topimage

2017-05

趣味>『べっぴんさん』第16話 - 2016.10.20 Thu

外国人客@ジョンさんに
「日本語、大丈夫」
と言われたのに

「モウスグ帰ッテクルト思イマスカラ」

すみれが英語っぽいイントネーションの日本語で答えたのは
ももももしかして笑うところ?

…ひじゅにですが何か?



「何か…何か…作って、お持ちしましょうか?」
byすみれ




クララが立った
…でもなく
Garbo talks!
…でもなく

すみれが喋った!

っちゅーところでせうか?>ぉぃ


生まれて初めて商売を始める、すみれ。

働くという概念がなかった“お嬢様”も
生きるために
我が子を守るために
物を作り物を売る。

…はずだったのだが(^^;)


場所と機械は与えられたものの
物を作る技術も勿論、持ち合わせてはいるものの
まだまだ最初の段階で立ち止まってしまっている。


麻田さんが呼び込んでくれた近所の主婦グループ
「ええなあ」と眺めてはくれたけれど
結局買わずに、そそくさと帰っていってしまった。

女だもの、あの可愛い品々には素直に惹かれただろう。
でも、生活必需品じゃないし、贅沢はしてられない。

アカラサマに文句言われなかっただけ良かったじゃん。
真実を指摘するほど親しいわけじゃないし
子供にかこつけて去るのは精一杯の気遣いだよね。

一応、全員が名乗ってくれたし
子供を抱えた母親たちばかりだから
これから、すみれと交流を持つ様になるのかな?
なりそうだな。


靴の修理を頼みにやって来たジョンさん
初めてのお客になってはくれたけど
「楽しい趣味ですね」
と、本質を見抜く発言も…

すみれったら値段も決めていない状態だし(^^;)


ここで明美、再登場。

やはり、子供時代の彼女を忘れ果てている、すみれ。
ますます明美の反感を買っただろうな…と、ちょいヒヤヒヤ。

「皆、食べるのも困っとるのに
生きていくだけで必死やのに
誰がこんな贅沢品買うん?」


庶民の明美には見たこともない高級菓子を
いつもの“おやつ”として食べていた、すみれ
だから、明美にお菓子を差し出したことで
彼女がどれだけ屈辱を感じたかなんて思いもしなかった。

今も同じ“お嬢様”感覚のままだから
今の時代にはふさわしくない「贅沢品」が普通に売れると思っている。


麻田さんだって分かってはいるんだろうけど
今は言えないと思ってたのだろうな。

ジョンさんは柔らかい表現を用いてくれたけど
柔らか過ぎて伝わらなかった。

そこをズバリ指摘してくれた明美は
やっぱ、良い人だな。
本人はイケズのつもりだったかもしれないけど(笑)


ようやく自分の甘さに気付く…いや、気付き始める、すみれ。

明かりが切れたりして、生活が大変なことを示してはいたけど
直後に潔達が食料を届けてくれたのでホッとすると共に
「恵まれ過ぎてるんと違う?」
なんて思っちゃったりなんかもした。

でも、栄輔さんから
「生きとうても生きられへんかった妹の分まで頑張ってほしい」
とエールを送られて

やはり、すみれ自身がしっかりしなくてはならない!
ってことが強調される。


そして、ジョンさん再来店。

もうすぐ子供が生まれるそうで
最初に登場した主婦グループも含め
子供服へ~子供服へ~と周囲が一斉に後押ししてくるな(笑)


ハッキリ喋るのは何回目?
って聞きたくなる程のヒロインなので
ジョンさんとコミュニケーションが成立して
最初の客だけでなく二番目の客んもなってもらえそうで
すみれとしては画期的な物事の流れ。

なのに、肝心のジョン夫人@エイミーさんに激昂されるという
トホホなオチ。


まあ、おむつと言い出した時
当時の外国では赤ちゃんにどんなものを着せていたのか
無知ひじゅには全く知らないのだけど…

浴衣を解して縫った「おむつ」ではないことは確かだよなあ(^^;)

それでも、日本語堪能な(だから日本の事情も知っている?)ジョンさんが
喜んでくれたいたから、問題ないのかと思っていた。

そしたら、想像以上に激しい拒否反応を示すエイミーさん。

ま、異国の地でただでさえ心細いところに
マタニティブルーも加わってのことだろうけども…


エリーは偉かったなあ、エリーは
やっぱ夫@マッサンがフレディ・マーキュリー美形バージョンなせい?

…なんてのは置いといて



お店に置くのは「贅沢品」で
外国人のために作ったのがメチャ日本らしい「おしめ」って
凄いな、そのセンス!?
って気もしなくもないが>こらこら

いやいや
自分も妊娠時、一生懸命作ってたもんな、おしめを。
実際、大量に必要な物だし。

だから、ここは“お嬢様”ではなく
一人の母親としての視点。

少しずつ少しずつ前進してゆく、すみれである。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

刺繍入りハンカチ>工女ぐんまちゃん


布おむつ


風呂敷包み


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2342-228f075e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

べっぴんさん (第16回・10/20) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第3週『とにかく前に』『第16回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 仕事をして生き抜く道を模索するすみれ(芳根京子)は、幼い頃からなじみの靴屋・麻田(市村正親)の店で手づくりの手芸品を売り始...

べっぴんさん 第16回

内容すみれ(芳根京子)の作った写真入れを見た麻田(市村正親)は、作って売れば良いと言ってくれる。 早速、雑貨をいくつか作って、売り始めるのだが、やってくる人は、口では褒めてくれても、誰も買ってくれない。麻田に用のある新聞社通訳の外国人が、物珍しそうに買...

NHK朝ドラ【べっぴんさん】 第16回 感想

仕事をして生き抜く道を模索するすみれ(芳根京子)は、幼い頃からなじみの靴屋・麻田(市村正親)の店で手づくりの手芸品を売り始める。しかし、戦後の厳しい状況下で、趣味の品が売れることはないと気づく。悩みが深まる中、唯一商品を買ってくれた外国人通訳のジョンの依頼を受けて、出産の時を待つ妻・エイミー(シャーロット・ケイト・フォックス)に日本のおむつを持参するが……。 (上記あらすじは「Yahoo!T...

【べっぴんさん】第14~16回(10/18~10/20) 感想と視聴率

第3週前半の関東の視聴率、第13話[10/17(月)]19.9%、第14話[10

【べっぴんさん】第14~16回(10/18~10/20)感想と...

第3週前半の関東の視聴率、第13話[10/17(月)]19.9%、第14話[10/18(火)]20.8%、第15話[10/19(水)]21.3%と、続けて上がり、20%台に戻りました♪(^^)20%台に戻って良かったです(^^)特に、...

熊>『べっぴんさん』第17話 «  | BLOG TOP |  » タケノコ>『べっぴんさん』第15話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (44)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR