topimage

2017-09

明日に向かって走れ>『ひよっこ』第13話 - 2017.04.17 Mon

『幸せなら手をたたこう』
幼稚園の時だったかに歌わせられたけど
ヒネクレひじゅにには、まさに「明る過ぎ」な歌で
ちょい苦手だった

この歌詞を手掛けたのは木村利人さんという人で
彼がフィリピンに農村復興ボランティアに出掛けた際
「僕達、友達になろう!そして二度と戦争が起こらないようにしよう」
…と
涙ながらに語り掛けてきた一人の青年の言葉が発端となり
生まれたのだそうだ

身にも心にも大きな傷を負った悲惨な過去を背景にした
「平和の誓い」の歌なのだね

認識を改めたわ

…ひじゅにですが何か?



「いつもと変わんなくしてなきゃいけねえんだよ」

                                                                                                       byみね子



美代子母さんの口から
今、矢田部家に起きている出来事を聞かせてもらう
みね子の図ぅ―

このドラマは始まった瞬間から
「大人」「東京」という言葉や、それらが伝える概念が
何度も何度も語られている。

特に「大人」は
タイトル『ひよっこ』に結び付いた、大きなテーマだね。

実父さんのことを隠されていた時は「子供」
でも今は「大人」として話を聞く、みね子。


既に大人である母さんだって耐え難いことはある。

目の前にいる我が子に、最初は気遣いながら言葉を選んでいたけれど
途中から、ついつい感情的になってしまうのは無理もないこと。

そんな母親に
「一人で怖かったんじゃねえの?」
「私がもっと大人だったら、一緒に行ってあげられたのに」
と、気遣いを示す、みね子。

少しは覚悟していたとはいえ
父親が失踪してしまったという知らせは
とても冷静ではいられないほどの衝撃的なものだったろうに
母親を責めるでもなく縋るでもなく
逆に、その心に寄り添い、思いやりを示す。

うん、物凄く「大人」だ。



父親が出稼ぎに行っていることで
家族全体が変わったのだと、みね子自身が言っていたけど
今度はこの失踪で…みね子はさらに成長している。

悲しい出来事で精錬されるって、悲し過ぎるんだけど…
でも、大きく成長していくヒロインが描かれるのは素晴らしいと思う。


自分がショックを受けた様子を見せていたら
母さんもお祖父ちゃんも余計に辛いだろうし
みね子よりまだ「子供」の、ちよ子と進もいる。

だから、ワザと元気にふるまう、みね子。

いつもの自分で居続けなければならない…と
今度は逆に(話してくれる前の母親みたいに)
明るく振る舞うことを自分に課す。

これは「大人」ならではの責任であり、悲哀だよなあ…
強さでもあるな



そんな彼女の様子を敏感に察知し
優しく事情を聞き、抱き締めてくれる親友達。

美代子母さん+みね子も良いシーンだったけど
その前の回の、お祖父ちゃん+みね子のシーンも良かったけど
この友達のシーンも素敵だね。


友達繋がりで、公子さん@時子母が訪れるところもホッとする。

最初は、時子から事情を聞いて慰めに来たのかと思ったけど
まだ学校から帰って来る前だし
美代子母さんの様子にビックリするところからして
まだ何も知らないままだったのだろう。

以前にも、ああして矢田部家の畑にやって来たことがあったからね。
いつも、ああして親しく交流しているってことだよね。

みね子を抱き締める時子の姿と呼応するかの如く
美代子母さんを抱き締める君子さん。

今日はやはり「友達」押しだな。


ヒロインの悲しみでドラマ全てを覆ってしまうのではなく
聖火リレーを巡る青春物語もしっかりと進行中。

TVや新聞に宣伝してもらおうと提案する時子。

これで両方のネタが結び付くってことなのかな。
実父さんがチラリとでも見てくれたら幸いだよね。

また涙を流す、みね子
みね子を抱き締める時子

でも、その最中に
「羨ましかっぺ?」
と三男をからかう、みね子。

うん、このバランスが良いな。


この3人だけでなく
他のクラスメート達にも協力を仰ごうよ!って思うけど
今のところはまだ、この3人だけだから救われているものがあるね。


ドラマとしては
合間に『ひょっこりひょうたん島』の歌が入ったこと
いつもの通り、みね子の父親に向けたモノローグが入ったところが
効果的。


ラストは
また泣き出す、みね子と
みね子を抱き締める時子。

この繰り返しがまた良い感じだ。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ガリ版刷ポストカード


『幸せなら手をたたこう』収録


災害時でも「いつもと変わらない」食事を

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2527-62ce9d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひよっこ (第13回・4/17) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第3週『明日(あす)に向かって走れ!』『第13回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 東京から戻った美代子(木村佳乃)は、みね子(有村架純)に実(沢村一樹)が行方不明であるこ...

明日に向かって走れ>『ひよっこ』第13話

『幸せなら手をたたこう』幼稚園の時だったかに歌わせられたけどヒネクレひじゅにには、まさに「明る過ぎ」な歌でちょい苦手だったこの歌詞を手掛けたのは木村利人さんという人で彼...

【ひよっこ】第13回 感想

東京から戻った美代子(木村佳乃)は、みね子(有村架純)に実(沢村一樹)が行方不明であることを打ち明ける。不安が的中し、動揺するみね子。自分が大…

ひよっこ 第13回

『明日に向かって走れ!』内容東京から戻ってきた母・美代子(木村佳乃)から、父・実(沢村一樹)が行方不明と聞くみね子(有村架純)帰ってくるのを信じて待つという母の言葉に、みね子も信じて待つことを決める。 翌朝、いつもより明るいみね子に気付いた時子(佐久間...

【ひよっこ】第13話(4/17月)感想と視聴率

<第3週「明日に向かって走れ!」の月曜日> 東京から戻った美代子(木村佳乃)は、

【ひよっこ】第13話(4/17月)感想と視聴率

<第3週「明日に向かって走れ!」の月曜日>東京から戻った美代子(木村佳乃)は、いつもと同じように茂じいちゃん(古谷一行)と一緒に畑を耕し、みね子(有村架純)が学校から帰って来た...

元気です>『ひよっこ』第14話 «  | BLOG TOP |  » カップヌードル ぶっこみ飯

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (151)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (38)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR