topimage

2017-05

別品>『べっぴんさん』第1話 - 2016.10.03 Mon

第1話は少女マンガっぽい雰囲気

丸ペンか何かの細~い描線で
起伏のあまりない細~い女の子が
奥行のあまりない白っぽい背景の中で
ふわふわ~っと動いている作品


   ↑貶してません(笑)

良くも悪くもそういう印象を受けた
いや、どっちかっちゅーと
良い印象の方が強かったかも?

このまま、良い部分が増えていってくれたら良いなあ

…ひじゅにですが何か?



「あれは百合と菫やったよ」byはな



今作も実話ベース。

オリジナルよりは破綻し難いという定説も
某前作によって崩れ落ちたわけで

まあ、ゆっくりと見守っていきませう。


時間も場所もクルクル変わる

パーティの映像は
最初に成功した姿を見せるってのも朝ドラ“お約束”ちゅーか
よくある手法だな…と思わせるし

戦後の映像は
朝ドラ視聴者に最も受ける要素の一つが
ちゃんと盛り込まれていますよ!という宣言って感じだし

まあ、ベタっちゃーベタなんだけど(笑)

でも、その両方を一度に見せてくるところは
大胆というか、ちょっとユニークだし

間を繋ぐ少女達(まだこの時点では少女と言って良いよね)の姿と
ヒロイン一家が草の上に座る姿(母親の存在感が大きい)が
上記した様な線の細い少女マンガの雰囲気で

何とな~く好ましく感じられた。

あくまでも「何とな~く」なのであって
イマイチ弱い気はするけれども
>スマソ


アニメと絡むヒロインというタイトルバック映像

ちょっと某前作を思い出したりなんかしちゃったけども
あれほどのワザトラシサはなかったから良いか(笑)

あちらは姿にも動きにも逞しさがあったけど
こちらは線の細さや少女マンガっぽさが強調されている感じ。


豪華な洋館に住み
特別にあしらえたという洋服を着る姉妹。

ヒロインの家が裕福という設定は
例えば『あさが来た』もそうだったけれども
あちらは純日本家屋だったし時代劇だったので
地続き間があったけれども
こちらは浮世離れした感じ。

姉がピンクで妹@ヒロインが薄いグリーンってとこに
ソコハカトナク個性の差が出ているみたい。


病弱な母親という設定は
『おひさま』を連想させる。

あちらは、母親のキャラそのものが浮世離れしていたけど
こちらは、もうちょい立体的というか血が通っている感がある、
ナレーションも務めているからかもしれないな。


…ということで
どうしても初回は過去作と比較してしまいがち。


勿論、貶すために比較するのではなく
これから、その世界に馴染んでいくために
既に知っているものを引き合いにして受け入れようとしている
って感じかな。


第1話で強調されたのは刺繍と四葉のクローバー

刺繍はヒロインが歩んで行く道を示すものであるだけでなく
ヒロインの性格を描く手段にもなっている。
(襟の刺繍、母親のためにする刺繍、上手くなるために練習する姿)

加えて、花の刺繍ってところに
やはり少女マンガの香があるよなあ>拘ってんなあ

四葉のクローバーは
「勇気・愛情・信頼・希望」
を表しているそうで

少年ジャンプかい!?

…ちゃいますちゃいます!アレは「友情・努力・勝利」です!

つーか
女の子達が複数登場するみたいなので
彼女達の個性をこの言葉で示しているのかもしれないし
ジャンプに対抗して、女の友情を描きますぜ!ってことかも?>そうか?


ちょい気になるのは執事@曾我廼家文堂さんかなあ。

転んで「ここは何処?」というところは、ちょい好み>ぇ
帰宅した時も大袈裟に転ぶところは、ちょいやり過ぎ(笑)


アバンで谷村美月の顔を見たら
何故だかちょっとホッとした

別にファンってわけでもないのにね(笑)

ももももしかして
このドラマを好きになるのも嫌いになるのも
彼女が鍵だったりして?


個人的にはマナカナのマナが出演するのが、ちょい怖い。
カナならまだ良かったんだけど
マナにはまだ『だんだん』の時のトラウマが解消しきれてないので。

でも、このドラマで解消できれば嬉しいかな。
そうなるよう、頑張れマナ!>ぉ




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

べっぴんさん>ドラマとは関係なし


ドラマガイドpart1


ノベライズ(上)


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2325-8aa6a3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

べっぴんさん (第1回・10/3) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第1週『想(おも)いをこめた特別な品』『第1回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 昭和9年。主人公・坂東すみれ(渡邉このみ)は、繊維会社を営む父の五十八(生瀬勝久)、姉のゆり(内田彩花)と一...

NHK朝ドラ【べっぴんさん】 第1回 感想

昭和9年。主人公・坂東すみれ(渡邉このみ)は、繊維会社を営む父の五十八(生瀬勝久)、姉のゆり(内田彩花)と一緒に神戸の洋館で暮らしていた。ある日、すみれは入院中の母・はな(菅野美穂)にあげようと、初めて刺繍(ししゅう)に取り組む。お見舞い当日、すみれは完成した刺繍をみせるが、それを見た家族の言葉に傷ついてしまう。母に刺繍を渡せなかったすみれは、もっと上手くなろうと、再び刺繍をやり直すのだった...

べっぴんさん 第1回

『想いをこめた特別な品』内容昭和20年、焼け野原となった神戸の街を見てすみれ(芳根京子)は、涙する。そして。。。昭和44年、“キアリス”創業20周年パーティーが開かれていた。すみれは、亡き母・はな(菅野美穂)の言葉を思い出す。“勇気、愛情、信頼、希望”。。。。。 ...

【べっぴんさん】第1回(10/3)感想「四つ葉のクローバー」

初回、無難な感じで、まあまあでした(^^) 戦後の焼け野原の昭和20年(1945

【べっぴんさん】第1回(10/3)感想「四つ葉のク...

初回、無難な感じで、まあまあでした(^^)戦後の焼け野原の昭和20年(1945年)から始まり、4人の女性で起業する事を匂わせ、昭和44年(1969年)に飛び、華やかな「キアリス創業20周年パー...

外の世界>『べっぴんさん』第2話 «  | BLOG TOP |  » 007 ドクター・ノオ

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (48)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR