topimage

2017-10

雨男さん>『ひよっこ』第102話 - 2017.07.29 Sat

この間
永井愛子アワーと川本世津子タイムで
ドラマを真っ二つに分けていた2人が

今日
遂に面と向かって対決!

えっ
対決はしていない?

ででででも
全く色合いの違うオーラがぶつかり合ってはいたよね

…ひじゅにですが何か?



「十分嫌なこと味わってきたからね、あの子は」by鈴子



↑この台詞、何か違和感…

一つは、みね子がそんな風には見えないってのがある。

そりゃあ確かに嫌なことは沢山あったんだけどさ。
父親の失踪―
故郷でずっと暮らすつもりが集団就職―
最初に務めた会社が倒産―
失恋―
他にも細々なことはあった。

それでも、みね子がそんな風に見えないのは
乙女寮でも恋話でも浮かれ過ぎている姿が沢山映ったからかな。

でも、そんな風に見ないのは、みね子自身が望んでいることでもあるよね。
「可哀想な子と思われたくない」と言っていたのだから。

二つ目は、そんな彼女の気持ちを誰よりも知っているハズの
鈴子&愛子が、こんな風に言うなんて…って感じかも。

いや、心配する気持ちは分かるんだけどさ。
何かこういう言い方をしちゃうと
明るく接していても内心はこう思っているのか…って感じで。

…気にし過ぎ?


まあ、そんなことは置いといても>ぇ
今日のみね子は悲劇のヒロイン・モード。


昨日、みね子が全く気付いていないことから
世津子さんは女優らしく顔に本心を表してはいないけれど
視聴者に分かり易い様に、幾分オーバーに表情演技をしているのだ
…と脳内補完(?)していたんだけど

「悲しい目をしているなって」
愛子さんや鈴子さんにはお見通しだった。

単に、みね子が鈍感ってことか>ぉ


世津子さんの住まいはマンション。

当時の住宅事情を知らないのでナンだけど
随分と今風の作りに見えた。
まあ、“あかね荘”とは段違いというのが伝われば良いのだろうけど。

それに、その割にはエレベーターではなく外階段?と思ったけど。

↑入る時にエレベーターもしくは中の階段を使ったのなら
みね子がワザワザ非常階段から帰ったとは考え難いじゃん。

…考え過ぎ?


待っていたのは勿論、実お父ちゃん。
世津子さんの説明を聞くまでもなく、記憶喪失なのは明らか。

前々から「韓ドラチック~!」と言ってきたけどさ
韓ドラは日本の大映ドラマに似ていると聞くので、検索したみたら
始まりは1960年代。

ドラマの作りそのものも
時代に合わせているってことなのかな?


「おかえり」
お父ちゃんの声なのに、口調は既に世津子さんの家族。

「雨男さん」
世津子さんが付けたのであろう、お父ちゃんの呼び名は
何だかちょっとメルヘンチック。

何かこれだけで、2人の親密さが伝わってくるな。

いや、勿論、朝ドラだから
2人は特別な関係に…みたいな生臭い設定はないかもしれない。
でも、気持ち的にはすっかり身内。

特に世津子さんの方は、かなり心を預けちゃっている感じ。
これって、お父ちゃんがどっちを選ぶにしても
苦味が残る結末になりそうだなあ…


そして、みね子との対峙。

ここんところは、もっとサスペンスフルに描いてほしかったな。
ただ佇んでいるだけでも、お父ちゃんは以前のお父ちゃんではない
という様子がよく出ている演技だったのだから
そこを視聴者によく見せてくれなくちゃ。


「覚えてないなんて言わねえで」

冒頭で愛子VS世津子の女優対決があったけど
それを忘れさせるくらい、みね子の演技は良かったと思うよ。

裏切られるよりも忘れられる方が辛い…
それは分かるけど
記憶喪失ってのは本人もどうしようもないことなのだから
逆にホッとする真相かと思っていたので、この反応はちょい新鮮だった。

「酷い目に遭わされて嫌んなったんでしょう?
「それは私、分がっから」

これが、さっきの鈴子さんの台詞の繋がるんだろうけど…
何か、みね子自身も家族を捨てたいと思ったことがある様に聞こえるよね。
そう思っても仕方ない状況に何度も晒されても
決してそんな心境にはならないのが、みね子…というイメージを持ってたので
ここもちょいと新鮮だった。


それより、愛子さんが落した石鹸は
澄子が勤めている会社の製品なのかな?
パッケージがよく見えなかったので、そこが気になった。

でも、きっとそうだよね。
頑張れ、澄子!




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


石鹸


「ハートを強力に浄化し、心の奥に閉じこめてきたつらい記憶を思い出させ
涙を流すことでトラウマの解消をはかり傷ついた魂を癒します」(説明文)


サワムラ日記(中古)

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2633-ba0e2979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨男さん>『ひよっこ』第102話

この間永井愛子アワーと川本世津子タイムでドラマを真っ二つに分けていた2人が今日遂に面と向かって対決!えっ対決はしていない?ででででも全く色合いの違うオーラがぶつかり合っ...

【ひよっこ】第17週(7/24~)感想と視聴率最高「父・見つかるが記憶喪失」

遂に、お父ちゃんと再会♪やはり実さんは記憶喪失で、世津子さんの家にいました(^^

【ひよっこ】第17週(7/24~)感想と視聴率最高...

遂に、お父ちゃんと再会♪やはり実さんは記憶喪失で、世津子さんの家にいました(^^;)「雨男さん」という別の名前で呼ばれて。「はいからさんが通る」みたい(^^;)そういえ...

ひよっこ (第102回・7/29) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第17週『運命のひと』『第102回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 休みの日にみね子(有村架純)が部屋でのんびり過ごしていると、世津子(菅野美穂)が突然訪ねてくる。「今か...

ひよっこ 第102回

内容“会って欲しい人がいる”と、みね子(有村架純)に告げる世津子(菅野美穂)世津子の表情を見て、鈴子(宮本信子)愛子(和久井映見)は不安を感じる。 敬称略 “十分嫌なコト味わってきたからね。。。” そうなのかな?

NHK朝ドラ【ひよっこ】第102回 感想

昭和39年。集団就職で奥茨城から上京した「金の卵」谷田部みね子をヒロインに「ちゅらさん」の岡田惠和脚本が描く青春物語。…第102回(第17週土曜日…

辛鶏醤油 «  | BLOG TOP |  » 救いの神>『ひよっこ』第101話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (12)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR