FC2ブログ
topimage

2021-04

暗黒女子 - 2020.12.29 Tue

​​​​​​​​​​​​​​​​つまらなくはなかったんだけど…
ツッコミどころ満載というか…

でも、清水富美加は良かった。


☆★☆★☆★☆★☆★ネタバレあり★☆★☆★☆★☆★☆


​「思春期特有の思い込みの激しさったら」​by小百合


ミッション系お嬢様学校を舞台に
「太陽」と呼ばれるほどの美とカリスマ性溢れる女生徒
白石いつみの死をテーマに
文学サークルのメンバーがそれぞれ小説を書き朗読する。
いつみは自殺なのか他殺なのか…その真相は小説の中に?

…という様なお話。

「太陽」のいつみに対し「月」と呼ばれる、彼女の親友@小百合を司会者に
貧乏で密かにバイトをしている美礼。
お菓子作りが趣味のあかね。
ブルガリアからの留学生ディアナ
作家デビューした志夜
の四人がサロンに呼ばれ、まずは闇鍋を楽しむ。

…ってさ
「ごきげんよう」なんちゅーてるセレブなお嬢様が​闇鍋!?​​

まあ、後の展開に関わってくるからだろうけど
別にシチューか何かでも話は通じるし
おどろおどろしく描き過ぎで、ある意味ネタバレ(笑)


皆の小説が、それぞれ別の人物を犯人として示唆しているところが
最初は面白く感じたんだけど
最後はオカルト話になっていて、ちょっと不自然(^^;)

そもそも全て​作り話​だから…というのを強調してるのかな?
あまり効果的には思えないんだけど…
寧ろ、どれが本当なんだろうと観客を惑わせる方が楽しいんじゃ…


最後は、小百合によって、いつみ自身が書いたという小説が読まれ
真相が語られる。
それぞれが書いたものに出て来た、ちょっとした場面が
実はこうだったんだ…と種明かしするかの様に所々に登場する。
本来なら、ここは、ミステリーの醍醐味になるんだろうけど
逆にアザトイ印象>スマソ

それに、いつみの死のトリックが謎過ぎる(笑)
それとも、これは、映画だからハッキリした映像で示されたので
矛盾が目についちゃうだけで
原作では、いわゆる叙述トリックってヤツだったのかな?
原作は読んでないので知らんけど>ぉ


小百合が読んだものも、語ったことも
全てが作り話で、真相は闇の中…というのなら面白かったかも?
でも、あのラストシーンからすると“まんま”なんだろうなあ…


それと…
これは言ったら失礼だとは思うんだけれども…
幾ら言葉で説明しても、いつみに皆を魅了する様な
美もカリスマ性も感じられないのが困りもの>スマソ

玉城ティナが登場した時点で完敗じゃん(酷)

マンガに出て来る様な、浮世離れした絶世の美女なら
実は教師と関係を持っていた…という裏の顔が暴かれたら
それこそ驚愕するかもしれないけど
映画のいつみは、寧ろその方が合ってるというか…

つーか
教師と生徒の恋愛がご法度なら
千葉雄大の様な若いイケメンを採用するんじゃないって話で>ぇ
いつみの父親も、あれほど強固に反対するなら
留学の引率は危険性のない人選をしろよって感じで>ぉ

いつみの本当の顔は、こんなものではなく
狡猾で冷酷な悪女ってことなんだけど
そこも、あまりしっくり来なかったな。

そんなに頭良さそうにも見えなかったし>こらこら
皆の弱みを握るにしても>それを簡単に突き止められるのは凄いけど(笑)
ただ自分に侍らせておくだけでは、ああして裏切られるのも当たり前な気が…
簡単に写真に撮られちゃうのも自分が緩いからで…
​自業自得​でしょって感じで。

で、最後は、先生と駆け落ちして庶民的な生活に幸福を見出すわけで
小百合は彼女が堕落したとショックを受けたけど
いやいや「太陽」も悪女も周囲が作り上げた​幻影​
きっと、いつみは元々そんな平凡な女なんだよ…と思う。

だからこそのキャスティング?
それでもやはり、最初は幻影が幻影出ない様に見せるべきじゃ…


それにしても清水富美加は良かったな。

ルックス的には、いつみよりさらに地味で庶民的なんだけど
一応、彼女は「月」なわけだし
お嬢様言葉は一番板に付いていたな。

もっとも、志夜が悪態をついたり、美礼が性的なバイトをしていたりと
お嬢様という存在自体が嘘っぱちってことなのかもね。

清水富美加は皆とは逆に
中身がセレブで上品でいかがわしくて悪女で…と
本当の​お嬢様​を体現していた…と言えるかな?



『暗黒女子』2017年/日本
原作:秋吉理香子
監督:耶雲哉治
脚本:岡田麿里
音楽:山下宏明
主題歌 : Charisma.com『#hashdark』
出演:清水富美加(澄川小百合)
飯豊まりえ(白石いつみ)清野菜名(高岡志夜)平祐奈(二谷美礼)
玉城ティナ(ディアナ・デチェヴァ)小島梨里杏(小南あかね)
升毅(いつみの父親・学院経営者)千葉雄大(北条先生)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

ブルーレイ


スズラン


原作
​​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3797-bf3ac196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暗黒女子

​​​​​​​​​​​​​​​​つまらなくはなかったんだけど…ツッコミどころ満載というか…でも、清水富美加は良かった。☆★☆★☆★☆★☆★ネタバレあり★☆★☆★☆★☆★...

キム・ギドク、ラトビアに死す «  | BLOG TOP |  » おちょやん よいお年を!

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR