FC2ブログ
topimage

2020-02

叫びたい!>『半分、青い。』第31話 - 2018.05.07 Mon

​​​​​​​​​​​​某前作の時は

ああ、この脚本家さん
だめんず好きなんだな…

と思ったものだったけど

今作は

もしかして、この脚本家さんは
一見クールな理系だけど、心は脆くて
高すぎるプライドで必死に繕っている…みたいな
シチメンドクサイ律みたいな奴が好みなのか?

と思ってしまった(笑)

…ひじゅにですが何か?



​「チョモランマとエベレストは同じ山だ」​by鈴愛



少し時間は跳んで
律は既に東京の私立大学に合格した後。

律&鈴愛押しの菜生ちゃんが盛り上がる横で
「俺どーなるの?」
今更騒ぐブッチャーは視聴者と同じ時間軸?


事態は少し進展したわけだけれども
今日の内容は主に
先週のアレコレについての​後出し​情報。


クリアファイルを取り違えたのは律自身だけれど
意図的なものではなかったと言い訳しまくる律。

“ふくろう会”の中では
犯人はフランソワ!
ということで話は終わったけど
律の両親は
律自身も気づいていない無意識下の律の本心を
まるっとお見通し。


遅くなって…と言い訳していたけれども
本当に遅い、楡野家からの謝罪。

いやいや、律の進路がハッキリ決まるまでは
邪魔しないようにと気遣っていたのでせう>そうか?

「今回は犬の代わりに」
…と
謝りながら​視聴者に解説​をする。お祖父ちゃん。


いやいや、ワザワザ言われなくとも
今回と高校受験日の件をリンクさせていたことくらいは
ひじゅにみたいなボンヤリ視聴者にも分かっていましたぜ>ぉ


「あの子が気付かない訳ないのではと私は思うんです」
受験票は再発行できる。
だから、律は受験できなかったのではなく、しなかった。
「心の奥底でどこか逃げたいって気持ちがあったんじゃないでしょうか」
…と
これまた​視聴者に解説​する弥一さん。

なまじ“できる子”だったばかりに
家族だけでなく地元民全体から大き過ぎる期待をかけられて
「まるでこの世の全ての期待を自分が担っているよう勘違い」
…という状態に陥っていたらしい。

子供の頃は、その期待されたイメージと実体との差が
それほど大きくなかったのかもしれないけれど
段々ギャップが広がっていったのだろうね。

東大から京大に志望変更するだけで大騒ぎだった萩尾家に
一番問題がある様な気がするけど
「世の中」全体に責任転嫁しちゃう、​ちゃっかり父さん​である(笑)


いやいや、アレコレ理屈付けなくても
律&鈴愛を引き離しては話が進まない!
…というドラマ的都合を視聴者はよ~く分かっていますぜ>ぇ


「和子さんがまた語ったな」by律
あれだけ弥一さんが語ったのにすべては和子さんのせい(笑)

「あの子は心の真ん中のところを人には言わないんです」
と、ちょっぴりポエトリーな和子さんの言い方に
律の中の自分の立ち位置に不安を覚える鈴愛。

そんな鈴愛に「真ん中」を口にする律。

両親が言っていたことと同じだけどね。
つまり、両親は律の「真ん中」を見抜いていたわけで
てことは結構、律は「真ん中」を言葉によらず語ってたんじゃ?

いやいや、今回の一件で、両親は息子の真意にようやく気付いた
…ってことなのだろう。
でなければ東大→京大の時点で揉めなかったよね。

でもって今、ハッキリと言葉にするってことが重要なのだろう。
​特に鈴愛に対して…ってとこが。​


「天啓という言葉の使い方、ちょっと違わないか?」
「自分の我を通すことよりも尊いし正しい」by鈴愛

鈴愛ったら、意外に語彙がある!
と思ってしまった>そんなに頭悪いイメージなのか?(笑)


「多分、俺はそんなにできないんだ」
遂にカミングアウト?

カッコ良くて優秀で理性的で大人で…
という少女マンガの王子様的位置から
“普通の男の子”に降りて来た律の図ぅ―


これでラブストーリーは完結

ああ、良い最終回だった…と余韻に浸りたいところだけれど
まだ始まって約一か月。
この様子が残り5か月も続くとは思えないから
色々と障害を出してきて持たせるんだろうなあ…

でも
​必殺後出しジャンケン!​
で上手く纏めて行く算段?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


チョモランマ


パンの耳


心の真ん中?


​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●

書き忘れましたが、昨日分の感想URL欄に書きました

本日は5月8日ですが、5月7日ぶんの感想を書きました。
やっぱりひじゅにさんと私の視点は全く持って異なるなと思うしだいですね。

なお、この日「半分、青い。」関連だけで、本日の感想以外に3記事書きました。

「半分、青い。」第6週「叫びたい!」、ネタバレ超要約版。多忙な方たちの為に。
http://www.acchinotawagoto.xyz/article/459234430.html

「半分、青い。」第6週「叫びたい!」のネタバレをざっと拝見した時点での簡単な感想
http://www.acchinotawagoto.xyz/article/459237280.html

「半分、青い。」の鈴愛や律が高校3年生のころといえば、まさに光GENJIブーム真っ只中でした。
http://www.acchinotawagoto.xyz/article/459237989.html


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2900-8e48e8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

叫びたい!>『半分、青い。』第31話

​​​​​​​​​​​​某前作の時はああ、この脚本家さんだめんず好きなんだな…と思ったものだったけど今作はもしかして、この脚本家さんは一見クールな理系だけど、心は脆くて...

半分、青い。 (第31回・5/7) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』(公式) 第6週『叫びたい!』 『第31回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 結局、律(佐藤健)はセンター試験を受けることができず、京大をあきらめることになった。東京の名門私立...

連続テレビ小説『半分、青い。』第31回

『叫びたい!』内容鈴愛(永野芽郁)のファイルと取り違えに気付いた律(佐藤健)すぐに、鈴愛の家に向かうが、すでに東京へ向かったと聞かされる。結局、東京の大学を受験し、合格した律。そんななか鈴愛、仙吉(中村雅俊)晴(松雪泰子)宇太郎(滝藤賢一)が、弥一(谷原章介)和子(原田知世)のもとへ謝罪に訪れたが。。。敬称略父・弥一が、いろいろと語ってはいるけど。ポエムとは言わないが、回りくどすぎて、何を言...

【半分、青い。】第31回(第6週月曜日) 感想

大阪万博の翌年の1971年に生まれた、前向きな少女・楡野鈴愛を主人公に、高度成長期の日本を描く。ヒロ…【半分、青い。】第31回(第6週月曜日) 感想…

すき焼き>『半分、青い。』第32話 «  | BLOG TOP |  » Happier>なんちゃって歌詞訳

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (126)
相棒 (123)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (11)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR