topimage

2017-06

1番と3番>『べっぴんさん』第118話 - 2017.02.22 Wed

候補者は10人のハズが
12人いる!

驚く皆の前に現れたのは
さくら&健太郎

…って

ああ~面白い(棒)

と言えば良いのか?
言ってほしいのか、渡辺?

取り合えず、謝れっ!
萩尾望都の名作『11人いる!』に謝れっ!

あ、それとも
クドカン・ドラマ『11人もいる』にあやかりたいのか?
そうなのか、渡辺!?

…ひじゅにですが何か?



「ワシが入れました」by中西



↑シレッと言ってんなあ(笑)



昨日、すみれがハッキリ不正だと諫めたのに
またもや書類を滑り込ませるとは
侮れんな、中西。

何だかんだ言ったって“キアリス”は同族会社。
最終的には身内採用に決まっている。
お嬢様をこじらせたオバハン達に媚び売って頑張ってきたけど
どうせ俺なんて、これ以上は出世できないだろう。
それに引き換え、さくら&健太郎は
身内というだけで入社しさえすれば後は安泰。
後継者街道まっしぐら。
ならばあの2人に味方して恩を売っておけば少しは見返りを期待できる。
何せ甘々のお坊ちゃんお嬢ちゃんだからな、操るのは簡単さ。


…とでも思っているに違いない>ぇ


ところで
「お嬢ちゃん」は「お嬢様」に変換可なのに>ニュアンスは多少違うけど
「お坊ちゃん」と「お坊様」はイコールでないのは何故?

…なんてことは置いといて>ぉ


すみれの意見は
1:ルール違反はいけない
2:他社員の士気が下がる
だと思うんだけど

「1」 に関しては
自分達の情熱の前では些細なこと
寧ろ正当な手段!

「2」に関しては
自分達がやりたいんだから他の人なんて関係ないね!

…と、ヒロインの主張をまるっと無視する2人。

つつつつまり
『さくら青春物語』後編は
“キアリス”を強引に我が物にしようとしている狡猾さくら
という世にも恐ろしいお話であるということと

芳根京子さんをヒロインとするドラマのハズなのに
井頭愛海さんがその座を奪い取ってしまったという事実との
巧妙な対比でもあるってことなのか?


不正という大変なことをしでかしながら
問題は縁故採用の是非
つーか、単に世間体をちょこっと気にしているだけ
…という話にすり替えているし

健太郎の長台詞にほだされて>さくらは便乗しているだけ
結局は「」の問題にもなっているし

結局、身内には甘い…の一言じゃん。

コネだけどコネじゃないよ!と必死で誤魔化すも
頭悪過ぎで却ってコネだとアピールしまくっている様なもの。
不正も加わっているわけだから>しかも当然と思ってるくらいだから
入社後もどんなトンデモナイことをされるか分からない
他社員としては士気が下がるどころか
全く信頼できない酷い環境に追い込まれることになる。


優秀だから良い?
優秀でも人間性に問題あり―
ってのは西城さんで経験済みなのにね(笑)



ラストの「お絵かき対決」なんて茶番も良いとこ。

親バカ紀夫が終始ニヤニヤしているのは
分かってやっているとしか思えない(^^;)

幾ら上手い下手は問わないと言っても
美術の勉強をしてきた、さくらには圧倒的に有利。

さくらの絵は他の人達と画材からして違う感じだし。

それに何より
無記名にしたところで娘や息子が描いた絵は分かるもんと違う?

桜の下で戯れる親子の図ぅ―だなんてアカラサマな自己アピール。


最初からアッサリ縁故採用で十分なのに
必要以上に不快な話に仕立て上げる渡辺って…



と思って、今迄にこのドラマから感じ取ってきたことを
改めて思い起こしてみると―

1:独身=寂しい生き方で世間から邪険にされる可哀想な生き方
2:専業主婦=何も成しえない見下されても仕方ない存在
3:賢人=言葉遣いがエラソウなだけで若者に媚びを売る人
4:会社&働くということ=よく分かってない
5:正しい生き方=やりたいことはゴリ押しし欲しい物は奪い取る

他にもあるけど、ここまで挙げたら気持ち悪くなってきた…(^^;)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


春夏秋冬>チョコレート


動物>箸置き


雑貨>まんぷくぼくちゃんの茶碗と椀セット

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2472-f5e37d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【べっぴんさん】第118回 感想

「キアリス」新入社員採用試験を行っていたすみれ(芳根京子)や紀夫(永山絢斗)たち。 身内であるさくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)を採用する…

べっぴんさん (第118回・2/22) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第21週『新世界へ、ようこそ』『第118回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希...

べっぴんさん 第118回

内容さくら(井頭愛海)健太郎(古川雄輝)の採用で悩むすみれ(芳根京子)たち。人事部長の中西(森優作)は、2人のことを買うが。。。 敬称略 結局。。。“頼んだ”んだ。。。 これ、せめて、中西じゃ無く、明美だったり、良子、足立、潔だったりすれば、 全く違った印象だっただろうに。 そら。。。部長なのも分かるけど。 明美が言ったように、...

あるよ>『べっぴんさん』第119話 «  | BLOG TOP |  » ciel bleu>『相棒15』第15話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (73)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (14)
食べ物・飲み物 (32)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR