topimage

2018-04

半分、青い。>『半分、青い。』第12話 - 2018.04.14 Sat

​​​​​​​​​​​子供時代は昨日で終了かと思っていたので
今日もほぼ全編子供時代だったことに
ボーナス貰った気分(笑)

ラストで、高校生姿のヒロインが映って
新しい展開に期待する気持ちもあるものの
やはりちょっと寂しいな…と思ったんだけど

成長した律@佐藤健さんの顔を見たら
吹っ飛んでしまった>ぉ

…ひじゅにですが何か?



​「鈴愛の左側は、いつだって晴れやね」​by晴



↑お母さんの名前が「晴」なのが理解できた>遅過ぎ?


遅過ぎっていえば、昨日書き忘れたんだけど
川で鈴愛が舟に乗るシーン
“川を跨ぐ糸電話”と重ねていたよね?

「この世にはない」三途の川を渡すことはできないけど
鈴愛の、以前とは変わってしまった世界と
変わらない世界とを跨いで

岸にいる晴さんの声は舟の上の鈴愛には聞こえないけれど
気持ちは伝わる。

以心伝心。


体育の授業のシーンでも
律には声に出さない鈴愛の気持ちが伝わった。

その分、事情を聴いているハズの先生が配慮なさ過ぎで
『かぐや姫』エピでの印象も加わって
やっぱ、この先生ナンダカナ…って感じになってしまったけど。
(先生とは以心伝心ではなかったってことだわな)


…と思ったら
今日はイキナリ先生の謝罪(?)

「うっかりしてしまって」
…​じゃないだろう!?​

って感じなんだけど(^^;)

「学校でも家でも上手く助けてあげて」
ってのも
まるで先生に注意されなければ家族も気遣いできない
みたいに聞こえるじゃん>考え過ぎ?

おまけに
まだ事態を受け止めきれず心配や後悔や罪悪感で
イッパイイッパイの晴さんに
「イジメ」
なんて単語を吹き込んじゃうし。


今のところ、良い人だらけのThat’s朝ドラな世界に
ほんの少しの“悪”(悪気はないけれども無神経な“毒”)
を注入?

鈴愛がこれから立ち向かっていかなければならないものの
前兆にして象徴?


でも、ドラマは先生を糾弾するのではなく
晴さんの和子さんに対する“毒”を描く。

ここ、良いね。

抱えきれないものを抱えねばならず
僻みや妬みや、甘えもあっての八つ当たり。

そもそも出産エピで
和子さんに少しばかりの対抗心を見せていたので
今日のこのシーンも「あるある」

すぐに後悔して謝ったしね>先生も謝ったわけだけど
(これも対比か?)


「いつだっていい女で正しい人で完璧なお母ちゃんやったら
鈴愛だって息が詰まるやろ」
「そんなお母ちゃんが大好きだ」
人間は不完全で間違いばかりを犯すもの。
そうした弱さを柔らかく包み込む宇太郎さん。


和子さんは今日も大らかで
金八先生の物真似まで披露。

以前、ゴアの真似をしてくれたのも
晴さんが鈴愛のことで謝罪しなければと思っていた時だった。
(これもまた対比?)


ちょっと話はズレるけど
高校生の律はバスケをしていたから
喘息は治ったってことなのかな?

あ、でも、小学校でも体育の授業には出ていたんだっけ。

ひじゅには大人になってから喘息を発症したんだけど
なかなか辛いよね。
片耳を失聴するってのとは、また別の種類の辛さ。

全く違うタイプの鈴愛と律が
全く違うタイプのものではあるけど
“辛さ”を抱えているってところに意味深さを感じた。

律の喘息が治っていても治らないままでも
少なくとも、その“辛さ”を自分の中に持つということを
知っているってのが重要。


鈴愛だけでなく律も
律だけでなく晴さんも
身体的にも精神的にも不完全。

そういう意味で、人間なら誰もが同じで
弱さがあるから他の人を思いやれるし
欠けたところを補い合える。

そう考えると
表向きは「ラブストーリー」であっても
万人に通じる物語として楽しめそうだな。


律と一緒に作ったゾートロープで
鈴愛の感性の表れである絵で
「悲しさ」しかなかった事態も「面白さ」に変わることを
示してみせる。

雨の音と傘と
雨上がりの「半分青い」空>しかも青いのは右側

子供時代は完璧な締め。


「俺がアイツより一足先に生まれたのは
アイツを守るためだったかなあ…って」

第1話が鈴愛のモノローグで始まったのに対し
子供時代を巡った後で再び第1話に辿り着いたところで
律のモノローグ。

この構成も良いね。

つーか、これ
モロに少女マンガチックな​萌え​台詞ですなあ(*^^*)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ゾートロープ


ミートソース


雨上がりに…


​​​​​​​​​​​

以心伝心>『半分、青い。』第11話 - 2018.04.13 Fri

​​​​​​​​​「お小遣いが余ったから」と言って
ぐるぐる定規を姉にプレゼントする草太

本当は大切な貯金箱を割って出したお金で
わざわざ買ったもの

ここを変にナレーションを付けずに描いたのが良かった

…って
説明過多の朝ドラに慣れきっているからこその感想?

…ひじゅにですが何か?



​「カエルやなかったんか」​by船頭さん



昨日は蚊帳の外だった草太君
上記↑の様な言動を見せることで
あの後、両親が伝えてくれたのだなと分かる。

つまり、まだ小さいから受け止められないだろうとの
勝手な大人の配慮で、却って疎外感を味合わせてしまうのではなく
ちゃんと事態を説明してくれたのだと分かって
楡野家の大人達への好感が涌く。

草太がそのことをキチンと理解し
普段の態度を崩さない様にしながら
姉に思いやりを見せるのも良い感じ。


晴さんは和子さんの伝手で何か怪しげな物を購入。

昔、父が入院していた時に同室だった人が
末期ガンで余命宣告され
そうした病気に効くという触れ込みの何処ぞの水を
奥さんが毎日飲ませていたのを思い出した。

和子さんも、喘息持ちの律が心配で
藁をもすがる思いで買い続けているのだろう。

晴さんと和子さんに悲しい共通点ができてしまった。


鈴愛に代ってやりたいと思っている晴さん。
お祖父ちゃんも同じ。
宇太郎さんも、きっと。

そうした家族の姿は泣けるけれど
本人@鈴愛は泣けない。
皆の気持ちが分かるから泣くことができない。


ここで、律に直行するのではなくて
渡り船の船頭さんとのシーンに繋がったのが良かった。

「左耳が聞こえんくなった」
家族を思いやるが故に家族に心の内を言えない鈴愛が
船頭さんに打ち明ける。

船頭さんの奥さんも片耳が聞こえなかったとか。

そういう人は大勢いいるという医者の言葉に
自分の娘は一人しかいないと泣いた昨日の晴さんと対比して

鈴愛の方は、この情報に
ほんの少し慰めを見出したと思う。


舟に乗っているシーンは
『おしん』へのオマージュか?
って感じだったけど(笑)

   といっても、ひじゅには
   『おしん』はこのシーンくらいしか知らないのだけど。

ここになら居られる―
と、ほんの少し思ったのかも?


そんな鈴愛が
本当の意味で心情を打ち明け
初めて泣けたのが律の前、​律​と2人だけの時―

というのは、上記のシーンを踏まえて
非常に大きい意味があると思う。


勿論、ラブストーリーと公言されているのだから
幼い内からの心の交流と絆とかをが空くのは当然なんだけど

何ちゅーか
狭い意味でのラブストーリーに留まらず
​人間​としての触れ合いというか。

こういう形で描き続けてくれれば
恋話がちょい苦手な、ひじゅにも
大いに楽しめるという。気がする


アバンで
左耳に栓をして飛び石を渡ってみる律
が映され

体育の時間
鈴愛の番が来る前に授業がウヤムヤになるよう
機転を利かせるシーンが入り

船頭さんとのシーンで
鈴愛は律のことを話題にしてもいたので

このラストシーンまでの流れは自然だった。


「帰っても良いぞ」
律の心も気遣っちゃう鈴愛。
「付き合うよ」
と答えながらも、ベタに傍に寄り添っているというのではなく
川に石投げをする律。

鈴愛は泣き止んで、一緒に石を投げ始める。

「世界が半分になった」
「心許なかった」
と、現実に打ちのめされながらも

​「世界を楽しもうとしていた」​
と、前向きな姿勢がよく表れていたと思う。


だから、このモノローグはなくても良かった気もするけど
でも、本人のモノローグで始まったドラマだから
子供時代の締め(多分)に、またモノローグを持ってきたのは
バランス的に良いよね。

それに、ハッキリと言葉で表現したってとこも良いかな。

某前作だったら批判しているかもしれないところだけど(笑)
ワザトラシイ宣言ではないし
テーマをハッキリ示しているからね。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ぐるぐる定規


以心伝心


豚の貯金箱


​​​​​​​​​

気配は音>『半分、青い。』第10話 - 2018.04.12 Thu

​​​​​​​​鈴愛に処方された薬@ステロイドは
律とお揃い

この件は「おお!」と思った

その後、律は鈴愛の前で発作を起こす
視聴者の前でも、これが初めて

律は薬を飲んで落ち着くものの
完治するわけではない

鈴愛は飲む必要もなくなる…

岡田医院に関してもさ
律は何ともなかった
鈴愛は大学病院に回される

発作の最中
いつもクールで鈴愛のツッコミ役の律が
「帰れ」と声を荒げる

治らないと聞かされても
涙を零さない鈴愛

こういう描き方はグッと来る

…ひじゅにですが何か?



​「意味は通じた」​by菜生



昨日のラストシーンの続きから今日は始まると思ったら
学校で楽しそうに喋る鈴愛の笑顔から―

左耳の異変を
「時々、小人が歌って踊る」と表現する鈴愛。

その小人の絵も描いてみせる。
この間迄は『あしたのジョー』や『マグマ大使』の絵だったのに。

小人が歌う曲はボルネシアン(ポリネシアン)風。

さらに
「左耳だけ、海に行ってまった」とも言う。

耳鳴りが海の音(潮騒)に似ているから。

​この感性は良いな。​

「これを悲しいと思うか 面白いと思うかはその人次第」
という第1話で提示された物事の見方にも通じるし
将来、マンガ家を夢見る様になるというのも頷ける。


「風の音が身体の中から聞こえるみたい」
これも良い。

右耳でも左耳でもなく
身体の中で感じ取る。

その直後の律との会話で
「勘だ」
と言っていたのにも通じるかな。


こうした鈴愛の様子と
医者による説明とが交互に描かれる。

   眞島さんの、冷静だけれども同情もしている話し方や表情が良い。
   晴さんの、ドラマにありがちな泣き喚く演技ではなく
   抑え気味の嘆き方も
   宇太郎さんの、必要な事をメモしながら涙を溜めている様子も良い。

冷酷な現実。
気を付けなければならないアレコレも、あまりにも多くて
今迄、当たり前だと思っていたことが悉く困難になる。

まさに
「その人次第」の狭間。


この時点では、鈴愛は薬で治ると信じていたし
だから楽観視できた部分も大きかっただろうし
周囲への気遣いもできる子だから>弟のTVも配慮してたし
強がっていた部分もあっただろうけど

真実を受け止めた今
この厳しい現実を
豊かな感性で乗り越えて行く―

ということの前兆だと思う。


「もう、海から帰ってこんか」
「バイバイって言えんかったな」
ここは泣けちゃったよ。

左耳の聴力を擬人化して
失われたとか死んでしまったとかではなくて
一人で海へ行って帰って来ない―

こういう考え方に、ひじゅには弱いのだ。


一人、寝っ転がって鼻歌を歌い
天井のシミを「龍や」と言う。

ここは現実逃避かもしれないけどね。
まだ実感が涌かないってのもあるだろう。

   『赤毛のアン』とか
   『パンズラビリンス』のオフィーリアとか
   『エンジェルウォーズ』とかも、そうだったけど
   辛い事ばかりの世の中で妄想世界に逃げ込むのは
   そうはできない人よりは特権かも?

   ひじゅにもこのタイプ(^^;)

でも、鈴愛は逃げ込むばかりでなく
​それを力として前進して行く​のだろうと思う。

ちょっと楽しみ。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


小人>メッセージクッキー


風の音>フェイスタオル


潮騒>コーヒーカップ


​​​​​​​​

耳鳴り>『半分、青い。』第9話 - 2018.04.11 Wed

​​​​​​​​​​​​​​​​​​大学病院の先生
​眞島秀和さんだ!​
豊川さん@『ゲゲゲの女房』だ!

   ↑ちょっとテンション上がる(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「鈴愛は思ったまんまだから」​by律



笛で強引に呼び出されたり
川に落とされたり
ゴミ箱をぶつけられたり

…と、表面的にはさんざんな扱いの律(笑)

でも、『かぐや姫』サービス問題の時は
勇気を奮って&無い知恵を絞って(?)
律に助け船を出す鈴愛。

そして今回は
鈴愛が母親@晴さんを気遣うが故に話せないでいることを
代わりに伝える律。

生まれた時からの付き合いだから仲が良い…というだけでなく
お互いに補い合える関係なのだと前面に押し出しているな。

律は鈴愛の
鈴愛は律の
​「半分」​ってことなのかもな。


昨日登場したラジカセの、どアップからスタート。

カセット
外部入力録音
周囲(特に母親)の声が入って失敗
…という(多分)“昭和あるある”が
今日は、それを再生するという形で再び。

これを丁寧な描写と捉えるか、シツコイと感じるかは
視聴者次第?

それに加えて、今度は「口裂け女」

時代色を出さなければダメだとは思うし
口裂け女の発祥の地は岐阜県だとも聞くけど

こう度々「あるある」要素てんこ盛りなのを

楽しい&懐かしい!となるか
ドヤ顔が透けて見えてアザトイ!となるかも
視聴者次第?


家出した鈴愛を家族皆で探し回るという
朝ドラ“お約束”な展開かと思ったら
モタモタしているうちに萩尾家から電話が来て
即、解決。

意図的な​“お約束”外し?​

現代だったら、子供が夜一人で外へ出たってだけで大騒ぎだろうから
このノンビリ具合も“昭和あるある”?


「おじさんは大歓迎だけどな~」
「おばさんだって歓迎よ」
この、おっとり大らかなところが萩尾家の魅力だな。

ひじゅにも、この家の子になりたいわ>ぇ

でもまあ、律は律でこの両親の下で苦労していることもあるみたいで
皆、無い物ねだりってことなんだろうな。


ところで、聞き捨てならないことが一つ。

「ブッチャーは鈴愛のことが、ちょっと好きなんだ」
いやいやいや、ブッチャーの愛は律のものだから>ぉ

   ↑個人的願望

好きだから、からかう…のは
昭和に限らず、いつも“あるある”

とはいえ、そうした心理を既に理解している律。

『かぐや姫』の一見にも通じるけど
律はそうした“あるある”を真っ向から支持する子じゃない。
でも、晴さんは素直に信じていそうな人だから
敢えてこう言うことによって
鈴愛もブッチャーも悪者にしない様にとの配慮だろう。

​​恐るべし、律!​​


それでも、晴さんは真相を知ったことを鈴愛には言わず
ここで感動的に親子和解の図ぅ―
なんちゅー盛り上がり展開もなく
実にアッサリ、まさに淡々…

昨日の三途の川の件もそうだった。
だからって蓋ショボ(蓋を開けたらショボかった…の略)
ってわけではなく、寧ろちょっと良い感じ。

これからもこのパターンなのかな?

微妙…と感じるか
癖になるかは
今後のドラマの出来次第。


ラストは、いよいよ(?)鈴愛の左耳に異変が。

既に、めまいを起こすという前兆があったし
帰り道では晴さんの背中の上で左耳を向ける形で歌っていたから
その時点ではまだ普通に聞こえていたのだろうし
この家出騒動が原因ってわけでは決してないだろうけど

晴さんはそう思って罪悪感を抱いてしまいそうで
そこが心配ではある。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


五平餅


目玉焼き カスタマイズ


あんかけスパゲッティ 食べ比べ


​​​​​​​​​​​​​​​​​​

お墓参り>『半分、青い。』第8話 - 2018.04.10 Tue

​​​​​​​​​​和子さんはゴアの物真似をし
晴さんはゴアに似ていると言われる

真似をする=本人ではない 
ってことだし

この2人の立ち位置の違いを示してる?

…ひじゅにですが何か?



​「石は、さすがに投げん」​by鈴愛



またもやブッチャー情報。

西園寺家は町一番の金持ち。

*純和風の豪邸
成金ではなく代々ってことか?
もしや、旧家ってヤツ?

*所々に西洋の彫像
成金趣味って感じだよね。
先祖はともかくブッチャー両親には、やはり俗臭が…

*商店街秋祭の飾り作り
上に立つのが好き+根は庶民ってことなのかな?
やっぱ成金根性?

*ブッチャー妹@麗子
ツインテールといい犬連れといい
犬の名前がメルシーというセンスといい
​みぎわさん@『ちびまる子ちゃん』か!?​

*シャワートイレ
発売されたてのものを既に購入&設置済みってとこに
やはり成金根性って言葉が浮かぶ>ぉ


シャワートイレの話題から楡野家に場面転換。

お祖父ちゃんの提案で家族そろってお墓参りに―

お祖父ちゃんが持って来た細長い包みを
「弓矢?」と聞く鈴愛。
おい、自分達が作った糸電話のこと忘れたのか?
何か、真っ先に気付きそうなもんだけど…そこは子供だから?


「これで、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんと話をさせてやろうと思った」
何故、ここをもっと中心に描かないのだろう?

『かぐや姫』のアレコレ、ゴミ箱のアレコレも
必要だと思うし楽しいけど
糸電話の件に重きを置いて、他は周囲を彩るものにして
メリハリ付けた描き方だったら良かったんじゃないのかなあ…

そうしたら、鈴愛の心の優しさや純粋さが際立つし
ナレ死のお祖母ちゃんの存在が浮き上がってもくるし
お祖父ちゃんの寂しさもヒシヒシと伝わって
このお墓参りシーンはもっと感動的なものになったと思う。

まあ、このままでも十分にウルウル来たんだけどさ(笑)

でも、このままでは並行して描かれる数々のエピの一つ…
で終わっちゃいそう。

ひじゅに的には、もっと​フィーチャー​してほしかったなあ。


「そんな気はしとった」
三途の川は、この世にはないので糸電話を渡すことはできない…
それをようやく認識する鈴愛。

このアッサリ具合は嫌いじゃないんだけどね。
でも、この一連のエピを“幹”に据えていたなら
このアッサリ具合にもっと味が出たと思う。


空に向かって、お祖母ちゃんに呼びかける一同。
それぞれの呼び名で。

名前を凄く重要に捉えているのは分かるから
シツコイと感じるくらい台詞で何度も説明せず
こうしたシーンをただ見せてくれるだけで良かったな。


そしてラストは鈴愛の名前の件へと続く。

まずは、前のシーンの松田聖子から
もんたよしのりへとシフト。

TVを録音するにはラジカセの外部マイクを利用するしかなかった
…という時代色も出し

それを母親の怒り声で中断させられる
…という「あるある」(多分)な展開へ。


ゴミ箱の件、後になって他人から知らされるのは
親としてはショックだろう。

「失敗はしかたない、ほやけど嘘はあかん」
鈴愛は“伝えなかった”だけで嘘をついたわけじゃない

自分の子供が他所の子にしてしまったことよりも
自分には隠していたってことに一番傷ついてる感じ。

で、殊更、大袈裟に攻め立てる。
いつの間にか「石」にすり替わってもいるし(笑)

鈴愛の方も
事の発端は母親が付けてくれた名前をからかわれたことだから
傷つけてしまうので言えないでいるのに
別のことで母親を傷つけようとする。

マンガの悪役を引き合いにするのが子供らしい。
ネタ元が『マグマ大使』なのがドラマとしての一貫性?(笑)

この双方の矛盾というか、微妙なズレが人間らしくて可笑しい。


家を飛び出した鈴愛が頼るのは
自ら名前を出した和子さんではなく

   律の親で他の母親達よりずっと身近だし
   最近も触れ合ったばかりだし
   確かに和子さんなら「分かってくれる」オーラがある。
   でも、晴さんが少しばかり彼女に対抗心を抱いていること
   何より、自分の名前は律に負けたくないという動機から考えたこと
   …それがあるから和子さんの名前を出してしまったのだろうな。

お祖母ちゃんだったのが切ないよね。

糸電話を三途の川の向こうにまで渡して
誰よりも、お祖母ちゃんと話したかったのは鈴愛だった。

…ここに
「名前」「糸電話」が結び付いて
お祖母ちゃんの存在にも重みが増した。

だからやっぱ、ここをもっと…(以下略

   ↑ひじゅにの方がシツコイ??





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


『マグマ大使』ブルーレイBOX


お墓参り5点セット


ハンディトイレシャワー


​​​​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (152)
ひよっこ (157)
相棒 (112)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (21)
食べ物・飲み物 (50)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (55)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
半分、青い。 (14)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR