FC2ブログ
topimage

2020-01

おはぎVSハンバーグ>『スカーレット』第26話 - 2019.10.29 Tue

​​​​​​​​​​​「効果覿面の五文字」
何の効果もなかったのだと、喜美子に思えたのは
「恋のアレコレにも男と女というものにも、まだまだ疎い」から―
と、ナレーターは説明していたけど

逆を言えば

「効果覿面の五文字」を聞いてホイホイと
しかも、“お嬢様”のはずなのに一人でノコノコと
アポなしでやって来た、あき子さんは
結構、場数を踏んでいる!?

つまり、ベテランちゅーことですね(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「恋っちゅうのは、おもろいなあ」​by喜美子



↑こういう反応をするとは…おもろいなあ。


圭介さんが「エロエロ」を読んでいる時に、あき子さんが訪ねて来たから
それが見つかって、あき子さんに呆れられる―
という陳腐な予想をしてしまったアホひじゅに(笑)

そんな、ひじゅにをを嘲笑うかの様に>ぇ

そんな予想を遥かに上回って
微妙~というか絶妙!というか…な
嫌な女ぶりを見せてくれる、あき子さん。

​さすが、期待を裏切らないわ、佐津川愛美!​


もしかしたら、人によっては気にならないかもしれない。
でも、引っかかる人には引っ掛かる。

おはぎが嫌いなのも、お茶よりコーヒーが良いのも
好みの問題だから、これ自体は悪くない。

作った人に堂々と「嫌い」と言ってしまうのも
ハッキリ伝えた方が親切という考えかもしれない
…とも思うけど
やはり礼儀とか気遣いにはなっていないよなあ>固い?

「おはぎが好っきゃなんて子供みたい」
と、圭介さんをからかうのは、圭介さんにも喜美子にも失礼だよなあ。

コーヒーがないからと、すぐに外に出ようと言い出すのもなあ…

あ、要するに、喜美子が重んじる
​「敬意」がない​
…ちゅーことやない?


「折角作ってくれてはるから、食べてたっていうか…」
圭介さんの答え方が一番傷つくのは言うまでもないけどね(^^;)


あと、映画を観に行った話が出た時
「お二人で行かれたんですか?」
と、嫉妬心を滲ませているのも、ナンダカナ…

某前作でこんな感想を書いたら
こちらがヒロインに嫉妬している!
と、罵倒されそうなところだけれども(笑)

あき子さんは
意図していないのに滲み出ているのではなくて
意図的に滲み出させているところが素敵(笑) 


とはいえ、今日の見どころは
喜美子の様子から彼女の恋心を察知して
心配する雄太郎、さだ、ちや子の3人の​優しさ​
自分の気持ちに気付いた喜美子の​反応​


キャラ的に
雄太郎さんはKYなままで笑いを取っても良いところだし
さださんも天然ぶりを発揮したり言葉も過剰にしそうなところだけど
もっとずっと繊細で察しが良くて気遣いを示しているのが良い。
大人だからと上目線でもないし。

ちや子さんは友達としてストレートに近付いて
表情に出ない喜美子の本音を引き出す。


ちゅーても
アカラサマに顔に出さないだけで
視聴者にはある程度、読める様に演技している
戸田恵梨香もアッパレ。


「『おはぎ嫌いや』言いやって『コーヒーないのん』言いやって」
視聴者が感じた不快感は正しかったのね。
つーか、喜美子目線で観ることができる様になっていたってことなのね。

「何でこんなイケズなこと思うてしまうんやろ」
反省しているところもエライ。

「何浮かれてんねやこのポンコツ」
恋の対象を冷静に見ている…とも言えるし
好きだからこそ、嫉妬心も含めてこう思える…とも言える。


色々な思いを抱えながらも
仕事はテキパキこなすし
感情的にならないし
人の話に素直に耳を傾けるし
自分の心を冷静に分析できるし

「おもろい」
こういう見方ができるって、なかなか素敵なこと。

やはり、頭が良いヒロインって良いなあ…(憧)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


近江牛と黒豚のハンバーグ


おはぎ


きなこの恋


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3408-a80916a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おはぎVSハンバーグ>『スカーレット』第26話

​​​​​​​​​​​「効果覿面の五文字」が何の効果もなかったのだと、喜美子に思えたのは「恋のアレコレにも男と女というものにも、まだまだ疎い」から―と、ナレーターは説明...

連続テレビ小説『スカーレット』第26回

内容圭介(溝端淳平)が、あき子(佐津川愛美)に恋をした。喜美子(戸田恵梨香)は応援しようと、あき子の父・庄一郎(芦屋雁三郎)に直談判。数日後、あき子が、荒木荘を訪ねてくる。あき子と笑顔で話をする圭介の姿に、喜美子の心がざわつく。その夜、さだ(羽野晶紀)雄太郎(木本武宏)そしてちや子(水野美紀)が、圭介のことを話をしていたところ、喜美子の様子がおかしいコトに気づく。ちやこは、喜美子に。。。。「...

スカーレット (第26回・2019/10/29) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第5週『ときめきは甘く苦く』の 『第26回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 喜美子(戸田恵梨香)の直談判の結果、圭介(溝端淳平)が恋するあき子(佐津川愛美)が荒木荘を訪ねてくる。突然の再会に舞い上...

【スカーレット】第26回(第5週 火曜日) 感想

…ほろ酔いで帰宅した圭介を出迎える喜美子。「喜美ちゃんのおかげや」と感謝されるも、やはり素直に喜べない。喜美子は住人のちや子(水野美紀)か…

妹みたいに…>『スカーレット』第27話 «  | BLOG TOP |  » ときめきは甘く苦く>『スカーレット』第25話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (94)
相棒 (120)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (10)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR