FC2ブログ
topimage

2021-04

煮詰まった珈琲>『おちょやん』第62話 - 2021.03.02 Tue

​​​​​​​​​​​​​​また​「お母さん」​ネタ!

いや、千代が「大阪のお母さん」になる物語
…と認識しているので
「お母さん」をテーマにしたエピソードが続くのは
当たり前だとは思うのだけど…

ここまで「お母さん」という存在を​盲信​しているとなると
家族に恵まれずに育つとはこういうことか…と
哀れでもあり怖くもあり…という感じ>スマソ

それほどまでに「お母さん」像に拘る千代が
自分自身が「お母さん」と呼ばれるに至るまで
どの様な心境の変化があるのかと
そこにちょっと興味が湧くな。

…ひじゅにですが何か?



​​「お前が天海天海の息子やからや」​by社長



↑「お母さん」だけでなく「お父さん」も関係
つまり「家族」ということで…

千代にとってのテルヲ
ヨシヲにとってのテルヲ
…も、そうだし

一平にとっての天海天海さんってのもあって

千代&一平は、これから「家族」になるわけで
ある意味、非常に朝ドラらしいテーマでもあるな(笑)
良くも悪くも…って感じ。



まあ、ともかくもこれで
まだまだイマイチな存在の一平を社長が起用した理由は
やはり父親@天海天海にあることがハッキリ説明された。

須賀廼家万太郎一座が大阪(全国?)喜劇界のTOPであることは
ドラマ初期から示されてきた。
天海天海一座が並ぶ存在になるかと期待されたものの
天海さんは若くして亡くなってしまった。
他にコレといった存在が出ていない以上
天海さんの血を引く一平に、社長が目を付けるのも必然。

一座は解散してしまったし、一平自身もパッとしないままだったし
今回の一座は懸けの様なものだったのだろうな。

​だから、寄せ集めみたいなメンバーだった…?

千之助さんのおかげで盛り上がったけれど
最初は以前のままの「笑い」で、万太郎一座に対抗しうる新しいものではなかった。
それが一平始め皆のおかげで「家庭劇」ができあがり、それなりに評判を得たので
次はやはり、襲名による宣伝なのだろうね。


それを一平が拒否し続けるのは
まずは父親がトラウマってのがあり、これはテーマに直結。
で、そのためにマザコンも拗らせているんじゃないかという疑いも。

同時に一平は喜劇人として父親の域には到底達していないから
(嫌っていたはずの女遊びはしっかり引き継いでいるのに^^;)
そのことのコンプレックスも大きいんじゃ…

今回のエピは、これらが解消されるまで…ってわけ?


しかし、こうしたことから“カフェ・キネマ”再登場に繋がるとは(笑)
まあ、こーいうのは、ちょっと楽しいよね。
みつえ&福助が少し絡むところも含め
ちょこっとメンドクサイところもないではないものの>ぉ
連続ドラマらしくて良いと思う。


一話完結のドラマって、それごとに中身がリセットされる場合が多い。
そうでないと主人公が「成長」してしまい、世界が少し変わってしまうからね。
朝ドラは一週ごとに一応の完結を見る作りが多いから
一話完結ドラマと同じパターンになりがちなのかな…と思う。
どんな波乱があっても、翌週は「なかったこと」にされている
例えば、某前作の様な…>また言ってしまった(笑)

でも、実際には朝ドラは半年続く連続ドラマ。
繋がっていなければオカシイ。
そういう意味では
過去を忘れず、思いがけないところで出してくる今作は
よく考えられている方じゃないかなと思う。


まあ、それはともかくも
千代の「お母さん」ひいては「家族」というものへの
​盲信​っちゅーか、​妄想​っちゅーか、​妄執​みたいなのが
どう展開されるのか、ちょいと興味深い。

まあ、全体的には人情話で纏めるだろうけど(笑)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

あんぽ柿


らっきょう


感謝の珈琲福袋


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3846-b4e07329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煮詰まった珈琲>『おちょやん』第62話

​​​​​​​​​​​​​​また​​「お母さん」​​ネタ!いや、千代が「大阪のお母さん」になる物語…と認識しているので「お母さん」をテーマにしたエピソードが続くのは当た...

連続テレビ小説「おちょやん」 (第62回・2021/3/2) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第62回/第13週『一人やあれへん』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、父親の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するよう言われた一平(成田凌)。周囲の期待をよそに断っ...

連続テレビ小説『おちょやん』第62回

内容ひとり暮らしをはじめた一平(成田凌)のもとを、千代(杉咲花)たち仲間が祝いに訪れていると、熊田(西川忠志)と大山社長(中村鴈治郎)がやって来る。一平に“二代目天海天海”襲名を命じる大山社長。仲間達は、大喜びするのだが、一平は断りを入れる。敬称略作、八津弘幸さん脚本協力、吉田真侑子さんきっと、“面白い”と思っていて。きっと、“コレが大阪”だと信じているのだろうけど。前回、感じた不安が。。。...

夕凪>『おちょやん』第63話 «  | BLOG TOP |  » 一人やあれへん>『おちょやん』第61話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR