FC2ブログ
topimage

2020-08

福島は今>『エール』第52話 - 2020.06.09 Tue

​​​華ちゃんったら
ひとり騒ぐ父@裕一に対し

昨日はウザそうな目をしていたし
今日は眉間に皺を寄せていたし

何という芸達者(笑)

…ひじゅにですが何か?



「づぐだれだったの?」by生徒



裕一が作曲した小学校校歌のお披露目会―

思ったより小規模だったな>こらこら

子供達の合唱。
藤堂先生による裕一紹介と
藤堂先生の言葉を紹介して挨拶する裕一
…の図ぅは、なかなか良かった。

藤堂先生が裕一のことだけでなく
鉄男や久志のことも気に掛けているところも。


たださ…
藤堂先生は教師を辞めて実家に帰る、とか言っていたよね?
親の気持ちを考える様になったからと。

今回、校歌を依頼してきたことや
こうして福島で子供達と共に裕一を歓迎してくれたことで
そこのところの説明がなされるのかな…と思っていたけど
無かったな(^^;)

裕一の姿に励まされて教師を続けたってこと?


そんな先生の事情は語られなかったけど
他の人々のその後の変化はしっかりと台詞で説明。


​*“喜多一”は倒産…じゃなくって、店仕舞い。​

まあ、これは想定の範囲内…つーか寧ろ
当然の結果。
店は無くなっても同じ家で何とか暮らしている様子だから
思っていたよりは良い状態みたい

「それ…僕のせいだよね」
他に何があると?>こらこらこら

裕一を養子にするという条件で融資してもらっていたのだから
その裕一が逃亡してしまった後は………だよね。
そして浩二の肩に苦労のほとんどが覆い被さったであろうことも
十分に想像できたはず。

裕一は家族を捨てるつもりでいたけど
父さんは「ずっと味方だ」と言ってくれたわけだから
『船頭可愛や』が売れた時点で実家に仕送りするか
せめて少しでも気に掛ける様子が描かれていれば良かったのにな…


*浩二は役場の農業推進係で働いているとか。

その情報が台詞で説明されただけで、本人の登場は今日は無し。
無しってことは、やはり
浩二の中の鬱屈はまだ解消されてはおらず
裕一がやって来て、騒ぎに発展するという算段ね。

裕一が上京して数年(だよね?)
この日が来るのをず~~~っと待っていたのね、浩二>ぉ


*茂兵衛さんは陶芸を始めたらしい。

   ちょいと話は逸れるけど
   鯛が出てきたところで『ごちそうさん』を
   酒を飲む父さんを心配そうに見守る母さんに『カーネーション』を
   そして、この陶芸に『スカーレット』を思い出してしまった。
   オマージュが多いのも朝ドラ“お約束”?

で、茂兵衛さんに話は戻るけど(笑)
陶芸という趣味ができた=暇ができた
映像では一人で楽しんでいる
   ↓
事業を縮小した、もしくは全て手放して引退
奥さんは無くなったのかもしれないし
もしかしたら、お祖母様もまた…?

何だか寂しいなあ。
​精神的には自由になったかもしれないけど。​

で、それで
跡取りも何も関係なくなったから、裕一のことは不問
…というオチ?


*“川俣銀行”も人手に渡り、当時のメンバーは全員辞職

昌子さんは藤堂夫人。
青いケープを羽織っていたね。
吟は赤いケープをよく着ていたし…当時の流行り?

男性陣は信用組合に勤めているらしい。
落合さんは部長。
鈴木さんは離婚。

↑必ずオチを付けたがるな(^^;)


主人公が里帰りし、懐かしい面々が揃う…というのも“お約束”
状況は当然、それなりに代わっていることが台詞で説明されるけど
人々の様子にはまるで変化なし…という作品も少なくない中
今作は皆、微妙に老けているところが、さすがと思う。


そして

立った!
​​父さんにフラグが立った!​

ひじゅにのイイカゲンな予想の一つが当たったじゃん。

…なんて喜んでいたら明日、大したことなかった!
ってオチになることも有り得る?(笑)

浩二の件も茂兵衛さんの件も当たりそうだなあ…

…って
皆が簡単に思い浮かべられるベタな展開
ってことだよね
だから、全く予想外の話になってほしいのが本音。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


おくるみ兎





私のカップをつくろう


​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3614-66563a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福島は今>『エール』第52話

​​​華ちゃんったらひとり騒ぐ父@裕一に対し昨日はウザそうな目をしていたし今日は眉間に皺を寄せていたし何という芸達者(笑)…ひじゅにですが何か?「づぐだれだったの?」by生徒...

連続テレビ小説「エール」 (第52回・2020/6/9) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第11週『家族のうた』の 『第52回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 藤堂先生(森山直太朗)から校歌完成披露会の誘いを受けて、裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)と華を連れて、久しぶりに福島に帰ってくる。...

【エール】第52回(第11週 火曜日) 感想

…久しぶりに福島に帰ってくる。子どもたちが元気に校歌を歌う姿を見て、裕一は作曲のお願いを引き受けてよかったと喜び、藤堂先生に得意なものを教えてもらった…

連続テレビ小説『エール』第52回

内容藤堂(森山直太朗)に誘われ、裕一(窪田正孝)は、作曲した小学校の校歌のお披露目会へ出席するため、音(二階堂ふみ)と娘を連れて、福島へと帰ってきた。藤堂だけで無く、思わず昌子(堀内敬子)と再会した裕一は、お披露目会の後、実家へと向かうのだった。父・三郎(唐沢寿明)母・まさ(菊池桃子)と再会。半年ほど前に、店を閉めたと聞かされる。敬称略作、嶋田うれ葉さん原案、林宏司さんえっ!アバンで。。。戻...

父と息子>『エール』第53話 «  | BLOG TOP |  » 家族のうた>『エール』第51話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (102)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR