topimage

2017-04

時代>『べっぴんさん』第39話 - 2016.11.16 Wed

昔読んだマンガで
ゴリラの双子を育てる動物園飼育員の話を読んだ

家族総出で実の子供の様に可愛がって
人間の実の息子がちょっと僻む…なんてエピもあって

で、何が言いたいかっていうと

七五三の晴れ着が飾られたショーウィンドウを見て
飼育員の妻が二匹にも着せてやりたいと呟くシーンがあった

そんなもんかなあ…と、当時は思ったけど
そんなものなのかもなあ…と、今は思う

と、すみれ達の子供服に寄せて>ぇ

…ひじゅにですが何か?



「女が来ない市場に未来はありません!」byゆり



新しい店に向けて子供服作りに励む四つ葉のクローバーの図ぅ―

今迄は生地は潔頼りだった。
最初の頃はご祝儀にとタダで貰ったりしていた。
それが今度は進駐軍の店から仕入れることに>ランディ夫人経由だけど

だんだん本格的になってきたということの
証拠の一つ。

肌着の時も、さくらちゃんに着せて様子を見たりしていたけど
そして、それは、ゆっくりした描き方だったけど

今度は全員の子供達をモデルにして大奮闘。
1シーンで早回し。

これもまた彼女達がプロになってきたことを示唆?


「少しずつ少しずつ戦後の日本の社会が変わろうとしています」
そんな4人の姿と闇市での変化をナレーションで繋ぐ。



闇市を「女子供が安心して買い物できる商店街」にしようと動き始めた根本さんの図ぅ―

場銭を無くす
公定価格に近い値段にする
自警団を作る

五十八お父さんの勧めを具体的な案にして提示。

子分(?)達は出て行ってしまったけど
彼らまで諸手を挙げて賛成したりしたら
ちょいと嘘臭いエピになっちゃうよな。

後で何か仕掛けてきたりしたら怖いけど
去る時に転んだりして滑稽&小物ぶりを見せていたから大丈夫かな(笑)


「それで女が安心して堂々と来られるようになったら
いつかここは闇市ではなくなると思います!」


闇市を変えようというのは五十八お父さんの提案だけど
元は、ゆりが闇市への不満を口にしたことが発端だから
ここで彼女が賛同したのは良い繋がり。

あの時は人への恐れで委縮してしまい、その後は凹んでいた彼女が
ここでやっと何かを掴んだということだろう。

週タイトル『未来』を口にしたのが、ゆりだというのが何か良いなあ。


ふと思うけど―

すみれパートは
絵柄&イメージは淡い色に包まれた、ふんわりした童話風の世界。
内容的にも。店に関しては色々と上手い具合に進んでいて
そういう意味ではファンタジーと言えるけど

その実
女の嫌な部分を嫌にならない程度に描いているよね

それに対し、ゆりパートは
絵柄&イメージは暗く土気色の現実的な世界なんだけど

お話の方は意外にも、こちらの方がファンタジーかも?



ゆりの上昇(?)に反比例して
ちょっぴりヘタレな部分を見せる潔>こらこら

そんな彼が、すみれを訪ねて行くことで2つの世界がまた繋がる。

兄弟分の栄輔さんが、すみれに恋心を抱いていることに
全く気付いていなかった潔。
忠さんに言われて気付いた…いや、まだ半信半疑か。

そもそも潔の目の前で2人は出逢ったのだし
ついこの間は「運命や」と連呼してたし
栄輔さんの言動はかなり分かり易いものなんだけど(笑)

でも、これって
栄輔さんの存在を強調すると共に
潔が妻の思いに気付いてなかった…ってことの象徴かもな。

ゆりのことを気遣い、守っていると思っていたのに
ゆり自身はそこに不満を抱いていたってことに。

何がゆりを変えたのかと不思議がっていたけど
実は妻の本当の姿に気付いていなかったってことかも?


こんな風に「時代」と共に
つーか
「時代」を変える原動力の一つとして
複数のエピが交錯して行くのは、なかなか良いと思う。

思うけど

根本さんがああした心境に至るまでの経緯とか
ゆりの心の葛藤とか
もうちょい細かく描いてほしかった気がするな。


その一方で栄輔さんのことは盛り上げる盛り上げる。
外堀を埋めるとはこのことか!?って感じ>ぉ

勿論、栄輔さん自身は周囲を利用するどころか
バレバレだってことさえ知らないでいるんだろうけど(笑)

紀夫が帰って来るのは分かっているから
栄輔さんが気の毒で気の毒で…って思ってたけど
このまま行くと>今日は泊めちゃう話になってるし
いざ紀夫が帰って来た時に一悶着ありそうで怖い。


良子&君枝が、夫達に子供がなかなか懐かないと愚痴を言っていたのが
まんま、紀夫にも当てはまりそうだし
加えて栄輔の存在があるんだもの>彼は十分に懐かれているし

それに、紀夫は喧嘩売るタイプじゃないから
むしろ自分を責めちゃうかもしれない。

はっ!
これまた朝ドラ“お約束”に近い(?)
戦争によるPTSDネタか?


それに、店のこともある。
ゆりが「強さ」を少し発揮し始め
潔がそれに戸惑いを見せ始めたのは
すみれ&紀夫の前振り?


新しい店、新しい商品へのワクワク感
もっと描いてほしいな




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


子供服


商店街


世間話


スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんわ。

もうしわけありません!手違いで本日いただいたトラバを削除してしまいました。
お手数でなければもう一度よろしくお願い致します~!
ほんっとすいません!

>後で何か仕掛けてきたりしたら怖いけど
去る時に転んだりして滑稽&小物ぶりを見せていたから大丈夫かな(笑)

ベタな朝ドラだとやりそうですよね。
私も大丈夫かなぁ、と、ちょっと思いました^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

くうさん☆

いつもお世話になってます!
トラバは早々に送っておきました、お返事の方が遅れてスミマセン。

脇の物語は比較的アッサリ解決するみたいなので、変な展開はないかもしれませんね。
ヒロイン絡みは、特に今回の紀夫の帰りと栄輔のエピは引っ張りますなあ。

今のところ、個人的にはかなり好きなドラマとなっていますが
世間的にはイマイチみたいですね。
確かにツッコミどころがないわけではないので、頑張ってほしいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2372-143c0a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

べっぴんさん (第39回・11/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第7週『未来』『第39回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方...

べっぴんさん 第39回

内容麻田(市村正親)から勧められ、良子(百田夏菜子)の夫・勝二(田中要次)君枝(土村芳)の夫・昭一(平岡祐太)も了承し、すみれ(芳根京子)らは、店を引っ越すことを決める。店のデザインだけで無く、子供服づくりにも取りかかりはじめるのだった。 一方、闇市で...

NHK朝ドラ【べっぴんさん】第39回 感想

新店舗移転に向けて、動き出したすみれ(芳根京子)。店舗のデザインや、方々から手に入れた生地を使って子ども服作りの試作を始める…

家族>『べっぴんさん』第40話 «  | BLOG TOP |  » 『べっぴんさん』感想遅れます

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (18)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (26)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR