topimage

2017-03

万博>『べっぴんさん』第125話 - 2017.03.02 Thu

根本さんが帰って来た

今頃になって>こらこら

これが本当の
帰ってきたウルトラマン!?

↑寒…

…ひじゅにですが何か?



「自己満足やと思うてる?」by明美



“このドラマにこそ当て嵌る言葉だろ!?”シリーズ


今日で万博は終わってしまった。
明日から何でドラマを水増しするのだろう?
何か…何かな…
そんなことばかり気になってしまう>ぉ


数ミリ単位で手直しをする“キアリス”
その意味が分からない、さくら。

そりゃあ、そうだろうな
コネは使いまくる不正は繰り返す…
「地道にコツコツ」(『まれ』)なんて始めから頭になく
一足飛びで自分達の望みを叶えようとするだけ。
仕事=自分が認められること+売ってお金にすること
であって
客のことなんて考えていない。

さくらの方こそ“KADOSHO”にふさわしいんじゃね?


「より早く、より多く、より便利に。全てにおいて効率良く」
“KADOSHO”のこの言葉は間違っているわけじゃない。
寧ろ、これから日本はその通りの道をひた走って行く。

「一番大事なのは子供達のことを考えられるかどうかよね」
かつてはアメリカ式の生地や縫製を取り入れるという
ある意味、時代の先端を走ってきた“キアリス”が
今度は時代とは真逆の方向を進むことになる―

という前振りだとは思うけどさ

それを、さくら視点で描いちゃうって
どうなのかなあ…


まあ、こんなことをドヤ顔で言っちゃう明日香さんもどーなのよ?
って気もするけどね(笑)

でも、脇役は適当に片付けられるのが渡辺流。

描きたいのは、さくらだろうし
その、さくらはどうかっちゅーと―



“キアリス”を、すみれを、誰よりも傍で見てきて
よ~く理解している
…ってことを入社の際にアピールしてなかったっけ?

受け取った人に喜んでもらえる「べっぴんさん」を作りたい
…ってのが、あの長い長い家出騒動で得た結論じゃなかったっけ?

幼い頃はいつも、すみれお手製の服を着ていたから
細やかな作りや込められた思いを自然に受け取っていたハズ。
その時は当たり前過ぎて分からなかったとしても
大人になって親元を離れ東京やアメリカで暮らした時は
当然、他のメーカーの服を着たり見たりしただろうから
違いにだって気付けたハズ。

不正やコネ云々を別として、ただ今日だけの話でも
さくらが母親の仕事をまるで分かっていないし
分かろうともしてこなかったし
察するセンスも無かった
…ってことを強調しちゃっただけの様な(^^;)


さくら以外のところも今日はイマイチだったな。

肝心の万博シーンがショボいのは仕方ないとしても>ぉ
子供達より紙吹雪の方が目立ったし
紙吹雪より栄輔さんがアイドルの如くメインに映されているのも
まあイケメンだから取り合えず許すとしても>ぇ

根本さん再登場に意味ってあったのかなあ?

まあ、以前の闇市改装エピの後日談が語られたのは良かったけどさ
当時はそこを語ってほしいと望んでいたしさ
でも、このタイミングってどーなの?

何か取って付けたようだし
そもそも、まだ生きてたことに驚愕だし>こらこら

「今の日本は何かこう…人の手から離れていく様な」
上記した時代VS“キアリス”の前振りっちゅーか
解説みたいな役割にはなっている。

いるからこそ、尚更のこの取って付けた感…(^^;)


根本さんと玉井の再会もナンダカナ…

五月さんエピの時に、栄輔さんの善意に触れて改心したかの様だったのに
今日だって栄輔さんからは真面目に働いていると紹介されているのに
根本さんには悪態ついているし。

最初はツンデレなのかと思ったけど、デレがないまま終わっちゃったよ。

別に根本さんから酷い扱いを受けたわけではないよね。
あの時も右腕っぽいポジションだった。
闇市をクリーン化しようという根本さんの方針に逆らって
あくまでも悪銭の道を選んでの分裂だったわけだから
真面目になっているなら逆に謝るハズ。

「金の匂いがする所にはいつの間にかおる」
根本さんによる玉井評。

“エイス”が倒産したら玉井はサッサと離れて行く
…という前振り?

色んな登場人物を途中で行方不明にさせておいて
忘れ果てた頃に再登場させる、という手を多用するならするで
もっと気持ち良く描いてほしいなあ。


「今度の商品審議会、挑戦させて下さい」
最後はやっぱり、さくら。

先回は入社したてで参加していたのに
審議会でなくても自分のデザインを売り込んでいたのに
今回は頼まないとダメなの?

だとしたら
またまたコネを利用して自分押ししてるってことになるじゃん。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


大阪万博の時から40年以上愛される大阪の定番饅頭


ヴィンテージ エキスポ'70 大阪万博 ジャポネスク タオル


月の石といえば1970年の大阪万博でアメリカ館が展示したアレ

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2481-33eaaa1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

べっぴんさん (第125回・3/2) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第22週『母の背中』『第125回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 ※ 本作は、2/28 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や...

べっぴんさん 第125回

内容岩佐(松下優也)に協力するすみれ(芳根京子)たち“キアリス”その様子を見ていたさくら(井頭愛海)は。。。 敬称略 テンポが良いって言うのと、雑って言うのは、表裏一体。 よっぽど、シッカリやらないと、同義である。 前作、今作は、まさに、それだ。 だから、盛り上がっているようで、盛り上がっていないのだ。 そう。まさにスタッフの自己満足でしかない。

【べっぴんさん】第125回 感想

すみれ(芳根京子)は、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)と共に万博のショーに向けた子供たちの服を制作する。 一部の服は数ミ…

柿でワクワク>『べっぴんさん』第126話 «  | BLOG TOP |  » キュウリ>『べっぴんさん』第124話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

べっぴんさん (146)
相棒 (111)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (10)
食べ物・飲み物 (24)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR