FC2ブログ
topimage

2019-06

天才?>『なつぞら』第64話 - 2019.06.13 Thu

​​​​​​​​​​​​​​​今日は​やまちゃん登場!

ちゅーても
ついこの間、某女優と結婚発表した山ちゃんじゃないよ
『忘却バッテリー』のツッコミ担当、ヤマちゃんでもないよ

さすがの山寺宏一さんだよ

なつがメインで出ていなくて
なつを不自然に持ち上げるわけでもなくて
ただアニメ制作過程の一部を見せてくれて
脚本家が捏ね繰り回してオカシクしたキャラでもなくて
本物の“声だけの演技”を披露してくれるシーンだったので
純粋に観ることができた気がする(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「森重久彌ならもっと上手い気がします」​by咲太郎



↑やまちゃんをディスる大森>ぇ

何で唐突に森繁久彌?と思ったら
リアル東洋動画の東映動画が制作した
リアル『白蛇姫』の『白蛇伝』には  ←ヤヤコシイ
森繁久彌さんが声の出演をされてるのね。

もう一人の出演者は宮城まり子さん。
彼女も浅草の舞台に立っていた時期があるそうだけど
蘭子さんのモデルかどうかは、まだ知りませぬ>ぉ



ちゅーことで、今日はここまで>こらこらっ



まあ、今日も今日とて
つーか、今日こそ特に(?)
​なつ上げ​
は、あったわけで。

上記のアフレコ・シーンでも
ワザワザなつを同席させ
しかも感動の涙を流させる―
という余計な部分もバッチリ(酷)

『白蛇姫』の映像も
なつのアイディアを取り入れたシーンが流され
なつの「天才」ぶりを強調。


まあ、無理くりヒロインを関わらせるのは
ナンダカナ…感が強いのだけれど
朝ドラらしいっちゃーらしい。

大森の朝ドラ“お約束”どれだけ入れられるかキャンペーン
には、ふさわしい(笑)


後者の方は、まあ、これぞメインなのだろうとは思う。

本格的に絵を勉強したわけでもなく
「ヘタクソ」とも言われ
入社試験も不合格
でも、アニメには最も重要と思われる
動き、それによる心情表現等には天性のものがある。

ダメダメかと思ったら実は…ちゅーヤツですね。


でもさ
何度も言うけどさ
そういうのってさ

​​描写の積み重ね​​が必要じゃないの?


全くなかったとは言わないよ。
例えば、子供時代
天陽の絵に惹かれ、そこに動きを感じたこと―
学校でアニメ『ポパイ』を観たこと―
父が描いた絵を脳内で動かしたこと―
と、色々出てきた。

まあ、それぞれの間を上手く繋げられなかった
…という印象だけどね。

大人になってからは、さらに散漫というか閑散というか(笑)
確かにゴミ箱から書き損じを拾ってきて練習する姿は
何度かが描かれたけどさ。

やはり、繋ぎの問題と
なつ自身に​“”​が感じられない
…ってのがある気がする。

未だに、絵を描くのが好きって気持ちが伝わってこない(^^;)
これが基本なのに。


そんな状態で、周囲が勝手に
「ただの素人なのか、それとも天才なのか…」
なんて騒いでもなあ…

本来なら
「やったね」とか
「頑張れ」とか
嬉しくなっちゃう展開のハズなのになあ…


モデルがいることと
アニメーターになる物語だと前宣伝を聞いているから
才能があって、それを認められて、成功するんだろう
…と思うだけ(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


白蛇伝


忘却バッテリー


白蛇伝説


​​​​​​​​​​​​​​​

迷子>『なつぞら』第63話 - 2019.06.12 Wed

​​​​​​​​​​​​​​モデルの奥山玲子さんは毎日違う服装で出勤し
それを同僚が毎日スケッチしていた―
というのは実話らしい

とはいえ、下山さんみたいにストーカーチックというか
ちょいとイヤラシイ雰囲気というかキモいというか…(酷)
だったのかなあ?(^^;)
もっと単純に面白がっていただけと違う?>希望的観測?

それに、なつだけでなく、ももっちをも一緒に描いているのが
何かアザトイし(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「私達は陰で呼んでるの」​byももっち



↑「トミさん」「おトミさん」「トミ公」…と
富子さんが陰で呼ばれていると明かす、ももっち。


​​ちょ、待てよ! ​​​←キムタクか!?


なつが入社して、もう半年近く経っているんだよね?
ももっちとはタメ口をきく仲になっているんだよね?
なつのファッションを真似する程に、ももっちはなつに心寄せているんだよね?

なのに
「私達は」と言われちゃう程、なつは蚊帳の外なのか?
つーか
今の今迄、なつは皆の話を聞いたことがなかったのか?



珍しく(?)自分から申し出たのに、トレース挑戦はイマイチの出来。

二回の試験不合格もそうだけど
最初から何もかも上手く行っちゃったら
それはドラマとしてアザトイ。
でも、だからって、こんなに連続してダメダメ判定だと
ドラマとしてカタルシスがない。

朝ドラ“お約束”崩しをしているつもり?
いやいや、最近の朝ドラの傾向はまさに​失敗​にあり(笑)


なんてことは置いといて>ぇ


「子供の頃、初めて見様見真似で牛の乳を搾ったこと思い出したわ
あん時はうまくいったんだけどね」

↑酪農とアニメを一緒くたにする、なつ。

過去との結び付きを台詞の所々に込めて
ヒロインの中の人生の積み重ね&物語としての連続性
必死で持たせ様とする大森の図ぅ?

ダメだよ
ヒロインは行き当たりばったりだし
このドラマに連続性なんて最初からないんだから>ぉ


つーかさ、これって何か、乳しぼりをバカにしてね?


まあ、アニメの細かい過程が所々で説明されるのは嬉しいし
ナレーションに任せて固い感じになるよりも
物語の中に組み込んで、登場人物に語らせるのは良いと思う。

でも、そこへの持って行き方や後処理がどうもアザトイんだよなあ…

あ、「アザトイ」がこのドラマのテーマなんだっけ。
​だったら正しい正しい​>そうなのか?


あと…細かいところなんだけど―

亜矢美さんに押し付けられたのは最初の一週間だけで
今は、なつが自分でコーディネートしているらしい。

ももっちが参考にしているのに
実は亜矢美さんのセンスでした!じゃマズイからか(笑)

だったら、なつが選んでいる姿を見せれば良いのに
そうしたら、少しは可愛気を感じられるのに。

でも、ももっちも「お金持ちのお嬢さん」ではなく
少ないお給料でやりくりして服を買っていると言っていたのに
なつはまだ他人の服ばかり?

実は柴田家に仕送りしているとか?
(いや、柴田家は裕福な方だし、却って照男に悪いよね)
妹@千遥を探すために貯めているとか?
(今日のネタに無理くり絡めてみました)


…なんて言っているうちに、久しぶりの“川村屋”―

野上さんと軽く言い合う、なつ。
以前、“風車”でも茂木さん達相手にアレコレ言い返すシーンがあったけど
何かさ…もうちょいスマートというか、粋な感じにできないのかなあ?

できていたら、もうちょい楽しく好感も持てると思うんだけど>寧ろ逆

そもそも、なつはそういうキャラじゃないだろ!?
ってのもあるけど
「厚かましい」だの「図々しい」だの、やはり台詞の中にちょくちょく盛り込んで
何とか、なつをそういうキャラにしたがっている大森の気持ちは伝わってはくる(笑)

やっぱさ
台詞で視聴者を言いくるめようとするんじゃなくて
エピソードで語ってほしいなあ。


まあ、ともかくも
“川村屋”とくれば信哉!
…という感じに都合良く登場する信哉。

これまた都合良く
信哉が取材したというニュースが流れる。

『都会の迷子たち』

「取り残されるのが子供達の存在です」とあるから
時代に疎いひじゅには
まだ戦災孤児みたいな浮浪児が大勢いるのか…とか
児童虐待の問題か…とか
子供の福祉がまだ全然行き届いていないってことか…とか
色々な思いが一度に浮かんできてしまった。

例として出されたのは
「離れて暮らす父親に逢いに行こうと駅まで来たものの、途方に暮れていた」
「マツカワカツミちゃん7歳」の話。

『ひよっこ』みたいに父親が出稼ぎに行って行方不明になったのか?
と思ったけど…
え?それじゃあ、7歳の子が一人で東京までこれたってこと?
色々と事情はありそうだけど
迎えに来てくれる母親がいる分、幾らか気が軽い。


これを観て、​にわかに千遥のことを思い出す、なつ。

子供時代は事ある毎に妹を思い出していたし
兄恋しさに家出するという行動力もあった。
でも今は…

やっとこ思い出したと思ったら
その場で信哉に​丸投げ​(^^;)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


芸術家


乳しぼり


迷子にならないおしゃぶりキャップ


​​​​​​​​​​​​​​

人形の家>『なつぞら』第62話 - 2019.06.11 Tue

​​​​​​​​​​​​昨日の照男&砂良上京は、新婚旅行だったんだ!?
  ↑ワザトラシイ驚き方?

重くて嵩張るなつへの手土産を抱えてハネムーンだなんて
砂良さんが気の毒…
と思ったので
あれは単に(&特別に)なつに逢いに行っただけ…
と勝手に決めつけていたんだけど

「照男君と砂良さんが新婚旅行にやって来ました」
始まった途端にバラしちゃうんだもんなあ
容赦ないなあ、大森(笑)


…ひじゅにですが何か?



​「それでよく芝居をやめられたわね」​by蘭子



↑雪次郎に「普通」と言われた仕返しか?
と思える様な尖った台詞。

いや、言いたい事は分かる気がする。
雪次郎の「普通」だって、言いたい事は分かる。

でも、ワザワザこういう引っ掛かる言葉を選ばなくても良いのに…
と、温厚ひじゅには思ってしまう>温厚かい!?

雪次郎が…ではなく>語彙が乏しいだけだろう
蘭子さんが…でもなく>彼女としてはそう思ってしまっても仕方ないかも
大森がインパクト重視のあまり…って感じ。

インパクトはあるかもしれないけど
感じはあまり良くないなあ。

それとも、当時の業界の雰囲気を再現しているだけ?



ちゅーことで

昨日はデパート
今日は観劇
…と
ここに来てようやく都会慣れしてきた、なつの図ぅ?>ぇ



雪次郎エピも静かに進行中?

なつは長子どころか血の繋がりもないのに跡取りを期待されていたけれど
自分の夢を選ぶことができた。

それと対比するために
*照男:長男であり跡取りであることを自覚&期待していたのに
 なつの存在により複雑模様…だったのが、ようやく修正されたところ
*天陽:次男であるにも関わらず家を背負わざるを得ない立場に
*陽平:長男だけれど好きな道を邁進
…という設定があるのかと思っていたし

今回の
*雪次郎:長男であり跡取りであることに従順でいたけれど
他に夢があり、今はそれに少し迷い始めた
…ってのも
イキナリ浮上した感はあるものの(笑)
上記の一環かと、最初は思った。

でも、今日の様子からすると
もうちょい大きな雪次郎エピが待機中?


照男はバター作りを始め牧場の仕事が夢だろうし
天陽君は絵画で名を成すだろうし
雪次郎は“雪月”で北海道銘菓を色々生み出してほしいんだけどなあ。

…って
視聴者っちゅーもんは勝手ですねそうですね(^^;)


「運動なんだよこの芝居は」
ただ純粋に“ムーランルージュ”を復活させたい―
というのが咲太郎の夢ってわけじゃないの?
やはり社会運動を念頭に置いているの?
それとも受け売り?

「芝居は運動なんかじゃないです」
こういう考えの方が好き。

「音楽で世界を変えようなんて思っていない」
という様な意味のことをフレディ・マーキュリーも言っていたよね。


勿論、なつも演劇には影響を受けた設定。

それなら高校時代の演劇エピを、もっと深く描いておけば良かったのに。
なつは巻き込まれただけだし、その動機は泰樹さんの説得だし
最後になって何となくその気になっただけだし
終わった途端に天陽作の書き割りは燃やしちゃうんだもんな(^^;)


アニメーションの基礎知識が所々でチラリ出てくるのは良いね。
今日はクリーンナップ

なつの絵が下手というのは
デッサン力の問題かと思っていた。
でも、ここでちょっと分かってきたよね。

え?
そんなのとっくに分かってたって?
ススススミマセンスミマセン!



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


セル画&原画>続 刀剣乱舞-花丸-


ドールハウス


A


​​​​​​​​​​​​

なつよ、アニメーターは君だ>『なつぞら』第61話 - 2019.06.10 Mon

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ももっちのファッションが、なつに近づいている―
とのことだけど

なつの影響を受けてきた=個人的に親しくなってきた
というだけでなく
単なる“仕事”として東映動画に就職した彼女が
なつの様にアニメーターを目指す様になる…という布石
なのだろうとは思うけど

なつのファッション=亜矢美さんのセンスだよね(^^;)

なつが、ももっちにタメ口になっている―
とのことだけど

それこそ、友達になった…という表現なのだろうけど
なつのそのタメ口が感じ悪い(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「何か座高が同じ様だね」​by亜矢美



↑これって意味分からんかった(^^;)

身長は照男の方がちょびっと高そうだったから
照男の方が脚長と言いたいのか?
咲太郎の方が短足と言いたいのか?

そそそそれとも
なつにとっての実の兄と北海道の兄
似ているところがある…と言いたいのか?
  ↑ちょっと無理くり


ファンの方々には申し訳ないけど
何かと茶化したりお道化たりする亜矢美さんの態度は苦手だー

でも、職業柄ってヤツなんだろうね。
酔客相手には最強のあしらい方なのかもね。
つまりは煙幕であって、本当の彼女はもっと違う人…なのかも…?


何だか今週も重箱の隅を突く感想になりそうだな(^^;)

でも、そう感じてしまったものは仕方がない。
感じたままに書かせてもらいます>スマソ



「ガールフレンドを見つけるのが目的なのよ」
仕上げの手伝いにやって来たアニメーター達の真の目的はコレ
と断言する、ももっち。

女性達は婿探しに入社し、男性達もまた―
ってことはウィンウィンで良いんじゃね?
…と言ってあげたいけど

​​碌な会社じゃねーな(^^;)​​

実在の会社がモデルなのに、天下のNHKでこんなこと言って
そういうイメージが付いてしまっても良いのか?

それとも、これは全くの事実で
我らが大森はそこを告発しているのか?

ももっちが勝手にそう言っている=彼女がそういう感覚&考えだから?
彼女も実在のモデルがいるのに…良いのか?

つーか、大森がそういう人間だからなのか?

以前にも書いたけど
茂木さんの台詞とか亜矢美さんの様子とか
大森自身の感性がまんま出てるってことか?



なつが“風車”に帰ると、そこには照男&砂良の姿が―
って、予告に出てたから驚きはなし。

新婚旅行かな?と、予告の時は思ったけど
「結婚式行けなくてごめんね」
「次の冬まで待てなかったの?」
という、なつの言葉からすると、式から少し日にちが経っている感じ。
それに、バターにじゃがいもに熊の置物…と手土産がどっさり。
こんなに重くて嵩張るものばかり持って新婚旅行だなんて
何の罰ゲームよ!?って感じだから
なつに逢いに来た…ってことなのかな?

ま、そんなこたあどーでもいいけど>いいんかい


他愛ない会話のハズなんだろうけど、引っかかること多数。

*バター
「なつの夢を砂良さんが受け継いでくれたら何よりあいつがホッとするべ」
いやいや、泰樹さん!
それはあなた自身の夢でしょう。

なつと照男達に託したとは言っていたけどさ
なつは自分の意志でそれを捨てたんだし
そんななつの気持ちをまだ気にしてこんなこと言うなんて
まだ骨抜き状態が続いているのか?

まあ、泰樹さん自身はどうでも構わないけど
(照男が跡取りと決まった今、実害はない)
でも、砂良さんを縛ることにならないのか?
当時の嫁入りちゅーもはそういうものだった?
ましてや農家の嫁は?

「うちに来たって、好きに生きてくれるのが一番だ」
と言った剛男の背中を思いっきり撃っている気がする。
  ↑泰樹VS剛男はまだ続いている宣言?


*天陽
「なっちゃんの恋人です」
アッサリ言っちゃう砂良さん。

これって他人が勝手に断定するには微妙な問題だし
ましてや先週、天陽が涙ぐんでいたのを視聴者は見てるのに…

はっ
天陽も関わったあの小芝居@照男のプロポーズ大作戦への
仕返しか!?


*2人の兄
「なつがお世話になってます」
同じ挨拶をし合う照男と咲太郎。

ここって、もっと​複雑微妙~な思い​が交錯するシーンじゃ…?

感謝もあれば嫉妬もあるし
恩もあれば苦々しい思いもある…みたいな。

敢えてアッサリ描いた?
でも、2人の表情にアッサリしていないものが浮かんでいても
良かった気がするけど…


*妹@千遥
「大事な家族にまだ一人、逢えてないんだわ」
唐突に浮上する妹の存在(笑)

まあ、予告によれば千遥を訪ねて行くみたいだからな。
でも、ここって本当に​“脳内補完”​もイイトコだよね。
言葉に出さないだけで片時も忘れたことはない…ってわけなのだろうけど
それが滲み出てくる行間って、どこ?


*なつから皆へのお土産@手袋
「新宿のデパートで買った」
台詞一つで済ませず、なつがデパートでアレコレ悩む姿を
見せてほしかったよ。

服装は派手でも態度はイカニモ田舎者って感じで
なつが慣れないデパートでウロウロしていて
店員が相談に乗ってくれて手袋を選ぶ―
じいちゃんには厚手のもの、母には綺麗めの色のもの、妹には可愛い刺繍入り
…みたいに、一人一人を思い浮かべて選ぶ―
そして帰ってから夜中に、一人一人の似顔絵を描く―
ベタだけど、ほのぼのするシーンになりそうだけどな。

それこそ『なつぞら』に大きく​欠けている​ものの一つ。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー





十勝産


十勝野バター

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

野生花(Wild Flower)>なんちゃって歌詞訳 - 2019.06.09 Sun

​​​​​​​パク・ヒョシン
​『野生花(Wild Flower)』​
を訳してみました。





真っ白に花開いた一輪の氷の花
心地よい風に顔を出す
何も言えない 名前も知らない
過ぎ去った日々に涙が零れる

冷たい風に隠れていた
一筋の日差しが身体を溶かす
そんな風に君はもう一度 僕のところに帰って来る

楽しかった思い出だけ
恋しい思いだけ
君が去って行った道の上に
こんな風に残っている

忘れられる程に
平気でいられる程に
涙を溜めて待ち続け 震えも止まる頃に
再び僕は花を咲かせよう


愛は咲いてはまた散る
燃え尽きる花火
雨水に濡れそうで両目を閉じる

幼く小さかった僕の心
眩しく輝く思い出の中
こんな風に僕はまた君を呼んでみる

楽しかった思い出だけ
恋しい思いだけ
君が去って行った道の上に
こんな風に残っている

忘れられる程に
平気でいられる程に
涙を溜めて待ち続け 震えも止まる頃に
再び僕は


干からびていく地面の上
身体中が燃え上がり
指先に残る
君の香りが散らばって飛んで行く
遠ざかっていく君の手を
掴むことができなくて辛い


生きていける程に
憎んだ程に
遠い将来 君を連れて行く
その春に その日に 僕は花を咲かせる



作詞:キム・ジヒャン、パク・ヒョシン
作曲:チョン・ジェイル、パク・ヒョシン


☆★☆★☆★☆★☆★☆

パク・ヒョシンの歌を初めて聞いたのは
ドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌
『雪の華』(中島美嘉の同名曲の韓国語カバー)でした。

リアルタイムで観たわけではないので、そんなに前じゃないんですけど。

ドラマは結構ハマったし>感想書くと言ってまだ書いてない(^^;)
曲も効果的に使われているな、とは思ったんですけど
凄く心惹かれる…という程ではありませんでした>スマソ

それが、ある日
YouTubeを開いたら、この『野生花』がお勧めに挙がっていて―

実を言うと
愛するムン・ヒジュンが入隊してからこっちK-POPを聞く気力が失せ
除隊後は少し聞く様にはなったものの
ヒジュンの結婚騒動で再び遠ざかってしまいました。
べべべべつにヒジュンが既婚者になったからってえファンをやめたわけじゃないし
つーか、ヒジュンの曲だけは聞いていたんですけど
その他のK-POPからは、しばらく遠ざかっていました。

でも、その日、何となく聞いてみようかという気持ちになり
聞いたらすっかりハマってしまいましたとさ(笑)






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


『雪の華』収録


1集


『野生花』収録
​​​​​​​

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

まんぷく (151)
相棒 (113)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(その他) (41)
食べ物・飲み物 (63)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
なつぞら (69)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR