FC2ブログ
topimage

2020-09

変化>『てっぱん』第122話 - 2011.02.21 Mon

今頃になってやっとこ大河『江』第1話を観た。
『ゲゲゲ』総集編もこれからさ。

…ひじゅにですが何か?



「名曲です」

サントラの売り上げに貢献しようと頑張る笹井さん。



いつものことなのだが観てから時間が経ってしまい
いつもにも増して内容を忘れてしまった。
愛情が薄れてきたってことかしら?(笑)


え~っと…


?民男君がまたまた好感度ガタ落ちの台詞を言わされてたっけ―

まえだまえだの漫才はチラ見した程度でよく知らんのだけど
子供ながらプロのお笑い芸人なわけだから
こんな笑わせ様としているっぽいけど全く笑えないというトホホな役回りに
えらく心を痛めていたりして?

人生の苦渋を早くも舐めているわけだなあ…
大きく成長しろよ、まえだまえだ!


え~っと…


aあかりが、お好み焼きを引っくり返すのが下手だということが証明されてたな―

プロが焼くところを見た経験がほとんどないので、皆あんなものなのかなという気もする。
でも、ひょっとして、あかりが店をサボってばかりいる最近の状況を何気に示している?
それとも、実父に逢えて「変わった」のはここだ!という強調?


それから、え~っと…


そうそう、ジェシカさん再登場!

あのまま逃げおおせれば幸いだったのに(笑)
また引っ張り出された上にヒロイン持ち上げまくりのトホホな役柄。
民男君よりマシなのは、ばーちゃんにお金を返そうとして律儀な面を見せたこと。

ちゅーても、あれは元々ジェシカさんのお金。
あかりが彼女の夢@店を横取りした上にお金も出させたままだったら
それこそ欲の皮の突っ張った極悪非道ヒロインになってしまうところを
ばーちゃんが自分のお金を出して救ってくれたんだったよね?

なのに、ばーちゃんが素直に受け取ってたりしたらブーイングの嵐になるところ。
さすがに脚本家も、そこまで「なかったこと」にはしなかったな(笑)


NGジェシカVSのぞみのキャットファイト(?)―

この2人はキャラが被るから顔を合わせれば最初はぶつかり合うだろうと
多分、誰もが予想できたし、期待していた人も少なくないかも?

だから初っ端からそういうシーンにしたのは期待に応えていると言えるけど
内容はイマイチだったな(酷)


皆が変わったと騒ぐジェシカさん―

民男パパの指輪の有無に真っ先に言及するとは
さすがに目聡いというか細かいというか…

小料理屋の女将さんって、そういう気遣い(?)が必須かもね。

次に指摘するのは社長のネクタイ。
社長がスーツを着ているところなんて、視聴者だって初めて見たぞ。


髪の色が黒いのは美容院に行く暇がないからだと言い訳するジェシカさん―

美容院にご無沙汰している時の髪の状態は、そんなもんじゃねーぞ!
↑経験者は語る

それは店が繁盛している印だとフォロー(?)する、あかり。
おお、初めて「客あしらいが上手」という設定が生きたぞ!
凄いぞ、あかり!>そうか?


さらに、え~っと…

え~っと…


あ、尾道の村上家がチラリ映ったっけ。

蚊帳の外だった鉄兄に、あかりの実父騒動の報告。
「ホッとしたのは、お父ちゃんの方じゃろ」
とか何とか。

それを言わせたいがために鉄兄だけ尾道に残したのか…

敢えて台詞にしなくても多くの視聴者は同様の感想を抱いたであろう先週の話。
鉄兄に無理に言わせてもフォローどころか変な点を強調&確認しただけ…
な気がするのは私だけ?

どう見たって、村上家のワガママ勝手に実の父子が遠慮しただけ…
って感じだったじゃん。
でも、人間だから弱さを露呈するのは仕方ない>まさに人間的
悩みながらブレながら最終的には父子を逢わせようとの結論に達した>苦渋の決断
描き方が下手で伝わり難かったけど、ちゃんと村上家の“成長”を描いていた
…てな風に無理クリ無理クリ無理クリ好意的に脳内補完する余地も…
まあ、なかったこともなかった…かもしれないじゃん>苦しい
その最後の希望が鉄兄の言葉で砕け散った気がする。

なのに「拗ねてる」という言葉で括る村上家って…


後は、え~っと…

え~っと…

え~…


aそうそう、あかりへ~あかりへ~と草木も靡く展開―

ジェシカさんも民男君も、あかりに話を移そうと必死(笑)

そりゃあね、所詮、脇役は主人公のために存在するもの。
でもさ、
そうしたアザトサを感じさせず、脇は脇で個別に生き生きと確固として存在している…
というのが(そう思わせるのが)面白いドラマなんじゃないの?
勘違い?

何故か『てっぱん』ファンの中には
『ちりとて』を好きな人は『てっぱん』も好きなはず、とか
『てっぱん』を批判する人は『ゲゲゲ』が好きな人、とか
よく分からない説を唱える人がいる様だけど

そうか?

私的には
『ちりとて』も『ゲゲゲ』も、まさに脇役が個性的で生き生きとしていて
各々の物語をしっかりと紡いでいたから好き。
両方とも『てっぱん』とは対極にある作品。

勿論、全てに破綻した部分はある。
それを自然に見せる説得力があったり他の魅力でカバーしたり…
できてるか否かって点では、やはり対極(笑)

立ち聞き

声の方が庭にまで響き渡る

皆を前に全てを告白
と、省略化が加速している点は、別の意味で面白いと思うよaa

欽兄&のぞみへの皆の態度が象徴する様に
まずは周囲に台詞で先の展開予告や事情説明をさせ
気付いたら、その通りのシーンにひとっ跳び。
後はその1シーンを涙涙で盛り上げて感動巨編の振りをするのが『てっぱん』流。

実父の次は駅伝君と社長に挟まれた、あかりの恋話?





応援クリック、よろしくお願い致します☆
                                 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ       人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
にほんブログ村     人気ブログランキングへ    blogramランキング参加中!

朝ドラ『ファイト』~『てっぱん』感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります
やっくんち



【27%OFF】[DVD] てっぱん 完全版 DVD-BOX 1

【27%OFF】[DVD] てっぱん 完全版 DVD-BOX 1
価格:11,651円(税込、送料別)




TWITTER mixiチェック シェア
スポンサーサイト



● COMMENT ●

ヒロインのために存在する脇役のみなさん(泣

ひじゅにさん、先週は大変でしたね。

「辛口」などと銘打ちながらも、冷静かつ娯楽性の高い文を書き続けるひじゅにさんは凄い、といつも思ってます。

感情的なブログ批判は、かえって攻撃してきた人のカッコ悪さを露呈しただけな気がします。



> 『ちりとて』を好きな人は『てっぱん』も好きなはず、とか

> 『てっぱん』を批判する人は『ゲゲゲ』が好きな人、とか

> よく分からない説を唱える人がいる様だけど

この珍説、よく見かけますね。



でも、ひじゅにさんご指摘のように、

『ちりとて』も『ゲゲゲ』も脇役の話に味があって、

メインストーリーと上手くからむのを見るのが楽しみでした。



片や『てっぱん』の脇役ネタはヒロインの話に強引に繋げる意図がミエミエ。

エピソードとして膨らませず、ちょっとイイ台詞をちりばめて終わっちゃうから、

なんだか説教くさく見えることもしばしば。。。



今日もせっかく再登場の冬美さんは自分の話を早々に切り上げて、

「ヒロインの複雑な胸中」をあぶり出す係に徹してましたね(笑



> まずは周囲に台詞で先の展開予告や事情説明をさせ

> 気付いたら、その通りのシーンにひとっ跳び。

ここも思い切り頷きました。

途中経過もなく「いきなりオチ」という作り方のせいで、

ドラマとしての味わいが極薄になってると思うんですけど。。。



お疲れ様です。。

せっかく名乗らずに別れた父娘だったのに、なぜか身内しかいないお店でみんなの前で大発表するとは。( ̄○ ̄;)

名乗らない理由として尾道の両親への遠慮と橘への配慮があると思っていたのに、結局前者が問題だったって事ですよね。

つまり錠が障害になったと。

私はそこにツッコミを入れた鉄兄にはGJと思いましたよ。(^_^)v

だけど、てっぱんや錠の行動に違和感なく視聴している人達にも配慮して、鉄兄を「拗ねてる」と落としてバランスを取ろうとしていた。

違和感ありの私には「拗ねてる」なんて言われた鉄兄が可哀想に思えました。

役者さんも可哀想だったから、今日のセリフは良かったです。

あと冬美が開店資金200万を初音に返すっていうのも違和感だったけど、初音が返して良かった。

相変わらず大集合は変だったけど、岩崎先生のフォローも、水を吹いた社長の後始末をのぞみが然り気にしていたのも良かったです。

あれ?褒めてるなぁ。

「返金」とか民男くんの「変わった」とか所々違和感はあったけど、冬美再登場で雰囲気は良かった気がしました。

お好み焼きの返しは最悪でした!(笑)

Crimsonさん☆

ありがとうございます。

私は脇役好きで、一人でも大好きになれる脇役がいれば名作決定です(笑)>四草さん最高!

役者が良いだけではダメだし、基本設定が良いだけでもダメなんですよね。

結局のところ、脇とはいえ人間を描けていないからドラマ全体もツマラナイし出来が悪いということになるのでしょうね。

それにしても『てっぱん』は細かい部分が荒過ぎますね…作者自身がムードに流されちゃってるんでしょうか…

大和さん ☆

ありがとうございます。

あかり自身があまり本心を表に出さない感じで、だから脇やナレが煩いのだと思っていましたが

今週は喋りまくりでしたね(笑)>自分に酔いまくり

この週の脚本家は誰か、ってとこまで私は気にしないでいたんですが…最近ちょっと気になってきました。

脚本家が複数いると客観視もできるしアイディアも豊かになるから中弛みも破綻も少ないかと期待していたのに…>真逆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/51-ac79176f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

119>『てっぱん』第123話 «  | BLOG TOP |  » ちょい本音>『てっぱん』第121話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (10)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (68)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (3)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (139)
ドラマ2 (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR