FC2ブログ
topimage

2020-09

雷おこし>『エール』第28話 - 2020.05.06 Wed

​​​光子@薬師丸ひろ子の頬に雷おこしの欠片が跳んだのは
映画『セーラー服と機関銃』(相米慎二監督)で
ビンか名にかの欠片が薬師丸さんの頬のあたりに跳んだことへの
オマージュでせうか?

↑こんな無理くりな解釈を「こじつけ」と言う?(笑)

…ひじゅにですが何か?



「あの時、出逢ってたんだ」by裕一



↑片方は気付くけど片方は忘れていた『ゲゲゲの女房』みたいに
曖昧なまま…で終わらすのかと思っていた。

いや、否定しているわけじゃなくてさ。
「運命」かもしれない、という部分を
本人達が敢えて確認し合わない…という方向で行くかと
勝手に思っていただけ。

でも、今の裕一&音の状況では寧ろ確認した方が良いのだろう。

確信がないまま音が突っ走ったら
やはり、キャラ的にイマイチ…な印象になってしまいそうだし
主体性のない裕一を応援しようという気にもならないかもしれないから。


ちゅーことで
今や、2人を繋ぐのは父@三郎の手紙のみ

確かに、今のところ、そうできるのは三郎しかいない。
つーか
彼が動かなかったら、ここで話は終わってしまう(笑)

でもさ、元凶は三郎だよね。
音楽の道を突き進む様にと励ましておいて
養子に差し出さなければならない状況に追い込んだのも三郎。
その状況が全く変わっていないのに
音楽も結婚もただ応援するばかりで、何も解決しようとしないのも三郎。

だからって、自分のことなのに自分では何もしない裕一もナンダカナ…だけどね。

そこで音が突破口を開く!
ってことなのかもしれないけど
つーか
もはや、それしか話を動かす術がないのかもしれないけど(笑)

三郎が無責任な引っ掻き回し役なのも
裕一が誰かにお膳立てしてもらわないと何もできないってのも
何も変わらない。

下手したら
音=お節介でKYで図々しく暴走する朝ドラ・ダメヒロインの典型
…という、よろしくないイメージが固定されてしまう危険性も(^^;)

それが、彼らのキャラで
そのキャラを上手く描いている
…と言えば言えるかもしれないけど

面白いか、それ?


ともかくも、行動開始する音。

“喜多一”へ行き
「息子をたぶらかす怪しい女と思われてる」
と、三郎に言われ

“川俣銀行”へ行き
「バスの運転手は教会の方さ歩いていったと言っていました」
と、松坂さんにサスペンスドラマの間抜けな警察官の様なことを言われ>ぇ

“川俣教会”で「運命」を確信


裕一の方はすっかり無気力。
「仕事」と言いながら、銀行ではなく教会に行き黄昏る。

出かける時に浩二が追いかけて来たのは、やはり
言い過ぎたと罪悪感を抱いているからだろう。

とはいえ
「これが家族にとって一番幸せなことなんだ」
とダメ押ししてはいるけど(笑)


裕一の方は権藤家が勧める縁談が進行中と聞きながら
諦めず行動し続ける音。

姉@吟の見合いの席で>裕一の縁談との対比?
レコード会社への売り込みを思い付く。

全滅して、さすがの音も諦めかけた時に
雷おこしで励ます光子。

素直に笑うべきところなのだろうけど
口元のアップは『梅ちゃん先生』や『まれ』を観た人には
地雷ですぜ~!(^^;)


結局のところ、志村けんのおかげで道は開かれる模様。

ずっと志村さんの演技を観たかったな。
でも、朝ドラ自体が6月末には観られなくなる可能性大なんだよな。
ナンダカナ…な世界になってしまったな(^^;)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


雷おこし


『売り込み大作戦 作詞作曲でめしをくうには』


オルガン


​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3587-7e22648c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雷おこし>『エール』第28話

​​​光子@薬師丸ひろ子の頬に雷おこしの欠片が跳んだのは映画『セーラー服と機関銃』(相米慎二監督)でビンか名にかの欠片が薬師丸さんの頬のあたりに跳んだことへのオマージュ...

連続テレビ小説「エール」 (第28回・2020/5/6) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第6週『ふたりの決意』の 『第28回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 音楽学校受験のために東京にいる音(二階堂ふみ)のために、光子(薬師丸ひろ子)が届けてくれた、裕一(窪田正孝)の留学について伝える三郎...

連続テレビ小説『エール』第28回

内容藤堂と相談し、世界的な作曲家になる決意を固めた裕一(窪田正孝)は、音(二階堂ふみ)と別れ、留学することを決意をした。だが、直後から、作曲が出来なくなってしまう裕一。そのうえ、世界的な不況などから留学の話が無くなってしまい。。。。三郎(唐沢寿明)は、事情を書いた手紙を関内家に送る。突然、現れた光子(薬師丸ひろ子)から裕一の手紙を受け取った音は、いても立ってもいられず。。。福島へと向かう。川...

【エール】第28回(第6週 水曜日) 感想

…いてもたってもいられず福島に向かう。裕一を探しまわって、川俣銀行の同僚に教えてもらった教会を訪れた音は、幼い頃に父に連れてこられて飛び入りで歌った日の…

自分の人生>『エール』第29話 «  | BLOG TOP |  » 二者択一>『エール』第27話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (10)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (68)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (3)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (139)
ドラマ2 (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR