FC2ブログ
topimage

2021-04

包丁>『おちょやん』第84話 - 2021.04.01 Thu

​​​​​​​​​​​​​割烹着のオバチャン再登場。

この間、敢えてこうした呼び方をしたのは
朝ドラ名物(?)国防婦人会
つーか、それを象徴とした非常事態下での人間のひとつの形
(独善的ちゅーか他罰的ちゅーか洗脳的ちゅーか…)を
ああいうシーンで単純化して見せたというわけなのかな…と思ったからなんだけど
今日ああして登場したあってことは、あれは前振りみたいなもんだったのね。

でも、昨日は
彼女の方がギャフンと言わされて>ギャフンはちょっと違うか(笑)
今日は
彼女が少しばかり理解を示して、包丁を下げるという粋な(?)行為をして
少しばかり面目躍如といったところ?
…ひじゅにですが何か?



​​「女優になって皆を喜ばすのが夢やった」​​by千代



↑こういう展開、こういう台詞を予定していたのだから
それまでにもっと女優としての活躍を描いてくれば良かったのに…
そうしていたら、自然に千代の気持ちになって
視聴者の方からこの台詞を口にしていたかもしれない。



家庭劇解散。
「客足が遠のいて公演を撃てば打つほど赤字が増えてる」
「儲け生まん興行など興行ではない」
社長が挙げる理由は、これ以上ないほどシビア(^^;)

“岡安”が辞めたのも、“福富”が転業したのも同じ理由
勿論、誇りは持っているし、いつかまた…という希望も持っている。
でも、現時点ではああするしかなかった。

今週は戦争の影響で色んな夢や喜びがが消えていく様が描かれてきた。
出征も含め、色んな人がそれぞれの状況の中で
意図しない方向、望まない方向へと押し流されて行った。

その最後(今の時点での)のものとして
家庭劇の解散という問題まで生じる結果になったわけだけど
ここで、千代だけがその​流れに逆らう​立場を取る…というところに
ドラマとしての面白さがあるはずなんだけど…


「あんたにとっての家庭劇て、そないなもんだしたんか!?」
という千代の台詞がちょっとナンダカナ…

不快感までは行かないんだけどさ(^^;)


「田舎に父が一人暮らししてるの」
ルリ子さんも事情を抱えている。
「警報鳴るたんびに子供5人連れて逃げ回んの、もう嫁も俺も限界や」
徳利さんも苦悩している。
皆が皆、芝居が好きだからこそ頑張って来たのだから
ここで辞める方に同意したとしても、それは責められない。
責められるどおころか、もっと辛いだろうと思う。

「これ以上、大事なもんがのうなってしまうのは、もうごめんだす」
家庭劇を守れても、家族を失う結果になったら…?
皆も家庭劇をなくしたくはないだろう。
その気持ちは千代だけのものではないだろう。


笑いと涙の家庭劇を考案し作ったのは一平。
完成させたのは一平&千之助。
だから、この2人こそ、解散なんて納得できないに違いない。

「おもろないわ」
それでも、現状を受け入れるしかないと千之助さんは理解している。
「皆、ボロボロやで」
それでも、一平は皆を案じている。

千代の様に
社長に直談判しようとしたり
「家庭劇があったさかい、うちは生きてこられたんや」
と叫んだりする余裕さえないというか…


勿論、千代も貢献して来たけど
ドラマ上、そこはあまり強調させてこなかった。
千代はあくまでも女優…​パフォーマー​って感じで
家庭劇でなければならない…という気持ちはあまり伝わってこなかった。
今は本人は「家庭劇でなければ」と思っているだろうけどさ
ドラマとしては、そこまでは描いてこなかった。

パフォーマーとしても
初期の頃は、その時その時に覚醒があって成長があって…と
それなりに描いてきたのに
その後は芝居に関しては影が薄くなってしまって
プライベートで経験したアレコレが芝居にも生きたのかどうかも
ハッキリ示されなくなってしまった。

「月」という役割なのは分かるけど
千之助さんがテルヲにそう説明したこと以外では
それほど伝わって来なかったよね。

つーか、寧ろ「月」として
千代こそが皆の事情や苦悩を思いやる様子を見せてほしいなあ。
その上で苦しみもがく…って方が共感できる気がする。


↑批判するつもりはないのに、批判めいた文章になってしまった(笑)


まあ、これからなのかもしれないね。
千代は簡単には諦めないだろうから
これからの頑張り具合で描写不足は補われるかもしれない。
視聴者も心から応援したくなり
今は離れて行こうとしている仲間達が再び集まり
メデタシメデタシ!な方向へと向かって行くのかも。


ところで、今日は
​みつえ大活躍!​
だったな。

千代を道頓堀から逃がす時も度胸を示してくれた彼女だから
今日の行動も「らしい」。

脇もしっかり描いてくれるのは良いのだけど
みつえ>>>千代になってしまいそうな勢いだったぞ。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


包丁いらず>キハダ鮪切り落とし


子ども包丁


カチューシャ


​​​​​​​​​​​​​

波>『おちょやん』第83話 - 2021.03.31 Wed

​​​​​​​​​防空壕で出逢った漫才師@花車当郎(塚地武雅)は
​花菱アチャコ​がモデルなのだとか。

アチャコというと―

『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)
「ヒットヒットひっと殺し」というギャグ(『早慶戦』)が
ラジオから流れて来るシーンがあったことと 

↑『わろてんか』も思い出すけど(笑)

『東京五人男』(斎藤寅次郎)
『黄金狂時代』(チャップリン)を思わせるシーンを演じていたことと

『お父さんはお人好し』等のNHKラジオドラマで
浪花千栄子さんとのコンビが大人気だったこと

…くらいしか知らないけど
『おちょやん』としては、つまり

これが彼と千代との出逢いだった!

っちゅーことですね。

…ひじゅにですが何か?



​「また使うねさかい」​by熊田



↑劇場は閉鎖になったけれど
必ず再開してみせるという決意が滲み出ているね、熊田さん。



福助が出征し
“岡安”が60年の歴史を終え
“えびす座”“鶴亀座”と大劇場は相次いで閉鎖され
空襲で防空壕に逃げ込むシーンも入り
フラグ通り百久利さんも出征
最後は家庭劇解散宣言…

戦争により全てが失われて行く。
庶民の生活が壊されて行く。

福助壮行会が最後の贅沢だったのね。
物質的にも心の面でも。


波に押し流される…という意味で
大震災も連想するし
コロナ渦にある現在とも重なる部分が多い。

歴史として見ると、時代の波って急激な印象だけど
その時に生きていた庶民達にとっては
日常に少しずつ忍び込んできて
訳も分からないまま、気付いたら流れに巻き込まれていた…
という感覚だったのかも?
今の私達が、逆らうこともできず先行きも分からず…
な状態にあるのと同じで。


“岡安”の最後は、千代も含め、お茶子達への挨拶で締められた。

一人一人の性格や特徴を把握していて、その長所を褒めるシズさん。
シズさんの人となりや、お茶子達との絆が伺える。
こういう厳しいけれども人情のある職場で働けたら素敵だろうな…
現代でもそうした場所は皆無ではないのだろうけど
ひじゅには不幸にも出逢えなかった。
こうしたものさえも急速に失われて行ったのだろう。

かめさんは残るらしいので、ちょっとホッとする。
『あさが来た』では、かめさんの中の人が演じる女中が
使えていた女将さんが亡くなり故郷に帰って行った。
今回は残れて良かったね、かめさん。


鶴亀家庭劇は小さな芝居小屋を転々としながら頑張っている。
「狭いわ、床抜けるわで…」
「年中、腹ペコやっちゅうのに」
「公演であちこち行かされるし、夜は空襲で何遍も起こされるし、もうしんどい」
台詞で様子は語られるけど、できれば映像で観たかったな。
まあ諸事情で仕方ないのかもしれないけど。

「空襲がなんぼのもんじゃ」
強がっていた千之助さんが、空襲警報に一番ビビッていたのが今日のギャグ?


「わしが笑い死にさしたるわい」
この千之助さんの宣言は、千之助さん自身のいない所で
千代&花車当郎さんによって実現される。

まあ、ちょびっとツッコミ(というよりイチャモン?)を入れるとさ
赤ちゃんが泣き出したところは
視聴者もどうしよう…と動揺するところ…のはずなんだけど>理想論?
それを引き起こす恐怖感ちゅーか緊張感ちゅーか
本当に切羽詰まった状況だという雰囲気がイマイチ出ていなかったなあ。
それに、2人の即興漫才は険悪な雰囲気は収めることに成功したけど
掛け合いの言葉と皆の笑い声は煩くなかったのか?
…という疑問も>野暮?

それとね
こういう時に咄嗟に乗れる千代のアドリブ力…
状況を即時に見極める洞察力や判断力や
笑いに昇華できるトーク力や演技力や
何より頭の回転の速さ…
その片鱗はちょこっとは描かれて来たけれど
あくまでも、ちょこっとの範囲だったので
もっと積み重ねてきていれば最強だったのになあ…と
ちょこっと残念。


百久利さん出征はフラグの回収。
分かり切ったことではあったけど、やはり悲しい。

千之助さんが顔も見ず、片手で追い払う様な仕草をしたところは
涙涙の見送りよりも万感迫っていたな。

何か、見せ場のほとんどを千之助さんがさらってきた様な記憶…


「家庭劇は…解散する」
宣言する一平。
熊田さんに呼び出されたのは、この話だったのだろう。
つまり、上からの命令。

多分、誰よりも逆らうのは千代なのだろう。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


小説版 


アドルフに告ぐ


花菱アチャコ


​​​​​​​​​

埴生の宿>『おちょやん』第82話 - 2021.03.30 Tue

​​​​​​​​トランペットの音が聞こえて
敵性音楽だと即座に反応し警察を連れて来るのは
やはり割烹着姿のオバチャンなのね…

それにしても
「パパパパ~」だけでこうだったというのに
演奏し始めてから大丈夫だったのか?
もはや発声練習だと誤魔化せる範囲を超えてるけど?

↑無粋なツッコミ(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「この道頓堀は、わての居場所だす」​byシズ



道頓堀は
シズさん達のおかげで、千代にとっても居場所となった。
“岡安”を何とか存続させようと頑張って来たシズさん達にとっても。
とうとう閉めることを決意した今でも。
“福富”を時流に合わせて変えながらも踏ん張っている菊さん達にとっても
その息子である福助にも。

だから、福助が最後に吹くのは
『埴生の宿(Home! Sweet Home!)』
なのだろう。



いよいよ“岡安”を片付け始めるシズさん。

千代が初めて道頓堀にやって来た時
目に付いたのは座布団を運ぶ“岡安”お茶子達の姿だった。

年月が過ぎ、大人になった千代が登場した時も
身体的にもお茶子としても一人前になったことを示唆する様に
座布団を運ぶ姿を見せていた。

「防空頭巾とか兵隊さんの防寒服の綿にもなるやろしな」
そして今、“岡安”が無くなる象徴として座布団が処分される。
それも「お国に供出」するために。


全てが「戦争」であり「お国」のため…
現代脳には辛くて重い。


そんな「戦争」と「お国」にダイレクトに結び付くのが福助の出征。

「お前もまず髭生やさなあかん」
少年兵に志願したいと言う一福に、こう言う福助は現代的感覚に近い?
息子の夢を真っ向から否定するのでもなく
安易に反戦思想を持ち出すのでもなく
こんな風に諭せる福助は賢く優しい父親だな。

​テルヲ、見てるか!?​(笑)


「良かった、菊さんも福松さんも変わりのうて」
表面的な態度や言葉で誤魔化される千代は一福と同じ?
…まあ、近親者ってわけではないから、こうしか言い様もないけどな。
「強がってはるだけや…強がるしかあれへんねんて」
当事者である、みつえは奥底まで読めている。
つーか、自分自身の気持ちでもあるのだろう。


そんな、みつえの希望を聞いて、何とかしてやりたいと思う千代。
一座のために反対する一平の気持ちを変えたのは
「きっと生きて帰って来るに決まってる。
そしたらまた思う存分、吹いたらええことだすもんな」
という千代の言葉。

千代としては、わざと煽る様に言ったのか
一平の懸念に素直に同意しただけなのか分からないけど
一平は、この事実の重さに気付いたのだろう。
千代の言うこととは逆の結果になる可能性は低くはないことを。


それでも、一平も千代も一座の人達は巻き込まないよう気を遣ったのに
割烹着のオバチャンのおかげで(?)
一座の連中も“岡安”も“福富”も全ての人が協力し
最後は福助の演奏を堪能することに。

密閉された空間で
音楽が流れ
お芝居の時もガラガラだった客席が
身内だけとはいっても埋められて
皆が泣き笑いする―

これは、ある意味家庭劇の象徴。

現実は芝居となり
芝居は現実となる?


もしかして
ここに集った皆の「居場所」である道頓堀が
まだ少しは幸せだった、最後の時になったりして?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


埴生の宿 ネックレス


座布団


お母さんの手作り いもだんご


​​​​​​​​

うちの守りたかった家庭劇>『おちょやん』第81話 - 2021.03.29 Mon

​​​​​​​​​第80話の感想は「つづき」を書いたので
良かったら読んどくんなはれ。

↑関西弁モドキ

感想は…ここ



​「戦争のおかげだす」​by菊



朝ドラって
時代背景がいつであっても
感覚はまさに​現代​…ってのがデフォルトだから

戦中を舞台にした作品は多いけれど
少なくとも最近のは戦争には否定的で
国防婦人会なんて「悪」として描かれることが多い。
だから、ヒロインは参加しない。

例えば『エール』は、そこのところの動機が曖昧で
単に気分が乗らないから参加しない…みたいな印象で終わってしまったけど
『カーネーション』は、先頭立ってヒロインを批判していたリーダーの女性が
戦死した息子の遺影を掲げて街を歩く悲痛なシーンがあったりして
興味深い描き方だった。


この『おちょやん』は、さらに捻っていて
国防婦人会のタスキを掛けるヒロインを堂々と映す。


芝居に関しても
「おもろないからのう」と、シビアな千之助さん
何やら思案している様子の一平
…等を尻目に
「お国のためにもなる」と言っているし。


それが当時の人々の大半が抱いていた感覚なのだろう。
後の「大阪のお母ちゃん」は、あくまでも庶民的。


とはいえ
千之助さんの「おもろないからのう」に続くのは
香里さんの「ず~っと愛国物ばっかしやもんなあ」なんだけど
千代の意見は「次はもっと面白い芝居にしたらよろしいねん」
ちょっとばかり能天気(笑)

「うちらにでけんのは、ちょっとでもええお芝居作って
世の中を元気にすることだす」
これは極めて千代らしいと言えるけど
つまりこれが彼女の神髄なのだろうけど
精神論っちゅーか
面白くできるか否か…という手段(?)に欠けている。
一平の様に話を作る側ではないから?


若手の役者が次々と出征していき、続けられなくなった一座が増えているらしい。
でも、鶴亀家庭劇の場合は
寛治君は目が悪いので召集されない―
百久利さんは召集はされたものの戦地に行く前に身体を壊して帰された―
ということで、今のところ安泰。
つまり、まだ、戦争の影響を直接受けていない状態。

だから、どこかまだお気楽なんだろうな…(^^;)

でも、多分、これらは​フラグ​
今の状況が引っくり返される日が来るのだろう。


その予兆(?)の一つとして、福助に赤紙が届く。

一座の誰かでも、ましてや一平でもなく
福助…というところが絶妙(笑)
しかも理由が>みつえの推測だけど
「前にいてた楽団で兵隊さんの慰問に行く時も
自分は軍歌なんか吹きたないいうて抜けたりしてたさかい
目ぇ付けられたんやと思う」
なので、一座の皆には直接当てはまらない。

だからまだ自分達は安泰という思いが強いかもしれないけど
俯瞰してみれば
​物凄く近くに「戦争」はやって来たー​
ってことになる(^^;)

そうした役割を考えると、福助の先行きはほぼ決まりだな(涙)


ただ、この福助の軍歌(を象徴とする戦争そのもの)への思いが
サラリとだけど語られたのは
やはり、事象だけでなく、思想的なものも浮上してきたことになる。

「こないな時やのに、芝居やっててええねんやろか」
という一平の言葉にもつながって来るかも


「うちがやっていけてんのは戦争のおかげだす」by菊
福助の信念とは逆に“福富”は軍歌のレコードで稼げている。
“岡安”は遂に廃業。

芝居茶屋が傾き始めた頃に
喫茶店(+レコード&楽器店)に商売替えした“福富”と
苦しくても続けることにした“岡安”との
時代を見極める「目」の違いが今回も?
…いや、一筋縄では行かないのが戦争だから
軍歌を前面に出している“福富”が皮肉な結末を迎えそうで
(つまり、これも​フラグ​かもしれなくて)ちょっと怖い(^^;)


皆が皆、マイナスの方向へ流れが向かっている。
取り合えず差し迫っているのは劇場閉鎖の動き。

まあ、千代だったらどんな場所でも
何なら路上ででも上演しちゃう気がするけどね(笑)

問題は客…





栗羊羹






​​​​​​​​​

その2>『おちょやん』第80話-2 - 2021.03.28 Sun

​​​​​​​​​​​​第80話の感想が自分でもイマイチだったので
もう一度書いてみました。

この日、Wordが起動エラーになり
再起動してもダメ、長く待って見てもダメ…
という事態になりまして
(いつもWordにザザ~ッと書いて管理ページにコピペしているもんで)
仕方なく管理ページに直接書き始めたものの、時間があまり残っていなくて
大急ぎで取り掛かった挙句、表面的なツッコミで終わってしまい
誤解される(つーか、そもそも書き切れていない)部分が多かった様ですので。

↑言い訳(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「俺は家庭いうもんを、よう知らん」​by一平



それは、ある意味>それぞれ微妙に異なるけれど
千代や寛治君も同じなわけで
そんな3人が集まって「家庭」を築くことになる
…という結末が良いと思う。

勿論、一座の皆も家族だし、客達だってそうなると思う。
そうやって、千代達の「家庭」が広がって行く。


   あ、そういえば、某ヨン様(四草にあらず>ぇ)が
   ファン達を「家族」と呼んでいたっけ。

   ↑余計な話?


千代は、相手が誰でどんな立場であろうとも、その心を捉えようとする。
良く言えば世話好き、悪く言えばお節介(笑)>何せ朝ドラヒロインですから
自分と似ているか否か、自分よりはマシかもっと辛いか…なんて関係ない。
(例えば、みつえは、特に子供時代は千代とは全く対照的な立場だった)

​​寛治君​に対しても同様。

だけど、そんな良い面だけを描くドラマではないから
まだ子供に恵まれない自分の気持ちを押し付けている部分もあったと思う。

   年齢(少なくとも見た目)があまり離れていない風だから
   ヨシヲへのことも重ねているのだろうとも思ったけど
   あまり関係なかったっぽいね。

寛治君の様子、心に抱えているもの…それらを探ろうとしないまま
「お母ちゃんと呼んでみ」とシツコク迫っていた。

だから、寛治君の苦悩が明らかになってから
本当の意味で受け入れ合えるという結末になると予測していた。

全体的にはそうなったと言えるけど
表現はちょっと違っていたね>捻っていたというべき?


寛治君の生い立ちは一平のそれに似ている。
だから、まずは一平が彼を気に掛けるのだろうと思った。

自分を重ねるから同情する…でとかではなくて
何ちゅーか、自分と似ているから助けたいという思いではなくて
似た部分がある→気持ちを推し量ることができるってこと。

全く違う境遇の人物であったとしても、結末は同じだったろう。
それはそれで面白い話になりそうだけど
そこはやはり、時間やメインストーリーの都合もあるから
一平とも千代とも、ある程度似た生い立ちに設定したのは
それこそ、ドラマ的仕掛け。

一平&千代が自分語りをすることで
今迄の物語のおさらいにもなるし
重なるから(寧ろ、千代達の方が過酷だったから)
話を聞いただけで寛治君の心が解れたことになる。
視聴者にも分かり易い。


​​小暮&​百合子​騒動は、ハッキリ言ってしまうとこの週からは少し浮いていた。
勿論、これはこれで興味深い題材であるから取り上げてくれて良かったけど
寛治君とはまた別のお話だから、別の週でも良かったかも>それこそ時間的都合?。

寛治君が関わったと言えるのは、押し入れに隠れたことと
彼らの話を襖越しに真剣な顔で聞いていたことと
窃盗の濡れ衣を着せた…くらい?(笑)

それでも、小暮&百合子エピをここに挟んできたのは
一平&千代にに何らかの影響を与えるためだろうと推測。

実際、一平は彼らのために『人生双六』を書いたわけだし。
客に大ウケの愛国物を中断してまで…ね。


戦争の時代になり、色んな面で統制が敷かれる。
愛国物と謳っていても中身は厳しく精査されるだろう。

そんな中で、どんな芝居をするか―
これは大きな問題となる。


   それこそ『エール』で
   戦意高揚の曲を作り続けた裕一と
   それを拒否し音楽活動ができなくなったり、投獄されたりした
   他の音楽家及び作詞家の人々みたいにさ。


それは国家との問題かもしれないけど、​大衆の意識​も関係してくるはず。
実際、今でも愛国物が人気なわけだから。

まあ、一平と千代は今は「相反する」という域ではないし
これからも、それほどハッキリと分裂してしまうことはない様な気はするけど。
つーか、してほしくないけど。

寧ろ​2人で​模索​していくことになるのかな…と思う。

小暮&百合子エピを入れたこと―
それにより『人生双六』が生まれたこと―
百合子さんと千代の役者や芝居への考えが違う
(どちらが良い悪いではなくいし、奥底の部分では共通するものもあるけれど)
ということを、ああもハッキリと台詞で示したこと―
これらが後々、どんな形であれ関係してこなかったら
ドラマとしてちょっと…って気がする>ぉ

この時代に、「芸術」に携わる人を描くには
こうした面は避けて通れない。

とはいえ、それがドラマのメインではないから
そこはアッサリと…かも。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


メーテルのヴァイツェン


『エール』メモリアルブック


『人生双六』

​​​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR