FC2ブログ
topimage

2021-04

オリエント急行殺人事件 - 2020.11.14 Sat

​​​​​​​​​ポアロの​杖​が大活躍(笑)


​​「私は殺人を認めない」​byポアロ



ケネス・ブラナーが監督を務めると聞いた時は楽しみに感じ
ケネス・ブラナーがポアロ役を演じると聞いた時は不安になった。

だって、イメージ違うし(笑)

いざ観てみたら、割と素直に入り込めた。
やはり、イメージは違うのだけれど。


舞台となるオリエント急行に乗り込む人々の姿から始まるところを
このブラナー版は、その前の出来事から描き始めている。
事件を解決するポアロを、ちょっとコミカルに。

ここで、ポアロの抜群の推理力と
ちょっと変わった(ちょっとどころではない?)キャラクターが
強く印象付けられる。

列車に乗り込む際も、ポアロと他の乗客が(全員ではないにしろ)絡むので
ポアロと共に各乗客のキャラも少し浮き上がってくる。

まあ、前半は、コミカル過ぎて周囲から浮いている感がなきにしもあらずだけど
今作でのポアロに親しみを感じやすくなっているので良いと思う。


雪で立ち往生している列車の中…という限られた舞台で
ほぼ会話劇なので
悪くすると、閉鎖的な雰囲気になってしまいそうなところを
俯瞰からの構図にしたり、話す相手の顔を窓ガラスを通して映したり
列車の屋根の上をポアロが歩いたり列車の外で尋問をしたり
また、ちょっとしたアクションシーンも入れたりして
工夫しているな、と思う。


ポアロが真相を語るシーンでは、トンネルのアーチ型の屋根を利用して
トンネル内の闇と明るい雪景色とに画面を分けて
美しさと共に舞台劇を思わせる外連味みたいのも感じさせる。


ただ、ミステリーのドキドキ感はなかったし、全体に平坦ではあったかな…
単純に犯人を知っているから…かもしれないけど(笑)
でも、既に有名過ぎる作品なので、知っている人の方が多いと思われるので
ここはもうちょい何かが欲しかった気がする>求め過ぎ?


で、そのラストをどう描くかが、やはり一番興味があった。

原作を読んだ時は、犯人の設定がとても面白いと思った。
最初の映画(アルバート・フィニー主演)を観た時は、クラシカルな雰囲気を楽しんだ。
TVドラマ(デヴィッド・スーシェ主演)を観た時は、ラストの解釈に感動した。

このTVドラマのラストは素晴らしいと思った。
あの決断を下すまでと下した後のポアロの苦悩を強調していたから。


今作は、あそこまでハッキリとではないけれど
ポアロは​苦渋の決断​をしたのだな…というのは伝わって来る。

一度は命を投げ出そうともしたし。
決断した後のシーンでは、すぐに彼が姿を見せなかったので
少しばかりハラハラしたし。


ああ、それから
ラチェットは見るからに不快というか邪悪な雰囲気を醸し出している人なわけで
ポアロが彼の依頼を「顔が嫌い」という理由で断ることでそれを示しているけど
ラチェットを演じる人によっては「はあ?」と首をかしげてしまうところを
ジョニー・デップは上手く役作りをしていると思う。

一個のケーキをジョニーとポアロで食べるところは
フード理論が当て嵌まるんじゃないかと思うけど
キチンと説明できるほど理解してはいないので省略>ぉぃ


ポアロの​杖​だけど
冒頭の別の事件では面白い働きをし(笑)
列車内ではドアの鍵を壊すのに重宝し
そひて、ラストでは
列車を降りるまで、杖を突き突き歩いていたのが
次の事件に向かって行くことになり、杖を軽く振り回しながら歩く
…という風に、ポアロの心境を表す小道具になっている。



『Murder on the Orient Express』(2017年 /アメリカ)
監督:ケネス・ブラナー
脚本:マイケル・グリーン
原作:アガサ・クリスティ
出演:ケネス・ブラナー(ポアロ)ジョニー・デップ(ラチェット)
ミシェル・ファイファー(ハバード夫人)デイジー・リドリー(デブナム)
ジュディ・デンチ(公爵夫人)ペネロペ・クルス(エストラバドス)
ウィレム・デフォー(ハードマン)ジョシュ・ギャッド(マックイーン)
デレク・ジャコビ(ラチェットの執事)レスリー・オドム(アーバスノット)他



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ブルーレイ


三谷幸喜版(主演:野村萬斎)ブルーレイBOX


原作

​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3762-65901f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オリエント急行殺人事件

​​​​​​​​​ポアロの​杖​が大活躍(笑)​​「私は殺人を認めない」​​byポアロケネス・ブラナーが監督を務めると聞いた時は楽しみに感じケネス・ブラナーがポアロ役を演じ...

恋のメロディ>『エール』第111話 «  | BLOG TOP |  » 高原列車は行く>『エール』第110話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR