FC2ブログ
topimage

2020-10

取り消し>『スカーレット』第11話 - 2019.10.11 Fri

​​​​​​​​​​​​​大人役者への切り替えよりも
お父ちゃんが何か事業を始めている様子なのが
ビックリ&不安

老けた15歳など何のその(笑)

はっ
ままままさか
老けメイク御法度の朝ドラ“お約束”への
アンチテーゼ?>違うだろ

…ひじゅにですが何か?



​「詰めが甘かったな」​by常治



↑お前が言うな!な、お父ちゃんである。



昭和28年2月、喜美子15歳―



絵はさらに上達して絵画展で金賞受賞。
勉強も好き。
「でも、働くのも好きや」
相変わらず家族思いで健気な喜美子。

そんな現在の様子を
「高校行きたないねん」
という信作との会話で表現

イカニモ説明台詞って感じじゃないし
ナレーションでサラッと済ませるわけでもないし
こういうところが、このドラマの好きなところ。

(このくらい当たり前なのかもしれないけど
その当たり前があまり見られなかったりするもんで)


信作が高校に行きたくないのは
「高校には怖い先輩いるいう噂やし」
子供時代、ちょっとオドオドしていたけど
今も変わらないらしい(笑)

後のシーンで登場する照子も
高飛車なお嬢様の様で実はツンデレ…
ってところも変わらず。

ちゃんとキャラを引き継いでいて違和感ないなあ。

(このくらい当たり前なのかもしれないけど
その当たり前があまり見られなかっ…以下略)


中学卒業後、“丸熊陶業”に就職予定だったのが
2月にもなった今、取り消しに―

“丸熊陶業”に決めていたのは
近辺で一番(というより唯一)大きく、しっかりした会社だから
…ってことと
照子が間に入ってくれたからで
喜美子が陶芸の道に目覚めたからではない(多分)

まだ「夢」に目覚める前に男社会の壁にぶつかってしまうとは…


何でまた今頃になって…と思うけれども
社長はギリギリまで粘ってくれたのかもしれないね。
皆の意見だそうだから
社長だからとゴリ押しするわけにもいかないよね。
「わしの考えが甘かったでよ」
なんて言ってくれる社長は良い人だね。

この直前の喜美子&照子の会話
陶工さん達がカワイイと言ってくれる…ってのが
伏線っちゅーのか前振りっちゅーのか…まあそういうことっしょ>ぉ


でもさ
慶乃川さんが言っていたよね
陶工と陶芸家は違う、って。

まだ陶芸に目覚める前に陶工の仕事に携わるより
結果的に良かったのかもしれんで。


今は失望しかない喜美子。

お父ちゃんは2人も雇い入れちゃうし
2人はお祖母さんと貧しい暮らしをしていみたいだし
ようやくお祖母さんに楽させてやれると大喜びだし…

で、その土台を支えるのに喜美子の稼ぎが必要なのは
もうバレバレだし
つーか、アカラサマに当てにしてるし…

お母ちゃん+近所のおばちゃん達は
就職祝いに洋服を仕立ててくれるというし
その優しさは身に染みるし…

ただでさえ伝え辛いのに
色んな方角から追い詰められる(^^;)


そして、お父ちゃんが必死で見つけてきてくれた就職口は
大阪の“荒木商事”

大抵は何処か地方で話が始まるけど
ヒロインが「夢」を掴むために
(あるいは「夢」を見つけるために)
BK制作の場合は​大阪​
AK制作の場合は​東京​
出て行くというのも朝ドラ“お約束”。

それが、喜美子の場合はどちらでもなく
人探しでもなければ自分探しでもなく
家族のためとはいえ、イキナリ思ってもみない形で…
というのが、ちょっと面白いかも。



ところで
草間さんは再登場あるのかな…?
あっても最終回前だったりするのかな?

それが気がかり>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


自転車>置物


アソビグリコ


信楽焼手火鉢セット

​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3391-9d146032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

取り消し>『スカーレット』第8話

​​​​​​​​​​​​​大人役者への切り替えよりもお父ちゃんが何か事業を始めている様子なのがビックリ&不安老けた15歳など何のその(笑)はっままままさか老けメイク御法度の朝...

スカーレット (第11回・2019/10/11) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第2週『意地と誇りの旅立ち』の 『第11回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 昭和28年15歳の喜美子(戸田恵梨香)は中学卒業を控えて信楽で1番大きい陶芸会社への就職が内定。今後、喜美子の稼ぎが川原...

ヒロインの赤いファッション、戸田恵梨香、北村一輝、奮闘。(スカーレット)

昨日、ラストに、ヒロインが戸田恵梨香へと変わり「ををっ!」その溌剌とした、十代の演技が、なかなかの奮闘ぶり、でしたね。不思議と、子役時代から、お洋服や手袋、等、小道具に、赤い色を用い「ああ、だから、スカーレットなのかな?」と、勝手に納得限りなく賛否両論ありそうですが、子役ちゃんの人選。なかなかのインパクトで、健闘してた気がしました。評価したい、です。物語も、ちょっとハーフビターさや人情味が、...

連続テレビ小説『スカーレット』第11回

内容昭和28年2月、喜美子(戸田恵梨香)は、15歳になっていた。中学卒業後、照子(大島優子)の父が経営する“丸熊陶業”で働くことが決まる。一方で、信作(林遣都)は、高校進学を決めていた。が、ある日、照子の父・秀男(阪田マサノブ)に呼ばれる喜美子。従業員達を話し合い、15歳の女の子が働くのは、やはり難しいのではという。家族に話すことも出来ずにいたが、母・マツ(富田靖子)たちが、喜美子のために。...

【スカーレット】第11回(第2週金 曜日) 感想

…今後、喜美子の稼ぎが川原家の家計を支える柱になると期待されていた。ところがある日、会社に呼ばれた喜美子は「若い女性だから」という理由で内定…

夕日>『スカーレット』第12話 «  | BLOG TOP |  » ええなぁ>『スカーレット』第10 話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (11)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (69)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (159)
ドラマ2 (7)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR