FC2ブログ
topimage

2020-08

妹みたいに…>『スカーレット』第27話 - 2019.10.30 Wed

​​​​​​​​​​​あき子さんにちゃんと言い返すとは
圭介さん、ちょっとだけ見直した

結局は折れちゃったわけだけど
まあ、そこは、今はまだ…ね

昨日の、おはぎに関する言い訳からして
骨抜き状態かと思えたので>某前作のじーちゃんか!?

ヒロインの初恋の相手だもの
正真正銘のポンコツだったら、視聴者が悲しい…

…ひじゅにですが何か?



​「うちも圭介さん大好きや」​by喜美子



↑こんな形だけど
相手に真意は伝わらないままだけど
言えただけ良かったのかな?

良かったことにしよう。



​あき子さん、快進撃!(笑)​

やっと自分の恋心に気付いた(気付き始めた)喜美子だから
自分が彼と結ばれたい!
あき子さんから奪い取りたい!
…という明確な願望はないと思う。
まだ、意識の上には上がってこない。

それに、理性的だから
犬の散歩で、あき子父や、あき子さん本人が目の前に現れても
笑顔で普通に挨拶もできる。

加えて、素直だから
圭介さんと以前よりも親しく接することができる様になって
それが甘えに寄るデートの練習だったり惚気から来るオフザケであっても
屈辱感なんて抱かず
ただただ純粋にその触れ合いを楽しむ。

胸の奥は、きっと痛んでいるだろうけど。


視聴者としては
そんな喜美子を​愛しい​と思えるので
愛しく思える様に実に上手く戸田恵梨香さんが演じてくれるので
どうしても彼女寄りに観てしまうわけなのだけど―


彼女寄りにならなくても
あき子さんてば、十分に​“ヤバイ女”​だわ(^^;)


昨日の時点で既に喜美子への嫉妬心をにじませていたけど
今日はハッキリと引き離しにかかってきた、あき子さん。

そりゃね、彼女の立場になってみれば
彼氏が他の女性の話をちょくちょくしてきたら
そりゃあ面白くはないだろう。

実際、物干し台での圭介&喜美子は
イチャイチャと言って良いレベルだし>自覚はない
洋服選びにしても、かなり喜美子に依存している。
勿論、あき子さんがそれを目撃したわけじゃないだろうけど
圭介さんのことだから言動から​ダダ洩れ​の可能性大(笑)

あき子さんの方がヒロインだったら、大いに同情しちゃうかも?


でもさ、やり方がちょっとね…(^^;)

雄太郎さんの話題まで拒絶するし
“荒木荘”全体を否定している。

圭介さんは学校と“荒木荘”にしか居場所がない
世間の狭い人なんよ(多分)
その分、真面目な人でもあると思う。

「コーヒーいうたらここばっかり」
色んな所に遊びに行きたいのも分かるけど
圭介さんはそういうタイプなんだし
逆を言えば、自分が好き勝手したいのに…って感じ?

自分にもそういう部分があるのを認めつつも
他人事だと、ちょいイラつく(笑)

何より…

喜美子を貶めたいがために
「女中なんかに」を連呼するのってなあ…
何様?

​あ、お嬢様か(笑)​


極め付けは、圭介さんに反論されて
泣きながら飛び出してしまうところ。

そして、近くで立ち止まって
追いかけて来るのを、ちゃっかり待っているところ。

で、見つかったら
「ごめんなさい」
と、殊勝な態度を取るところ。


いやあ、ひじゅにもやったわ>​やったんかい!?​


けっこう、この手の演技にコロッと騙される
チョロい男性って多いのよ。

いや、まあ、ひじゅにのはもっと他愛ないものだったけどね>言い訳

上目線で行う女もいれば
どうしてもゲットしたくて必死で動く女の子もいるので
あき子さんはどちらなのか、まだ分からないけど
少なくとも女性視点では​“ヤバイ女”​確定(笑)


そういえば、『わろてんか』のヒロイン息子の恋人が
かなり似た手口を披露してたっけ。
あちらは演技ではなく純愛描写のつもりだったみたいだし
その後、2人はハッピーエンドになったけど
不快に感じた視聴者はいたよ。


ちゅーことで、“荒木荘”を出る圭介さんであった―

最初の物干し竿での2ショットとは対照的なシーン。
喜美子の​表情​演技が素晴らしい。

彼女の演技を堪能できるってのが
今作の一番の魅力だと、今は思う。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


犬の散歩>缶バッジ 


犬の散歩>モダンアート


犬の散歩>バルーン

​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3409-6e207cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妹みたいに…>『スカーレット』第27話

​​​​​​​​​​​あき子さんにちゃんと言い返すとは圭介さん、ちょっとだけ見直した結局は折れちゃったわけだけどまあ、そこは、今はまだ…ね昨日の、おはぎに関する言い訳か...

喜美子の初恋エピソード。切なくて可愛く、秀逸でした (スカーレット)

今週の「ときめきは甘く苦く」、背景に、月が登場した時から「恋バナの週かな?」と感じてたのですが、ビンゴ~~っきわめて正攻法ながら、繊細でユーモラスに。なかなかに、秀逸な初恋物語、を描いてのけた気がします。ヒロインで、十代を演じた、戸田恵梨香。そのため、体重を5キロ増やしたそうですが、演技もまた、見事です。でんぐり返しで、徹夜明けの記者さんの部屋に突っ込むあたりから、元気さ全開でしたが、揺れる...

スカーレット (第27回・2019/10/30) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第5週『ときめきは甘く苦く』の 『第27回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 圭介(溝端淳平)とあき子(佐津川愛美)の交際が始まり、喜美子(戸田恵梨香)は度々、圭介のデート練習の相手を務める。さらに...

連続テレビ小説『スカーレット』第27回

内容圭介(溝端淳平)とあき子(佐津川愛美)のことで、胸が苦しいことを打ち明けた喜美子(戸田恵梨香)は、ちや子(水野美紀)から、それが“恋”だと知らされる。ただ、それからというもの、あき子と、父・庄一郎(芦屋雁三郎)が、犬の散歩で荒木荘の前を通るようになり、毎日のように、喜美子は、顔を合わすハメに。その一方で、圭介からは、あき子とのデートの相談などをされてしまい、楽しいながらも、喜美子にとって...

【スカーレット】第27回(第5週 水曜日) 感想

…毎日のようにあき子と会うはめに。喜美子は自分の気持ちをひた隠して笑顔で接する。しかし次第にあき子が、圭介と喜美子の仲の良さに嫉妬するようにな…

ジョージと常治>『スカーレット』第28話 «  | BLOG TOP |  » おはぎVSハンバーグ>『スカーレット』第26話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (102)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR