FC2ブログ
topimage

2020-02

夕日と人参>『スカーレット』第93話 - 2020.01.22 Wed

​​武志君は偉いなあ

「気のせいや」と言われたからって
「丸見え」人参
素直に食べてみるんだものなあ

ひじゅには、どんなに巧妙に隠されていても
嫌いな物が入っていそうな料理には手を付けない
可愛気のない子供だったからな(笑)

…ひじゅにですが何か?



「誰にでもあんねん、熱なる瞬間」byジョージ富士川



↑三度目の登場で週タイトルを叫ぶジョージ富士川>叫んでへん



先回に引き続き、八郎さん経由で登場。

八郎さんの「着替えてきたん?」
普段の恰好より幾分、良い服を着てきたのに気付いたからで
ジョージの「着替えてきたん?」
わざわざ着てきた余所行きがそれ?ってニュアンスで

勿論、ジョークだけど
何だか自分のことを言われている錯覚を覚える、ひじゅにであった>ぉ



「灰が釉薬の代わりに」by八郎
喜美子の「旅のお供」だった陶器の欠片が忘れられなかったらしいジョージ。
そこから話が発展して、あの色合いの秘密が明かされる。

いや、秘密ってわけじゃないけど(笑)
ジョージだけでなく
あれをず~っと持っていた喜美子も知らなかったこと。

釉薬を使わず、薪だけで出た色。
​鉄分の多い信楽の土に灰が「ええ感じで」かぶさって出た色。


今頃になって知ったんかい!?
って気もするけど(笑)
喜美子は陶芸全般を正式に習ったわけじゃないからな。
自身も当時は素人の域だった&釉薬の研究をしていた八郎さんに
最初から電気窯で焼くものとして教わったわけだしな。

柴田さんに色々教えてもらっておけば良かったのに…
って気もするけど
柴田さんは喜美子を「夫を支える妻」という部分でしか見ていなかったもんな。


ともかくも、この話が喜美子に熱い瞬間をもたらした。

やっぱさ
観たいのは、こういうところですよ。


「芸術を極めるんは喜美子に任した」by八郎
今日の気になる台詞。


東京や大阪で団地を眺めてきて
そこで使われる和食器セットを作りたいと思った…と言う八郎さん。

元々、喜んでもらえるものを作る…というのが夢だったし
熱い瞬間を持てた=スランプから脱した、ってことだから
メデタシメデタシなんだけど

少し前まで
自分ならではの作品を追求していた八郎さんと
大量の注文をこなすことで夫を支える喜美子
…という図だったのを

きっちり逆にしていく決意を、八郎さんはしたのかなあ…


いつもは喜美子が作る、顔の付いたおむすびを
今日は八郎さんが作った…というのが象徴的。

ただ…
「さわやかな笑顔や」と言っていたけど
​ひじゅには犬の顔かと思ってしまいました>スマソ​


「芸術がここにも宿る…やな」byジョージ
室町時代は日用品だったものが、昭和には「芸術」と呼ばれている―
そんな話をした後なので、この↑八郎さんさんの言葉は
大量生産になる和食器セットを「芸術」とは切り離した捉え方に聞こえて
ちょこっと違和感というか、躊躇いを感じた。

まあ、火の加減、灰の加減で色合いが決まるものは大量生産なんて無理だろうし
理想の色を出すためには、何度も何度もやり直していく必要があるだろう。
そういう“違い”に言及しただけかもしれないけど。

つまりは、それも「芸術」で
自分の道を諦めたわけでも変えたわけでもなく
ただ「極める」ことは喜美子に託した、ってことなのかなあ…


ただ…
「金賞、目指すんやろ」と、その言葉の後に続いたので
​「極める」は結局そこかい?という気もしてしまった(^^;)​


「綺麗な夕日が映ってた」
「こういう色合いを出して誰かのことを励ましてあげたい」
「うちの夢や」

信楽焼ならではの色。
火の色。
夕日の色。

ももももしかして
アバンで人参の話を出したのは、この色を
視聴者も強く認識出来る様にするため?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


夕日のかけらドロップ


ポテトサラダ


信楽焼>緋色あられ丸鉢


​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3488-fcb410a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夕日と人参>『スカーレット』第93話

​​​武志君は偉いなあ「気のせいや」と言われたからって「丸見え」の人参を素直に食べてみるんだものなあひじゅには、どんなに巧妙に隠されていても嫌いな物が入っていそうな料理...

スカーレット (第93回・2020/1/22) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第16週『熱くなる瞬間』の 『第93回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 東京に行っていた八郎(松下洸平)が信楽に帰ってくる。喜美子(戸田恵梨香)は八郎に呼び出され喫茶店でジョージ富士川(西川貴教)...

連続テレビ小説『スカーレット』第93回

内容銀座で開く個展の下見から八郎(松下洸平)が、信楽に帰ってきた。その八郎から、電話をもらった喜美子(戸田恵梨香)駅前で、窯業研究所の柴田(中村育二)と一緒にいる。。。。と会ったという。すぐに忠信(マギー)陽子(財前直見)の“サニー”へ向かうと。ジョージ富士川(西川貴教)の姿があり、喜美子は大喜びする。その後、川原家にやってきたジョージは、喜美子の“欠片”に興味を示し。。。。敬称略オイオイ。...

【スカーレット】第93回(第16週 水曜日) 感想

ジョージ富士川(西川貴教)と再会。ジョージは川原家にやってきて喜美子が拾った信楽焼の古いカケラに興味を示す。カケラの色は、薪の炎と灰によってできたものだと…

慶乃川さん>『スカーレット』第94話 «  | BLOG TOP |  » 3回言った>『スカーレット』第92話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (120)
相棒 (122)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (11)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR