topimage

2017-02

乾杯>『べっぴんさん』第113話 - 2017.02.16 Thu

忠さん&喜代さんを片付けて
龍一を片付けて

今日はタケちゃんを片付けて
明美はあのままで片付けられて

今度は健太郎&さくらか

さくさくぱんだですね>何ちゃそれ?

…ひじゅにですが何か?



「勿体ねえ」byタケちゃん



↑ここここれは何を意味するのでせうか?
ひじゅに、アホ過ぎて分かんな~い



物凄く物凄く好意的&無理クリ解釈をすると―

タケちゃんが眺めていた月は
憧れても憧れても手が届かない明美の存在。

さっきまで足元に絡みついていたのに
いつの間にか消えてしまった猫は
タケちゃんが明美と少しずつ築き上げてきたつもりだったもの
もしくは、築き上げていきたかったもの@温かい絆。

猫にあげようと放ったのに食べずに残されたオツマミは
明美に受け取ってもらえなかったタケちゃんの思い。


…だったとしても
「勿体ねえ」はないかな(^^;)

すみれ達が、いい年になるのに結婚しないなんて勿体ない!
と、今頃になってタケちゃんのことを構い始めたのと同じ匂い。



タケちゃんの公開処刑は続く―

失恋も皆の前で
縁談も皆の前で
見合いも皆の前で―

唯一の救いは、見合い相手が悦子様夫妻の紹介だったこと。

「私も良子ちゃんも、お見合いで結婚したのよ」
お見合いそのものは寧ろ当時は主流だったと思われるのに
何故かこう言い出す、すみれ。

もしかして卑下しているのか?

つーか
すみれ&良子をサンプルにしたら
「お見合いはやめといた方が良いかも…」
と、二の足を踏むことにならないか?

「戦死した前の主人への思いもなくなったわけやないし」
恋愛結婚である自分達のなれそめは柔らかくスルーし
明美さんへの思いを捨てきれなくても新しい出逢いに進んでいっても良いのだと
優しく諭す、さすがの悦子様。

だったら
亡くなった家族への思いや亡くした傷は残っていても
新しい家族を得て新しい幸福を掴む勇気を持ってほしいと
明美を励ましてやってほしかった気がする。

「積み上げていくものなのよね、きっと」
タケちゃんの背中を押す悦子様。


え?
単に自分達のことを惚気ただけ?
…ま、まあ、許すわ、悦子様なら>ぇ

つーか

“このドラマにこそ当てはまる言葉だろ!”シリーズだな(笑)

もう終盤に差し掛かった現在
本来なら相当多くのものを積み上げてあるハズなのに
目を凝らしても幾らも見えない。

↑「何も見えない」と書きかけたけど
初期の頃は良かったからなあ…

結局もところ、その「幾らも」は
初期の頃のものばかり。


ま、そーいうわけで
タケちゃんのお見合いは何故か“ヨーソロー”で行われるのであった。

お見合いシーンがあるのも朝ドラ“お約束”に近い。
でも、どんなイイカゲンなお見合いシーンでも
大抵はお座敷だった。
でなければヒロインの家とか。

でも、進取の気性に富んだ『べっぴんさん』脚本家は
時代の先端を行くジャズ喫茶で見合いをさせる。

でもって
かつては唯一の常識者であった明美が
いつの間にやら他の皆に感化されてきたのは分かっていたけれど
いつの間にやら他の皆よりもさらにタガが外れた行動をするのであった>ぇ

いや、気持ちは分からないでもないけどさあ…

明美だってタケちゃんに全く思いがないわけじゃなかったと思うし
冷たフッったお返しをしようという気持ちもあったかもしれないし
全く純粋にタケちゃんのためを思っての行動だったのかもしれないけどさ…

明美があんなことをしちゃったのと
見合い相手がタケちゃんと同郷な上、純情で良い人そうなことから
どんでん返しは望めない…つーか、望みたくないな。


「タケちゃん、歌も上手いな…歌って差し上げろ」
明美に便乗して、こんなことまで言い出す紀夫。

“坂東営業部”時代に人前に出るのが苦手でさんざん悩んでたのに
よく言うなあ…

残ったネタをサクサクと片付けるだけでなく
ヒロイン&主要人物の情の無さ、「人の心が分からない」ところを
これでもか!と晒すドラマって…


後半は『さくら青春物語』―
引っ張って引っ張って拍子抜けのオチを付けたかと思ったら
いやいやまだ続くのね…とガッカリさせて実際今も続いている(笑)

この調子だと進学のため東京に旅立ってオシマイ…ではなく
行ってからも帰ってきてからも、さらにさらに続くに違いない。

こうなったら
4月になって次の朝ドラになっても所々に侵入して続きを繰り広げてほしい
…様な気もする(嘘




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


さくさくぱんだ


ポンカンと伊予柑のお見合い


乾杯>ビアクーヘン

婚活>『べっぴんさん』第112話 - 2017.02.15 Wed

最後まで希望は捨てたくなかったけど
もはや捨てるしかないみたい

もう既に
底に微かに微かに残っているだけだけど

…ひじゅにですが何か?



「うわあ~!って人いますか?」byすみれ



↑あんたが「うわあ~」だよ
つーか、このドラマが「うわあ~」だよ

勿論、めちゃ悪い意味でな



カップル乱立も朝ドラ“お約束”なれど
かつてここまで酷い展開があっただろうか―


まだ“ヨーソロー”が出てくるのかと思っていたら
今やレギュラー全員集合!の場所に。

まあ、そういう所を必ず設けてあるのも
朝ドラ“お約束”ではあるけどさ。


さくら騒動の時のあの不穏な雰囲気は何処へやら…
ああ、あれはひとえに
ママさんの人柄が醸し出すものだったのか。

やたら派手に目立たせていた二郎の姿も今は昔…
ああ、のしかかる“生活”に輝きは褪せ
空気の様な存在になり果てたか。

そして、後はひたすら
能天気なレギュラー陣による笑いたくても笑えないコントが延々と続く―



今頃になって栄輔さんを気にしだすタケちゃん。

確かに以前、栄輔&明美のフラグが立ったかに見えた。
まあ、ドラマ内では意図的にそうしている風でもなかったけどね。

でも、タケちゃんは栄輔さんと入れ替わりに登場したから
当時の事はしらないハズだし
今回の再登場では特に明美との仲を示唆する描写はないよね。
メリヤス工場の件でちょこっと明美が口をきいたくらい?

なのにイキナリ、栄輔&明美に妄想を膨らますタケちゃん。


でも、ここまでは良いよ。
だって、タケちゃん&明美を期待していた視聴者は少なくないだろうから。
この脚本家にセンスは期待できないから、そのエピの始まりがこの妄想でも
ひとまずは許す(笑)



でも、その後は酷いなあ。

中西さんがうっかり言っちゃった…てのも難だけど
男会の連中が無理クリ聞き出すってのは、もっと難だよ。

妻の愚痴を言い合うのとはワケが違うよ。

女会は女会で
仕事中に私事で盛り上がるのはいつものことだけど
それでも今迄は自分達の家庭のことだった。
ついこの間まで空気扱いだったタケちゃんの縁談を今更ながら騒ぎまくり
仕事を放り出して縁談探しに出掛けてしまうとは(^^;)

これもまた「旅立ちの時」?


この間、すみれ達のことを
「あの人達はず~っと青春ですよ」
みたいなこと言っていたけど

違うよ!

縁談求めてお節介全開の様子は
ヤリテババ…じゃなくて
青春なんて遥か昔の、お節介オバサンそのものだし

男会も含めて大盛り上がりする姿は
青春より手前の、小学生か幼稚園児。

「大人」が存在しないだけでなく
「若者」もいない『べっぴん』ワールド。


いや
家族を亡くした痛みが忘れられず
もう失いたくないから家族は作らないという明美は
「若者」の範疇に入るかもな。
思春期ってところかな>ぉ

これって
つまり、傷が癒えていないってことだから
「アアソウデスカ」で終わらせてしまったらドラマじゃないよね。

ワザワザこんなエピを作るなら
何としても明美にハッピーエンドを与えてあげてほしいなあ。

でもさ、何となく
タケちゃんは「アアソウデスカ」と諦めてしまいそうな気がするし
栄輔さんは倒産エピが控えているのだとしたら不穏だし
視聴者も「アアソウデスカ」とスルーすべきなのかしら?


明美の言葉を盗み聞きして
忘れ果てていた戦争や亡母をようやく思い出す、すみれは
栄輔さんが言う「人の心が分からない」を裏付けているだけの様な(^^;)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


コスプレ


男の婚活


うわー

自分探し>『べっぴんさん』第111話 - 2017.02.14 Tue

堀江謙一さんの手記『太平洋ひとりぼっち』は
石原裕次郎主演で映画化されているのね

ここで堀江さんを持ち出してきた理由が分かる気がする(笑)

…ひじゅにですが何か?



「俺が忠さんの墓たてるわ」by龍一



↑見事に丸投げ(笑)
すみれこそ、これじゃ最後に何が残るんだか…



主人を亡くした後の使用人の処遇。

かのさん@『あさが来た』は親戚の家へと帰って行った。
何て寂しい末路だろうと思ってしまった。
でも、かのさんは笑顔で去って行った。
皆が揃って見送っていた。

脇役ながら決め台詞も持たされていて
それが最後に生かされていた。


『べっぴんさん』は、それを超えようとして
見事に失敗した…んじゃないかという気がする(^^;)


高齢者が登場する物語にちょっと警戒してしまう傾向が
ひじゅににはあるのだが
それは、最終的に死を描く例が多いから。

逆に先の希望を持たせる話になっていると
上手い下手を別として物凄く感激する。

だから「冒険の旅」という忠さん&喜代さんの決断は
本来なら拍手喝采のハズ。

なのに…何か…何かな…


「はなさんとお話したい」
喜代さんったら、死を願っているのかと思ってしまったよ。


「お嬢様達、見事にそれぞれの美しい花を咲かせておられます」
つい最近まで、すみれを「お嬢様」と呼び続けていたのは
喜代さんの主人は、はなお母さんだけ…という示唆だったの?

はなお母さんが亡くなった時点で
喜代さんも今の忠さんと同じ立場になってしまったわけだけど
ゆり&すみれを育てるという任務がまだ残っていたし
そちらが終わる前に、さくらが生まれてしまったから
現在に至ったわけで…

はなお母さんが生きていたら
「ご苦労様でした」と微笑んでくれたかもしれない。
余生を過ごすための場所もお金も用意してくれたかもしれない。

でも、すみれも、さくらも、頼ってばかりのくせに
人間扱いさえしてくれない。

こりゃー逃げたくなるわ>ぉ


忠さん&喜代さんの「冒険の旅」は
結局のところ「死への旅」…(^^;)

龍一が「墓」なんて言い出したのが、それを示唆している>ぉ


坂東家ではなく、龍一が…
それも、お金と引き換えに…

ああ、何て殺伐としたドラマでせう。


そんな風にしか受け取れないっちゅーか
そう解釈でもしないとナンダカナっちゅーか(笑)


龍一も『べっぴんさん』の中ではちょいと浮いたキャラだから
取り扱いに困った渡辺が体よく追い出した…って感じだよな。

『さくら青春物語』前編では
彼女を未知の世界へと案内し、二郎さんに逢わせる役割があっただけで
メインの話にはあまり関わり合いがなかった。
出来事の前に他の友人達が迎えに来たりとかしてさ(笑)

後編に入って、さくら&健太郎にシフトするから
龍一の存在は益々邪魔(^^;)


もはや『ウェルかめ』と同じくらいか、それ以上に
脚本家の力不足が浮上してき…ゴホンゴホン!



終盤になるとカップル乱立も朝ドラ“お約束”。

「冒険の旅」の直後、というより最中に
タケちゃんの恋話が唐突に再燃?

忠さん&喜代さんをそそくさと結び付け
次は、ずっと独身をバッシングされ続けていた明美の件を
そそくさと解決?

タケちゃんがプロポーズした時に、もしも受けていたら
結婚至上主義みたいな印象を残してしまうから
この時まで待っていた?

ナンダカヨクワカラナイ…と思っていた栄輔さんの再登場は
実はここで三角関係を描くため?




決戦の日の前に>カツを食べて勝つ


自分探しが止まらない


国内でのハイキングから世界の冒険の旅まで

旅立ちの時>『べっぴんさん』第110話 - 2017.02.13 Mon

予告の時点で『さくら青春物語』はまだまだ続く
つーか
後編の始まりだ!

…と、一応覚悟はしていたのだが

幾ら何でも
すみれや“キアリス”がメインに戻り
さくらの話は脇で静かに語られる程度だろう…
と思っていた

そしたら龍一や健太郎までクローズアップされてきちゃったよ
二郎&五月も“ヨーソロー”もまだまだ出てくるよ

つーか
二郎の顔を見て笑っちゃったよ>こらこら

…ひじゅにですが何か?



♪俺はこの場で今、何をしているんだい?♪by龍一



↑“このドラマにこそ当てはまる言葉だろ!”シリーズ>また?


『べっぴんさん』前半の良い意味でのファンタジー世界は
麻田さんの死と共に消え去ってしまった。
いや、あの美しい世界のほとんどは
靴を作る麻田さんの美しい所作が担っていたのだろう。

彼の後を継ぐ存在になるかと一瞬だけ思えたママさんは
脚本家が気負い過ぎたのか単に力不足かで
ヘンテコなキャラになるばかりで中途半端に退場してしまった。

登場する度に微妙~なキャラに変化していったものの
ドラマに重みを加える役割はかろうじて果たせていた(かもしれない)
五十八お父さんもヘンテコな形で消えていってしまった。

最後に残った、このドラマの“良心”と言っても良い存在の
喜代さんが今、去って行こうとしている。


もはや一片の希望もない!?


わわわわたくしは、震える手を必死で抑えつつ
この感想を書いております(嘘


今週のタイトルは『旅立ちの時』―


あれだけ大騒ぎした、さくらの家出は
東京に行く!
という思いだけを残したらしい。

腫れ物に触るかの様な特別待遇の“キアリス”バイトで
リボンやト音記号の絵を異様に褒められたもんだから
美大に行く気満々の、さくらである。

進路が決まったもんだから
一時的な安心感に浸っている紀夫&すみれ。

   いやいや
   今だに食器も片付けない、さくらだから
   東京で些細なことで挫折するかもしれないぞ。
   そしたらまた男に逃げ込もうとするかもしれないぞ>ぉ



流行に流されやすい龍一は、ラケットからギターに持ち替え
「反体制」に酔っているらしい。

健太郎は家族の勧めで京大を目指しながらも
さくらの東京行きに心を揺らしているらしい。

   そんなんどーでもいい
   つーか
   そーいう話がメインになるのだったら
   萎えるなあ…>こらこら


そんな「旅立ちの時」に差し掛かったのは子供達だけでなく
予告通りに忠さん&喜代さんも同じ。

「さくらお嬢様がこの家をお出になったら私はどないしたら」
保育所問題の時からの繋がりで一貫しているかの様に聞こえるけど
さくらの長い長い家出期間はどうしてたの?

「私は何を残してきたんやろう」
すみれも、さくらも、喜代さんが育ててきたわけだし
“キアリス”も喜代さんがいたからこそ成功したわけだし
十分に大きなものを残してるじゃん。


さくらが良い成長を見せなかったから虚無感に囚われることになったわけね。
分かる、分かるよ…>ぇ

洗濯機が長々と映ったのは前作へのオマージュ?

いや、多分、色々な電化製品が登場したことで
家事も昔よりは楽になってきたから
益々自分の存在意義に疑問を持つ様になってしまった…
っちゅーことだろう。

何だか嫌な脚本だなあ。


「一緒に冒険の旅に出ませんか」
五十八お父さん生前葬の時のイキナリの初恋話から
今ここに来てイキナリ発展。

まあ、五十八お父さん自身が
娘ではなく兄の家に居候し、晩年は兄嫁&甥嫁に世話を丸投げ…
というリアル世界だったら、かなりの確率で嫌がられる選択をして
そのまま亡くなってしまったから
残された忠さんとしては否が応でも身の振り方を考えなければならないよな。

…と、脳内補完はバッチリの状況。


脚本家としては、この高齢者2人の処遇に
困り果ててしまったのかもな。

子供達の「旅立ちの時」に合わせ
堀江謙一さんの名を出して時代の雰囲気を示唆しつつ
表面上は綺麗に纏めたつもりなのね。


でも、視聴者の心に浮かぶのは
「姥捨て」という文字だろうな(^^;)


ところで―

二郎&五月の子供の名前は慎太郎。
裕次郎じゃアカラサマ過ぎるから兄の名を取った?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー







おかわり>『べっぴんさん』第109話 - 2017.02.11 Sat

五十八お父さんの最後―

恐らく大半の視聴者が予想していた
ナレ死ではなく

口パク死だった!?

…ひじゅにですが何か?



「喜代さん、おかわり」byさくら



↑さくらったら、まだまだ喜代さんに甘える気?


今年に入ってからの、ひじゅにの感想は
非常に批判的になってきている…と、自分でも思う。
でも実は、ひじゅに本人は
批判をしている気持ちはあまりないんだよなあ。

そーいうのは今迄にもあったことで
幾つかパターンがある。

1:絶賛するには照れがある>ツンデレ
2:ツッコミを入れた方が楽しい作品と判断>愛あるツッコミ
3:好きだからこそ些細な矛盾を指摘>上目線の愛あるツッコミ
4:普通に感想を書いているだけ>ドラマがツッコミどころ満載なだけ
5:他に言葉が見つからない>ツッコミどころを超越した酷い展開だらけ


さて、『べっぴんさん』の場合はどれに当て嵌まるでせう?


ちゅーことで『さくら青春物語』前編終了―

予告の様子では、やはり健太郎との恋話が入るみたいで
さくら編はまだ続く模様。


取り合えず二郎&五月の顛末は
ママさんから“ヨーソロー”を譲渡されることで解決。

その場その場で理解あるそぶりを見せるも
行動が伴わなかったママさんが遂に動いた!
ってとこ?>こらこら

「そろそろ遊んで暮らしたい」
この台詞からすると二郎&五月を搾取する気満々って気がするけど
まあ、そこは置いといて>置いとくんかい

一時的な安楽に酔い、歌い踊る一同であった。


ここで一区切りと思ったら
朝ドラ“お約束”に則って出産シーンも追加。

何故か坂東家で子を産む五月。

毒親のため里帰りはできないってことなんだろうけど
二郎さんの母親にも頼れないのかな。
病院に行くって選択肢はないのかな。
ままままさか、今だに坂東家に居候の身ってわけじゃないよね?

同年代&出産経験のない、さくらに手伝ってもらうのって
気持ち的に微妙じゃないかと思われるけど
まあ、そこは友達ってことで良しとして
龍一&健太郎まで一緒ってのはどうなのか…

何だか公開処刑という言葉が頭を過る(^^;)


「50年後の世界はどうなってるんやろ」
喜代さんの言葉はちょっとばかりシミジミ。

ワザワザ「50年後」と数字を出すのは
リアル世界の現代と結び付ける効果もある。

でも、予告にあった忠さんの台詞を考えると
そのための前振りって感じだな。


そして、いよいよ五十八お父さんの最後。

「いよいよ」なんて不謹慎?
さくらエピは彼の死で強引に纏めるんだろうな…という予想が当たって
亡くなった途端に、さくらが元の「ええ子」に戻る…という
まさに“まんま”な展開なんだもの。

しかしさ
幾ら本人の望みとはいえ、心臓が弱っている人の部屋の障子を全開って…
しかも外は雪景色って…

上京しようとしていた二郎さんの前にイキナリ弟が出現!
という昨日の展開を思い出してしまったよ。

五月さんのために「夢」を諦める二郎さん
…という美談で纏めなかったのと同じく

小舅を心から世話していたという美談にせず
疑惑を差し挟む余地を設ける
…という腹黒さが渡辺流?>ぇ


五十八お父さんの死の知らせに何故かノンビリした構えの坂東家。

電話を受けた喜代さんは泣きながらも
ちょうど部屋に入って来た紀夫にすぐに電話を渡そうとはせず

紀夫は神妙な顔きをしながらも
すみれ&さくらが支度を終えて入って来るまで
ゆっくり待っているし。

ただ
その知らせを聞いた、すみれが
アップ&長回しを表情だけでこなしたのは良かったと思うよ。


結局のところ
すみれが何をしたというわけでもなく
周囲が上手いこと動いてくれたおかげで
さくら反抗期は終了。

イキナリ喜代さんに甘えだすところは
今迄空気扱いだったのが人間扱いになったとも取れるけど

すみれに“母親”を求めることを諦めた反動にも見えるし
相変わらず人にしてもらうばかりのお嬢様気質は健在!とも見えるし
単に、安楽に生きられる場所を選んだだけとも…(略


まあ、さくらにヒロインすみれの若い時代を重ねて描いているのだとは思う。

ベッドからガバッと起き上がるところとか
初恋の人&恋敵のハッピーエンドを涙で祝福するところとか
すみれの時とアカラサマなくらい同じ表現を使っているしね。

ただ、すみれ自身の青春時代は
目に映る部分は短かったけど、心に感じるものは豊かだった。
それを、娘とはいえ他人の姿で描き直しても
その心に訴えてきたアレコレが却って薄められてしまった感がある。

すみれは引っ込み思案で要領が悪いだけで悪印象はなかったのに対し
さくらは自己中な肉食系というナンダカナ…な印象が
それもかなり強烈に残ってしまった。

良いのか、コレで?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


干し柿


おかわり


クチパクアニマルスピーカー

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

べっぴんさん (118)
相棒 (109)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (10)
食べ物・飲み物 (19)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR