topimage

2018-06

結婚したい!>『半分、青い。』第67話 - 2018.06.18 Mon

​​​​​​​​​​​​​​昨日は我が地元@群馬に地震発生

ガラガラガラッ!という轟音と共に突進してきて
ドーン!という音と共に揺れだした

まあ、ひじゅに家周辺には被害なし

良かったなあと思ってたら…今度は大阪方面に地震
心からお見舞い申し上げます

皆さんは大丈夫でしたか?

…ひじゅにですが何か?



​「棚ボタというかトコロテン式のデビュー」​byお祖母ちゃん



ずば抜けた才能の持ち主で、ぶっちぎりでトップを取ったり
放っておいても、トントン拍子で事が進んだり
…なんていう
ヒロイン特権を外そうとの算段かと思うけど

そのトコロテン式がそもそもヒロイン特権(笑)

そのために
ユーコは新人賞とは関係ないところでデビュー
ボクテは寸前で道を逸れる
…なんて
あまりにもあまりにも​アザトイ​んでないかい?


ボクテの入賞を秋風が勝手に辞退。
そしたら何と、鈴愛が繰り上げ入賞。

ってことで

おいおい!
てことは、審査に秋風の手が回ってるって証拠じゃないのかい?
つまり受かるも落ちるも秋風次第!?

という疑惑が生じたわけだが

まあ、リアル世界では、そういう“不正”が不正としてではなく
当たり前のこととして罷り通っているのかもしれないけど
これはドラマなのだからクリーンですよ!
…という後出しがあるかもな、なんて思っていた。

そしたら逆に​大肯定!?​​

すすす凄いっすね。
さすがっすね、北川さん!
そこにシビレる憧れ…ないですから。


デビューが決まったと思ったら早くも連載に。
早速届くファンレターの山。

故郷の人々が組織票…ってところまでは
まあ微笑ましく見ることができた。

消印が全て同じなことに気付いた鈴愛が色々な物で隠す…ってところも
お笑いどころだろうと緩く見ていた。

そしたら何だよ
鈴愛が依頼していたのかよ!?

これって笑えるの?
ヒロインらしくなくて斬新?
人間的で憎めない?

いやあ、マジでそう擁護する人がいるとしたら
ちょっと盲目的過ぎるんじゃないですかい?


まあ、そこを敢えて擁護するとすれば>するんかい

「繰り上げ入賞…複雑な思いだ」
なんて言っていたくらいだから
自信がなさ過ぎて姑息な手段に走っちゃっいました!
ってことかな?

でも、姑息というより狡猾な印象だったけどね(^^;)

鈴愛のキャラはともかく、永野芽郁さんは
きっと感じの良い役者さんだろうと思うのだけど
以前、秋風の怒りをかわそうと聞こえないふりをしていた時あたりから
トボケる演技が何となく嫌な感じ…という印象>スミマセンスミマセン


加えて、ボクテからも援護射撃。

ももももしかして、ボクテ
「罪滅ぼし」なんてのは言い訳で
本当は自分の入賞を勝手に取り消しした秋風に対抗して
繰り上がった鈴愛をさらに繰り上げてやろうとの算段?
つつつつまり、ある意味復讐?>ぇ

まあ、ドラマ的には
ボクテの黒い部分をこれで払しょくし
​「良い話」​に仕立てようとしているのかもね。

「良い話」とは思えないけどさ(笑)


さらにダメ出しというか
三段オチというか>ぇ
今度は秋風がボクテを援護射撃。

何て素晴らしい師匠だ!
愛だ!
…と
マジ感動した視聴者もいる…かもしれない。

これもまた北川的​「良い話」​


弟子入りという概念は失われつつあり
アシスタントも修行ではなく今や一つの職業
…と聞くけれども

そうした傘下に入らず
独りコツコツとマンガを描き投稿を続けている人の方が
多いんじゃないのかな
…という気もするけれども

そうした人達の希望や努力を奈落の下に突き落とした回であった―


それこそ『純と愛』式にワザとブラックな部分を描いて問題提起
…なんて意図はなく
北川さん的には“不正”なんて日常の風景で
動機が「援護射撃」なら、それは美しいことで

恋愛ネタ以外は適当に進めればOK
そもそも興味ないし

だから、その割には
​感動的なお話になっているでしょ!?​

…ってことだったりして?(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


バラのケーキ


これもバラのケーキ


やっぱりバラのケーキ


​​​​​​​​​​​​​​

珍種謎肉・スモーキーチリしょうゆ味 - 2018.06.17 Sun

​​​​​​日清カップヌードル スモーキーチリしょうゆ味​
を食べました。

​「珍種謎肉」シリーズ第1弾​だそうです。
6月11日発売。


nazo-a
nazo-a posted by (C)ひじゅに


蓋の上にはスモーキーチリオイル


nazo-b
nazo-b posted by (C)ひじゅに


かやく:チリ謎肉、ミンチ肉、たまご、ネギ、赤ピーマン、赤唐辛子

謎肉は謎のままなのかと思っていたら
「豚肉のミンチと大豆、野菜などを混合したあとに、フリーズドライ加工して作っている」
のだと判明>えっ、既に有名?

で、これにさらに唐辛子を練り込んだのが今回のチリ謎肉です。


nazo-c
nazo-c posted by (C)ひじゅに


できあがり


nazo-d
nazo-d posted by (C)ひじゅに


☆★☆★☆【感想】★☆★☆★

​―私―​
最初は美味しいと思ったけど、すぐ飽きる(笑)
スモーキーな風味は慣れると分からなくなるし
チリといっても全然辛くない。
チリ謎肉は面白いと言えるかな。

​―父―​
悪くない。
でも、それだけ。
リピートは、ない。

★☆★☆★☆★☆★☆

皆さんは。いかがでしたか?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


スモーキーチリしょうゆ味


謎肉祭(感想は→​ここ​)


肉食リッチ贅沢肉盛り担々麺


​​​​​

温泉卵>『半分、青い。』第66話 - 2018.06.16 Sat

​​​​​​​「うどんを一度食べたやつはまた食べる」

いやいや、西の名誉のために言っておくけど
ジョーに見つかって殴られた後は
反省して真面目にやってたハズだぞ

まあ、その後、結局ボクシングは辞めたけど
アレは才能の問題で…

要は、我らが北川悦吏子先生は
『あしたのジョー』のこのエピソードに
重ねた展開にするつもり…ってことか?

ボクテはクビになったし
予告の雰囲気ではユーコもアヤシイし

…それでも、やはり
重なっている様には見えないけど>ぉ

…ひじゅにですが何か?



​「何だお前は、神様か?」​by秋風



↑またもや自虐?
昨日の今日でこの台詞って(笑)

参照→​『半分、青い。』…をホメゴロス


ボクテの「裏切り」に激おこ!の秋風の図ぅ―

やはり、一番の怒りポイントはそこ?>裏切り
自分に内緒で自分が契約している出版社ではない所でデビューしたから
恥をかかせやがって!ってところ?>ぉ


ちょっとちょっとボクテ君!
秋風に知られたら一波乱あるだろうことは
分かってやってたんじゃなかったの?
だからコソコソと『アモーレ』編集者と逢ってたんじゃなかったの?
何の覚悟もしてなかったの?

ペンネームからして「ボクテ」なんだものなあ…(^^;)

まあ、バレない様にやってたら話が複雑になるからな。
ボクテ自身の物語を描くというよりも鈴愛への影響が第一
つーか、鈴愛のためにボクテを動かしているだけだもんな…


さすがにパクリ疑惑はすぐに晴れたけど
「プロ同士でネタの貸し借りは御法度だ!」
というのが、怒りの一つ目の理由。

いや、まだプロじゃありませんがな!
…って、そういう問題じゃないか(笑)

「喉から手が出るくらい、そのアイデアに飢える時が来る」
これが理由らしいけど
たった一作を惜しむくらいなら、どっちみち長くは続かないんじゃない?

鈴愛はすぐにアイディアが枯渇する(その程度の才能)…と
暗に認めているってこと?
そうなっても、原作付きのマンガを描くのは許さない!ってこと?


例えに出した『あしたのジョー』だって原作付き。
でも、まんま絵にしただけではなく
ちばてつやならではのアイディアも沢山盛り込んである。

例えば『デスノート』も原作付きだけど
小畑健の絵ありきだと思う。

マンガ家個人に拘らず
作品として素晴らしいものができれば良いんじゃないのかなあ…

はっ!
リサーチはしないという北川悦吏子さんなので
マンガの何たるかも分かってなかったりして?

でも、脚本だって、アイディアだけでなく
それを上手くドラマとして成り立たせる力も必要だろうに…


「11ページ目の3コマ目の台詞も素晴らしかったし
ちょっと、私には思いつかない様な展開も織り交ぜてあって」
鈴愛にしては、ちゃんとしたフォロー>ぉ

ボクテよ、それだけアレンジする力があるのなら
アイディアも何とかならなかったのか?

そもそも、あのアッサリした純愛(モドキ?)のストーリーを
エロマンガに仕立て上げたのだから
実はほとんどボクテ自身のアイディアで成り立っているんじゃない?


「パクったばかりか息の根を止めたんだ」
視聴者的には『アモーレ』がどの程度の雑誌か分からないからなあ…

ネットでよく見かける、本当にしょーもないくらいのエロマンガなのかな?
確かにアレは個人的にはどうかと思うし
もしも万が一、自分のアイディアがアレな作品に仕立て上げられたら
汚された!という気持ちになるかもしれない…とは思うけどさ

でも、アレもまた一つの分野であると考えると
一方的に下に見てしまうのはどうかな…とも思う。


「土下座は自分のワールドにない」
あ、あのう…

鈴愛をネーム紛失疑惑で解雇した後
間違いに気づいて岐阜まで行った時
土下座に似た光景を見た様な気がするんですけど…

​鈴愛、あの時撮った写真を証拠として提出しろっ!​

…って

本当にそんなオチになったら嫌ですぜ(笑)


こんな焦り方さえしなければ
『ガーベラ』で順調にデビューできていたというボクテ。

これはベタなほど皮肉な展開で
今回の騒動を色んな意味で深いものと感じさせる。
とはいえ…
皆の言い分や謝罪を聞く前にサッサと取り消しにしてしまう秋風って…

それだけ秋風の怒りや嘆きが大きいということと
それだけ厳しい世界だということを強調しているのかもしれないけど
何かそれって…​逆​もあるんじゃ…という疑惑も生じさせる。

だって、彼の代わりに鈴愛が新人賞受賞だなんて…

「厳正な審査の結果」と、菱もっちゃんは言っていたけど
本当か?と思ってしまうよ。


いずれにしても、ボクテは去って行った。

多分、そのうちユーコも去って行くと予想。
ああ、やはり地球は鈴愛のために回っている(^^;)

でも、鈴愛は生涯マンガ家を続けるわけではないらしいから
​北川悦吏子はマンガを舐めている!​
ってことでファイナルアンサー?


そうすると、“秋風塾”は何だったんだ…?
ってことになるから
他所に行ったボクテが立派に人気マンガ家に成長して
「僕の今があるのは秋風先生のおかげです」
と言わせて『マンガ家編』は終了?


最後に一言
「連帯責任」byユーコ

ままままさか
最近起きた某ジャニーズ事件と重ねてる!?>ぇ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


土下座マグカップ


金の卵>エッグポアシルキースムースバーム


温泉たまご器


​​​​​​​

スーパーボール>『半分、青い。』第65話 - 2018.06.15 Fri

​​​​​​​​​​​​​ボクテ退場に繋がるのかな?
だったら寂しいな

でも、そのうち
ユーコも退場しそうだし

秋風&菱もっちゃんも
いなくなっちゃうんだろうな

…ひじゅにですが何か?



​「ゲイはやめられないんだよ」​byボクテ



↑お母さんからの手紙が読まれるシーンで
こう思ってたら
まさに、まんまの台詞が続いて笑ってしまった(笑)


ユーコのデビューに嫉妬し焦るボクテの図ぅ―

“喫茶おもかげ”で逢っていたのは
『月刊アモーレ』の編集者。

「たとえ雑誌のカラーがあっても、それに合わせて描いたとしても
きっと、きっと自分の味、個性が滲み出てくると思うんです」
これは勿論、正論だけど

後ろめたさでイッパイなんだね、ボクテ。
不安も、自分を正当化させたい気持ちも込みで。


さらに彼を追い詰める母からの手紙。

お父さんが病気だなんて、大変じゃん!
でも、意外にそこは​スルー​のボクテ>ぉ

「ゲイとやらもマンガとやらもやめて」
同列に語っちゃうボクテ母さん。

つまり、ボクテは
マンガ家になりたいという情熱だけでなく
ゲイとして生きる道も探すために家を出て来たのだろう。

実家は呉服屋だとか。
マンガ家に失敗してもツブシが利くじゃんボクテ!
と思ってしまった、ひじゅには人非人?

でも、ボクテは着物が好きだという話なので
それが彼の結末を指し示していたりして?


「お色気っぽいの、描けるのかな?」
『月刊アモーレ』はそういう路線らしい。

ボクテが出したアイディアは次々と却下される。
*光源氏が女だったバージョン
   これって逆に
   幾らでも色っぽい話になりそうな気がするけど…
*男2人が同居して夜な夜な美味しい夜食を作る夜食物語
   これも描き様によっては色っぽくできるぞ>BLにするとか
   つーか、そういう作品実在するんじゃ…ディスって良いのか?

それで、ボクテが考えたのが鈴愛の『神様のメモ』

​えっ、何で!?​

律&清の出逢いをまんま描いた前半は寧ろ『ガーベラ』風
神様がヘマをするところはギャグマンガ風
50代になって再会するというオチも何もかも
お色気とは程遠い気がするけど?


タイトルもまんま『神様のメモ』でデビューしちゃうボクテの図ぅ―

鈴愛に許可は取ったんだし
鈴愛も、よく分かってなさそうだったものの許可しちゃったし
パクリとは言えないよね。

予告では、秋風に土下座していたから
ボクテが何かやらかしちゃって秋風を怒らせるのは確か。

でも、どこの部分にだろう?

1:あくまでもパクリ扱い
   鈴愛が上手く説明してくれたら良いけど
   彼女自身分かってなさそうだからなあ…

2:あくまでもオリジナルでなければダメ
   秋風はそういう主義だと思われるけど
   世間には原作付きのマンガも存在するからなあ…

3:他所の雑誌に載せたことがダメ
   昔は色んな出版社の色んな雑誌に描いていたけど
   その後、出版社との専属契約がなされる様になったと聞く。
   秋風の門下生である以上、散英社以外はNG?

4:秋風への裏切り行為だから
   これが大きいのかなあ…

まあ、全部ってとこだろうけど
特に秋風が引っ掛かるのは、どこの部分かな?


それにしても
鈴愛が描いたのとは、かなり印象の違う扉絵だったな。

かなりアレンジしたのかな?
だったらオリジナルで何とかならなかったのか?


鈴愛の方は、あれだけ大騒ぎした『月が屋根に隠れる』は一旦ストップ。
『一瞬に咲け』に取り掛かることに。

秋風のアドバイスに合わせ犬目線になったところで
「何かを見間違った気がします」

それは無理もない…という気もするし
軽く笑うところだと思うけど

ちょいと責任転嫁と言う言葉が浮かぶし
秋風のせいにして作品変更を強要している感じも…>ぉ

最後まで貫かないってところはナンダカナ…って気がするけど
どうせマンガ家そのものも最後まで貫かないのだろうしな。

でも、最後まで貫くハズの律への気持ちも
こんなところで一息つちゃうんかい!?って感じも(^^;)

まあ、実際、律への気持ちも回り道するらしいから>ちょこっとネタバレ聞いた
そんな​鈴愛の人間性を示唆​しているのかな?


☆良かったら、ここも読んでね

『半分、青い。』…7をホメゴロス




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


スーパーボール


ロングバケーション


犬目線


​​​​​​​​​​​​​

『半分、青い。』…をホメゴロス - 2018.06.15 Fri

​​​朝ドラ感想の前に失礼します。

朝ドラ『半分、青い。』脚本家・北川悦吏子の
“革命的な表現方法”“トレンディ霊力”をホメゴロス


が面白かったので、ご紹介。
(今日は暇なもんで^^;)

いつもの『半分、青い。』感想の中で言及しようと思っていたのですが
勝手に引用したらマズイかも…と不安になり
そこのところを調べるのではなく
削除する結果になっても大丈夫な様に単独記事にしました(笑)


いやあ、褒め殺してます。
褒めてるんじゃなくて、褒め殺し(笑)

もう皮肉の嵐。


まず、北川悦吏子さんを​「神」​と呼び

最も重要なのは「きゅんきゅんシーン」と「萌える台詞」であり、そこに至る背景や物語は二の次

おそらく神のコメディセンスはイルカの超音波やモスキート音のように、聴こえる人にしか聴こえない“高次元”のものなのだろう

神が自己投影した登場人物以外の脇役たちは「どんな趣味で休日に何をして過ごしているのか」などまったく想像できないほど「描き込み」がない

「私」と「私を守り崇めてくれるあなた」だけの世界を描く作劇

権威主義、容姿至上主義、マイノリティへの差別・偏見がたっぷり盛り込まれた台詞を「トレンディ霊力」でふんわり押し切るという作家性は唯一無二といえよう

…等々
ひじゅになんぞは、もう​ブンブン​と力いっぱい頷くばかり(笑)

もっと色々書かれているので、読んでみて下さいませ。


そして、締めくくりは

《褒めて!讃えて!》《いい?!あなたは私を肯定するためにいる!》――今日も神はTwitterで「称賛」という名の供物を求めお叫びになる。民はひれ伏し、受信料を払い、56歳にして“少女のような感性”を持った神の大掛かりな「リカちゃん遊び」を毎日視聴し、「神からの引用RT」という尊き授かり物にあやかるために感想ツイートを投稿し続けるのだ。とにかく我々は今、希有な視聴体験をしている。これは間違いない。


ああ、このくらい辛辣にして適格な感想を描きたいものだわ。
​ひじゅに、感激!​




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ノベライズ


完全版DVD-BOX3


ミニタオル


​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

半分、青い。 (70)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
相棒 (112)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (21)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (24)
食べ物・飲み物 (54)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR