topimage

2017-05

刺繍倶楽部>『べっぴんさん』第6話 - 2016.10.08 Sat

土曜日がネタ振りの日

金曜日に大人編に突入したと思ったら
土曜日の今日は来週のための土台作り

その上で
来週はドドドドッと話が進みそう

…ひじゅにですが何か?



「やりたいこと見つけて悔いのない様に生きようや」by潔



女学校の親友2人
赤系は良子
青系は君枝



今日は君枝がクローズアップ。

身体が弱い。
でも、頑張って歩いたり
事前に母親と練習していたという話から
なかなか根性のある努力家さんっぽい。

性格的には大人しそうだけれども
イカニモ高慢お嬢様って印象の悦子に対し
「はしたない!」
と、ズバリ言ってのけるところが良いよなあ(笑)

「お国」を持ち出してきたのは、それが一番効果的だからだろうけど
実際、そういう時代だし、人々の意識も概ねその方向なんだろうけど
ここが高じて君枝が軍国少女になっちゃったら嫌だなあ>余計な心配


良子の方は、今日のところは
潔の姿を見て、ちょいミーハーっぽい反応を示してたくらい。

でも、複数の人物が揃うと、違いを強調するためか
妙に賑やかだったり、逆に卑屈だったり
ちょいウザいタイプが混じることが多い気がするけれども
今作の3人娘はそういう“がさつ”キャラはいないみたい>今のところ?
まあ、皆お嬢様だからな。


子役時代から続く人物では
潔と明美と麻田さん


は相変わらず大人っぽい優しさを持つ人で
きっと、省略された年月の中でも同じ様に
すみれを励まし、頭ポンポンしてくれていたのだろうな。

だから、視聴者が予想した通りに
つーか、そう脚本家が導いた通りに(笑)
彼が、すみれの初恋の人となる。

でも、予告の様子では
あっという間に失恋し
あっという間に別の人と結婚し
あっという間に母親になっちゃうみたいだよね。

某前作とは逆に
ヒロインが“夢”に向かって歩みだすまでの土台の部分を
早くに固めてしまう算段なのかも。


仕事VS家庭という
某前作が齧りかけのまま放り出したも同然のテーマを
今作で上手く描いてくれたら良いな。


明美は子役時代との対比というか、変奏曲というか
またもや世の中の仕組みに傷つけられることに。

お嬢様であるヒロインと対照的な立場の人が配されると
立体性が出て良いなと思う。


麻田さんは実にさり気ない再登場で却って好感。


そうした色々な人々の物語であると共に
戦争の影が描かれ、上手く絡められている。



すみれ達に直接関わることでは
昨日のもんぺに続き、今日はハチマキ。
日の丸弁当。
英語の授業がなくなること、刺繍の材料も入手し難くいこと。

日の丸弁当の件は某前作でも少し取り上げられていたので
今作を分かり易く視聴できるという点で
某前作にも存在意義があったのかも>ぇ

あ、そーいや、昨日のもんぺ刺繍の件も
教師に見つかって叱られる展開ではないかと心配したけど
某前作の、これ見よがしなコサージュに比べたら
ブラウスで隠れる位置だし、時代もだいぶ違うし
すみれも頭働かせてんなと思ってホッとできたってことで
これまた某前作の存在意義?>ぉ


潔に関しては
召集令状
加えて燃料供出。

明美の方は
「贅沢は敵だ」風潮に押されての従業員解雇。

あ、それと、服装@もんぺに関しても

すみれ=高価な着物を仕立て直したらしい綺麗な色柄と
ゆったりとしてエレガントな感じさえするデザイン

明美=よく見かける、もんぺらしい“もんぺ”

という差を描いているね。


最後は姉@ゆりがクローズアップされて
来週につづく。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


日の丸弁当>白米ジグソー梅干シール付き


坂野惇子


女学生>三つ編みかつら


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2330-7cb7582c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【べっぴんさん】 第6回 感想

昭和17年。女学校に通うすみれ(芳根京子)は、女学校仲間の多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)と3人で手芸倶楽部を結成していたが、太平洋戦争の影響で生活の変化を余儀なくされていた。 そんなある日、すみれは幼なじみの潔(高良健吾)に召集令状が届いたことを知り、自分の恋心に気がつくのだった。 しかし、姉のゆり(蓮佛美沙子)も潔に好意を寄せていて…。 (上記あらすじは「Yahoo!TV」より...

べっぴんさん (第6回・10/8) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第1週『想(おも)いをこめた特別な品』『第6回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 昭和17年。女学校に通うすみれ(芳根京子)は、女学校仲間の多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)と3人で...

べっぴんさん 第6回

内容昭和17年。女学校に通うすみれ(芳根京子)は、友人の多田良子(百田夏菜子)田坂君枝(土村芳)とともに、手芸倶楽部を作るも、戦争に翻弄される生活を余儀なくされていた。それは、五十八(生瀬勝久)の“坂東営業部”や“坂東家”も同じで、働く者に暇を出すこともあった。 そんななか、潔(高良健吾)に召...

【べっぴんさん】第6回(10/8土)感想と第1週感想

前回の最後から昭和17年(1942年)になりました。すみれは、芳根京子さんに代わ

【べっぴんさん】第6回(10/8土)感想と第1週感想

前回の最後から昭和17年(1942年)になりました。すみれは、芳根京子さんに代わり、女学校の5年生。最高学年です。ゆりは、蓮佛美沙子さんに代わり、女子大学に通っています。すみれには...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子第1話 & べっぴんさん第1週(10.3-7)

・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子第1話 原作は小説だそうですが、原作未読。 ファッション誌の編集者志望だったのに 校閲部配属となってしまった河野悦子(石原さとみ)の奮闘を描く作品。 なぜ新入りの女性に仕事任せちゃうのだろう?と思いながら観てたのですが、 新人への洗礼ですか。 地味でお堅いお仕事ドラマを想像してたのですが、 ドタバタコメディーという感じでしたね。 石原さとみさんが可愛いので...

恋の味>『べっぴんさん』第7話 «  | BLOG TOP |  » もんぺ>『べっぴんさん』第5話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (48)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR