FC2ブログ
topimage

2020-07

非売品>『スカーレット』第112話 - 2020.02.13 Thu

​​​三津役の黒島結菜さん主演で
何と『らーめん才遊記』が実写ドラマ化!

基本的にマンガの実写化は好きではないんだけど
『孤独のグルメ』の成功例もあるしな…

4月から放送予定だそうですぜ

…ひじゅにですが何か?



「“女性”は余計や!」by喜美子&ちや子



アバンは時間が少し戻って
武志が一人暮らしをしたいと言い出すシーン。

一昨日に既にそう語られて
昨日は引っ越しの様子まで映して
今日もまた違う角度から…

​​大事なことなので三回繰り返したのか?​


一人で食事をする喜美子の姿も何度も出て来る。
元々、大人数の方だったから
(ピークは7人?>両親・喜美子・八郎・武志・百合子)
それとのギャップを強調?


以前は、家族のために色々と諦めなければならなかったし
ひたすら、お金を稼がなければならなかった喜美子が
今は「やりたいこと」に専念できていて、しかも成功していて
昔は考えられなかった額を稼げている。

その代わり…独り

と言いたいのかもしれないけど…
妹はいるし>一人は近くに住んでいるし
妹義実家とも仲良しだし>かなり良い人達
幼馴染で親友も近くにいるし>ちょくちょく訪ねてくれるし
息子だって、別暮らしとはいえ比較的近くにいる。
元夫だって、この間の様子では絆が切れてしまっているわけではないし
きっと、また連絡すれば優しく話を聞いてくれると思う。

寧ろ、幸福の絶頂と言っても良い状況だと思うな>他人事だから?


昨日、ラストで登場した謎の女性はアンリさん
元ミス琵琶湖とか。

喜美子の顔も知らなかったのは
この間の個展にやって来たミーハー・ファンとの対比?
喜美子の穴窯による初めての作品を買いたいとのことだけど
あの様子では本当にあの作品に惚れ込んでいるって感じだったな。


諦めさせるために「100万円」と吹っ掛ける喜美子(笑)

これを引き立てるため+当時の金銭価値を説明するためか
喜美子のほかの作品の値段が表示された。
自分では千円台の値段を提示したのに、万円台に直されて
ビックリする喜美子の図ぅ…で(笑)

↑ちょっとアザトイ気がしなくもなくも…(^^;)

だって、結婚する時
八郎さんは、お父ちゃんに陶芸家の価値を示すため
湯飲み一個が5万円にもなる…と、お金に換算して話したし
喜美子も、初めての作品@コーヒーカップがお金になったのを
大喜びしていたじゃん。

勿論、喜美子は世間に疎いし>留守電エピで協調
作る…ということが重要なのであって
喜んでもらえるなら、お金は二の次…という思いもあるだろう。

でも、穴窯制作には大金が必要なのは身に染みて分かっているはずだし
​まだまだ色々作りたい…作らずにはいられない…はずじゃん。​


「きみちゃんは変わってないよ」byちや子
ちや子さんとの会話で“荒木荘”時代に戻れると断言する喜美子。

そうかなあ…
家族も状況も、あの頃のままに戻るなら、そうせざるを得ないだろう。
でも、今の喜美子は陶芸を捨てることはできないんじゃないの?
家族のために自己犠牲を払うことは、今の喜美子には難しいんじゃ…?

…なんて思ったら、酷?


ちや子さんは市会議員に。

女性問題が散りばめられたドラマだというのは承知している。
時代時代での、そうした要素が所々で顔を出す。
それは分かるんだけど…

肝心の喜美子が、女性であるが故の苦労を沢山してきたというわけじゃないよね。

女性だから学校に行けなかったというよりも、貧しさ故だし。
絵付け師になる時も特に障害はなかったし。
結婚後、柴田さんの女性蔑視的発言と八郎さんの「女」発言くらい。

↑寧ろ最後のは、その前までがよく描かれていたなら
​ズシン!と来るエピになったはずなのに残念…という気持ちが残った。​

以前は、そこが上品で良いと思っていたけど
(初期の個人的印象は「上品」「知的」だったなあ…遠い目)
ここに来て、こういう点を持ち出すなら
やはり、もうちょい前面に出る様に描いた方が効果的だった気がする。

だから、女性に関するアレコレも、テーマというより
時代を表すアイテムの一つという印象に留まってしまっている。


まあ、好意的解釈をするなら
喜美子も、ちや子さんも生き方そのもので示している―
ということなのかもな。
殊更「女性」に拘るのではなく
女性としてというより、人間として
ただひたすら自分の人生を追求して来て今に至った…だけだと。


それにしてもさ、ちや子さん
ジャーナリストであったために
喜美子が陶芸家として世に認められる助けになってくれたわけで
今度は市会議員として何か喜美子に役に立ってくれるという前振り?


100万円をポンとだしてきたアンリさんも
客として以上の役割があるんだろうな。



*明日はPMが忙しいので、感想は
時間が取れればAMに、場合によっては夜になってしまうかもしれません。
​どうぞよろしくお願い致します。(。v_v。)ペコ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


100万円札


ちらし寿司


きゅうりパック


​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3512-8f7f0354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

非売品>『スカーレット』第112話

​​​三津役の黒島結菜さん主演で何と『らーめん才遊記』が実写ドラマ化!基本的にマンガの実写化は好きではないんだけど『孤独のグルメ』の成功例もあるしな…4月から放送予定だ...

スカーレット (第112回・2020/2/13) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第19週『春は出会いの季節』の 『第112回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 武志(伊藤健太郎)が一人暮らしを始めて、喜美子(戸田恵梨香)はまた一人に。そこに見知らぬ女性・アンリ(烏丸せつこ)がや...

連続テレビ小説『スカーレット』第112回

内容武志(伊藤健太郎)が大学を卒業し、信楽に帰ってきたのも束の間。就職先の窯業研究所の近くで、ひとり暮らしをすると言い、武志は出て行ってしまう。再び、ひとり暮らしをすることになった喜美子(戸田恵梨香)そんなある日、穴窯などを見ている妙な女性を見かける。小池アンリ(烏丸せつこ)だという。作品を売って欲しいと言われ、それを拒否した喜美子は、数倍の金額をふっかけると、アンリは帰っていく。敬称略次の...

【スカーレット】第112回(第19週 木曜日) 感想

…アンリは作品を30万で売ってほしいと願い出る。売るつもりがない喜美子は100万でなければ売らないと吹っかけてみるが後日、アンリが現金を持参して…一方、市議…

タケタケ>『スカーレット』第113話 «  | BLOG TOP |  » 普通の人>『スカーレット』第111話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (14)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (66)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (70)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR