fc2ブログ
topimage

2024-02

5月の終わり>『スカーレット』第143話 - 2020.03.20 Fri

​勉強を教える―
作品が完成したら琵琶湖大橋を渡って見せに行く―
武志がそう約束したばかりなのに、智也君は逝ってしまった

武志も学ぶ&芽ぐみの披露宴に行く前に…
なんてことにならないだろうな!?

…ひじゅにですが何か?



「治るでそんなん!って言われる日がきっと来る」by圭介



↑ドラマ『JIN―仁―』で
仁の時代(現代)では結核は治る病だと聞いて
泣き笑いの表情を浮かべた緒方洪庵を思い出しちゃったよ。

原作は後半を読んだのみなので
この部分がどう描かれていたのか知らないけど。



チューリップの皿を病院に届け、喜んでもらえた直後に
智也君の病状が急変…そのまま亡くなってしまった。

さすがに死の瞬間は見せなかったけど。

武志が行った時に…というのでも良かったけど
やはり、喜美子にすべきだったのだろう。
このドラマは基本、喜美子視点で描かれているってのもあるけど
お母さんのために作った皿というのも含めて
息子を亡くす母親の側が主体。


まあ、その割には
この2つの家族の対比はあまり鮮やかとは言い難かったな(^^;)
​初登場シーンからして“対比”関係にあるのは明らかだったんだけどね。​


智也君の死を武志に伝えるか否かで、もうちょい葛藤があるのかと思った。
勿論、伝えるべきだと思うけど
武志のショックは測り切れないはずだから…

その代わりに(?)さだ&圭介、再登場。


以前、雄太郎さん達と再会した時
さださんのことは噂だけ、圭介さんのことは言及がなかった(記憶)
だから、ちょっと心配な部分もあったんだけど
一緒くたにするよりはリアルで良いかな(笑)
それでいて、ちゃんと皆が繋がってもいるし。

それにしても“荒木荘”って、全員が有名人。
​マンガ家達の聖地“トキワ壮”と肩を並べてる?​


圭介さんが「い・が・く・せ・い」なのは
後に喜美子の息子と関わるフラグかと思った時期もあったけど
今は大崎先生で良かったな。

いや、圭介さんが悪いってわけじゃないよ(笑)
喜美子と近い存在ではなく
こんな状況にならなければ知り合う機会もなかった人
というのが良かったと思う。


ところで、正直なところ
智也君の件の後だけに、彼らが妙に能天気に見えてしまって
一瞬ちょびっとだけ暗い気持ちになったんだけど
病気のこと、ちゃんと知っての訪問だったのね。
誤解してスマソ>ぉ

圭介さんは小児科だけど
患者の中に武志と同じ病気の子もいるらしい。
さださんは友人の入院をきっかけに
癌患者用のブラジャーを作り始めたとか。

皆、色々な形で経験しているし
​色々な形で受け止め、それを行動で表しているのね。​

それでも、決定的な解決法はない。
未来に希望を託すしかない。
それでも…未来に目を向けられるだけ良いことなのかもな。


​2人が帰った後、智也君のことを武志に告げる喜美子&八郎。​

さだ&圭介のエピを間に入れた構成はどうなのか…
ちょいと疑問にも思う。

武志が智也君のことを知ってから2人と顔を合わせる―
という順番でも意味深かった気もする。

まあ、リアル世界ではこのように複数の出来事が起きるものだから
それを描きたかった?
それとも…
武志に告げるべきか否かを喜美子は迷っていて
2人との会話に力づけられて決意した?


冷静に受け止める武志。

武志はいつも、表面上は落ち着いている。
自分が取り乱すことによって両親や他の人々が辛い思いをするのを
避けたいと思っているのだろうな。
だって、武志は「良い子」だから。

最後の最後になって感情を爆発させることになるのだろうか?
​そうしたら悲し過ぎるな。​



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ロールケーキ


水たまりに落ちる雨粒が作る波紋を模した製氷トレイ


乳がん用ブラジャー


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3547-6bb32abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5月の終わり>『スカーレット』第143話

​勉強を教える―作品が完成したら琵琶湖大橋を渡って見せに行く―武志がそう約束したばかりなのに、智也君は逝ってしまった武志も学ぶ&芽ぐみの披露宴に行く前に…なんてことにな...

スカーレット (第143回・2020/3/20) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第24週『小さな希望を集めて』の 『第143回』の感想。 ※ 本作は、2020/2/29 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 喜美子(戸田恵梨香)は患者の会...

連続テレビ小説『スカーレット』第143回

内容武志(伊藤健太郎)と同じ病の安田智也の容体が急変。慌てる、母・理香子(早織)と喜美子(戸田恵梨香)大崎(稲垣吾郎)が、処置を行ったが。。。。。そんななか、突然、さだ(羽野晶紀)圭介(溝端淳平)が訪ねてくる。敬称略初登場時から、あからさまだったので。別にね。どう考えても、そういう“フラグ”だろうから。序盤の展開に関しては、どうだっていいのである。ってか、なぜ、そこを絡めて、シッカリと描かな...

【スカーレット】第143回(第24週 金曜日) 感想

…闘病中の子供の容体が急変。大崎(稲垣吾郎)の懸命な処置もむなしく、亡くなってしまう。ショックを受けた喜美子は八郎(松下洸平)に相談。以前、同室だった武志(…

元気>『スカーレット』第144話 «  | BLOG TOP |  » 波紋>『スカーレット』第142話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ブギウギ (21)
らんまん (26)
舞いあがれ! (19)
ちむどんどん (18)
カムカムエブリバディ (14)
おかえりモネ (9)
おちょやん (93)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (14)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (33)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (18)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (11)
MV&歌詞訳(その他) (28)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (73)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
鬼滅の刃 (2)
小説&マンガreview (5)
アニメ (19)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR