FC2ブログ
topimage

2019-09

迷子>『なつぞら』第63話 - 2019.06.12 Wed

​​​​​​​​​​​​​​モデルの奥山玲子さんは毎日違う服装で出勤し
それを同僚が毎日スケッチしていた―
というのは実話らしい

とはいえ、下山さんみたいにストーカーチックというか
ちょいとイヤラシイ雰囲気というかキモいというか…(酷)
だったのかなあ?(^^;)
もっと単純に面白がっていただけと違う?>希望的観測?

それに、なつだけでなく、ももっちをも一緒に描いているのが
何かアザトイし(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「私達は陰で呼んでるの」​byももっち



↑「トミさん」「おトミさん」「トミ公」…と
富子さんが陰で呼ばれていると明かす、ももっち。


​​ちょ、待てよ! ​​​←キムタクか!?


なつが入社して、もう半年近く経っているんだよね?
ももっちとはタメ口をきく仲になっているんだよね?
なつのファッションを真似する程に、ももっちはなつに心寄せているんだよね?

なのに
「私達は」と言われちゃう程、なつは蚊帳の外なのか?
つーか
今の今迄、なつは皆の話を聞いたことがなかったのか?



珍しく(?)自分から申し出たのに、トレース挑戦はイマイチの出来。

二回の試験不合格もそうだけど
最初から何もかも上手く行っちゃったら
それはドラマとしてアザトイ。
でも、だからって、こんなに連続してダメダメ判定だと
ドラマとしてカタルシスがない。

朝ドラ“お約束”崩しをしているつもり?
いやいや、最近の朝ドラの傾向はまさに​失敗​にあり(笑)


なんてことは置いといて>ぇ


「子供の頃、初めて見様見真似で牛の乳を搾ったこと思い出したわ
あん時はうまくいったんだけどね」

↑酪農とアニメを一緒くたにする、なつ。

過去との結び付きを台詞の所々に込めて
ヒロインの中の人生の積み重ね&物語としての連続性
必死で持たせ様とする大森の図ぅ?

ダメだよ
ヒロインは行き当たりばったりだし
このドラマに連続性なんて最初からないんだから>ぉ


つーかさ、これって何か、乳しぼりをバカにしてね?


まあ、アニメの細かい過程が所々で説明されるのは嬉しいし
ナレーションに任せて固い感じになるよりも
物語の中に組み込んで、登場人物に語らせるのは良いと思う。

でも、そこへの持って行き方や後処理がどうもアザトイんだよなあ…

あ、「アザトイ」がこのドラマのテーマなんだっけ。
​だったら正しい正しい​>そうなのか?


あと…細かいところなんだけど―

亜矢美さんに押し付けられたのは最初の一週間だけで
今は、なつが自分でコーディネートしているらしい。

ももっちが参考にしているのに
実は亜矢美さんのセンスでした!じゃマズイからか(笑)

だったら、なつが選んでいる姿を見せれば良いのに
そうしたら、少しは可愛気を感じられるのに。

でも、ももっちも「お金持ちのお嬢さん」ではなく
少ないお給料でやりくりして服を買っていると言っていたのに
なつはまだ他人の服ばかり?

実は柴田家に仕送りしているとか?
(いや、柴田家は裕福な方だし、却って照男に悪いよね)
妹@千遥を探すために貯めているとか?
(今日のネタに無理くり絡めてみました)


…なんて言っているうちに、久しぶりの“川村屋”―

野上さんと軽く言い合う、なつ。
以前、“風車”でも茂木さん達相手にアレコレ言い返すシーンがあったけど
何かさ…もうちょいスマートというか、粋な感じにできないのかなあ?

できていたら、もうちょい楽しく好感も持てると思うんだけど>寧ろ逆

そもそも、なつはそういうキャラじゃないだろ!?
ってのもあるけど
「厚かましい」だの「図々しい」だの、やはり台詞の中にちょくちょく盛り込んで
何とか、なつをそういうキャラにしたがっている大森の気持ちは伝わってはくる(笑)

やっぱさ
台詞で視聴者を言いくるめようとするんじゃなくて
エピソードで語ってほしいなあ。


まあ、ともかくも
“川村屋”とくれば信哉!
…という感じに都合良く登場する信哉。

これまた都合良く
信哉が取材したというニュースが流れる。

『都会の迷子たち』

「取り残されるのが子供達の存在です」とあるから
時代に疎いひじゅには
まだ戦災孤児みたいな浮浪児が大勢いるのか…とか
児童虐待の問題か…とか
子供の福祉がまだ全然行き届いていないってことか…とか
色々な思いが一度に浮かんできてしまった。

例として出されたのは
「離れて暮らす父親に逢いに行こうと駅まで来たものの、途方に暮れていた」
「マツカワカツミちゃん7歳」の話。

『ひよっこ』みたいに父親が出稼ぎに行って行方不明になったのか?
と思ったけど…
え?それじゃあ、7歳の子が一人で東京までこれたってこと?
色々と事情はありそうだけど
迎えに来てくれる母親がいる分、幾らか気が軽い。


これを観て、​にわかに千遥のことを思い出す、なつ。

子供時代は事ある毎に妹を思い出していたし
兄恋しさに家出するという行動力もあった。
でも今は…

やっとこ思い出したと思ったら
その場で信哉に​丸投げ​(^^;)



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


芸術家


乳しぼり


迷子にならないおしゃぶりキャップ


​​​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3281-f793cf4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

迷子>『なつぞら』第63話

​​​​​​​​​​​​​​​モデルの奥山玲子さんは毎日違う服装で出勤しそれを同僚が毎日スケッチしていた―というのは実話らしいとはいえ、下山さんみたいにストーカーチック...

なつぞら (第63回・2019/6/12) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第11週『なつよ、アニメーターは君だ』の 『第63回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 なつ(広瀬すず)はアニメーションのトレースという作業に挑戦する。簡単そうで難しい作業に改めてアニメーションの奥の深...

連続テレビ小説『なつぞら』第63回

内容石井富子(梅舟惟永)の指導で、トレースの練習を始めたなつ(広瀬すず)しかし、上手く出来なかった。富子の説明で、奥の深さを感じる。一方で、昼食時、なつと桃代(井原六花)が話をしていると、下山(川島明)が声をかけてくる。。。。そんななか、“川村屋”を訪れたなつは、偶然、やってきた信哉(工藤阿須加)から。。。。敬称略なつ「どんな仕事も、奥が深い」。。。だそうだ。今作を見ていると、全く、そんな風...

【なつぞら】第63回(第11週水曜日) 感想

…ファッションについて指摘される。驚くなつ。そしてなつは川村屋を訪れる。信哉(工藤阿須加)の取材した迷子のニュースを見るとなつは、妹の千遥のこと…

天才?>『なつぞら』第64話 «  | BLOG TOP |  » 人形の家>『なつぞら』第62話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

なつぞら (150)
相棒 (113)
まんぷく (151)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (3)
MV&歌詞訳(QUEEN) (8)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (64)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR