ?)経っても知らないままだったのに
姉さんが救急車で運ばれたことを福子に伝える役が彼だなんて
何かちょっと面白い。


そして、咲姉さん―

多分ほとんどの視聴者が予想していた通り
病名は結核。

悲しい展開は嫌だなあ。
戦争もこれから影響してくるだろうし
ホンワカしたカワイイ世界が変わって行ってしまうのか…と思うと悲しい。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


椿>アートフラワー


和菓子


スマホケース(手帳型)


​​​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

まんぷく (16)
相棒 (112)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (23)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(その他) (31)
食べ物・飲み物 (59)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR