FC2ブログ
topimage

2020-02

片思い同盟?>『ひよっこ』第126話 - 2017.08.26 Sat

三男&さおりのミュージカル(?)を観ながらの
私と父の会話

私:この時代の若者って皆こうだったの?

父:んなわけないだろ…と…思うけど…

こうして、ひじゅに家に
誤解の風を吹かせる『ひよっこ』であった

…ひじゅにですが何か?



「自由という名の風を色んな所に吹かせています」
                                            by増田明美



ツイッギ―は確かに「新しい風」だったのだろう。

女性を「解放」し「自由」にしたという宗男叔父さんの説も
真実だったのだろう。

…現実の世界では。

実お父ちゃんの策が上手く行けば>まだ「策」という段階まで行ってないか
みね子が仕送りという家族の重荷から「解放」され
これからの人生を「自由」に生きていくことが可能になる
ってことで成就するだろう。

…ドラマ的にも。


でも

その他の部分では
元から強かった女性陣が益々強くなり
今迄は好感度の方が勝っていたのに
今度は逆に図々しさの方が目立ってナンダカナ…状態に
なっているだけの様な―

視聴者的にも
立て続けに押し寄せてきた駄作の波から
ようやく「解放」される…と期待で胸を膨らませていたのに
風が通り抜けて萎んでしまった様な―

何だか切なさばかりが勝る「新しい風」になっている。


…あ、いかん
また批判的になってしまった(^^;)


では、良かった探しをしませう―

昨日の続きを“まんま”始めるのではなく
時を遡って別視点から話を始めたのが幾らか新鮮だったかも?

まあ、他朝ドラでも見られた方式なので
既に“朝ドラお約束”(岡田君言うところの“朝ドラ名物”)に
なってしまっているかな?


BGMとしてだけでなく、登場人物にも歌わせ(&躍らせ)るのは
『てるてる家族』を彷彿とさせるので、そこも良いかも?

今日は字幕付きなのも>以前も出てたっけ?
一応、近所の人や通行人を邪魔にならない程度に配していたのも
良かったんでない?


外堀を埋められつつあった三男が、自分の気持ちをハッキリ述べたのと
さおりさんが意外にアッサリそれを認めた様子なのが良かったかも?

まあ、さおりさんが次の手で攻めて来る可能性はまだ残っているがな。
個人的に恋愛関係で揉める話は観るのもメンドクサイので
このままアッサリが良いな。
同じ「片思い」ということで、さおりさんが誰よりも気持ちを分かってくれる…
という風になったら良いな。


三男の気持ちに発奮する時子も、まあまあかも>まあまあかい

前に「ツイッギーそっくりさんコンテスト」の記事を見てたので
三男を無理に絡ませなくても応募はしたと思うからね。

鏡の前でスカートの裾を持ち上げていたので
イマイチ自信が無いことを示しているのかな?って気がしたけど
今日は対比的に、鏡の前でミニスカ姿の自分を確認していたので
もうその時点でコンテストの件も決意が付いたという描写に見えた。

でも、まあ、このところ影が薄くなるばかりの時子だったので
ここで少しばかり、何かを深く感じ取るエピが入ったのは正解かも?


本音を言うと…ちょっと今更感はあるけどね>スマソ

だって、時子は奥茨城時代からずっと三男の思いは知っていたハズ。
昨日、みね子が世津子さんに話したエピなどは感激モノで
その時点で時子も三男に惚れていてもオカシクナイ状況。

それでも、自分の夢を優先させて
三男の思いは冗談でかわしていた彼女なんだもの。


それを言っちゃうと、そもそも今日になって時子の方から
ついでとはいえ三男に逢いに行くというのも変っちゃー変。

化粧品の宣伝で何か(試供品?ティッシュ?)を配る仕事で出掛ける
という台詞は
この間、自分も実家に仕送りしていると言っていたことへのフォローか?
という気がした(笑)

実際には三男に逢いに行くための安易な設定だったわけだけども。


あ、しまった!
またまた批判モードに入ってしまったかも?

他に良かったところは―


あんころ餅が美味しそうだった。

祐二&啓輔は勿論、今は富さんも加わって
皆揃っての食事会が続いているのは嬉しい。

忘れかけていた愛子さんの省吾さんへの思いも確認できた。

「人間最後の楽しみは食べること」
とかいう富さんの台詞は
彼女の日頃の食いしん坊ぶり(食への執着ぶりと言うべき?)の
言い訳とも取れるけど
これまた岡田君お得意の、次のエピへの前振りなんだろう、きっと。


ヤスハルがやたらとクローズアップされるのも
今迄の無視状態からの「解放」になっていて良かったかも?>ぉ

由香のエピはオチがつかないままだし(笑)

手持ちのスカートをリメイクした愛子さんも
ミニスカとして作られたミニスカを買った買ったと
二回も自慢していた、みね子も
今週は着ているところを見せもしないままだし

世津子さんのその後も、まだオアズケ。

みね子の仕送りからの「解放」問題も
まだ、お父ちゃんが提案してみただけ…状態。

今週のテーマは「新しい風」詐欺!?


ああ、また批判的…
いや、批判的になっているつもりはないのに、ついつい批判してしまうのは
岡田君がそう煽っているのでせう…多分。

さすが岡田君!
と、褒めるべきところなのでせう…きっと。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


恋のハレルヤ + 黛ジュン・リサイタル'70


片思い


あんころ餅


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2662-e52872a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

片思い同盟?>『ひよっこ』第126話

三男&さおりのミュージカル(?)を観ながらの私と父の会話私:この時代の若者って皆こうだったの?父:んなわけないだろ…と…思うけど…こうして、ひじゅに家に誤解の風を吹かせ...

【ひよっこ】第126回 感想

昭和39年。集団就職で奥茨城から上京した「金の卵」谷田部みね子をヒロインに「ちゅらさん」の岡田惠和脚本が描く青春物語。…【ひよっこ】第126回 …

ひよっこ (第126回・8/26) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第21週『ミニスカートの風が吹く』『第126回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 出かける支度をした時子(佐久間由衣)は、みね子(有村架純)にこれから行くアルバイトについて...

ひよっこ 第126回

内容時子(佐久間由衣)は、三男(泉澤祐希)の様子を見てくると、みね子(有村架純)に伝え、出かけていく。 そのころ、さおり(伊藤沙莉)は、三男に。。。。 敬称略 ようやく、少しだけ“風”が吹き始めたようだ(失笑) 印象としては、微風だけど。。。。。

ツイッギーを探せ!>『ひよっこ』第127話 «  | BLOG TOP |  » 新しい風>『ひよっこ』第125話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (125)
相棒 (123)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (11)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR