topimage

2017-05

夏の思い出はメロン色>『ひよっこ』第43話 - 2017.05.22 Mon

さて、いきなりクイズです!

澄子が言っていた
「ナポリタンB」

リポビタンDのこと?
オロナミンCのこと?

答:知らん>こらこら

リポビタンDは1962年発売
オロナミンCは1965年発売
だから

恐らくリポビタンDの方でせう


…ひじゅにですが何か?



「生きていたんですねえ」
by増田明美



先週土曜日にチラリ映った現在の実お父ちゃん。

こうして、たま~にチラ見せして
長く引っ張るんだろうな…と思っていた。

ティーザーってやつ?

なのに、月曜日冒頭で再び映像が流れ
「おいおい」なナレーションも重ねるとは(笑)

予想外だなあ、岡田君>ぉ



野球観戦など未経験のひじゅになので
ラジオを携帯していく…何て思いつかなかった。

現在は映像が映し出されたりするんだよね?
それに、スマホもあるし…

QUEENが
衰退して行くラジオを応援する曲@『Radio Ga Ga』
発表したのは1984年。

みね子達の時代@1965年から僅かっちゃー僅か先。

向島電機の様子が素敵だから
   仕事は慣れてきたし
   食事は美味しそうだし
   和夫さんは皆のことを考えた料理を作ってくれるし
   愛子さんの存在は言うまでもないし
   親友と呼べる仲間は出来たし
   澄子に限らず、皆が今の生活を楽しんでいるし
   土台ともなっているから

そう遠くない先に終焉が待っていそうで怖い。


みね子の実お父ちゃん宛ての暑中見舞いで
皆の近況が語られる。

時子は劇団の稽古に参加
「カッコイイです」

豊子は通信制の高校でオールA
「カワイイです」

幸子さんは門限破り
「不良長です」

優子さんは体調がイマイチ
ひじゅにもレバーが苦手だわ。

澄子は百貫デブ寸前>こらこら
「分かっちゃいるけどやめられない」

みね子
「私は何なんだろうと思うことがあります」

慣れてはきたし
それぞれ頑張っているけれど
まだまだ「東京人」とは言い切れない。

かといって
故郷からは遠い所に来てしまった。
まだまだ色んな面で中途半端。

まだまだ「ひよっこ」。


その(脳内)暑中見舞いで7月は括られ
また少しワープして、8月に―


奥茨城編では時間の流れが感じられないほど
ゆったりとした描き方だった

東京編になってからは
曜日ごとに話が進行するなあ
…と思っていたら

今度は月ごと?


お盆休みは帰郷を諦めた6人は
「一日だけ」の海水浴を計画。

ブラウスを諦めた、みね子が
水着を買えるのか、ちょっと心配。


「精一杯楽しみなさい
それが、亡くなった方々への良い供養になるよ
そんな楽しい世の中になったんだなって」


場をさらうのは、やはり愛子さんであった(笑)

「巨人・大鵬・卵焼き」から
お盆の意義まで
時代を描いているね。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


夏の思い出>レモンキャンディ


喫茶店のナポリタン


とんかつ

女子会>『ひよっこ』第42話 - 2017.05.20 Sat

さおりさんが通りすがりの家族から風船を強奪した!
…というのは、ひじゅにの勘違いだったっぽい

ごめんよ、さおりさん!

あなたの気持ちは純粋なものと
解釈してあげよう>ぉ

だからって
三男が時子に失恋して米屋の婿養子に
…という結末は嫌ですぜ

でも、農家の三男坊としては、その方が出世なんだろうか?

…ひじゅにですが何か?



「必要なんですよね、女子には」by増田明美



そうそう!
同性同士で気を遣うことなく、遣われることなく
思いっきりお喋りする時が女子には必要不可欠なのよ。
思いっきり食べたり飲んだりする時もね。

そーいえば、以前
本当に楽しいのは男友達と遊んでいる時だ
…と、町山智宏さんが言ってたっけ。

男子も同じなのかもね。


ちゅーことで
今日は女子会in奥茨城―

三男が上京する少し前に、きよさんが泣き出して
美代子お母ちゃん&君子さんが
時々この3人で集まり合おう!
って話してたよね。

それを、しっかり実行しているんだね。


月火は澄子
水木金は時子
が、それぞれフィーチャーされていたから
今度は豊子あたりかな?
…なんて、単純に考えていたけれど

時子は水木で
金は時子・みね子・三男が集まる話だと解釈すべきだね。
で、その後編が今日@土曜日の母親たち3人が集まる話というわけ。

さすがの岡田君、構成はバッチリ!


それらを“点描”で終わらせないために
テーマで綺麗に繋いでいるし。

「人を元気にすること」

というテーマで。

…って
これは、ひじゅにの勝手な解釈だけどさ(笑)

でも、こう考えると今週はズバピタでそ?

   ↑愛子さんの中の人が演じたお母ちゃん@『ちりとて』の名台詞(笑)


「亭主の話みたいなのすっ時、どういう風に気遣えが良いかね?」
ダイレクトなものとして
今日は、きよさんが、美代子お母ちゃんにハッキリと聞く。

お母ちゃんと時子さんは昔からの親友同士みたいだから
少し遅れて入って来た様子に、きよさんが質問する役なのは適切。

「気を遣われるのは嫌だよ」
お母ちゃんの返事。

これは、愛子さんや三男の時子への態度とも共通するし
澄子の時も、時子が背負っていたのを落とすところとか
遠慮しない態度を思い出させる。


そうだよね
気を遣われるのは却って辛い。

昨日、皆を元気にしたいのに
自分が心配される側に立ってしまった
…と、時子が言っていたけど

やっぱ
“される”側を経験するのも重要なんだね。

痛みが分からないと心配し難いし
元気づけたくても、最善の方法が思いつかないかもしれない。


それから
それぞれの子供達のことを気遣う3人の母親達。

手紙には良いことばかり書いて
家族を気遣う三男の気持ちを
ちゃんと見抜いている、きよさん。

“良い子”であることで
家族を気遣う、みね子の気持ちに
罪悪感を抱いてしまっている美代子お母ちゃん。

でも、気遣うってことは愛情があるからなんだよね。


色んな思いが巡った後で
少しだけ時が跳んで、7月に―

暑そうな、みね子達。

自然に囲まれた奥茨城より東京はずっと暑いだろうし
工場の中は尚更で、まさに蒸し風呂状態な様子。

せめて半袖の制服に変えてあげて~!


暑さでイッパイイッパイなところもあれば
仕事の面白さも分かってきた頃。
仲間達との交流は言うまでもなく楽しい。

…なのえ、実お父ちゃんの事を思い出す時間が
減ってきていることに気付く、みね子。

お父ちゃんはお父ちゃんで
何と小奇麗な恰好で一人街を歩いている!

何処かに拘束されていたわけでもなく
何かの船に乗せられて遠い海へ…ってわけでもなく
犯罪に巻き込まれたってわけでもなさそう。

表情に覇気が無かったから
韓ドラ・チックに記憶喪失!?>ぉ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


Tシャツ


寝子>フェイスタオル


牛>ぬいぐるみ

銀ブラ>『ひよっこ』第41話 - 2017.05.19 Fri

わわわ私は見てしまいました

楽しそうな3人(みね子・時子・三男)の後ろ~の方で
家族連れから風船を奪う女の子がいたのを…

緑の風船を手にした、その女の子は
米屋の娘@さおりさんではありませんか!?

略奪する気満々…という象徴?

うわ~三男
やっぱ米屋に婿養子フラグか?

…ひじゅにですが何か?



「心配される人になってしまった」by時子



うん、確かに、奥茨城編においては
時子に限らず助川家の人々は
慰めたり励ましたり“する”側だったよね

だから「助川」なのか?
って感じだった。

そうした精神を「夢」に反映させた時子は素敵だと思うよ。

今は挫折感でイッパイで
真逆の状態に陥ってしまっているけど
寧ろ、それを知ることが出来たのは喜ぶべきことかもよ?
色んな役を演じ、色んな人を元気にするためには
貴重な体験だよね。


ちゅーことで

昨日からの時子編は勿論
その前の澄子編も含めて
各人にスポットを当てたエピであるのは勿論だけど
まさにこの「誰かを元気づける」というのが
連なるテーマなのかもね。

澄子は、皆に愛されている―
それを実感することが最大の励ましだった。

時子の場合は、やりたいこと=「夢」はハッキリしているわけだから
諦めず再び「夢」に立ち向かっていくための力が必要だった。


昨日の愛子さんの言葉も素敵だったけど
今日の三男もなかなかカッコ良かった。

同じプロポーズの言葉でも
予告で聞いたのとは全く意味が違った。
アレってミスリードだったのね。

つーか
ひじゅにが勝手に騙されただけか(笑)



時子の性格をよく知っていなければ言えないし
時子を本当に好きでなければ言えない言葉。

粋だなあ、三男。

この時初めて、時子も三男を意識する様になった
…なんてのなら良いけど、難しそうだなあ(^^;)


はっ
ももももしかして
そんな三男の魅力にを誰よりも分かっているのが
さおりさんだったりして?

でも、父親との間の板挟みに使っている間は
三男の心は掴めないと思うぞ。

コメVSパン戦争を解決する鍵は
やはり、米粉パンか?
それとも、ライスバーガーか?

あ、某回転寿司店で扱っている
シャリカレーパンかも?


まあ、少なくとも
みね子は今回で「恋心」というものを意識し始めた。
これから彼女の恋話が始まるという予告か?



何のかんので
今日の「銀ブラ」の映像処理(というのかな?)は面白かった。

当時の映像資料を単なる説明として使うだけでなく
水増しのために多用するのとも全く異なり(笑)
画面の両側にテロップを流すことでユーモラスに作り上げている。

みね子達自身の銀ブラ映像はなくとも安易は省略とは感じられない。
噴水で挟んだことで、遊び心も漂っている。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


風船7色アソート


風船に入ったミルクプリン


風船を持つパンダ・ネックレス

全然ダメ>『ひよっこ』第40話 - 2017.05.18 Thu

やはり落ちてしまったか…

まあ、仕方ないよね
こんなに早く「夢」を叶えてしまったら
全体の雰囲気が違うものになってしまいそうだし

今はまだ「ひよっこ」だものね

…ひじゅにですが何か?



「相手を楽にさせてやれる人になりたいなあ」byみね子



時子が落ちたのは
ルックスでは勿論なく
微妙かと思われた演技力でもなく>こらこら

訛りだった。

昨日、シュミレーションした時の
「訛りはほぼ無かったですよ」との豊子の言葉が
ある意味、伏線だったのね。

つーか
あの時点では一番安心していたこと
問題ないと思われたことがネックになるとは
現実とは皮肉なものね。


「いざとなるとダメ」と、みね子に言われていたのも
伏線っちゃー伏線だけど
もっとドタバタコントっぽくヘンテコな失敗するんじゃないだろうな…
と心配していたので、そこは、ある意味ホッとしたかも>ぉ

それに、訛りって故郷を表すものだから
あの素敵な奥茨城を視聴者は知っているから
同じ「失敗」でも、却って良い印象を受けてしまった(笑)



ある意味、予定調和(酷)だった時子の落選。

泣きそうな顔で無理して明るく振る舞う時子に
黙って付いていて、あんみつを食べて帰る、みね子に―

結果については聞かない様にして
時子を気遣う他の4人に―

KYにもズバリ聞いてきたかと思うと
スカッとする励ましの言葉をかけてくれる愛子さん

三段オチってわけじゃないけど>ぇ
各人の思いやりと
思いやりの示し方とが興味深かった。



ひじゅには、どっちかっちゅーと
みね子型かな?

とても直接的な話題は出せないけど
代わりに何をしたら良いかも思いつかず
でも、傍を離れることは絶対に出来なくて
一緒にあんみつ食べて帰ると思う。


愛子さんの方法は
かなりリスキーだし、キャラによっても大きな違いがあるだろうけど
効く人には最高に効くと思う。

期待し応援してくれていた皆への気遣いもあれば
プライドや意地も当然あっただろう時子が心を解して
思い切り泣いたり愚痴を零したりする助けになってくれた

そんなに大した「失敗」じゃないと認識もさせ
心を軽くしてくれた。

次回があるさと
そして次回の方が上手くやれるさと
希望を持たせてくれた。


今日は時子の回というより
「相手を楽にさせ(る)」ことを学べたな。


そこだけで終わらせず
三男を呼んじゃう…という手に出た、みね子。

予告では
「夢」を捨てて俺と結婚しよう!
みたいなこと言ってたから、愛子さんの励ましとは逆の内容で
今の時子の心には響かないんじゃないかなあ…
寧ろ逆効果じゃないかなあ…
という気がするけど(笑)

また幼馴染トリオが揃うのは嬉しいな。


『あまちゃん』オマージュも感じられたね。

某『〇れ』みたいに
表面的なことだけ『あまちゃん』風味にし
中身が全く追いつかず、駄作に終わってしまった作品もあったのに
一見、違うテイストのドラマで遊び心を出してくれるのって良いな。
根本的には似たものがある様に思うし。

過去作のオマージュが入るのも朝ドラ“お約束”。
今回はその上手い例ということですな>エラソウ?



本当言うと…
本当はね…

このところの展開
前半は良かった『おひさま』が後半になって
アハハオホホに終始するばかりで
イマイチになってしまったのを
ちょ~っとばかり思い出させるものがあった。

いや、勿論、まだまだ面白いし泣けるんだけどさ。

三男が出てきて幼馴染トリオが再び揃えば
奥茨城編の雰囲気は少し戻るかな
…と、期待しておきますぜ。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー







オーディション前>『ひよっこ』第39話 - 2017.05.17 Wed

今日はほとんど食堂で話が終わるのかと
ちょっと期待してしまった

↑何の期待よ?

澄子エピの次は時子
もうオーディションか…
こんなに早く取り上げられるとは思わなかった

ってことは落選確定?>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「丹波哲郎でも大丈夫です」by豊子



それぞれの好きなスターは―
愛子さん:石原裕次郎
優子さん:西郷輝彦
幸子さん:橋幸夫
豊子:高倉健、もしくは丹波哲郎
和夫さん:山田五十鈴
澄子:植木等

凄いなあ。
平成の現在でも知られている人ばかり。

え?
単にひじゅにの知識が古いだけ?



皆が渋いところを出してきたのに対し
オチ要員@澄子は植木等ってところが、さすが。

でも、ひじゅにも、この面々の中では植木等が良いなあ。
今だに理想の家族は、祖父が植木で父が所ジョージだったりする。


ということで
発声練習する時子の図ぅ―
で、今日はスタート。


次いで
食堂でオーディションに備えて練習
つーか、模擬オーディション

動きと笑いと少しの客観性(?)を付けるため
愛子さんが道化役>ぇ

他の5人は真面目かつ好意的な審査員役。

1:姿勢  
これは普段の様子を見ていれば断然OKと分かる。
さすがモデル=中の人!

2:表情
そんな中の人なのに、田舎っぽさも上手く醸し出しているし
自信なさげな表情も自然に見せている。
だから、そこがオーディションに対しては不安にさせるけど
聖火リレーの時の様に、いざとなったら輝く笑顔を見せてくれるのかも。

3:早口ことば
訛りが全くないかというと微妙だし
活舌が良いかというと尚更微妙だけど
ここでやたら上手かったらドラマ的に不自然だし
丁度良い加減と言える気がする(笑)

4:演技
『櫻の園』
『婦系図』
『ロミオとジュリエット』
…という定番の作品のさわりを演じてみせてくれたけど
定番なだけに微妙。
つーか、演技力はかなり微妙

皆は絶賛していたけど
身内贔屓もしくは本格的な芝居を知らない連中だから
…という含みがあるのかな?

5:訛り
「3」と同じ(笑)


そして、オーディション当日

「普段はパリッとしてるけど、いざとなるとダメ」なため
みね子に付き添われ

他の社員達による盛大な見送りのもと

て出発する時子の図ぅ―

初めて乙女寮にやって来た時の挨拶で
「夢は女優」と豪語した時子だけど
これだけ騒がれてしまうと落ちた時の辛さは半端ないぞ。

まあ、背水の陣ってことだろうけど
視聴者も今から何だか辛いぞ。

↑落ちると決め付けている(^^;)



ヒロインが輝く平成の美貌の持ち主のままなら
「友達の付き添いで行ったのにスカウトされちゃって~♪」
という伝説の芸能界デビューとなるところだけど(笑)

ちゃんと、そうなりそうなオーラは消していて
時子と並ぶと野暮った~く見える、みね子もさすが。

もしも、こうして脇の人々の紹介話みないなのが続くとしても
みね子は実にみね子らしさを出していて、さり気なく目立っている。
決してヒロイン埋没にはなっていないところが、さすが。


NHK前には「キョウ様」と彼のファン達。
前髪クネ男@『あまちゃん』というよりも
春太郎@『カーネーション』的キャラか。

控室の入り口には不揃いな字で書かれた貼り紙。
これってリアル?

控室の中には、シルクハットだのチュチュだの
特技をまんま表すコスチュームの人達が大勢。
時子が一番、品もあるし好ましい服装&印象だな
…と思ってしまうのは贔屓目?>多分ね


そして、いよいよ名前を呼ばれる時子。

『ガラスの仮面』みたいなオーディション風景だったら
面白いなあ…と思うけど…まさかね(笑)

ともあれ
頑張れ、時子!



澄子・時子と続いて
(いや、時子はまだ終わってないんだけど)
次は豊子かな?

図書館で本を片っ端から読んだ…と言っていた通り
何か新しいネタに入ると彼女が知識を披露して
会話の中で解説。

立ち位置確立してきたものな、豊子。






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


オーディションに合格する12のコツ


昭和ガールズ


ナチュラルチーズと一緒に食べれば
『ロミオとジュリエット』というお洒落なブラジルのデザートプレートに☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (48)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR