FC2ブログ
topimage

2020-09

辛辣>『てっぱん』第115話 - 2011.02.12 Sat

民男です。

ホンマはコテコテ関西弁なんやけど、
ひじゅにに口述筆記させるんで、いちいち聞き直されると面倒やから
標準語で行くで。
時々、群馬弁が出るかも分からんけどな。

…民男ですが何か?



え~っと…



まず、僕のキャラなんだけど
多分め~~~~~~~~~~~っちゃ誤解されてると思います。

「年いったお姉ちゃん」だの「ヨッパライ姉ちゃん」だの「赤ちゃんおる姉ちゃん」だの
デリカシーない呼び名を連発したりKYな発言したりで
ウザいガキって思われてんでしょうね。

でも、言わされてるんだってこと、分かってほしいです。
まだ脚本に口出しできる様な立場じゃないんですから。

脚本家もワザと僕をヘンテコに描いているわけじゃないんです。
これはもうセンスっちゅーか何ちゅーか…

スタッフ全員にも『てっぱん』を支持してくれる一部の視聴者にも
あれが純粋で無邪気で本質を突いていて皆を動かす力がある最強のものと
感じられるらしいんですよ、不思議なことに。

で、今日は始まって早々に、笹井のおっちゃんの絵を見つけたわけですが…
まさに天使の偉業ちゅーわけですよね(笑)

あまりにもアッサリとした幕引きでしたけど
多分、僕の純粋さと、おっちゃんとの心の結び付きで誤魔化したつもりなんでしょう。

でもって、一番の目的は、あかり姉ちゃんの前で
「お父さんが帰ってきました」
と言わせることだったんでしょう。

胸糞悪いわ、ホンマのとこ。



ヨッパライ…じゃなくて赤ちゃんおる…じゃなくて…のぞみさんですけど
彼女もどんどんヘンテコな方向に行かされてて気の毒です。

そりゃ登場の仕方が仕方で暴言も吐いてたし、最初から嫌われキャラではありましたけど
あそこの描き方はベタでしたから僕としては寧ろ好感持てたんです。
弱い心を必死で隠そうとしてたのが見え過ぎるくらい見えてたから。

ま、それは脚本が巧みだからではなくて京野さんの演技力でしょうけど。

でも、このところ変過ぎますよね。
イキナリ音楽に目覚めた可哀想なヒロインに
「お好み焼き焼くばかりが人生じゃない」なんて知った様なこと言わされてたし
娘の妊娠も死さえも最近まで知らなかった大家さんに腹帯の件で
「千春さんは、どうされたんでしょうね」なんてバカな言い方させられてたし…

まあ、京野さんは『渡鬼』にも出演中ですから
噂では似た様な役らしいけど、だからこそ質の違いを見せ付けてほしいと思ってます。



あかり姉ちゃんの方はどうなるでしょうね…
何しろヒロインだから、まだまだヘンテコにいじられ続けるでしょうね…

最初の頃の、尾道で就職するだの大阪に住むだのっちゅードタバタ展開は
出生の秘密を知って揺れる心を表していたんだから納得いきますが
その後はナンダカナ…ですよね。

店を始める経緯も緩かったけど、
ここにきて店が足枷になって音楽ができないみたいな話になってきて
全国お茶の間の大部分が「はあ?」となってると思うんですよ。

アレコレ進む道を変えるってことでは『だんだん』という前例がありますね。
あの路線で行くつもりなんか、両立させてメデタシメデタシなんか知りませんけど
ただ、言えるのは
あれも酷かったけど、まだ動機らしきものを描いていただけマシだってことです。
「らしき」って言うのは、その動機がツッコミどころ満載だったからなんだけど
今にして思えば、描こうとしてた分だけ偉かった…

だって、あかり姉ちゃんの場合、行き当たりばったり過ぎて
その場その場で目に付いたものを欲しがって駄々こねてる子供と同じですもん。

ま、だからこその、あの子供っぽい仕草なんでしょうけどね。

顎を上げて唇を尖らせて舌足らずな喋り方をして…
そーいうフェチな人には堪らんもんがあるんでしょうなあ。
僕、ホンマの子供やから分からんけど。



あ、でも僕ね、田中荘に住む様になって学んだことが一つあります。
男は欲望に忠実であれ!ってことですわ。

仕事に生きてる身寄りのないキャリアウーマンとか
家出中の未成年の女の子とかをターゲットにするんです。
結婚をチラつかせといて同棲に持ち込めばOKなんですよ。
いざ妊娠したら、気付かないふりして逃げちゃえば済むんです。

キャリアウーマンには専業主婦になってくれる女が希望だと言えば
プライドに障るから自分から出て行ってくれるし
家出中の子には外国に行くチャンスが到来したと吹き込めば
勝手に身を引いてくれるんです。

前々から夢についてロマンチックに語っておいて
世間知らずで少女趣味な頭に「私がいたら足手まといになる」という発想をさせるんです。
悲劇のヒロインに酔えるから却って幸せなんですよ。

酷くなんかないですよ。
子供が生まれるんですから。
素晴らしい少子化対策じゃないですか。
日本の将来バンザイ!です。



ま、年貢の納め時…になることもありますけどね。

橘さんが今まさにその時に直面しかかってますけど
今迄さんざん良い思いをした後だから良いですよね。

大家さんが口止めしてただろうって?

マッチに電話してたんだから実はバラす気満々なんじゃないですか?
村上家が大騒ぎしないはずないし。

それにね、多分
立ち聞きでバレると思いますよ。

橘さんって40代くらい?
20年前はまだ若造ですよね。
千春さんと料亭デートする年長の男性には見えない気がするんで
もしかしたらダミーかな?って疑いもあるんですけど

かつて愛した人が亡くなったと聞けば
死因とか当時の様子とか真っ先に知りたがるだろうに、そこはスルーですし
アヤシイですよね。

でも、そんな細かいとこ『てっぱん』ワールドではどーでも良いことですね。
上手い具合に「死人に口なし状態」ですもん。

僕は何とか巧みに立ち回っていきたいです。
のぞみさんを押し付けられることになりそうな欽也さんみたいにはなりたくないんで。
考えたら錠さんが一番幸せなんかもしれませんね。
大家さんにも信頼されてないのが電話の件で分かっちゃいましたけど(笑)
マッチに任せとけば全て安泰みたいだし。

ま、頑張ろうと思います。
民男でした。




応援クリック、よろしくお願い致します☆
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ       人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
にほんブログ村     人気ブログランキングへ    blogramランキング参加中!

朝ドラ『ファイト』~『てっぱん』感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります
やっくんち

【送料無料】てっぱん 完全版 DVD-BOX 1 【DVD】

【送料無料】てっぱん 完全版 DVD-BOX 1 【DVD】
価格:12,608円(税込、送料込)



【送料無料】NHK連続テレビ小説 てっぱん 下

【送料無料】NHK連続テレビ小説 てっぱん 下
価格:1,365円(税込、送料別)




TWITTER mixiチェック シェア
スポンサーサイト



● COMMENT ●

悪いクジひいたと思うことだよ、民男クン

>そーいうフェチな人には堪らんもんがあるんでしょうなあ。

>僕、ホンマの子供やから分からんけど。



いやぁ、おっさんにも分からんぞ。

ワンコのお姉ちゃんだったら堪らんもんがあるけどな。

これ以上ひどいのはないと思うから、民男くんも次のドラマはがんばりや!

大人なんだか子供なんだか

分からないキャラクターですよね、民男くん。

年いったお姉さんとしては嫌いじゃないよ。

一番同情されてもいい立場なのに、新しいお父ちゃんとか寛大で変に大人びてるせいか、民男くんはスルーであかりばかりが憐れまれてるもんね。

何よりのぞみの暴言に「感じええな~」(だっけ?)は名台詞だと思ったし。

感じ悪いな~だと嫌な気分になるけど、「感じええな」と言われると気分が変わるというか、ちょっとしたカルチャーショックでした。

んで笹井さんの絵だけど、本来なら「家族」である田中荘の面々で探して見つかったらちょっとした感動もあるだろうに、たまたま見つかったって…。

しかもあかりの「アハッ!良かった~」の苦笑いは、自責の念からなのか?

でも社長と違ってあかりは最初から「おまわりさんが見つけてくれる」と他力本願だったのは褒めてあげよう。

それにしても橘さん、何か尊敬だの守ってあげたいだの結婚だのと色々言っていたけど言ってる事とやってる事が違うし、千春ががんぼたれでどうしようもない女に思えてしまいました。

まさに死人に口無し。

20年近く娘をほったらかしにしていた、そして最近孫の存在を知った初音に橘を糾弾出来るのかとか、真知子は初音に挨拶もしないんだなとか、色々突っ込んだ15分でした。

書き忘れ

のぞみの「千春さんはどうされてたんでしょうね?」発言は、恐らくのぞみは初音と千春の確執はよくは知らないんじゃないかと思いますよ?

ちゃんと見てなかったらごめんなさい。m(_ _)m

あと、橘を「立ち聞きオンパレードの田中荘」に呼びつけてあんな話をするなんて危険ですよね~。

あかり、今日はめずらしく一声かけてたけどいつもならいきなり扉を開けるし。

お腹を蹴ったお祝いソングが住宅街でのスキヤキソングトランペットだなんて…。

いくら「お父さん」の心情に合わせたからって、ちょっとへん!

いつもありがとう!

ひじゅにさん。

毎日面白い文章ありがとうございます。いつも楽しく読んでおります。ストーリーがよくわからなかった時はここに来て確認しています。

たった15分のドラマについて毎回これだけたくさんの事が書けるその文才は素晴らしいです。

もしかして作家志望でしょうか?それとも既に作家になってらっしゃるのですか?

14時近くに投稿。もしかして専業主婦?



先回書かれた「女は子供を産む機械」ですが、あれは政治家の先生方の本音がついポロリと出てしまったのでしょう。そんなもんですよ。



来週のてっぱんについて雑誌テレビジョンで内容を知ってしまいました。ネタバレになるからやめておきます。

KAZUさん ☆

ありがとうございます。

民男君曰く

「そうやね、天下のNHKの、それも朝ドラのレギュラーの話が来るなんて、これはチャンス!

と喜んだ過去の自分を叱ってやりたいですわ、ホンマのとこ。

でも、顔は売れたから良しとしようかな>ヒロインほどのダメージはないやろし

次の作品は頑張ろうと思います、応援してや~」

大和さん ☆

ありがとうございます。

民男君の方があかりより幼いし状況的にも辛いと思われるのに台、詞一つで済まされてるんですからね…

脇役とはいえ、もっと掘り下げて描くことはできたはずだし、その方があかりの話にも深みが加わると思うんです。

ヒロインだとはいえ、あかりのことばかり大騒ぎでは、やはりバランス悪いですよね。

いや寧ろ、あかりのキャラを益々魅力のない嫌なイメージにしてしまうだけだと思うんですが…

でも、作者のセンスでは、これが最上の物語なのかなあ…(^^;)

つたみるげさん☆

ありがとうございます&いらっしゃいませ。

喜んでいただけて嬉しいです~書く甲斐があるというものです。

まあ、私も独断と偏見で書いているんで、「それって違うよ」と思う人も少なくないかもしれませんが(^^;)

作家だなんてトンデモナイ、子供の頃はマンガ家に憧れましたが全然そんな才能はないです。

少子化を何とかしなくちゃならないとはいえ「機械」呼ばわりは国民を人間と見なしていない証拠なんでしょうね。

それを連想させる『てっぱん』も、視聴者をあまり大した存在だとは思ってないのかなあ…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/61-69b0a297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

芸能人指定バトン «  | BLOG TOP |  » 週間春日>『てっぱん』第114話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (10)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (68)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (3)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (139)
ドラマ2 (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR