topimage

2017-04

保育所と特選マーク>『べっぴんさん』第52話 - 2016.12.01 Thu

子供達を世話するタケちゃんの図ぅ
をワザワザ映しといて
保育所へと話は進む

彼の存在は何なのよ?
…あ、掃除&雑用係なんだっけ

ももももしや保育所の件がダメになって
結局のところ彼が保母さん扱いされる
…というオチ?

いやいやそれは、あんまりでござりまするがな

…ひじゅにですが何か?



「女一人でもちゃんと生きていける様に頑張りたい」by時子



ご主人を亡くした時子さん。

父親が時計店をやってるとはいっても
彼女は時計のことを学んできたわけじゃないんだろうからな。
夫が後を継ぐ予定になっていたのだろう。

だから、“キアリス”で働けることになって良かった!
ってことだけど

彼女に関しては少しずつとはいえ人生の進展が描かれていて
そこも良いなとは思うけど

すみれ達が勝自分達の都合で声を掛けたことの
言い訳っぽいなあ(笑)


ましてや、他の3人に関しては
「色々作れるようになったら嬉しいわ」
「皆と一緒やったら頑張れるな」

…で解決?


ま、それはともかくも
百貨店出店に向けて動き出した四つ葉のクローバーである。


まずは、子供達を保育所へ―

月曜日のネタ振りのまま、託児エピがスタート。
三人三様な子達なだけに、これで解決!
…という簡単なものじゃないんだろうな。

ちょっと予想してみる>大抵外れる(笑)

この事態に一番ふさわしいのは良子の子供@龍一君だろう。
預かってくれる人がいないわけだからね。
でもって、保育所には行った途端に馴染んでいる様子。

だからこそ、ドラマ的には一騒動ありそう。
何せ、やんちゃな子だから。
何だかんだ言いつつ、父親もちゃんと注意しないんだもんな。

淋しそうにしていた、さくらちゃんと喜代さんも
このままでは済まなそう。
こちらも逆戻りしたりして?

君枝は姑とエネ夫問題がまだまだ続く。
これを解決することで、健太郎君を保育所に預けることになるという
他の3人と逆パターンになったりして?


これは働くお母さんとしては切り離せない問題なので
現代にも通じる悩みとして深く描かれるのかな?
…あ、あまり突っ込んだ描き方はしないドラマだった(^^;)



次は、いよいよ大急百貨店―

担当者の小山さんを演じるのは夙川アトムさん。
下條アトム以外にも、この名前の人がいたのか!?
と、無知ひじゅには驚いた>まあ、芸名らしいけどね

なんてことは置いといて

で、早くも浮上した問題は
1:「桁が違う」と思わず漏らすほど大量の商品を用意しなければならないこと
2:“キアリス”のタグを外して大急特選マークを付けること


ま、予想通りだったわけだがな。

「こないな名誉な話」
と、手放しで喜ぶ紀夫。
当時の感覚としては、これが当たり前だったのだろう。

「1」を解決するには
主婦4の手伝いだけでは無理なら外注するしかないわけで
“キアリス”の根底が崩れてしまう。

「2」は、明美の名誉を回復するどころか
4人全員を抹消してしまう様なもの。

すみれ達の「夢」とは合致しない。

でも、また断ってしまうなら
ようやく持ち直した(?)紀夫の社内の立場が
また揺らいでしまう「可能性」も。

ここのところをどう解決するかが、今後の見どころ?
蓋ショボにならないことを祈る>ぉ



で、明美問題―

主婦4が加わったことで
「お母さんがお母さんのために」というコンセプトが強化され
ますます明美が浮いた状態に。

実際には彼女が担当する「ベビー相談室」の方が大盛況で
売り上げの方がどれだけ上がったのか見ているだけでは不明。

だから、新聞記事があのままでも>気持ち的には悔しいけど
それを読んで興味を持って店に来てくれた人には
明美の存在が大きいことは一目瞭然。

なのに
彼女だけ異質であることを殊更大きくするドラマの進め方は
それにより騒動を起こそうという意図がミエミエで
ちょいとナンダカナ…なんだがな。

取り合えず
例の「影」はやはり根本さんの下から離れて行った元子分。

幾ら明美が「寂しい」立場だからって
彼に恋愛面でなびくとは思えないので>偏見?
金儲けの算段に使おうと企んでいるんじゃないかな?

そこを、百貨店エピと対比?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


保育所


バッグ付きで持ち運びOK


お名前スタンプ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2387-5ce91558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

べっぴんさん 第52回

内容紀夫(永山絢斗)の説得に応じ、百貨店出品を決めるすみれ(芳根京子)達は、ご近所の知り合いに協力を仰ぎ、君枝(土村芳)の家で作ることに。そして子供たちを、保育所に預けようとするが。。。。 敬称略 “取らぬ狸の皮算用”

べっぴんさん (第52回・12/1) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第9週『チャンス到来!』『第52回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は...

【べっぴんさん】第52回 感想

商店街の友人たちを巻き込み、百貨店への出品にむけた商品作りを始めたすみれ(芳根京子)だったが、今後忙しくなるとしたら子どもたちを…

なかったこと>『べっぴんさん』第53話 «  | BLOG TOP |  » 男会>『べっぴんさん』第51話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (18)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (26)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR