fc2ブログ
topimage

2024-02

前編終了?>『おちょやん』第65話 - 2021.03.05 Fri

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​コロナの影響がなかったなら
今回が前編の最終話になっていたのかな?

区切りが良いものね。
そして明日から正月休み―

…ひじゅにですが何か?



​​​「笑いと涙の隙間は紙一枚や」​by二代目天海天海



襲名と結婚
…だけでなく

一平にとっては
父親のトラウマ解消
新たな喜劇へのスタート
となり

千代にとっては
故郷を捨て、第二の故郷を追われ
それでも再び第二の故郷へと帰還
…になり

役者になりたいというだけの漠然とした夢が実現し
役者としてどう歩むべきかの土台ができ始めたところ
…になる

ちょうど良い区切り。


たださ…
浪花千栄子さんと二代目渋谷天外さんの結婚は破綻。
三代目渋谷天外は離婚のきっかけとなった女性の子供。
…という事実を考えると
千代&一平の結婚も喜んで良いのかどうか(^^;)

ドラマでは円満なままで終わらせるかもしれないし
そうであってほしいけれども。


まあ、区切りとなったところで
​​総括​(?)&これからの展開への​期待​

総括の方は、もうちょい芝居を押し出してくれても良かったな…ってところで
期待の方はね、もうちょい芝居を見せてほしいな…ってところ(笑)


ひじゅにとしては、このドラマを
「ヒロインが大女優になる物語」
とは捉えておらず
​​​「“大阪のお母ちゃん”と呼ばれるまでの物語」​​​
だと思っている。

だから
周辺の人々との関わりによる人情話が芝居そのものより優先されて描かれる
…ってのは、個人的好みから言うと逆なんだけど>ぉ
テーマには沿っていると受け止めている。
その人情話も、ちゃんと「お母ちゃん」に結び付く内容が主だから
しっかり描こうとの意図も感じる。

ただ、少~し分かり難いかな…と思う。


例えば、シズさん&延四郎さんのエピとか、みつえ&福助のエピとか
…これも個人的には好きな題材とは言えないけども>ぉ
テーマと千代の内面に関わって来る内容なので肯定的に捉えているんだけど
人によっては「無駄に入れて来たスピンオフ」でしかないみたいだし(笑)

千代の「お母ちゃん」ひいては「家族」への過剰な期待というか理想も
生い立ちを考えると興味深いし
自分が「お母ちゃん」と呼ばれる様になるまでの心境の変化も
描き方によっては、かなり面白くなりそうな気がしているんだけど
人によっては「根拠がないしキャラがブレている」と見えるらしいし(笑)


前面に出している人情話でもそうなのだから
ちょいと小出し気味の芝居に関しては尚更…って感じ。

一平が始めた「家庭劇」
モデルが松竹家庭劇だというのもあるから何となく想像はつく。
でも、もうちょいハッキリ示してくれても良いかな。

あ、勿論
千之助さんの初回と二回目公演でのアドリブの違いや皆の演技
そして今回の襲名披露でも一平の語りで
ハッキリ示しているとも言えるんだけどさ。

さらにもっと…って思っちゃうんだよね。

それに、千代の演技の様子や役者としての成長ぶり
面白く描いてほしいな…って思うし。

「お母ちゃんになる物語」とは言っても
芝居を通して…なのだろうから
芝居そのものもしっかり出した方が説得力あるしね。


「個人的には…」と書いた通り
このドラマには物凄くハマっているというわけではないけど
好感は抱いている。
だから好意的に受け止めようとはしているけど
それは決して脳内補完っちゅーヤツではなく、行間だと思っている。

杉咲花さんはかなり良い役者だと思うけど>まさに北島マヤ
演者が上手ければ良いドラマになるわけではない…というのも
朝ドラ(には限らないか)“お約束”。
逆に上手いからこそドラマや役柄の欠点が強調されてしまい
役者自身に嫌悪感を抱く様にもなりかねないからね。


後編は理屈をこねたりせず>一応「理屈」との自覚あり(笑)
視聴も感想も大いに楽しんで臨みたいと思いますので
よろしくお願いします!(殊勝)​



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


チャオズ


笑いと涙


親子雀


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3849-eb3a99ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前編終了?>『おちょやん』第65話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​コロナの影響がなかったなら今回が前編の最終話になっていたのかな?区切りが良いものね。そして明日から正月休み―…ひじゅにですが何...

連続テレビ小説「おちょやん」 (第65回・2021/3/5) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第65回/第13週『一人やあれへん』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 二代目天海天海の襲名公演をもって、芝居を辞める覚悟をする一平(成田凌)。今まで書き直してきた大切な台本を一冊ずつ燃やしていく。...

連続テレビ小説『おちょやん』第65回

内容ハナ(宮田圭子)から、初代天海(茂山宗彦)と幼い一平の話を、聞いた千代(杉咲花)は、そのことを一平(成田凌)に伝えた。敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さん凄いよね。“あんな家族”しかいないのに、“家族”を語る主人公。正直、ワケが分からないです。脇役の恋バナだとか、借金大王の騒動だとか。そういうのを、延々と描くくらいならば、なぜ、最低限の“家族”の描写をしなかったんだ?

兄弟喧嘩>『おちょやん』第66話 «  | BLOG TOP |  » 嘘臭い顔>『おちょやん』第64話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ブギウギ (21)
らんまん (26)
舞いあがれ! (19)
ちむどんどん (18)
カムカムエブリバディ (14)
おかえりモネ (9)
おちょやん (93)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (14)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (33)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (18)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (11)
MV&歌詞訳(その他) (28)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (73)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
鬼滅の刃 (2)
小説&マンガreview (5)
アニメ (19)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR