topimage

2017-06

内緒話と、春の風>『ひよっこ』第67話 - 2017.06.19 Mon

島谷さんの部屋に置いてある
キャットタワーみたいなのは何?

“あかね荘”が映ると猫の泣き声が入ったりするよね
それと関係?

それとも、アレは立体小物入れ?

…ひじゅにですが何か?



「美味しそうですねえ、ハヤシライス!」byみね子



2か月経過―

さすがに仕事は板についてきたけれど
ハヤシライスをよそうのは苦手という、みね子。

ハヤシライスといったら、実お父ちゃんが食べたメニューだけど
さすがに、そこに意味を持たせているわけではないよね?

つーか
アレって客が自由に食べるものではないのか?
“すずふり亭”ならではのサービスなのか?
まだ洋食に慣れていない客のために考えたのか?

あれが上手いのか否か、ひじゅににはよく分からないけど
(もっと、ご飯の上に広がる様に盛るべきなのかは思うけど)
言葉で誤魔化す知恵と勇気は培った模様(笑)


季節は春@3月―

ひじゅにが生まれた月だわ。ムン・ヒジュンも同じだわ。
あ、勿論、この年に生まれたわけじゃないですぜ。

日本の人口が1億人を突破した年だとか。

東京にもどんどん人が増える

個人が埋没してゆく

お父ちゃんがますます見つけ難くなる

…というのでなければ良いけど。


出前を届けた帰りに
お父ちゃん目撃情報のあった通りに立ち寄る、みね子。

一度だけ、失踪後の姿を見せたっけね。
本当に、あの一度だけだったなあ。

心の中で父に話しかける癖が付いている、みね子なので
通りに佇む姿も何だか詩的

悲しそう…でもなく
迷子の様…でもなく
周囲に溶け込んでいるわけでも勿論なく。


そんな彼女を見かける島谷さん。
これってフラグ?>ぉ

秀さんと今日は2ショットが多い、みね子。
これもフラグ?>ぇ

まあ、個人的に恋話にはさほど興味はないので
そこは、まるっとスルーして(笑)


秀さんの背景が語られる―

父親が早くに亡くなったこと。
忙しい母親の代わりに料理を作り始めたこと。
いつか自分の店を出して母親を楽にさせてやりたいこと。

…少しばかり、みね子の境遇と重なる。


秀さんを通して語られる島谷さんの背景―

「すっごい真面目な奴」
「金持ちの家に生まれて、将来が最初から決まってる人にだって
それなりの寂しさとか悩みとかだってありますよ」

…みね子とは真逆の境遇。


2人の若い男性で、両極端の世界が描かれる。
その間に、みね子が立ったら>恋話か否かは置いといて
ちょっと面白いかもね。

『ウェストサイドストーリー』は、ある意味伏線?
ひじゅにの好きな『アウトサイダー』にも通じるな。


こういう見方ができる秀さんはエライと思うし
みね子もそうなっていくんだろうな。

「俺には分かるけどな」
思わぬところでヤスハルさんと重なる。

彼が皆からちょっと外れているのは
彼自身の中二病っぽい態度にもよるけど
彼と共通の立場の人が今迄は傍に居なかったし
居る人はハナから理解しようとはしてくれなかったから
ってのもあるのだろうな。

演じる古館佑太郎さんは古舘伊知郎さんの息子さんだそうだけど
ひじゅに的にはYouTuberのPDRさんを思い出す(笑)
PDRさんの方がよりイケメンだしブラックだけど。

…なんてことはどーでもいいですねそうですね(^^;)


“あかね荘”に関しては
大家の富さんが強烈なので、他が霞みがちだけど
今日は少し島谷さが前面に出てきた。


富さんの強烈ぶりも改めて描かれたし
「予想の遥か上を行かれた、ある種の清々しさの様なものが…」
落としどころも見せたし(笑)

まあ、ネタ振りの月曜日としては、まずまずの日?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ハヤシライスに


アップルパイ


フレンチトースト


007>『ひよっこ』第66話 - 2017.06.17 Sat

タイトルバックに大勢の人の名が
「(回想)」の文字付きで掲げられていて

えっ
そんなに回想シーンが流れるの!?

…と、某前作を思い出してしまったけど
ああ、こーいう扱い方なのね

全ては、みね子の夢で
画面は、それぞれがシャボン玉の様に浮かぶだけ…

何て自然&アッサリ&ユーモラス
紫色ってのがちょいと気になるけど

…ひじゅにですが何か?



「みんなの夢を見ます」byみね子



良い人が増えていって
良い箸が広がって行く。


元治さんの誘いは即座に断り
省吾さんの誘いには喜んで応じる
分かり易過ぎな秀さん。

「特に得るものがないんで」
「そっか」

ハッキリ答えて、アッサリ受け入れる
…昨日の涼やかで優しい“すずふり亭”流人兼関係を
今日も実践


男性陣は飲みに行く…というのは昨日も描かれたけど
女性陣はどうするかと思ったら
皆して銭湯に行く。

向島電機の皆との交流も銭湯が大きな位置を占めていたな。

時代性の表れでもあるし>当時としては自然
日常生活の一部でもあるし>特別なことじゃない
文字通り、裸の付き合いって意味も加わるのかな。


女性陣は安江さんも誘う。
男性陣は五郎さん@中華料理屋や一郎さん@和菓子屋を誘う。
つまりは、ご近所中が“すずふり亭”流。


まあ、ヤスハルさんだけは単独行動なんだけど
皆が皆、最初から全て同調していたら
ちょっと出来過ぎ。
リアリティ無さ過ぎってことになっちゃうものな。

今週のタイトルは『あかね荘にようこそ!』で
真ん中は“すずふり亭”で占められたけど
週の最初と最後はしっかり“あかね荘”で締めたから
双方を繋ぐ要素としてヤスハルさんと早苗さんを対にしているのかな?
なんて思ったり(笑)

その単独行動が、ギターってところが良いよね。

変に反抗的とか何かの思想にかぶれてるとか
本当は進みたい道があるのに我慢している…ってのではなくて
普通の若者らしい印象。


「奥茨城編」では
ビートルズに憧れる宗男叔父さんがいて
「向島電機編」では
音楽の道を目指す雄大さんと
工員の皆で結成したコーラス部があった。

全てが音楽で繋がっているのだったら素敵だね。
実際、当時の流行歌が色々流れてくるものね。


「煩い!ヘタクソ!」
ヤスハルさんに早苗さんが怒鳴るところから
“あかね荘”へと舞台が移る。


先回のエピの流れで目覚まし時計騒動。

「何故、鳴らない!?」
怖い怖い早苗さん…かと思いきや
みね子を心配し、結果的にみね子の助けになる早苗さん。

やっぱ、ツンデレ(笑
やっぱ、城之内真理亜@『ちゅらさん』?


昨日は、皿を割らないことで自尊心を保っていたのに
アッサリ割っちゃったから

「まだ遅刻はしていません」
今日は、最後の砦(?)も崩れて遅刻に泣く図ぅかな?
と思わせておいて>だって引っ張ったし(笑)
早苗さんの影の力で神回避

こーいう展開にするには
“あかね荘”で何日が過ごした後でなければならないから
間に“すずふり亭”が入ったのも必然。
それが、みね子の行動の基準にもなっているから。

岡田君ったら
週タイトルも構成も、ちゃんと考えているから
視聴者からのツッコミも神回避>ぉ


その流れで、住人全員(マンガ家の片割れ除く)が
共同炊事場に集まる形に。

「すずふり亭編」=“お笑い劇場”
を、裏付けるかの如く軽い会話で
それぞれの背景が細かく説明される。

この間の、富さんによる紹介内容をさらに掘り下げたもの。

「自分のことちゃ話しとらん」(by啓輔)
ちゅーことで

個性の強い人達ばかり揃った“あかね荘”だけど
さらに強烈かつ上手なのが富さん!というオチ。

既に『007』シリーズが作られ始めている時代だものな>ぇ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


田舎娘印洗顔石鹸


眠る猫


紫の夢


ガロニ>『ひよっこ』第65話 - 2017.06.16 Fri

「ガロニをください」
元治さんがラストで言ってた

「ガロニって何?」
と思ったら

付け合わせのことなのね

正確には(つーか、由来は)
garniture(ガルニーチェ)らしい

付け合わせがあると
メインの料理はもっと美味しいし
栄養のバランスも良くなる

それが、このドラマの目指すところかな?
いや、それこそが本来のドラマってものなんだろうな

…ひじゅにですが何か?



「カツまだですかぁ~?」by高子



初めて皿を割ってしまった、みね子の図ぅ―

予告で、皿を落とす寸前の様子が映ったから
いつか割るのだろうとは予想できた。
それどころか
仕事に慣れない、みね子のドジッ娘ぶりを表す
代表的な出来事にするのかと…

そうではない上に
全く予想していなかった方向に話を進めるとは
さすがの岡田君!


自分は全然ダメだ!
皆の足を引っ張ってるだけ!
そう思って落ち込みそうになりながらも

一度も皿を割ってない!

という一点で
自尊心を保っていた、みね子。


ところが今日
遂に割ってしまったんですね~

高子さんは割ってばかりいた
…という昨日の話は
このためだったんですね~

   ↑増田明美風に>ぇ


すっかり落ち込んでしまった、みね子を
自分のせいかと気遣う省吾さん。

まあ、実際
彼の声に焦って皿を落としちゃった
…って体だったからね(^^;)

でも、それに気付き、心配するのは
省吾さんが優しい性格だから…というだけではなくて
そういう点に敏感にならざるを得ない過去があるからだった。

   うん、こーいう“根拠”となるものがちゃんと描かれるのが良いね。
   そこに深みが出る。

   岡田君の立体描写(笑)


忙しいと、つい大きな声になってしまう
…という自分の弱点も認めているし

いつもニコニコしていた亡父の様でありたい
…という目標も掲げているし

「そんな雰囲気の中で作った料理なんか美味いものかって」
修行に行った他の店が正反対の状態だったのを見聞きしてきたし

何よりも軍隊で色んな立場での辛さを経験してきた。

集中して酷い扱いを受けている人を見る辛さ
その人を庇って自分が暴力を振るわれる辛さ
その人が仕返しするかの様に自分より下の人を虐待するのを
見なければならない辛さ…


「人間は、やられっ放しじゃ生きていられないんだよ」

負の連鎖ちゅーヤツっすね。

ごくごく小さな人間関係でも、それはある。
そんなこと考えずにノホホンと生きていても
外側から思いもかけない仕方で攻撃される。

それで傷つくのは当然。

気にしなければ良いって言う人もいるけど
実際、その人は気にしない様に務めているらしいけど
気にしてしまうのが人間だよね。

気にしているから、何かの時に爆発してしまいそうになるのも
やはり人間。


省吾さんは、自分がそんな風に他人を追い詰めたくないと思っている。

そういう思考回路にさせた大きな原因が戦争
…というのが興味深い。

宗男叔父さんに、愛子さんに、愛子さんに声をかけた時の鈴子さん
…に次ぐ、戦争の足跡。

   戦中を舞台にした朝ドラが多かったけど
   直接でなくたって戦争が描ける!
   という。、岡田君の気概?


「高ちゃんとかはアレだけど」

でさ、そんな省吾さんなのに
みね子を気遣うあまりに高子さんが傷つくかもしれない言い方を
無意識にしちゃうってところが面白いよね。
これもまた人間。

「何ですか?」

で、今度は、言われる側の人間として高子さん登場。

引っ掛かる部分はハッキリ聞き返すし
納得すれば、そこで終了。
最初の「大きな声」に話が戻ると
自分達の状況や、不快な気持ちになることを
これまたハッキリ告げるし
その上で「復讐させていただいてます」

良いなあ、高子さん(笑)
やられっ放しじゃないけど、“連鎖”でもない。

スムースな人間関係を形作る、一つの理想的行動だな。


みね子の、良い人達から成る良い世界は
広がって行くにつき、より強く、より積極的になっているね。






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


目覚まし時計>出生時間を入れられる


皿を割る>いちま~い、にま~い


ハンバーグとガロニとコーンポタージュ>ディナーセット


お疲れ様>『ひよっこ』第64話 - 2017.06.15 Thu

子供の頃、母や祖母が
「あんみつは寒天が美味しい」
と言うのを聞いて

「え~!?あんなの味がないし邪魔じゃん」
と思ってたんだけど

大人(オバサン)になった今は思う
「あんみつは寒天が美味しい」

だから何?

いやあ、みね子がさ
フルーツでも餡子でもなく、まさに寒天を最初に食べて
「うめ~!」と言っていたので思い出したのさ

…ひじゅにですが何か?



「こんな一日を、私はこれから
 繰り返していくんですね」 byみね子



てんてこ舞いだったランチタイムが終了。

てんてこ舞いといっても
いかにもドジッ娘です!って感じの
ワザトラシイ失敗続きではなく
「あるある」なところが良かった。

オムライスを秀さんが運んでくれたエピも
客が変な顔をするわけでも、高子さんが嫌味を言うのでもなく
秀さんの行為もごく自然な感じだったし。

客にお冷を頼まれたのだから仕方ないじゃん、って
ひじゅになら開き直るところだけど>ぉぃ
それこそ「頭を使う」べき場面なんだろうなあ。
おバカひじゅにには至難の業だな。


「オリンピックでマラソン走った選手みたいな顔」の、みね子を
気遣って、あんみつに誘ってくれる鈴子さん。

高子さんによる最終面接でも合格=あんみつだったな。

ちゅーことで
中華料理屋の安江さんも誘っての

「女だけの新人歓迎会」in和菓子屋“柏木堂”

同じ立場(接客係)としての自分の経験を面白おかしく語って
みね子を慰める高子さん&安江さん。

「時間内に精一杯働く、終わったら忘れる」
雇い主の視点から、みね子を励ます鈴子さん。

「喋りたくてウズウズしてたんだよ」
自分の分のお茶まで持って来ちゃう一郎さんは
軽い笑いをもたらすと共に
職種の違いから来る視点の違いにも触れる。

加えて(みね子には見えなかっただろうけど)
あんみつに喜ぶ皆の声に「覇気のない息子」ヤスハルさんが
初めて笑顔を見せる。

…こうした色々の組み合わせが優しい空気を醸し出している。


みね子の世界はどんどん広がっていて
出逢う人々も多種多様。
どんどん濃くなっていると言える(笑)

でも、皆が「良い人」なのは変わらない。

「良い人」がどんどん増えて
「良い所」が広がって行く。


少しこなれてきた夜の部。

特別に忙しかった昼の部で鍛えられたせいもあるだろうし
昼と夜とでは「流れや雰囲気が違う」せいも確かにあるだろう。

でも、その違いが見えてきたってことは
それだけ気持ちが落ち着いて余裕ができたから…とも言える。

やはり
皆の優しさに触れたから…ってのが大きいと思う。
向島電機での経験と重なるね。


閉店。

男性陣は飲みに出かけていく。
そこに奥茨城との違いを感じる、みね子。

外に出て、花壇のところに座り込んだ時
このまま眠っちゃうじゃないかと心配してしまった(笑)

「仲間がいるって楽しいです」

この「仲間」は直接には“すずふり亭”の皆のこと―

少し広げて中華料理屋や和菓子屋の皆のこと―

さらに広げて
一斉に「お疲れ様」と言っているであろう
東京中の色んな飲食店の人々のことでもあると思うし

最終的には、もっと広がっていくハズ。

やはり
このドラマのテーマはここにあるのだろう。
何だか素敵だね。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


オムライス


Tシャツ


あんみつ


OPEN>『ひよっこ』第63話 - 2017.06.14 Wed

簡単な仕事なんて世の中にはない―

ひじゅには平衡感覚がないから
料理を運ぶなんて至難の業
体力もないから
立ちっ放し動きっ放しの仕事は恐怖
おまけにコミュ障だから…

もうキリがない(^^;)

だから、みね子が頭真っ白になるのも良く分かる
工場の時以上にハラハラするな

…ひじゅにですが何か?



「『どうぞ~美味しいですよ~』
 という気持ちを乗せる」  by高子



↑これが一番大事だな


高子さんからホール係の仕事内容を説明を受ける、みよ子の図ぅ―

あんなに沢山、あんなに細かく…
工場でも最初はダメダメだった、みね子だから
聞くだけでイキナリ本番なんて絶対無理。

   ↑キャラが一貫している、と言える(笑)

工場では、仲間達を信頼する…というのが鍵だった。
それで落ち着いて作業出来る様になる、というオチだった。

今度はどうなるのかな?


ハヤシライスは「ハッシュ」
オムライスは「オム」
では、ハンバーグは?

と聞かれて
「ハンバー」と答えちゃう、みね子。

この法則なら、当然「ハンバー」だよな。
だけど答は「バーグ」
ちょっと笑ってしまった。

現代では一般人でも「バーグ」は聞き慣れているけど
この頃は、名前どころか料理そのものが
お馴染みとは言い難いものだったんだろうな。


説明の後は皆で朝食―

まかない飯ちゅうヤツですね。
メニューは卵焼きと野菜炒めの様なもの2種。
それに、ご飯&お味噌汁。

ああ、澄子を思い出すなあ。
今は何を食べているのだろう?


増田明美による、タイムスケジュールの説明―

AM7 時30分 :下準備
10時:食事
11時:開店
(休憩時間)
PM5時~9時:夜の部
その後~10時過ぎ:片付け

さらに、この後に夕食となるのだろうな。
銭湯に行って帰って来れば、もう夜中だな。

乙女寮では、お父ちゃんの件に囚われず自分の人生も楽しむ
ってことが出来たけど
つーか、それがテーマっぽかったけど
今度は休日以外は余裕無し。

休日だって、疲れが出て思う様に動けないかもしれないし
遊びに行ったら行ったで、行った先で働く人々や食べる料理について
仕事に役立つ何かを学ぼうという心構えである様、今から諭されている。

「すずふり亭編」は働くことの厳しさと
仕事に真摯に向き合うってことが強調されるのかな?


仕事には、ちゃんと考えられた仕組みや
やり方や決まりがあって
そこには全部、意味があって
それが仕事の数だけきっとあって…

何だか、とっても
社会って面白いなぁ…
って思います。

   ↑昨日に引き続き
   真面目&意欲的に考察する、みね子である。


“すずふり亭”の人々の個性や立ち位置が
それらと交えてサラリと描かれた後
いよいよ開店。


さすが赤坂!で、客層は多種多様。

放送局の関係者や俳優も来るとのことで
時子向きなんじゃないかと思わせる。

芸者さんも来るってことで
大家の富さんの過去と絡んできそう。


後は、ひたすら必死のみね子の図ぅ―

考え過ぎかもしれないけれども…

お父ちゃんが“すずふり亭”を始めて訪れた時
お土産に持たせてくれたのがカツサンド

愛子さんの好物がトンカツ

昨日、元治さんが今日のまかないにと
リクエストしていたのがカツ丼

そして今日、みね子がお皿を受け取る際
名前が出てこなかったのがポークカツレツ


カツが何かの鍵?
岡田君の好物?
当時の洋食の代名詞?

愛子さん再登場のきっかけになったら嬉しいかも(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


頭 真っ白


洋食屋さんセット


まかない飯


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (71)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (14)
食べ物・飲み物 (32)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR