topimage

2017-08

友人某とのラストバトル - 2013.01.21 Mon

いや、ラストになってほしいという私の願いなのだけどね(笑)


先週は友人某に3回も作業を中断させられてしまった。
軽口ききながら出来るものとデキないものがあるんだけど…
と思いつつもニッコリ笑って対応する私>いやニッコリでもなかったな

このところ彼女とは『純と愛』の話は避けていたのだが
それを察したのか(?)ネタ元を明かしてきた。

今迄のツッコミは幾つかのサイトを回って仕入れた
いわば受け売りだったのだそうだ。

おい、
純が人の受け売りばかりすると文句言ってたのは君じゃん!

まあね、
なるべく批判サイトは見ない様にしている私でも
やはり少しは目にしてしまうんだよ。
で、似た様な事言ってんなーと思っていたんだよ。

でも、それって
『純と愛』がその様に視聴者の心を喚起させてんだろーな
つーか
所詮、人の感性なんてそうそう違いはないってことだろーな
と思っていたんだよ。

で、今回、友人某が
「物凄く共感する」
と言って紹介してくれた某批評を読んだ。

     敢えてソースは控えるけど検索すればすぐ出てくるよ
     本人の知らないところで反論するのは卑怯だろうけど
     書いた人には恨みも何もなく
     ただ、それを引用して自分の考えとする友人某への感想です。
     今日は半日お休みだからアレコレ書いちゃいますぜ(笑)


*連続ドラマは最終回まで見て評価すべきだが、もう我慢の限界にきている―

「観なければ良い」というのは、よくある批判への批判で
ひじゅには大嫌いな言葉なんだけど
それは「観る」ことに意義を見出している人もいる…という前提のもので
観る気もないし観たくもない人は
「観なければ良い」という選択をすれば良いわけで何の問題もない。

で、そーいう選択をした理由としてアレコレ述べるのは構わないけど
敢えて中断するんだから、それは正当な「評価」とは言えないってことは
弁えるべきじゃないのかなあ…>言い過ぎ?


*純=遊川で、自己肯定感を得ようとしているに違いない―

遊川氏がどんな人か知らないので何とも言えないけど
ただ、純を肯定させようとしているドラマなのかなあ…と疑問。


*純はいつでも自分が正しく相手が間違ってるというスタンス。ガサツ。鬱陶しい―

ひじゅにもそーいう女は嫌いだけど(笑)
今迄の朝ドラにも、そーいうヒロインはやたらといた気がする。
純との違いは、向こうは無自覚、こっちは自覚。

無自覚(寧ろ素晴らしいヒロインとして描いているつもり)は腹立たしいけど
ワザとそう描いているのなら文句の言い様がないじゃん。

疑問を発するなら
「何故、そーいう風にワザと描いているのか?」ってことで
純が自分の好に合うか否かではなく、そこ↑のところに「評価」がかかってくるんじゃ?


*愛の本性に関しては、オカルトを持ち出されても困る―

だから、そこは個人的好みの問題じゃ?


*朝ドラは、ほんの少し幸せな気持ちをくれるだけで良い―

それもまた個人的好み。
『ちりとてちん』『カーネーション』『つばさ』etc.
ひじゅにが好きだった朝ドラは、どれもそーいう類のドラマではなかった。
『ゲゲゲの女房』『芋たこなんきん』etc.は上の3作よりはノホホン系かなと思うけど
やっぱ色々と起伏はあって心をざわつかせる要素は沢山あったよね。


*向井理、高良健吾、綾野剛、松坂桃李と続いた
イケメン鑑賞の楽しみを奪われたからではありません―


もこみちや渡部秀や舘ひろしの立場は…?


*ほんわか梅ちゃんとは大違いだ―

…あ、そういうことね(^^;)

つーか、友人某よ
この記事を書いた人はともかく
君はアンチ『梅ちゃん』だったじゃん?


加えて友人某は、私が『純と愛』を批判しないのは
風間俊介ファンだからだろう!?
と責めてきたんだけど

風間君は好きだけどファンって程じゃ…

それに、好きな人が出演してるからって作品まで盲目的に褒めたりしないよ。
気の毒に思ったり、その人に代わって怒りを表明したり
場合によっては好きという気持ちが薄れてしまったりするよ。


逆に酷い出来だと思う作品の中にも好きな人ができたりする。
高橋光臣さん@『梅ちゃん』とか
田中圭さん@『おひさま』とか
趙珉和さんや柏原収史さん@『てっぱん』とか
…ま、どれもファンという程ではないけどね。

でも、その人達のために作品まで良い評価をすることは出来なかった。

ひじゅには別に『純と愛』が大好き!素晴らしく面白い!
…とまでは思わないし
寧ろ観る者の神経を逆撫でするドラマだと思ってる。

何度も言う様だけど
それが作者の無自覚によるものだったら
ひじゅには目一杯それを指摘しまくって批判しまくるだろう。

でも、自覚してるところが厄介なわけよ『純と愛』は。

そこがまた我慢ならない!という気持ちになれば
それこそ観ない選択をするだろうけど、まだそこまで行かない。

つーか、ある意味、好感も抱いている。

どういうオチをつけるのか…
ってところに興味がある。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/900-e5d1b063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DV>『純と愛』第92話 «  | BLOG TOP |  » 『相棒 Eleven』第12話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (118)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR