FC2ブログ
topimage

2020-08

竹取物語>『エール』第17話 - 2020.04.21 Tue

​​さすが裕一!
いざ曲を生み出せば、すぐに認められる

それまでが長かったけど(笑)

本人が望む前から周囲が裕一に何が最善かを理解し
本人にその気が起きる前から背中を押しまくり
本人が何も思いつけないとなると会議まで開いてくれる

至れり尽くせりだな(笑)

思えばハーモニカ倶楽部の時も
先輩の暴言でスランプに陥り
友人の助言で復活していた

才能はあるけど打たれ弱くて主体性なし
でも、お膳立てしてくれれば実力を発揮する
だから女性問題の先端を行く気丈な音とベストな組み合わせ!

…成程、こういう物語なのね>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「結婚したとしても 私は一緒に歩きたい」by音



↑某前作もそんなこと言って結婚したけど
一般的な意味では、その通りにはならなかった。

寧ろ
「幸せ捨てても夢を取る」by音
を実現した口。

朝ドラ・ヒロインって大抵こう↑言うけど
結果的に両方手に入れる。
どちらかといえば、結婚の方に重きが置かれる。

個人的にはストイックに夢に挑み続けるってのも好みなんだけど
視聴者層を考えても逆の方がウケが良いんだろう。
両方叶えてしまえばメデタシメデタシ!

音は
あっという間に結婚しちゃった上
夢もしっかり叶えた人がモデルだから
(どこまで実話通りにするか知らないけど)
極めて朝ドラらしい
だから、典型的朝ドラ・ヒロイン像を踏襲するのも
ムベなるかな…なのかもね(笑)


ちゅーことで


“川俣銀行”メンバーと鉄男がタッグを組んで
裕一にコンクール応募させることに成功。

それでイキナリ「水を得た魚」状態にはならず
寧ろ「降りてこない」ことに悩む。

降りて来たのは川俣銀行”メンバー&鉄男の方で
皆のお膳立ての上に、ようやく閃いたのが『竹取物語』


本人は、これを音楽との決別と考えているみたいだけど
まあ、それは当然だよね。
実家を救うために養子になろうとしているのだから。

勿論、養子になり実業家の道を歩むことになったって
趣味として音楽を続けることはできるだろうし
却ってそれが世間の注目を浴びる結果にもなるかもしれない。
   
   ↑現代的な考え?

でもまあ、それは、純粋さとか若さゆえの真っ直ぐさ…と
解釈できる。

いや、学生時代も、音楽に夢中で勉強が疎かだったくらいだから
両立できる様な器用さはないってのが真相かもしれないけど(^^;)


とはいえ、これまでの話の流れからすると
裕一本人の考えなど無意味(酷)
だって、どの方向に進むか、全ては周囲が決めてくれるんだもん。


『竹取物語』は見事入賞。
となれば本人もその気になるのだろうな。

​​後は音との出逢い。​

かぐや姫を音が演じたことからして
この2人の組み合わせは運命?

いやいや、裕一のモデルとなった古関裕而さんが
『竹取物語』を作曲しコンクールで入賞したのは史実で
音の学芸会は、それに合わせたドラマ的工夫だから>それを言っちゃあオシマイ?

その後は音が背中を押したり
自分が先に立って引っ張ったりしてくれるだろう。
​それも強力に。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


竹取物語


竹取物語


竹取物語


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3573-604f9134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

竹取物語>『エール』第17話

​​さすが裕一!いざ曲を生み出せば、すぐに認められるそれまでが長かったけど(笑)本人が望む前から周囲が裕一に何が最善かを理解し本人にその気が起きる前から背中を押しまくり本...

連続テレビ小説「エール」 (第17回・2020/4/21) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第4週『君はるか』の 『第16回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 幼なじみの鉄男(中村蒼)が教えてくれた「国際作曲コンクール」。銀行仲間の励ましもあり、裕一(窪田正孝)はコンクールに向けて交響曲の作曲に...

連続テレビ小説『エール』第17回

内容ある日、音(二階堂ふみ)は、姉・吟(松井玲奈)から“見合い”を命じられる。相手は、野島夏彦(坂口涼太郎)吟が、その兄・春彦(長田成哉)に近づきたいため。。。だという。信じられないことだったが、その見合いの席で、音は、熱弁を振るう夏彦につかみかかり。。。。当然、帰宅した吟は、怒りを母・光子(薬師丸ひろ子)に伝える。すると光子は安隆(光石研)との出会いを語りはじめる。同じだと。そんな関内家に...

【エール】第17回(第4週 火曜日) 感想

…音楽から離れていた2年のブランクは予想していたよりも長く、まったく曲を書けずに苦悩する日々が続いていた。一方、豊橋ではのちに裕一の運命の人になる音(二階…

若き日の翻弄は、やがて糧に。コミカル演出が、お約束?!(エール)

気のせいでしょうか、前作「スカーレット」もそうだったけれど、なぜか、前作も本作も、父親が原因。家の事情で、思いもよらぬ場所に。そして、それは、ちょっとした修業の場?!(「スカーレット」では、大阪での奉公先は、荒木荘編で、これは、なかなかの好評でしたね。その関係もあったの… かな?)恋もすれば、失恋もして、回り道な経験は、やがて、その後の糧に。主人公、喜美子(戸田恵梨香)、裕一(窪田正孝)も、...

ファンレター>『エール』第18話 «  | BLOG TOP |  » 君はるか>『エール』第16話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (102)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR