FC2ブログ
topimage

2020-07

研究生>『エール』第65話 - 2020.06.26 Fri

​​ラストの古山家に向かう男性の後ろ姿に

岡島@徳永ゆうきさんか!?

…と
一瞬、期待してしまったじゃないか(笑)

…ひじゅにですが何か?



「自分の姿、鏡で見てみなよ」by熊次郎



↑スター御手洗を罵る寅田熊次郎。

父親が帝国ラジオ会長だというので、お坊ちゃまかと思ったら
口も態度も悪い(^^;)

演じる坪根悠仁さんは、これがドラマデビューと聞いたけど
​憎まれ役でスタートとは…根性あるなあ(笑)​


アホひじゅになので、この台詞を聞いてすぐ
「えっ、御手洗さんだって十分イケメンじゃん」
と思ってしまったけど

きっと…
御手洗さんが、見るからに、いわゆる
オネエっぽいことを差しているんだろうね

戦争も近い時代
特にこういう点には厳しいっちゅーか
偏見が強かっただろうからな。

久志は研究生になれたのに、御手洗さんは…なのは
こういう理由もあるのだろうな。

ちょっと切ない。


ちゅーことで、予定調和で>ぇ
​選ばれたのはやはり、熊次郎さんだった。

父親のおかげ…が90%
イケメンだから…が10%
歌唱力は置いといて…って感じ?>ぉ

何とまだ18歳。
現代だったら文句なし…つーか
ダントツ!で合格かもね。

そういう意味では早く生まれ過ぎた?


プリンス&スターが抗議に乗り込んだのは
ちょっと痛いけど

何せ、今日は金曜日
何とか顛末を纏めないとね。

乗り込んだおかげで
熊次郎さんが選ばれた理由も
人間性も
廿日市さんの本音も
久志が研究生に…という話も
久志&御手洗の友情も
サクサクと描かれる。


昨日、廿日市さんが皆とは違う人を強く推していた様子だったから
それが久志なのだろうな…ってことも想像はできたけど>何せモデルは伊藤久男
そこをどう描くのかな、と思っていた。

研究生ってことで
望みどおりに即、華々しくデビュー!ってわけでもないし
鞄持ちその他、地味な立場&仕事だし
久志のプライドに障ることばかり。

「私が受かったら、鞄持ちさせてあげるわ」by御手洗
昨日、御手洗さんに言われたことがまんま実現。
しかも、相手はアレだし>ぉ

「おめえは逃げなかったんだな」by鉄男
そこに、子供時代から逃げ足が超早かったことが結び付けられて
逃げずに立ち向かう決意をした今の久志の成長を描いている。

「ちょっと顔がいいからってな、偉そうに」
この間、後輩に対しても同じことを言っていたけど
少し前の久志自身がそういう立ち位置だったわけで>実力も伴ってはいるけど
この繰り返しにも、彼の考え方が変化していることが匂わされているしね。


「人の痛みが理解できないやつに 歌を歌う資格があんのか?」
御手洗さんへの罵倒を怒って、こう言ったところには
ライバルである御手洗さんとの間に友情が芽生えていることが示唆している。


同時に、傲慢な熊次郎さんへの非難でもあるけど
この時点では、熊次郎さんには全く通じていない(笑)

「今度会う時までに、うちの作家の名前と曲名全部言えるように勉強しといて」
まだ表面上は優しい調子で熊次郎さんを諫める廿日市さん。
「お前さ、あんまり舐めてると痛い目遭うぞ
言っとくが、俺はまだ1ミリもお前を認めちゃいない
上が気に入ってるのはお前の歌じゃなくて看板だから
努力しないで売れなかったら即契約解除な、覚えとけ」
最後は、ここまでストレートに言っちゃう廿日市さん。

今迄はコメディリリーフって感じだったし
裕一に対しては悪役っぽい描かれ方もしていたけど
やっぱさー、プロデューサーとしては見る目もあるし芯が通っているんだよな。
彼のそういうところを、ちゃんと描いてくれたのは良かった。

同時に、言いたい放題だった熊次郎さんを凹ませて
カタルシスももたらしている。


プリンス&スターのデュエットも聞くことができたし
ここで終わっても良かったんだけど
やはり主人公は裕一&音だから、2人にスポットライトが戻り
新たなネタが投下されたところで終わったのは、連続ドラマとして正解。

ちょっと気になっていた、音の音楽への復帰も語られたし。

来週から放送休止になるわけだけど
それに備えた纏り方だったと思う。


あ、ちょっとだけ気になったこと。

プリンス&スターのデュエットは楽しかったし
それが酒場での流しと言う形なのも
久志がそうしたのが前振りになっていて纏りがあるし
鉄男がギターを弾いていたところも良かった。

でも、肝心の主役@裕一は傍にいるだけ…ってのがなあ。
彼も加わってこそ、福島三羽烏が強調されるのに。
せめてハーモニカでも吹かせれば…と思うけど
そこまで求めるのは酷?

それと

「一番歌の上手い奴は帝国に声掛けられて辞退しやがるし」by廿日市
​​誰なのか気になる。​
ももももしや、殿さまキングス?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


伊藤久男全曲集


(旨みが)逃げない


鼻ぽん


​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3627-ce8c4b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

研究生>『エール』第65話

​​ラストの古山家に向かう男性の後ろ姿に岡島@徳永ゆうきさんか!?…と一瞬、期待してしまったじゃないか(笑)…ひじゅにですが何か?「自分の姿、鏡で見てみなよ」by熊次郎↑スタ...

連続テレビ小説「エール」 (第65回・2020/6/26) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第13週『スター発掘オーディション!』の 第65回の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 久志(山崎育三郎)や御手洗先生(古川雄大)がスターを目指して全力で挑戦した「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディション...

【エール】第65回(第13週 金曜日) 感想

…オーディションの翌日、さっそく新聞でオーディションの合格者が発表される。ところが、発表の内容について、コロンブスレコードで久志(山崎育三郎)や御手洗(古…

連続テレビ小説『エール』第65回

内容久志(山崎育三郎)御手洗(古川雄大)が応募したオーディションは終了。そして、結果発表の日。配達されてきた新聞を見た裕一(窪田正孝)音(二階堂ふみ)は。。。。その直後、姿を消す久志、御手洗。心配した裕一が、コロンブスレコードへと向かったところ、猛抗議する2人がいた。だが、当然。。。。。すると廿日市(古田新太)が、久志に。。。敬称略作、嶋田うれ葉さん原案、林宏司さん今週のメインである、久志と...

再放送>『エール』第1話 «  | BLOG TOP |  » オーディション>『エール』第64話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (14)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (57)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (79)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR