fc2ブログ
topimage

2024-02

笑わせる>『おちょやん』第75話 - 2021.03.19 Fri

​​​​​​​​​​​​​ひじゅにの希望通りの獄中死だったな。
でも、それほど惨めなものでもなかったのが残念…

​​↑こんな書き方すると「どんだけ~!?」と言われそう(笑)​​

…ひじゅにですが何か?



​「嫌なことも全部忘れさしたるさかい」​by千代



↑結局、これなんだと思う。
それが芝居。
現実世界もまた芝居。



外堀を埋められちゃった千代。
自分の内部からも押し寄せる「血縁」の呪い。
少なくとも表面上は「父親」らしくなりつつある相手。
「死」によって全ては浄化すると考える日本人ならでは(?)の圧力。

許さないわけにはいかない状況。
許したくても許せない心境。


昨日も書いた通り、ひじゅにはテルヲに憤っているわけではない。
でも、今迄の行動を簡単に許して和解してメデタシメデタシ!
…では、物語として薄いと思う。
だから、皆に疎まれながら惨めに孤独死する方がふさわしいと思う。
決して「ザマアミロ!」という気持ちではない(笑)

千代は許せる様になった方が気持ちはずっと軽くなるだろう。
でも、どうしても許せない!という思いがあるのも分かる気がする。
だから、安易に好意的になったら不自然。
ここは、その​葛藤​を描くべき。

…という考えなので
今日の結末は「賛」寄りの賛否両論って感じかな(笑)


テルヲは千代の芝居を観ることなく獄中で亡くなったけど
看取ってくれたわけではないけど、一応は傍に人がいたし(笑)
実質的には千代に許されたわけだから罪悪感も軽くなっていただろう。

杉咲花さんの演技は葛藤を深く表現していたと思う。
決してストレートに「許す」とは言わなかったし。


何となく良い話で纏まった感はあるけれど
これって、もしかして
死の間際の​テルヲの夢​かもしれず
見放した父の死を知った後の​千代の夢​かもしれない。

まあ、そうではないだろうけど(笑)
そう思わせる余地はあった。


「うちがあんたらを捨てたんや」
千代の視点で描かれた第一週での父娘の別れ。
あの時は、千代のこの叫びに愕然とした表情を見せたけど
それだけだった。

それが今日はテルヲ視点で、直後に号泣するテルヲが映る。

実際には…心は痛んだかもしれないけど
すぐにテルヲは日常に戻って行ったと思う。
栗子とお腹の子、そしてヨシヲとの暮らしに。
それを維持するために、千代の犠牲は仕方のないことだった…と。

でも、テルヲの夢の中では
あの時、心から悲しみ、後悔したのだということになっている。
結果的に栗子達との日常は壊れてしまい、その理由の大部分は恐らくテルヲ(笑)
なのに、千代を捨てたことによる苦悩がテルヲをそうさせたと言い訳に使っている。

現実に圧し潰される中で、それでも自分は父親として
娘を愛し続けてきたのだ…と塗り替えられている。

だから、夢の最後で
大人の千代と子供の千代が並んで
「お父ちゃん」と呼んで笑顔を向けてくれたのだ。
テルヲの望みが叶えられたのは、結局は夢の中でのこと。


これって
冷酷な現実を反映してもいる。
子供と大人の間を繋ぐもの
その間の千代の姿をテルヲは知らない。
知らないから、その間の千代は出て来ない。


許された夢をテルヲが見た様に
許した夢を千代が見る。

ずっと自分を苦しめてきた「小っちゃい小っちゃい石」を
テルヲに対し吐き出して
亡き母親の力も借りて
「許す」という言葉は出せないけれど「お父ちゃん」とは呼んで…

「わいの自慢の娘や」
と、テルヲに言わせる。

千代がずっと夢見ていた「家族」
理想化していた「親の愛」
それが、この一瞬だけ実現する。


でも、「血縁」という「小っちゃい小っちゃい石」は
以前より重くなった。


帰宅した時、近所の家族の姿を見てしまう千代。
父と母と娘と息子。
同じ構図。
明るく幸せそうな様子を目の当たりにする。

遠い夢ではなかったかもしれないのに
テルヲのせいで届かぬ夢になってしまった。
それは事実。


皆が千代のところに集まってくれた。
テルヲではなく千代のため。
死者のことを悪く言うことはないものの
誰もテルヲの死を惜しんではいない。

千代はまだ夢の続きを見ている。
最後にテルヲは父親らしいことをしてくれていた。
死後もまた自分を思ってくれている。


テルヲの言葉とは逆に役者を続ける決意をする千代。
つまりテルヲの意見に逆らうことになる。
これこそが現実なのだろう。

勿論、千代の芝居を観たがっていたテルヲは
既に役者人生を認めていると受け取れるわけだけど
それもまた夢かもしれない(笑)

テルヲに人生を左右された千代が
今は自分で自分の歩み方を選んでいる
…ってことの象徴かと。


そして、2人の夢は合わさって芝居になる。
そこには子供に「無償の愛」を注ぐ親がいる。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


あなたを笑わせるのが私の仕事です


Tシャツ


あなたの愛犬を笑わせる97の方法


​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3860-bab4390c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

笑わせる>『おちょやん』第75話

​​​​​​​​​​​​​ひじゅにの希望通りの獄中死だったな。でも、それほど惨めなものでもなかったのが残念…​​↑こんな書き方すると「どんだけ~!?」と言われそう(笑)​...

連続テレビ小説「おちょやん」 (第75回・2021/3/19) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第75回/第15週『うちは幸せになんで』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 警察署の接見室に訪れた千代(杉咲花)は、身内がいないと言い張るテルヲ(トータス松本)と面会を果たす。千代はテルヲに対して、...

連続テレビ小説『おちょやん』第75回

内容一平(成田凌)に背中を押され、千代(杉咲花)は、警察に居る父・テルヲ(トータス松本)に会いに行く。するとテルヲは、過去を謝罪し。。。。。敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さん前回だって、15分のうちの半分近くを占めたというのに。まだ。。。続きがあるんですか。。。。じゃなくても。個人的には、テルヲだけじゃなく。千代に対しても不快感を抱いていて。お涙頂戴な展開であったとしても、そこま...

お母ちゃんて呼んでみ>『おちょやん』第76話 «  | BLOG TOP |  » 石>『おちょやん』第74話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ブギウギ (21)
らんまん (26)
舞いあがれ! (19)
ちむどんどん (18)
カムカムエブリバディ (14)
おかえりモネ (9)
おちょやん (93)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (14)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (33)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (18)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (11)
MV&歌詞訳(その他) (28)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (73)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
鬼滅の刃 (2)
小説&マンガreview (5)
アニメ (19)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR