FC2ブログ
topimage

2019-08

ナッツと饅頭>『なつぞら』第92話 - 2019.07.16 Tue

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​今週のメインは​恋話​
…と覚悟して観ていたら

早速、プロポーズの如き言葉が―

まだ火曜日だし
言い出したのが朴念仁っぽいキャラの坂場さんだし
これで恋話が纏まってしまったら、それこそ安直だし

だから、これはミスリードで
あくまでも仕事の上での話
…というオチな気がするけど

そうした安直な話の進め方も
平気でしそうなドラマではある(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「ジャズを聴きながらウイスキー片手にナッツでも…」​
                                    by高山



↑バカだ…
こいつ、バカだ…



泰樹さんに似た人だから惹かれたのだとしたら
夕見子ったら不憫(涙)

…と思っていたら

何と
泰樹さんの写真を見た高山さんが真似っこしているらしい。
上記の言い方といい、思った以上に底の浅い人物の様だけど
夕見子よ、それで良いのか!?


それはともかく
やはり「古い」「新しい」論議を
夕見子の恋話と、なつ達のアニメとをリンクさせている様子。

「音楽も映画も、時代によって変わっていくのは当然のことだべさ」
「古いものに固執することを古いと言って何が悪いんだ」
「ダメとは言ってない、君の言う通り人それぞれだからね」
バカだとは言ったけど(こらこら)この主張は正しいと思うよ。

仲VS坂場も、ここに帰結するんじゃないのかなあ?


素人ひじゅにが思うのは―

子供が楽しめる様に作るのも
大人も楽しめる様に作るのも
どっちも「あり」だし

だからって、フワフワと甘いだけで後には何も残らない様な
“子供騙し”に終わってしまったらダメだし
鋭いテーマがあっても、そこばかりがギスギス目立つ様な
“面白味”のないものもダメ!

C・S・ルイスが言った様に
​作品=りんご​ で
それを美味しく食べた後に残る
種=テーマ でなくちゃ。  ←エラソウ



余談だけど―

実際に起きた事件を訴え
かつ娯楽作としても良い出来で
結果的に韓国の社会に大きな影響を及ぼした映画
『トガニ』(ファン・ドンヒョク監督)が
今のところ、ひじゅにには理想的に思える。



これまた余談だけど―

性懲りもなく(?)またまたまた岡田斗司夫さんの動画を観ちゃったけど
さすがの彼も今回はちょっと呆れていた様子。

なつがイメージボードで話を進めていたけれど
あれは宮崎駿がやり始めて、それで彼は認められる様になったのだとか。

ヒロインなつを目立たせるために
宮崎駿や高畑勲の能力を下げている。
天才どころか、他のスタッフよりちょっと出来る
という程度にしか描いていない…と。


いやいや、岡田さん!
ヒロイン上げのために、ヒロイン自身の凄いところを描くのではなく
周囲を下げる…ってのは朝ドラ“お約束”
視聴者も辟易しているダメダメ特質なんですぜ。


岡田さんが言うには―

あの『ヘンゼルとグレーテル』の終わり方は、あまりに安直で
宮崎駿が最も嫌うものの典型的パターンだそうだし

高畑勲だったら、そもそもヘンゼルとグレーテルが
何故捨てられたのか…そこから掘り下げるはず。
色んなメタファは入れるものの、それを分からない様に隠して
もう一段見せて行こう…というのが彼の作劇なのだとか。

坂場さんは物凄く浅いレベルで哲学モドキ演出モドキをやっているだけ
「こんなレベルの作品論でアニメ界の創成期を描かれたら引っ掛かっちゃう」
「アニメの黒歴史を恋愛で誤魔化して、逃げやがったな(笑)」


アニメ界の創成期なんて知らない、ひじゅにだけど
ロックのヘッドバンキングの如く激しく頷いてしまったわ(笑)


つまり
アニメ界の創成期を知っているなら
少しは楽しめる『なつぞら』

だけど

アニメ界の創成期を知っていると
描き方のあまりの浅さにイライラしてしまう『なつぞら』

ちゅーことですね>ぉ



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


饅頭


旧い出会いと新たな旅立ち


ナッツ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3312-04fed92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナッツと饅頭>『なつぞら』第92話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​今週のメインは​恋話​…と覚悟して観ていたら早速、プロポーズの如き言葉が―まだ火曜日だし言い出したのが朴念仁っぽいキャラ...

なつぞら (第92回・2019/7/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第16週『なつよ、恋の季節が来た』の 『第92回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 なつ(広瀬すず)が会社から帰ると、風車で働き始めた夕見子(福地桃子)から、カウンターに座っている泰樹に似た風貌の男性を...

連続テレビ小説『なつぞら』第92回

内容“風車”に帰ってきたなつ(広瀬すず)すると見慣れぬ男がいた。夕見子(福地桃子)によると、駆け落ちの相手・高山(須藤蓮)だった。一方で、短編映画では、下山(川島明)が、原画を描くと言い始める。困惑するなつ、麻子(貫地谷しほり)たち。すると、坂場(中川大志)が、仲(井浦新)井戸原(小手伸也)ともめたという。敬称略そもそも、脇役のそれも。。。そのオマケだし。すでに、その時点で、全く興味がないの...

【なつぞら】第92回(第16週火曜日) 感想

…なつ達は高山と会話をしようと試みるが警戒心が強く、打ち解けられない。翌朝、東洋動画に出社したなつは、下山(川島明)が原画を手伝うと聞かされる…

日曜日>『なつぞら』第93話 «  | BLOG TOP |  » なつよ、恋の季節が来た>『なつぞら』第91話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

なつぞら (126)
相棒 (113)
まんぷく (151)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (3)
MV&歌詞訳(QUEEN) (8)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (64)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR