FC2ブログ
topimage

2021-04

生まれたい!>『半分、青い。』第1話 - 2018.04.02 Mon

​​​​​​​​​​​さてさて
新しい半年のは~じ~ま~り~!

…はっ!

いかんいかん
これじゃ某前作ナレーターじゃないかっ!?

…と言いつつ

某前作は良い意味でも悪い意味でも
頭の中からほぼ消え去っている

まっさらな気持ちで行きませう!

…ひじゅにですが何か?



​「悲しいと思うか面白いと思うかはその人次第」​by鈴愛



コップに半分入っている水を見て
もう半分しかない…と思うか
まだ半分もある…と思うか
ってのと同じッスね。

ポジティブなヒロインというのは良いものだ。

…って、まあ
ネガティブなヒロインの方が少ないけど。


前知識はほんの少し。
ひじゅににしては多い方?


*ラブストーリーであるということ―

朝ドラにそーいう要素はあまり求めていないのだけど
その要素のない朝ドラは皆無>寧ろ、そこを強調
という状況からすると世間一般には受けが良いのかもな。

いや、スタッフはドヤ顔で作っている様子なのに
面白くなかったり、寧ろ不快だったり…という作品も多いので
世間一般には受けが良いとスタッフが勝手に思っているだけ
…という可能性も大。

でも、まあ
実話ベースのふりをして実話とほぼ無関係の恋話をメインにし
他の部分はメタメタ(いや、メインもメタメタか)
…なんてのよりは

恋話をしっかりとメインに据え
それを輝かせるために他の部分もしっかりきっちり描く
…という方が望ましい。

そうなってくれるかどうかは、まだ分からないけど
一応、軽く期待はしておこう。


*ヒロインは片耳が聞こえないという設定―

同じ脚本家@北川悦吏子さんの作品を調べてみたら
『愛していると言ってくれ』
『空から降る一億の星』
の二作はドラマ音痴のひじゅにも観たことがある。
どちらも再放送で、前者は総集編だったけど(^^;)

その前者は男性の方が聴覚障がい者だったよね。
ドラマとしては
惹き付けられた部分とナンダカナ…な部分とあって
全体的には「まあまあ」くらいの印象しか残っていない>スマソ

でも、まあ
経験がある題材だから、扱い方もこなれていてリアルかも?
一応、ここも少しだけ期待しておこう。


*ヒロインはマンガ家を目指すらしいこと―

ひじゅにもかつては憧れていた職業なので
他人事でなく感じられる部分もあるかも?

彼女が尊敬するマンガ家は『愛していると言ってくれ』で
その聴覚障がい者の男性を演じたトヨエツで
その作品には、​くらもちふさこ​の実際の作品を用いるとか。

昔の作品を何作か読んだことあるだけで最近のは知らないんだけど
絵は上手いし絵柄に色気があると思うので、ちょっと楽しみかも。


*1971年~2010年代までを舞台に当時の流行歌もふんだんに流れるとか―

‘80~90年代頃の洋楽は動画サイトで聞いたりするけど
昔のも今のもJ-POPにはあまり興味ないので>スマソ
この要素は今のところ、​どーでもいい​>こらこら


それ以上に、どーでもいい話だけど
ヒロイン@永野芽郁さんを初めて見た時
「あれ?愛子様にちょっと似てる?」
と思ったのは内緒です>ぇ

オープニング映像等もヒロインのキャラに合わせてあって
遊び心たっぷりだけど
これを「良いなあ」と思える様になるか
逆に「悪乗りしててウザい」となるかは

​ドラマの出来次第!​

ちゅーことですね。
今作もよろしくお願いいたします(^^)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ドラマガイド





トーストクッション


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2866-865d4c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生まれたい!>『半分、青い。』第1話

​​​​​​​​​​​さてさて新しい半年のは~じ~ま~り~!…はっ!いかんいかんこれじゃ某前作ナレーターじゃないかっ!?…と言いつつ某前作は良い意味でも悪い意味でも頭の...

半分、青い。 (第1回・4/2) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』(公式) 第1週『生まれたい!』 『第1回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 1971年の夏。岐阜県の田舎町でちいさな食堂を営む楡野一家は、新たな命を授かっていた。胎児の母・晴...

連続テレビ小説『半分、青い。』第1回

「生まれたい!」内容病で左の聴力を失った少女がいた。楡野鈴愛(永野芽郁)色々とあったが、鈴愛自身は、左右の感覚の違いに面白味を感じていた。1971年、夏。岐阜の田舎町で食堂を営む楡野家。店の主人・仙吉(中村雅俊)廉子(風吹ジュン)の息子・宇太郎(滝藤賢一)とその妻・晴(松雪泰子)に子が生まれようとしていた。。。。敬称略脚本は、北川悦吏子さんあくまでも、“個人的”には期待してるんだけどね。ただ...

NHK朝ドラ【半分、青い。】第1回(第1週月曜日) 感想

大阪万博の翌年の1971年に生まれた、前向きな少女・楡野鈴愛を主人公に、高度成長期の日本を描く。ヒロイン「鈴愛」を演じるのは永野芽郁。脚本は「恋愛…

【半分、青い。】初回~第2回感想と初回視聴率

初回視聴率は、関東地区 21.8%で、好発進しました♪(^^)ただ、関西地方は1

【半分、青い。】初回~第2回感想と初回視聴率

​​初回視聴率は、関東地区21.8%で、好発進しました♪(^^)ただ、関西地方は19.2%で、イマイチな視聴率でした(汗)これは、前作「わろてんか」の平均視聴率が関西19.6%で低かった...

女3人の戦い>『半分、青い。』第2話 «  | BLOG TOP |  » 明日からは『半分、青い。』

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (92)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (31)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (26)
レトルト&キヨ その他 (1)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (70)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR