fc2ブログ
topimage

2023-11

名前>『らんまん』第20週 - 2023.08.20 Sun

​​​​​​​​​​​​​​​​今週、「おお!」と喜びの声が上がったのは
寿恵子であり、寿恵子の影響を受けたといえる聡子。
新しい女性の姿を前面に出している。

つーか、単純にカッコイイよね、2人共!

その分、男たちが小さく見える。
田邊教授に関しては意図的なのかもしれないけど
万太郎もちょっと…と思ってしまったぞ。
いいのか?

だって、物語的には
万太郎VS田邊教授こそが面白いと思うから。

まあ、それを際立たせるための
2人の妻の”成長”なのかもしれんけども。

…ひじゅにですが何か?



​「初めて見ました、教授のあんな顔」​by野宮



第20週『キレンゲショウマ』



まずは長屋の人々―
丈之助さんだけでなく他の人々も次々と去って行く。

それだけ年月が経ったことの証だし
万太郎達だけでなく周囲の人々にも人生があるという表現だし
ある意味、吹き溜まりの様だった長屋から
明るい方向へと旅立って行くわけだから
ハッピーエンドとも言えるし…

そんな風に群集劇にするのが朝ドラには似合う
というのが私の持論(ちゅーたら大袈裟過ぎるけど)だし…

別に批判する気はないのだけど
何だかちょっと唐突というか
えっ、何で今!?
早過ぎん!?
…なんて思ってしまった。

単純に寂しいってことかな?(笑)

逆にいうと、万太郎たちだけ取り残されたわけで
これが今後の物語に影響を及ぼすことになるのかな?


そして、寿恵子&聡子―
上記した様にカッコイイから良し>ぉ

たださ、寿恵子の場合は逞しいの一言というか(笑)
悪くすると暗いドラマになってしまいそうなところ
あるいは、万太郎のワンマンぶりが目立ってしまい
寿恵子の苦労が強調されてしまうところ
明るく強く清々しい印象まで与える描かれ方で
とても良い。

聡子に関しては
キャラとして成長が伺えて好感度もマシマシなんだけど
先行きのフラグっぽくもあり
そう思うと、ちょっと悲しいなあ…

いや、「っぽくもあり」は不要か。
誕生日のプレゼントが家族で過ごすことであり
行き先が海…なんてさ
フラグ以外の何物でもないじゃん。

悲しいなあ…


悲しいと感じてしまうのは
悪役的扱いではあるとはいえ
​田邊教授​もまた魅力的な人物だからだよなあ。

「あなたが始めたんです」
という聡子の台詞にある通り
万太郎より先に田邊教授がいたんだよなあ。

あちこち手を出し過ぎたというか
この世の栄光というか権威を追い求め過ぎたのだよね。

プライドとか上昇志向とか色々あるだろうけど
そういう時代でもあったのじゃないかな。
そうでなければ地位を築くことができなかった。

万太郎は逆に何もなく
ただ植物に対する愛だけで前進してきたし
それは理想的と言えるし
結果的に成功するのだけれど
大学への出入りを許され、多くの資料の助けを得たのが大きかったわけで
それは教授のおかげだもんなあ。

教授としては、純粋に愛だけで突っ走れる万太郎が羨ましかったかもしれない。
教授はコミュ障と言ってしまったら酷かもしれないけど、近いものはあるよね。
でも、万太郎は人たらし(笑)

だから、植物採集旅行でお教授は今迄になく明るい笑顔で
生き生きとしていた。

今迄追い求めてきたものを全て失った後で
植物学が唯一残されたものだった…という以上のものだった。

万太郎と同じ状態になった…なれた…という感じ。

それが、まんまフラグにばっているから
とても悲しい。


万太郎と田邊教授の対比を、もっとじっくりと描いてほしかったなあ。
寿恵子も聡子も長屋の人々も良いんだけども
この2人にもっと重点を置くことはできなかったのかなあ。
見応えあった気がするけどなあ。

求め過ぎ?


たださ、史実によれば
牧野富太郎氏はリアル田邊教授である矢田部良吉氏を酷評しているらしい。
まさにこのキレンゲショウマの件で。

キレンゲショウマを提出したのはリアル山元虎鉄である吉永虎馬氏。
なのに彼の名前を矢田部氏は学名に加えなかった―
レンゲショウマに似た黄色い花ということでキレンゲショウマと呼んだわけだけど
全く違う科の植物だと判明した後もこの名前を変えようとしなかった―
日本語による学名にしたのも、世界で通じる言語ではないため好ましいことではない―
…等の理由によるらしい。

ドラマでは虎鉄がキレンゲショウマを送ったのは万太郎。
その前のヤッコソウの時に万太郎は彼の名前を学名に加えた。
日本語の学名については
「日本の植物学史上に残る宣言でした」
と肯定している。

そもそも、大学では英語を主に話し
国語・国字改良運動に取り組んでいたという教授が
学名を日本語で…というところが意味深いしな。

ドラマは田邊教授を魅力的に描くことをテーマの一つにしている?

皆が皆、実は良い人!
…というのは朝ドラにはよくある(つーか、主流)ことえ
今作もずっとその路線で行っているけど
単純に朝ドラ”お約束”に則っているのではなく
全ては田邊教授のためだったりして?>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


キレンゲショウマ


レンゲショウマ


われらの牧野富太郎!(いとうせいこう)


​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3978-fbf71ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説『らんまん』第100回

内容田邊(要潤)は、欧米の学者に頼らず、日本人自ら学名を与え発表すると、世界の植物学者に宣言した。一方で、同じ花を見つけた万太郎(神木隆之介)と田邊は研究。だが新種と確定するには果実の標本が必要だった。万太郎、田邊、それぞれに。。。。そしてついに田邊は“キレンゲショウマ”と名付けた植物を新種と認定。発表。奇しくも同じ植物を研究し、一歩及ばなかった万太郎だが、田邊を祝福する。敬称略作、長田育恵...

連続テレビ小説「らんまん」 (第100回・2023/8/18) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』 公式リンク:Website、NHK高知局応援ページ、東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報、X(旧Twitter)、Instagram 第100回/第20週『キレンゲショウマ』の感想。   ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない...

菊くらべ>『らんまん』第21週 «  | BLOG TOP |  » 風の通り道>『らんまん』第19週

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ブギウギ (8)
らんまん (26)
舞いあがれ! (19)
ちむどんどん (18)
カムカムエブリバディ (14)
おかえりモネ (9)
おちょやん (93)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (14)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (33)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (11)
MV&歌詞訳(その他) (28)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (73)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
鬼滅の刃 (2)
小説&マンガreview (5)
アニメ (12)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR