FC2ブログ
topimage

2019-12

エスパー翼>『半分、青い。』第107話 - 2018.08.03 Fri

​​​​​​​昨日、律の実家には誰もいないかの様だったので
弥一さんが入院中で和子さんが病院に通っている
…のかと思ったのに

今日、家にはしっかり弥一さん・律・翼君がいて
病気なのは和子さんだと判明

だから何?って話ですが(笑)

弥一さんにも和子さんにも
初期の頃は好感も抱いていたけど
もう長いこと顔も出してなかったから
思い入れもなくなってしまった

だから今更、病気ネタが入っても
心が動かないよ>スマソ

それに多分、このネタそのものよりも
それによって律&鈴愛の状況に何かしら影響する
…っていう程度の扱いで終わる気がするし>ぉ

…ひじゅにですが何か?



​「今も 好きで好きで 仕方ない」​by鈴愛



↑これほど説得力の無い台詞があるでせうか?



三おばがいるのに
「家族がいない」
と、何度も何度も主張していた涼ちゃん。

自分を悲劇の王子様とするため
そして女を口説くため(笑)
このワードを駆使してるんだとは分かっていたけど
それでもナンダカナ…だった。

今日の三おばの会話で分かったことは
光江さんは実の親の様に涼ちゃんを愛し育ててきたということ。
それこそ、自分の人生を犠牲にして。

それでもなお
「家族がいない」
を、自分の売りとする涼ちゃんは
もはや処置無し。

育ちの問題ではなく
生まれついてのサイコパス
もしくは発達障害の類かもね。

表面的には優しいけど
本当は愛も情もない…本当の意味では理解できない。


あ、やっぱ、​鈴愛に似ている(笑)​


神様@悦吏子様は
自ら創造した涼ちゃんというキャラを庇うあまり
本物のクリエイターは家族を持てない、両立できない
…と
家庭も仕事も頑張っているクリエイター達を全否定する
お言葉を賜ったらしい。

涼ちゃんが家族を否定していることよりも
涼ちゃんを本物のクリエイターとして描いているってことの方が
​ビックリ!​なんですけど?>ぉ

涼ちゃんはあーいうキャラなのよ!
で済むのに(^^;)


「俺、人として間違ってますかね?」
祥平さんが涼ちゃんを肯定する言葉しか出せないことを
十分承知していて、こう尋ねるズルい涼ちゃん。

映画だのクリエイターだの偉そうなことを挟まずに
祥平さんとの愛を貫きたい
で、済ませれば良いのに。

その方が喜ぶ視聴者も少なくないと思えるし。

そして、ラストで祥平さんのアパートを訪ねる鈴愛は
いつもと違って化粧までして毅然とした態度で
イカニモ愛人の家に逃げ込んだ夫と対峙する妻
…の図ぅ(笑)


涼ちゃんの目にはもはや鈴愛は映っていない様子。
だからここで、離婚したくないと鈴愛が縋ってみせる図ぅは
ただでさえダダ下がりの鈴愛の好感度をさらに下げる結果にならないかなあ?

悦吏子様としては
それで鈴愛に同情を引きたいのかもしれないけどね。
涼ちゃんを徹底してクズ男に描くことで、つまり下げることで
鈴愛を上げる作戦?

​いや~無理無理(酷​


寧ろ、こういう時こそ
離婚に際してのアレコレ(慰謝料とか養育費とか)
涼ちゃんが全く頭にないであろう現実的なことを話し合うか

あるいは、未練からではなく婚費のために
離婚を拒否するとか

クールな面を見せてくれた方が
鈴愛上げには効果的な気がする。


「好きで好きで仕方ない」だなんて
律に電話した後で
しかも律の子供が出て、今更ながら
2人の間に降り積もる空白の日々を自覚した後で
こんな言い方しても物凄く白々しい。

結局、涼ちゃんは律の身代わりに過ぎない…てことじゃん。


律は特別な存在で、涼ちゃんとは違う?

最初の頃は、異性である故に恋愛感情も育ってはいたものの
その特別な絆を大切にしたい気持ちから封印していた。

だからって、他の異性に簡単にポーっとなっちゃうところは
ナンダカナ…って気もしたけど
まあ、そこは感覚の違いだからスルーするとして

鈴愛は清さんに対抗心を燃やしていたあたりから
律は鈴愛にプロポーズした頃には完全に
恋愛感情をハッキリ前面に出してきていたから
もはや、そうした言い訳はできないと思う。


確かに、あの「雨に唄えば」で涼ちゃんにポーっとなったのは事実だけど
結婚を急いだのは
マンガ家を辞め人生の目標を失ってしまった虚しさや
バイト生活による経済的な苦しさや
世間でいう「適齢期」を過ぎてしまったことへの焦りや
愛される自信がないために早く決着つけたいという気持ち等々
色んなものが入り混じっての打算的な意味合いが強かったじゃん。


2人共、見事なまでに​クズ​だってこと。

人間誰しも弱いところ黒いところはある。
でも、このドラマって
そういう部分を鋭く描いているって言えるのかなあ?

少なくとも、意義が感じられる物語とはなっていない様な…

本物のクリエイターがどーのこーのって
そんな話でもないと思う。

それに、どうせ最後には律とハッピーエンドなのだし(笑)


ところで、翼君ってエスパーか何か?
名前は『つばさ』から
超能力は『純と愛』から?

まあ、あの電話が鈴愛からだと律が気付くため
…だけの前振りだと思うけど(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


好きバッジ


天使の翼>焼き菓子


ママキャラジョッキ>ビール付き


​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●

ひじゅにさんのブログ大好きです

ドラマ本編は脱落することはあっても、ひじゅにさんの辛口かつユーモア溢れる文章は欠かさず拝見しています。昨日は大好きな東海林さだお先生まで飛び出したので勝手にキャーキャーしてました(笑)
敬愛するひじゅにさんにひとつだけ、お願いがあります。「発達障がい」という言葉をサイコパスと同列に捉えないでいただきたいのです。私は障がい福祉関係の仕事をしてまして、「発達障がい」の方々とも接する機会が多いのですが、皆さんコミュニケーションについて悩み、生きづらさを抱えながら日々模索していらっしゃいます。ルールを守ることや正義感も強く、いわゆるサイコパス的な事件とは真逆の方々です。
ひじゅにさんには他意のないことは十分承知しております。失礼かとも思いましたがご理解頂きたく申しあげました。これからもブログ楽しみにしております。

かぜのくちあけさん☆

ありがとうございます。
ああ、ごめんなさい、無神経でしたね(^^;)
他の人の感情を察したり、自分を置き換えて考えることが苦手という意味で単純に用いたのですが
もっと慎重に行うべきでした>言い訳がましくなるけど、使う際に抵抗はありました
世界中に発信されてしまうものですから、もっと考慮しなければいけませんね。
気付かせていただけて嬉しいです(^^)

ひじゅにさん、ありがとうございます

出過ぎたことをコメントしてしまったかな、と私自身も迷いました(色んな感想サイトで発達障がい発言が当たり前のようにありますしね…)が、ひじゅにさんが受け止めてくださって嬉しかったです。ありがとうございます。
それにしても本編はますます「まれ化」いや「まれ超え」していますね(涙)

期待しています

あまちゃんしか完視聴したことのない朝ドラ素人です。本作も途中から見始めて現時点非常に魅了されているので、評判はどんなもんや、と思い色々調べていくうちに、このサイトに辿り着きました。
 結論から言うと、いろいろあるレビューサイトは同じようにヒロインの人間性の批判に終始しているようです。映画のレビューはたまに見ますが、作品の表現したいもの、そこから感じ取ったものなど、独自性に溢れた感想に感心させられることがあります。しかし、朝ドラのレビューについてはちょっと違うんですね。朝ドラ自体はある一定のフォーマットがありそこを外れるのはNG。公共放送、放送時間帯、歴史などいろいろ制約があるのかもしれませんが、評論もそれに沿って行われているのかと思いました。まあ、新しいものを模索する場ではないのかもしれませんね。ドラマも評論も。面白いなあ、と思い書かせていただきました。
本作ですが個人的にはネットで後追い視聴して完走できるのではないかと期待しています。

朝ドラ初心者さん☆

ありがとうございます。
確かに朝ドラは非常に独特で他ドラマや映画と同じに考えることはできないものがありますね>良くも悪くも-
でも「型」に拘っているというより、日常に組み込まれている→リアルに接する人間と(ある意味)似た感情を持つから…じゃないかと(個人的に)思います。
昔はヒロインには「清く正しく美しく」みたいな縛りはあった様ですが、私が朝ドラを観始めた2005年の『ファイト』(私も朝ドラは途中参戦です・笑)で既に「型」を破ろうとの姿勢は伺えました。
人気作『カーネーション』や『朝が来た』、物議を醸した『純と愛』等は、かなり外れたヒロイン像でした。
でも、彼女たちには魅力がありました…これもあくまでも個人的感覚ですが…鈴愛には魅力を感じません。
私としては、鈴愛がそんなキャラだからどうこう…というより、そうしたヒロインで何を描きたいのか、ドラマ全体の作りはどうなのか…というのが気になります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2988-10fb3ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エスパー翼>『半分、青い。』第107話

​​​​​​​昨日、律の実家には誰もいないかの様だったので弥一さんが入院中で和子さんが病院に通っている…のかと思ったのに今日、家にはしっかり弥一さん・律・翼君がいて病気...

半分、青い。 (第107回・8/3) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』(公式) 第18週『帰りたい!』の 『第107回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 相変わらず涼次(間宮祥太朗)は家に帰ってこない。思い詰めた鈴愛(永野芽郁)は、ふと律(佐藤健...

似た者夫婦、だったのかも(半分、青い。)

「芸のためなら、女房を泣かす」じゃないけれど、己の目標の為なら、愛してやまない、家族を捨てる決心をした次(間宮祥太朗)と、「雨の中を一緒に踊ってくれた時から、好きで好きで、たまらない。帰ってきて」と訴えつつ、その傍らで、指が覚えてる幼馴染・律(佐藤健)の自宅に電話してしまった、鈴愛(永野芽郁)は、ある意味、似た者夫婦、だったのかもね (^^;)

連続テレビ小説『半分、青い。』第107回

内容家を出て行った涼次(間宮祥太朗)鈴愛(永野芽郁)は、ふと。。。律(佐藤健)の実家に電話を入れてしまう。すると、知らない少年が電話に出て。。。。敬称略主人公の異様さは、“今”に始まったことじゃ無いとは言え。さすがに、怖すぎる。

NHK朝ドラ【半分、青い。】第107回(第18週金曜日) 感想

…受話器から聞こえてきた声は…。鈴愛は一瞬戸惑うが、少しの受け答えののちに受話器を置き、過ぎた時間の長さを実感する。夜になり、鈴愛は、光江…

空の青>『半分、青い。』第108話 «  | BLOG TOP |  » 鏡餅とかつ丼>『半分、青い。』第106話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (63)
相棒 (117)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (8)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (64)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR