FC2ブログ
topimage

2021-04

クビ>『おちょやん』第9話 - 2020.12.10 Thu

​​​​​​​​昨日は「テルヲが心配」なんて書いちゃったけど
(これもトータス松本効果?>ぇ)

本当に心配なのはヨシヲなんだよな…
大人になってからの配役が発表されてないし。

きゃー
やめてやめて、その想像!

…ひじゅにですが何か?



​「人の世は笑えん喜劇と笑える悲劇の捩れ合いや」​by万太郎



千代は舞台に夢の世界を見たけれど
舞台裏はキツネとタヌキの化かし合い。

商売だし
競争だし…

意地もあるし
生活もあるし…

ごくごくごくごく一部だけど
そうした面を匂わせるところが面白い。



「親父が大嫌いで飲めへんかった牛乳もしこたま飲んだった」
そして今は、道頓堀に石を投げ込もうと奮闘している一平。
何か反抗の仕方がカワイイ。

「そやのに何で悲しいねん…」
憎いと思っていた父親を心の底では愛していた。
子供ってそういうものだよね。

「ほんまはあんたのこと、気ぃ揉んでたで」
一平の思いは虚しいものではなかったと教える千代。

千代の場合は、虚しいなんてもんじゃないよね。
自分の全てを否定された様なものだから。

千代と一平の間には、共通する部分と相反する部分が同居している。


『冬の小鳥』(ウニ・ルコント)は、監督自身の経験をもとに
親に捨てられた子供を描いている。
ずっと抱き続けていた父親の思い出は、それでも次第に薄れ
やがて顔も忘れ、背中のぬくもりだけが残る。

千代の脳裏に浮かぶ父親は笑顔でいる。
でも、すぐに背は向ける。
これって、ちょっと意味深かも。


一平は、逃げたかった芝居から逃げられない模様。
千代は、帰る場所がないのに唯一の縋る場所から追い出される。


最初に、一か月の様子見と言われていたから
こういう騒ぎが起こることは想定の範囲内だったけど
単なるドジ話じゃないところは想定の範囲外…かも?

家族の話を聞いて動揺している時に預かり
一平と遭遇し、自分の気持ちをぶつけ
一緒に石を皮に投げ込むことで、心の中の重いものも捨てた様に
ほんの一瞬だけ思えたかもしれない
そんな時を過ごした後で

「別れに悔い残してしまいはったんや」byシズ

今の自分と重なることを言われてしまう。
重なることを人にしてしまったことを告げられる。


幼い千代が慣れない仕事にドジをしまくるベタな話になるかと思ったら
いつしか上手くこなせる様になっていて>家でも働いていたものな
最初はあれほど厳しく怒った、かめさんが名残惜しく思う存在になっている。

「さいなら…ああ、ちゃう…ごめんやす」
言い方を直すところも今迄の“岡安”での日々を物語っている。

あまり時間が取れない状況で、話を端折る必要があったのだろうけど
短い描写で色々と語っているから違和感はないな。
重要なエピとどーでもいいエピのバランスがメチャクチャだった
某前作とはレベチ…あ、いやいや何でもありません!



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


道頓堀の雨に別れて以来なり


キセル


昭和のお父ちゃん
​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3783-35e9320e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クビ>『おちょやん』第9話

​​​​​​​​昨日は「テルヲが心配」なんて書いちゃったけど(これもトータス松本効果?>ぇ)本当に心配なのはヨシヲなんだよな…大人になってからの配役が発表されてないし。...

連続テレビ小説『おちょやん』第9回

内容大正5年暮れ、一平(中須翔真)の父・天海天海(茂山宗彦)が33歳で急死。鶴亀株式会社の大山鶴蔵(中村鴈治郎)により、葬儀が執り行われた。葬儀には、須賀廼家万太郎(板尾創路)が現れ、天海天海一座の須賀廼家千之助(星田英利)を挑発して帰っていく。一方で、小林(烏川耕一)から父テルヲ(トータス松本)の夜逃げを知らされ、千代(毎田暖乃)は動揺していた。そんななか天海一座の今後を巡って、騒動が勃発...

連続テレビ小説「おちょやん」 (第9回・2020/12/10) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第9回/第2週『道頓堀、ええとこや~』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 女優・高城百合子(井川遙)の美しさと情熱的な演技に、魅了された千代(毎田暖乃)は、手に入れた台本で、文字の勉強を少しずつ始め...

【おちょやん】第9回(第2週 木曜日) 感想

大山鶴蔵(中村鴈治郎)は、一平に二代目を継がせるよう一座の面々に伝える。一方、千代は隣近所だった小林と道頓堀で遭遇。父テルヲ(トータス松本)たち家族の…

あるあるor普通>『おちょやん』第10話 «  | BLOG TOP |  » 人形の家>『おちょやん』第8話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR