topimage

2017-05

全然ダメ>『ひよっこ』第40話 - 2017.05.18 Thu

やはり落ちてしまったか…

まあ、仕方ないよね
こんなに早く「夢」を叶えてしまったら
全体の雰囲気が違うものになってしまいそうだし

今はまだ「ひよっこ」だものね

…ひじゅにですが何か?



「相手を楽にさせてやれる人になりたいなあ」byみね子



時子が落ちたのは
ルックスでは勿論なく
微妙かと思われた演技力でもなく>こらこら

訛りだった。

昨日、シュミレーションした時の
「訛りはほぼ無かったですよ」との豊子の言葉が
ある意味、伏線だったのね。

つーか
あの時点では一番安心していたこと
問題ないと思われたことがネックになるとは
現実とは皮肉なものね。


「いざとなるとダメ」と、みね子に言われていたのも
伏線っちゃー伏線だけど
もっとドタバタコントっぽくヘンテコな失敗するんじゃないだろうな…
と心配していたので、そこは、ある意味ホッとしたかも>ぉ

それに、訛りって故郷を表すものだから
あの素敵な奥茨城を視聴者は知っているから
同じ「失敗」でも、却って良い印象を受けてしまった(笑)



ある意味、予定調和(酷)だった時子の落選。

泣きそうな顔で無理して明るく振る舞う時子に
黙って付いていて、あんみつを食べて帰る、みね子に―

結果については聞かない様にして
時子を気遣う他の4人に―

KYにもズバリ聞いてきたかと思うと
スカッとする励ましの言葉をかけてくれる愛子さん

三段オチってわけじゃないけど>ぇ
各人の思いやりと
思いやりの示し方とが興味深かった。



ひじゅには、どっちかっちゅーと
みね子型かな?

とても直接的な話題は出せないけど
代わりに何をしたら良いかも思いつかず
でも、傍を離れることは絶対に出来なくて
一緒にあんみつ食べて帰ると思う。


愛子さんの方法は
かなりリスキーだし、キャラによっても大きな違いがあるだろうけど
効く人には最高に効くと思う。

期待し応援してくれていた皆への気遣いもあれば
プライドや意地も当然あっただろう時子が心を解して
思い切り泣いたり愚痴を零したりする助けになってくれた

そんなに大した「失敗」じゃないと認識もさせ
心を軽くしてくれた。

次回があるさと
そして次回の方が上手くやれるさと
希望を持たせてくれた。


今日は時子の回というより
「相手を楽にさせ(る)」ことを学べたな。


そこだけで終わらせず
三男を呼んじゃう…という手に出た、みね子。

予告では
「夢」を捨てて俺と結婚しよう!
みたいなこと言ってたから、愛子さんの励ましとは逆の内容で
今の時子の心には響かないんじゃないかなあ…
寧ろ逆効果じゃないかなあ…
という気がするけど(笑)

また幼馴染トリオが揃うのは嬉しいな。


『あまちゃん』オマージュも感じられたね。

某『〇れ』みたいに
表面的なことだけ『あまちゃん』風味にし
中身が全く追いつかず、駄作に終わってしまった作品もあったのに
一見、違うテイストのドラマで遊び心を出してくれるのって良いな。
根本的には似たものがある様に思うし。

過去作のオマージュが入るのも朝ドラ“お約束”。
今回はその上手い例ということですな>エラソウ?



本当言うと…
本当はね…

このところの展開
前半は良かった『おひさま』が後半になって
アハハオホホに終始するばかりで
イマイチになってしまったのを
ちょ~っとばかり思い出させるものがあった。

いや、勿論、まだまだ面白いし泣けるんだけどさ。

三男が出てきて幼馴染トリオが再び揃えば
奥茨城編の雰囲気は少し戻るかな
…と、期待しておきますぜ。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー







オーディション前>『ひよっこ』第39話 - 2017.05.17 Wed

今日はほとんど食堂で話が終わるのかと
ちょっと期待してしまった

↑何の期待よ?

澄子エピの次は時子
もうオーディションか…
こんなに早く取り上げられるとは思わなかった

ってことは落選確定?>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「丹波哲郎でも大丈夫です」by豊子



それぞれの好きなスターは―
愛子さん:石原裕次郎
優子さん:西郷輝彦
幸子さん:橋幸夫
豊子:高倉健、もしくは丹波哲郎
和夫さん:山田五十鈴
澄子:植木等

凄いなあ。
平成の現在でも知られている人ばかり。

え?
単にひじゅにの知識が古いだけ?



皆が渋いところを出してきたのに対し
オチ要員@澄子は植木等ってところが、さすが。

でも、ひじゅにも、この面々の中では植木等が良いなあ。
今だに理想の家族は、祖父が植木で父が所ジョージだったりする。


ということで
発声練習する時子の図ぅ―
で、今日はスタート。


次いで
食堂でオーディションに備えて練習
つーか、模擬オーディション

動きと笑いと少しの客観性(?)を付けるため
愛子さんが道化役>ぇ

他の5人は真面目かつ好意的な審査員役。

1:姿勢  
これは普段の様子を見ていれば断然OKと分かる。
さすがモデル=中の人!

2:表情
そんな中の人なのに、田舎っぽさも上手く醸し出しているし
自信なさげな表情も自然に見せている。
だから、そこがオーディションに対しては不安にさせるけど
聖火リレーの時の様に、いざとなったら輝く笑顔を見せてくれるのかも。

3:早口ことば
訛りが全くないかというと微妙だし
活舌が良いかというと尚更微妙だけど
ここでやたら上手かったらドラマ的に不自然だし
丁度良い加減と言える気がする(笑)

4:演技
『櫻の園』
『婦系図』
『ロミオとジュリエット』
…という定番の作品のさわりを演じてみせてくれたけど
定番なだけに微妙。
つーか、演技力はかなり微妙

皆は絶賛していたけど
身内贔屓もしくは本格的な芝居を知らない連中だから
…という含みがあるのかな?

5:訛り
「3」と同じ(笑)


そして、オーディション当日

「普段はパリッとしてるけど、いざとなるとダメ」なため
みね子に付き添われ

他の社員達による盛大な見送りのもと

て出発する時子の図ぅ―

初めて乙女寮にやって来た時の挨拶で
「夢は女優」と豪語した時子だけど
これだけ騒がれてしまうと落ちた時の辛さは半端ないぞ。

まあ、背水の陣ってことだろうけど
視聴者も今から何だか辛いぞ。

↑落ちると決め付けている(^^;)



ヒロインが輝く平成の美貌の持ち主のままなら
「友達の付き添いで行ったのにスカウトされちゃって~♪」
という伝説の芸能界デビューとなるところだけど(笑)

ちゃんと、そうなりそうなオーラは消していて
時子と並ぶと野暮った~く見える、みね子もさすが。

もしも、こうして脇の人々の紹介話みないなのが続くとしても
みね子は実にみね子らしさを出していて、さり気なく目立っている。
決してヒロイン埋没にはなっていないところが、さすが。


NHK前には「キョウ様」と彼のファン達。
前髪クネ男@『あまちゃん』というよりも
春太郎@『カーネーション』的キャラか。

控室の入り口には不揃いな字で書かれた貼り紙。
これってリアル?

控室の中には、シルクハットだのチュチュだの
特技をまんま表すコスチュームの人達が大勢。
時子が一番、品もあるし好ましい服装&印象だな
…と思ってしまうのは贔屓目?>多分ね


そして、いよいよ名前を呼ばれる時子。

『ガラスの仮面』みたいなオーディション風景だったら
面白いなあ…と思うけど…まさかね(笑)

ともあれ
頑張れ、時子!



澄子・時子と続いて
(いや、時子はまだ終わってないんだけど)
次は豊子かな?

図書館で本を片っ端から読んだ…と言っていた通り
何か新しいネタに入ると彼女が知識を披露して
会話の中で解説。

立ち位置確立してきたものな、豊子。






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


オーディションに合格する12のコツ


昭和ガールズ


ナチュラルチーズと一緒に食べれば
『ロミオとジュリエット』というお洒落なブラジルのデザートプレートに☆

迷子>『ひよっこ』第38話 - 2017.05.16 Tue

この間の解説によると
ラーメンは75円

自分の分も入れると7人前
太っ腹だな、愛子さん

さすが、東京のお母ちゃん!

値段もそうだし
お給料に対してどのくらいか…ってのもそうだし
あそこにラーメンの屋台があるってのも
以前、綿引&雄大が食べに行っていたので覚えていたし
必要な情報は予め&自然に提示されるので分かり易い

ちゃんと世界が構築されているなあ…と思う

当たり前なのかもしれないけど
当たり前じゃない作品が多かったので
当たり前が嬉しい

…ひじゅにですが何か?



「私達は決して迷子なんかじゃない」
byみね子



漂う椰子の実たち…

いつもは何があっても爆睡の澄子が
眠れない夜を過ごしたのが昨日。

それがしっかり効いていて
今日はその顛末。


中学を卒業したばかりで、まだまだ育ちざかりの時に
寝不足は痛い…
案の定、ミスばかり繰り返してしまう澄子。

みね子の時はまだ新人ってことで柔らかかったのか
今日は松下さんの怒号が響く。

仕方ないよね…お仕事だもん(^^;)


あれだけ落ち込んでいた、みね子の姿が
まだ記憶に新しいから
澄子もさぞかし…
と、心配してしまう気持ちを共有する、みね子達&視聴者達。

だから、澄子の姿が見えなくなって
みね子達と同じく、澄子が一人で出て行ってしまったのだと思ってしまう。

ここのところは自然。


誰かが行方不明になって皆で探し回る―
というのも朝ドラ“お約束”

でも、そんなツッコミをする余裕もなく
視聴者達も不安にかられる。


今迄の積み重ねがあるから
一人一人のキャラが立っているから
リアル世界での出来事の様に感じてしまう。

勿論、ドラマなんだから…って気持ちは頭の隅にあるんだけどさ
でも、こんな風にマジで一喜一憂できるって嬉しいなあ。
捨てたもんじゃないなあ、朝ドラ>ぉ


駅まで探しに行く、みね子達。
あの駅のセットも素晴らしいなあ。

ドラマとしても、こうしたシーンが入ると
空間に広がりが出来るし、動きもあるし
良い感じだ。


通りかかった人にぶつかって転んでしまう豊子。
あの気の強い豊子が涙目になる。
そんな彼女を両側から支え、固まって進む5人。

ここだけでも素敵なシーンだなあ。


お約束通り、チンピラ達に目を付けられるところも
今風に「遊ばない?」とかじゃなくて

↑いや、「遊ばない?」が今風か否かは置いといて(笑)

「行く所ないのか?迷子か?」
と、今週のテーマに沿った声の掛け方をする、よく分かってる男達。


故郷を出ては来たけれど、まだ「東京人」にはなっていない皆は
既に東京に慣れている男達には、文字通り漂う椰子の実に見えただろう。

男達に絡まれた怖さよりも
迷子と断定された口惜しさが勝る。


後にしてきた故郷へと気持ちが戻ってしまい
現在居る場所からも漂い出てしまいそうな澄子と
他の5人の立場が重なる。

働く場所も住む場所も得ているけれど
ここは辿り着いた先と言えるのだろうか?

…ってところ?


澄子は病院に運ばれていた。
でも、深刻な状態ではなくて
銭湯で眠ってしまってのぼせた…という
ちょっとコミカルなオチ。

しかも、皆が到着した時には
バナナを嬉しそうに頬張っているという
オチ要員にふさわしい姿。


今迄、銭湯には皆揃って出かけていたし
休日は部屋で寝て過ごす澄子が
今日に限って何も言わずに一人で銭湯。

少しばかし違和感が…
と、最初はチラリ思ったけど

いや、そうじゃない、極めて澄子らしい行動だ
と、思い直した。

カレーを食べるため…という動機もそうだけど(笑)
その行動そのものが、彼女が今迄いかに“独り”だったかが伺える。

お祖母ちゃんの一番の思い出が
怪我をした自分を心配して駆けつけてくれたことも納得がいく。

それ以外の時、つーか日常の中で
澄子を心配してくれる人など他にいなかったのだろう。
何をしようが、何処へ行こうが…


だから、誰かに何か告げてから出掛ける…なんて
思いつきもしなかったのだろう。
一人で動くのなんて当たり前で。


皆が心配してくれたと知って、泣く澄子。

これってさ
お祖母ちゃんに相当する人達を得たってことだよね。

椰子の実が辿り着く先は
単に職場とか宿舎とかじゃなくて
愛してくれる人
が居る場所ってことだね。






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


お高いバナナ


カレー


東京ラーメン

椰子の実たちの夢>『ひよっこ』第37話 - 2017.05.15 Mon

ココナッツチップスって美味しいよね

…え?
そーいう問題ではない?

…ひじゅにですが何か?



「私と一緒だな…そんな気持ちを想像してみて下さい」
                                                                                                                    by雄大



↑ちょうど5月病の季節だというのに
この曲を選ぶ雄大さんって…(^^;)

共感して心の慰めになると思ったのかな?



今迄は綿引さんが
縁の場所に聞き込みに行ってくれたけど
今度は、みね子も加わって
道行く人に写真を見てもらうことに。

「こんな東京の知らない場所で」

まだ足を踏み入れたばかりの未知なる世界。
でも、その世界は
「ほとんどの人は東京にいた人じゃなく東京に来た人達だって」
と、教えてくれる綿引さん。

「来て、いつの間にか東京の人になるんだって」

だから怖くない
…と、綿引さんはポジティブな見方を示してくれるけど


実お父ちゃんは、もう東京の人になってしまったのだろうか?
この「東京」を形作る東京の人の一員に?

奥茨城にいた時
全くの別世界にしか思えなかった東京。
恐怖と憧れが背中合わせだった東京。

お父ちゃんは、「東京」の海の流れに乗って
とっくに何処かに辿り着いてしまって…辿り着く場所が出来てしまって
奥茨秋のことなど忘れてしまったのだろうか?


…でも、みね子も今や東京に来ていて
少しずつ東京を知ってきていて
いつかは東京の人となるのかもしれない。

東京を遠くから眺めているだけの立場から
東京を構成する立場へと変わってしまうのかもしれない。

そうなった時
お父ちゃんの姿は、みね子の目にどう映るのだろうか?

「いずれの日にか国に帰らん」
いやいや、みね子の心は故郷に繋がれたまま離れることはないのだろう。

そんな彼女には理解できない様な理由だった…なんてことのないことを祈るよ。
お父ちゃんの失踪の理由。


とはいえ今のみね子は、その狭間にいる。
同期の仲間達も同じ。

一ヶ月経って、色んなことに少し慣れてきて
少しばかり心に余裕が生まれてきたけれど
その余裕が、まずは寂しさ等のネガティブな方向に使われてしまう
そんな時期。


一番マイペースでノホホンとして見えた澄子が
一番辛い時を迎えている。


先週
みね子の下に故郷からの荷物@ブラウスが届いて
ホロリとさせられたばかりなのに

今日は
ハガキ一枚届くことのない澄子に
ウルウルさせられる日。


みね子に荷物が届いたところが映ったのは二回もあったのに
他の人達にはどうなのかハッキリ描かずにいたので
そこはヒロインだから…ってことで受け入れてはいたものの
少しばかり気にはなっていた。

時子の場合は
母@君子さんが自分が東京に行くと言い出しちゃうような人だから
当然、何か送ってもきているだろうと思えたし
他の人達も同様なんだろうなと脳内補完してはいた。

ただ、澄子は邪魔者扱いされていたと言っていたから
気がかりではあった。

そしたら早速、その澄子の物語―



皆に貰ってばかりで恥ずかしいという澄子。
そういう気持ちは分かる気がするよ。

もう!
ひじゅにに言ってくれたら
焼きまんじゅうでも下仁田ネギでも前橋の豚肉でも
何でも送ってやるぞ!

…って
そーいう問題ではないことも分かっているぞ。

…って
単に“物”ではない
自分が持っている、持つことの出来ている
愛情の問題でもあるよね。


東京に来て、乙女寮に入って
一番幸せを感じていた様子の澄子。

食べ物は率先して沢山食べているし
夜は他の人達が揉めている中でも爆睡しているし
休みの日はゆっくり眠れるだけで嬉しいと言っていたし

そんな彼女が声を殺して泣く夜が来るなんて…。

一日中働き詰めだったというし
継母には疎んじられていた様子だし
そんなだから父親は頼りないのだろうし
ある程度、吹っ切れているんだろうなと思ってたけど

心からの愛情を示してくれるお祖母ちゃんがいたんだね―

そんな思い出を面白おかしく演じてみせる姿も
何だか泣けたよ。


同じ、故郷からの荷物をネタに
先週とは違う意味でホロリとさせる
名手の岡田君である>ぉ


今は何処へともなく漂っている状態の椰子の実たちだけど
いつか、辿り着ける所があるハズだよ。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ココナッツバッグ


はたはた甘露煮


ホームシックに




ビーコロ>『ひよっこ』第36話 - 2017.05.13 Sat

土曜日になって
ようやく“すずふり亭”

みね子が食べたのは
一番高いビーフシチューではなく
実お父ちゃんが食べたハヤシライスでもなく

ビーフコロッケ

じゃがいもじゃないよ
ホワイトソースだよ

…ひじゅにですが何か?



「うわ…何だこれ!?」
byみね子



↑今日は軽い感じで観ていたのに
この台詞の瞬間ウルッとしてしまった(笑)


美代子お母ちゃんが作ってくれたブラウスを着て
今日は、お出かけ。

ブラウスは赤。
同じく、お母ちゃんが作ってくれたコートも

まんま、ひよっこを思わせる黄色ではなく
子供の可愛さと大人の深みを感じさせる赤
まさに子供と大人の狭間にいる今のみね子にはピッタリ。

…と、コートの時も思ったけど

それに加えて
チーム乙女寮の中で、みね子は担当っちゅーことでせうか>ぇ


「この道を、お父さんもお母さんも歩いたんですよね」
確かにあの時、そしてあの時
同じ角度から映された道を
同じ角度で、みね子も歩く。

でも、その後は
“すずふり亭”の従業員達と
新登場の中華料理店の店長夫妻に視点が移る。

いつもの様に休み時間を過ごす彼らの前に
一人の女の子が現れる―

その転換が面白かったな。

見知らぬ女の子が
頼り無さそうに近づいてきて
方言で道を尋ねる。

彼らの人生に新しい人物が登場する。


今迄は、みね子やその家族の人生に
色々な人が関わってくる…という形だったのが
ここで一瞬だけ逆転するってとこが。

ドラマとしては、よくある描写なのかもしれないけど
『ひよっこ』としては、ちょっと立体感をもたらしている。

彼らの目に飛び込んできた、という表現にするのに
という色はやはりピッタリだな。


そして
みね子と、鈴子さん&省吾さんの出逢い。

ここの角度や
2人の柔らかい態度は
実お父ちゃんの時とも美代子お母ちゃんの時とも同じ。


その二回とも、鈴子さん&省吾さんの優しさは強調されていたけど
従業員達はあまり目立っていなかった。
特に朝倉さんは意地悪な人に見えなくもない映し方だった。

でも、今回は
「見つかると良いね」と秀さんは言ってくれるし
「予算幾ら?」と朝倉さんは聞いてくれるし
やっぱ、皆が良い人なんだな。

いや、まあ、ここでイキナリ意地悪な展開になったら
雰囲気ぶち壊しだけどさ(笑)
そうした意味ない話の進め方をする例が過去作では多かったじゃん。



本当はご馳走する気満々だったけど
みね子の気持ちを量って「開店」という形にしてくれる
本当の意味で優しい“すずふり亭”

月1000円のお小遣いをみね子は
お父ちゃんが食べたハヤシライスにも手は届かず
1個60円のビーフコロッケを注文。

たった1個のコロッケを真剣に丁寧に作ってくれる“すずふり亭”。

みね子と“すずふり亭”の最初の出逢いは
やはり温かいものだった。


「一人前の労働者になれた気がしました」

自分が(一部を)作ったトランジスタラジオが
電気屋さんのウィンドウに飾られているのを発見。
しかも、人気商品らしいことが分かって喜ぶ、みね子。

働いてきた成果を目のあたりにして
稼いだお金で、普段よりちょっと贅沢な料理を食べる。
それは特別な美味しさ。

お父ちゃんの件だけでなく
ほっこりとした人間関係というだけでなく
働くことの大切さと喜びをもキチンと描いているよね。






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


桜井長太郎(茨城)


じゃがいもだけどね♪


ビーフシチュー

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (45)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR