topimage

2017-05

スカーレット>『べっぴんさん』第12話 - 2016.10.15 Sat

二週に渡るプロローグが今日で終わり

…だと期待する

展開早過ぎなれど
込められているものは十分に濃いので
この二週間は満足だったけど

最終回までこの調子じゃないよね?
戦後からのアレコレに時間を割くための
確信犯的速さだよね?

つまり、ここも某前作と正反対

だからってわけじゃないけど(笑)
期待してまっせ

…ひじゅにですが何か?



「戦争、終わったんやね」byすみれ



まだ世間知らずのお嬢様から抜けきってない、すみれ。
だから、今迄はほとんどが家の中で話が進行していた。

それが一旦、近江に疎開することになり
初めて本格的に家の外に出ることになった、すみれ。

この流れは、すみれが“成長”もしくは“覚醒”していく
これからの展開に大きく影響すると思う。


五十八お父さんの実家は和風のお屋敷。
すみれの家は洋風のお屋敷だったから
見た目だけでも大きな違いがある。

親戚とはいえ嫌味の応酬で居心地の悪い家で
幼子を抱え、夜泣きや畑仕事の手伝い等
身体的にも辛いだろうけど
何より精神的に辛い日々を過ごすことに。


しかしまあ…

本田博太郎だけでも不気味なのに>こらこら
妻は山村紅葉だよ…
サスペンス劇場だよ…

中村玉緒だって今は優しそうだけど、裏の顔があるのかもしれないし
『だん×2』のトラウマが癒えていない三倉茉奈もいるし
あの時はブリッコ(死語?)ぶりが嫌だったけど
今回はアカラサマに嫌な女になってるし

夜が明けたら一家惨殺!?

…と怯えながら観ていたら
事件は別に起こらなかった>当たり前だ


近江での日々はベタだけど不快な雰囲気なので
ここが短く済んで良かった(笑)

つーか、まあ
短くても分かり易くするためのベタ表現なのだろう。

終戦までの流れも
神戸空襲→玉音放送→焼け跡となった神戸
…と、あっという間ながらもインパクトは強い。


神戸で五十八お父さん&執事が
警報が鳴り響き人々が逃げ惑う中
空を見上げて立ち尽くすところで画面が変わるのが
面白い演出だと思った。

時には過剰なくらいのコメディリリーフだった執事が
スッと表情を変え
五十八お父さんは同じ表情のまま…ってとこも。


食料事情やミルクの問題等
日常的な事柄の中で戦争による変化が描かれたと思ったら
空襲を始めとした戦争そのものに関しても
無惨な様子を直接映すことをせずとも中身をしっかり伝えている。

これはなかなか凄いんじゃないかと思う。

朝ドラでは直接描写は難しいだろうから。
視聴者への配慮という意味でもそうだし
描くために必要な物質的アレコレの面も不十分だろうから>失礼?

そういう意味で
『おひさま』の時の東京大空襲の被害を直接映さなかったところを
ひじゅに的には大いに擁護したのだけれども
ドラマの出来として成功だったかっちゅーと微妙でもある>スマソ

間接的な表現って難しいっちゅーことですねそうですね。
そーいう意味で、今日の『べっぴんさん』は評価したい。





神戸に戻り
娘さくらを背負って涙を流しながら立ち尽くす、すみれの図ぅ―

第1話に出てきたシーン。

あの時は、母親には見えないなあ…って思っちゃったけど
二週間を経て再び目にした姿は
まだ、幼ささえ感じさせるルックスながらも
内面は随分と違ってきたのだろうなあ…と伺える。

元々、芯は強いと言われてきた彼女だけど
その強さがさらに強くなって表にも出てきたって感じ。


ウェディングドレスを拾い上げるところは
(焼け残ったんかい!?と最初は驚いたけど^^;)
ちょいとスカーレット・オハラ@『風と共に去りぬ』を連想した。

糸子@『カーネーション』の時もそうだったな。
てことは、すみれは糸子と同じ強さを持っているのかもな。


物語の方も
すみれ自身も
これで土台が整った!
ってところだろう。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ウェディングドレス(の様な純白ケーキ)


スカーレット・オハラ>西洋朝顔


近江牛


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2337-3b1c3d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【べっぴんさん】 第12回 感想

戦況が厳しくなり、すみれ(芳根京子)とゆり(蓮佛美沙子)は、近江にある坂東本家に疎開することに。 祖母のトク子(中村玉緒)とおじの長太郎(本田博太郎)たちに迎えられるが、長太郎たちの態度は冷たく、つらい時間を過ごすことになるすみれとゆり。 そんな時、神戸にいた父の五十八(生瀬勝久)から神戸で大きな空襲があったと聞く。 昭和20年8月、終戦の日を迎えた後、神戸に戻ったすみれが目にした光景は… ...

べっぴんさん 第12回

内容娘・さくらが生まれたすみれ(芳根京子)だったが、紀夫からの便りが途絶え、不安を感じていた。そんななか、父・五十八(生瀬勝久)から会社が合併により無くなると。 すみれとゆり(蓮佛美沙子)は、五十八、正蔵(名倉潤)の勧めで、五十八の兄・長太郎(本田博太郎)のもとへ疎開することに。 祖母・トク子(中村玉緒)は大歓迎だったが、長太郎、その妻・節子(山村紅葉)、息子の妻・静子(三倉茉奈)は冷た...

べっぴんさん (第12回・10/15) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第2週『しあわせの形』『第12回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 戦況が厳しくなり、すみれ(芳根京子)とゆり(蓮佛美沙子)は、近江にある坂東本家に疎開することに。祖母のトク子(中村玉緒)と...

【べっぴんさん】第12回(10/15土)感想と第2週迄の感想

「それは持っていけないでしょ。大事な物やから置いとき」と、ゆりは疎開する前に、す

【べっぴんさん】第12回(10/15土)感想と第2週迄...

「それは持っていけないでしょ。大事な物やから置いとき」と、ゆりは疎開する前に、すみれに言いましたが、大事な物は無理しても持っていくのが基本では?(^^;)空襲が激化して...

べっぴんさん 第2週「しあわせの形」 

たしかに、丁寧に作られてます。すみれ(芳根京子)の出生していく、夫の紀夫(永山絢斗)が長い恋心を打ち明け、女の子なら、「さくら」と… ってのも感動的でした。疎開先での、肩身の狭さ。ようやく戦争が終わり、実家に戻ってみると焼け跡となってて、焼けた、母の形見のウェディング・ドレスを手に取る思いは、いかばかりか。そして伝言を残しますでも、1週目に既に子役から大人に。あっという間に、姉の結婚が決まり...

呪い>『相棒15』第1話 «  | BLOG TOP |  » さくら>『べっぴんさん』第11話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (45)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR