FC2ブログ
topimage

2020-09

三年のギャップ>『スカーレット』第32話 - 2019.11.05 Tue

​​​​​​​​お母ちゃんったら…

昨日からやたら
「肉入ってへん肉じゃが」
を強調しているけど

今の川原家では、それが一番のご馳走
…なのかもしれないし
三年ぶりに帰って来た娘に心尽くしのものを食べさせたい
…という親心なのだろうけど

「肉入ってへん」に喜美子が反応するとは思わなかったのかな?

天然だから?
それとも
実は気付いてほしいから?

意識しているか否かは置いといて
お父ちゃんと同じく
喜美子に頼りたい気持ちの表れ?

悲しいなあ

…ひじゅにですが何か?



​「もうあの頃の喜美子とはちゃうよ」​by喜美子



三年は大きいよね。

15歳から18歳までの距離は結構長い。
直子や百合子の様に見た目は大きく変わらなくても
内面の変化はとてつもなく大きい。

ましてや
縛り付けられていたと言っても良い状態から
広い世界に飛び出して
まあ、広い世界の一端でしかないかもしれないけど
その景色を見て、空気を感じて、人々に出逢って
色々な価値観に触れてきたわけだから。



「まあ、色々あるわな、三年もおらんかったら」
一件、何も変わらない様に見える故郷も家族も
やはり三年は大きいということですね。

君自身も変わった様子だものな、​信作​(^^;)



「言うとかなあかんことあるから」
学校のことを話そうとする喜美子を
お母ちゃんが結婚報告と勘違いするところは
暗い雰囲気を少し和らげるためのコミカルなシーン
…なのかもしれないけど
ちょっとばかり、イラっとしてしまった>スマソ

個人的に勘違いコメディがあまり好きではないせいかも?
コテコテさせず短めに終わってくれたのは良かったし。

でも、ここって
狭い世界と古い価値観の中に留まっている、お母ちゃんと
広い世界を知ってしまった喜美子との鮮やかな​対比​でもあるね。

お母ちゃんがお父ちゃんに出逢ったのが、同じ18歳の時
…ってのが象徴的。



お父ちゃんの方は
嘘をついてまで喜美子を呼び出し
再び信楽に縛り付けようとしているのは
第一に経済的な問題…なのは確かな様だけど

「お前、泣いてたやないか!
大阪行きたない言うとったがな!」
お父ちゃんがこう言ったのは
喜美子を説得するために無理くり持ち出したネタ
…なのも確かだけど
あの時の娘の涙がずっと心に引っ掛かってもいたのだろうな。

“荒木荘”に無言電話をかけて泣いていた、お父ちゃんだから。

だから、またもや家の都合で動かすにしても
信楽でまた家族で暮らせる様になるのなら
少しは喜美子のためになるかもしれない…と思ったのかも。

まあ、罪悪感を和らげるために
そう思い込もうとしているだけかもしれないけど(^^;)



それでも大阪に戻ろうとした喜美子だけど
今度は別の形で壁が立ち塞がる。

お母ちゃんの薬の件で百合子が言い淀んだ時
母ちゃんの病気が深刻な状態なのか?
…と、一瞬、心配になったけど
やはり問題は​お金​

ももももしかして
喜美子が学費としてためたお金は
ここに注ぎ込まれることになるのか?

ここのシーンに、百合子だけでなく
直子と信作を加えて描いたのが良かったね。



喜美子は結局、信楽で暮らすことになり
“丸熊陶業”に就職する―
と予想しているんだけど>大外れの可能性あり(笑)​

以前に就職の話があった時、お給料はかなり良いと噂してたから
“荒木荘”より収入は良くなるかな?
お母ちゃんが身体が弱いのは事実だし、直子は拗らせてるっぽいし
家の中のことも喜美子が仕切ることになるのだろうな。

陶芸家には少し近付くわけだし
ドラマ的にはやはり、その方向かも。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


三年


余計なこと


頑張った子供たちに


​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3414-28e09c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三年のギャップ>『スカーレット』第32話

​​​​​​​​お母ちゃんったら…昨日からやたら「肉入ってへん肉じゃが」を強調しているけど今の川原家では、それが一番のご馳走…なのかもしれないし三年ぶりに帰って来た娘に...

スカーレット (第32回・2019/11/5) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第6週『自分で決めた道』の 『第32回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 喜美子(戸田恵梨香)の帰郷を聞きつけた仲間たちが集まって大宴会。父・常治(北村一輝)が荒木荘に喜美子が辞める連絡をしたことが...

連続テレビ小説『スカーレット』第32回

内容信楽に戻ってきた喜美子(戸田恵梨香)は、母・マツ(富田靖子)のことが、父・常治(北村一輝)の嘘で、無事だと知り、ひと安心する。だが、仕送りを送っているにもかかわらず、あまり変わっていないと知る。喜美子は、明日、大阪に帰ることを伝えた上、美術の学校に通う夢を打ち明ける。すると常治は、猛反対。翌朝、百合子(住田萌乃)が、母の薬をもらいに行くと聞き、学校へ向かわせようとする。そこに直子(桜庭な...

【スカーレット】第32回(第6週 火曜日) 感想

…喜美子は大阪で働きながら、美術学校に行く夢を明かす。しかし川原家に響く不協和音を治める役目を喜美子に期待する常治は頑として認めない。喜美子も…

ツケツケツケツケ>『スカーレット』第33話 «  | BLOG TOP |  » 自分で決めた道>『スカーレット』第31話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (9)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (3)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (136)
ドラマ2 (4)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR