FC2ブログ
topimage

2020-07

初めての作曲>『エール』第4話 - 2020.04.02 Thu

​​​​朝ドラと大河ドラマの撮影を休止するとの発表

まあ、当然っちゃー当然だよね
まさに濃厚接触だし

もう誰も志村けんさんの様な悲しい結果にならないでほしい

自然の中を散歩したり自転車で走ったりする
旅番組でさえ心配だもの

ただ…

再開できないまま、収録分も使い果たし
放送そのものが休止になる日が来るかもしれず
そうしたら“日常”を守る最後の砦が失われてしまうなあ…

胸が苦しい

…ひじゅにですが何か?



「川俣、いい!」by裕一



新学期。
担任に藤堂先生。
クラスメートに久志。

裕一にとって良い状況になってきた。

いじめっ子の太郎&史郎も同じクラス
…というのは暗雲だけど
彼らは乃木大将の子分に過ぎないものな。


何と、藤堂先生から出された最初の課題は
北原白秋の詩に曲をつけること。

なかなか高度だな。


早速、久志と会話シーン。
それも外での撮影だから明るさや解放感が加わって
裕一のこれからの日々が、より開けていく印象。

「お父さん、カッコイイね」
上目線な話し方をすると思っていたのに
自然に人を、それも目の前の相手ではなくその親を素直に褒めることができるとは
良い子だ、久志。

この間、いじめっ子達に父親を馬鹿にされて怒った裕一の図ぅ
と好対照。
つーか、回収?

「できるよ、きっと」
裕一自身をも励ましてくれる、GJな久志。


音楽の美しさに目覚め
音楽に励まされる経験もした裕一だから
​次は自分の中から音楽を生み出す番。


でも、その前に、もう一段階。
母親に連れられ、川俣の母親実家に行くことに。

伯父さん@茂兵衛は苦手だけど
お祖父ちゃんお祖母ちゃんは優しくて大好き。
洋服姿になった母親は綺麗。
映画は楽しく、飴は美味しい。
そして、聖歌隊。

「運命の出逢いでした」
その真ん中で歌う同じ年頃の可愛い少女。

裕一にとって幸福感に包まれた川俣の街


でも、その裏では養子の話。

父親の反応といい
茂兵衛はイカニモ取っ付きにくい
悪い人ではないだろうけど悪役っぽい
描かれ方をしてきた。

運動会を見に来てくれたのも
ああ見えて甥を可愛がってくれてるのかな?
いや、でも、何か裏がありそうな気もするな
…って感じだったわけだけど

成程、そういうことね(^^;)

もっとも、この時代には珍しいことではなかったんだろうな。
跡取りの存在が重要視されていたんだものね。

とはいえ
​​親にとっても子供にとってもつらい決断だよな…​


それでもさ
茂兵衛の強引な申し出ではなく
茂兵衛自身が親と妻との板挟みになっているというのがね。

子供を産めない嫁は追い出される…というのも
この時代、よくあることだったのだろうな。

茂兵衛ったら、寧ろ優しいじゃん。


帰宅すると、父親は裕一に作曲入門の本と五線譜を買っておいてくれた。
裕一にとっての幸福感は続く。

でも、そんな父と兄の様子に寂しそうな表情の浩二。

裕一にとっては、弟にかかりっきりの母親には甘えられない
…という寂しさがあるけど
(今日の川俣行きで幾分か解消されたとは思うけど)

浩二には父親と兄の仲の良さが羨ましいのかな?
「夢中になれるもの」が見つかりつつある兄が羨ましい…というのもある?


裕一の誕生祝いはレジスター。
浩二は蓄音機。
でも、兄弟が進む道は逆になりそう。

何だかちょっと
ゴッホと弟のテオみたいな関係になるのかな?
…と思ってしまった。


ラストは、黒板に曲を書いた裕一の図ぅ。

この手の物語では最初の大きな見せ場。
まさにカタルシス。

だけど、既に影の部分も見えてきていて
これからの展開に興味が湧く。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


五線譜ブローチ


キャンディミニ


スノードーム オルゴール

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3559-316c8696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めての作曲>『エール』第4話

​​​​朝ドラと大河ドラマの撮影を休止するとの発表まあ、当然っちゃー当然だよねまさに濃厚接触だしもう誰も志村けんさんの様な悲しい結果にならないでほしい自然の中を散歩した...

連続テレビ小説「エール」 (第4回・2020/4/2) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第1週『初めてのエール』の 『第4回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 裕一(石田星空)は小学5年生になり、音楽教育に力を入れる藤堂先生(森山直太朗)が担任になる。ある日、藤堂先生が北原白秋の詩に曲をつけ...

【エール】第4回(第1週 木曜日) 感想

…普段から西洋音楽を聴いている裕一ならきっと作曲できると言う。裕一は母・まさ(菊池桃子)と、川俣にある母の実家を訪ねる。祖父の権藤源蔵(森山周一郎)と祖…

連続テレビ小説『エール』第4回

内容5年生になり、クラス替えで藤堂(森山直太朗)が担任となり、憂鬱だった学校生活も、少しだけ楽しくなった裕一(石田星空)が、お金持ちの佐藤久志(山口太幹)だけでなく、天敵の村野鉄男(込江大牙)まで。。。。クラスメートに。。。そんなある日、北原白秋の詩に曲を付けるという宿題が、藤堂先生から出される。久志は、裕一なら出来ると言ってくれる。そんななか、母・まさ(菊池桃子)から、川俣の実家に。。。と...

楽譜と古今和歌集>『エール』第5話 «  | BLOG TOP |  » 運動会>『エール』第3話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (14)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (57)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (79)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR