topimage

2017-04

大きな家>『とと姉ちゃん』第145話 - 2016.09.19 Mon

ななな何だか
あっという間に家が建っちゃったよ!

常子の「とと姉ちゃん」としての誓い…というか目標

この3つが成就するまでの過程って
ドラマとして
かなり重要な要素だと思うんだけど

…ひじゅにですが何か?



「存分にお母さんを労ってあげなさい」by花山



↑さすがネタ振りの月曜日
長年一緒に働いている花山さんからイキナリのこの台詞(笑)



今週のタイトル『常子、大きな家を建てる』は
ドラマが始まった途端に終了。

そして急速に始まる『かかの最後の物語』。


今迄も
タイトルに直接関係する部分は少なくて
違うエピソードでほとんど一週間が埋まる
…という現象はよくあった>いや、いつもか

でも、月曜日に
それもアバンで終了って
幾ら西田でも画期的かも?

朝ドラの半年が終わろうとしている今
遂にこの域にまで到達したのね!
さすが西田!

…と、褒めるべきところでせうか?>ぇ


家を建てるというのは、家長としては究極の目標だったのだろうし
それが叶う前にどんどん家族が減ってしまっていくのは
(勿論それはオメデタイ理由なんだけれども)
少しばかり切ないことかもなあ…なんて思っていたら

ギリギリになって鞠子一家と美子一家が同居したいという
イキナリの申し出で
今度は逆に家族が増えてしまったわけで
(勿論それは喜びの方が大きかったとは思うけれども)
何か複雑ではあるよなあ…なんて同情してもいたので

そこのところがほんの少しは描かれるだろうと期待していたのに
本当に最後まで気を許せない『とと姉ちゃん』である(笑)


ともかくも
ずっと住み続けていた借家を土地ごと買い取って
そこに「大きな家」を建てた常子であった。

水田家や南家は幾らかでも出したのだろうか?
それとも家賃という形で払っているのだろうか?
…なんて下世話なことが気になってしまった(^^;)

ネットで拾った話。

稼ぎの良い独身の姉が建てて親と住んでいた家に
経済的に困っている弟家族が転がり込み
無料で住んでいるうちに自分達の家だと勘違いし始め
姉をニートだと罵って追い出そうと騒ぎ立てるも
事実を突きつけられて自分達が追い出されることになった―

というのがあったけど
常子の場合は立場が明らかだから大丈夫でせう。


↑全くもって余計な話


幸せイッパイな日々の中で突然倒れる、かかの図ぅ―

イカニモ幸せそうにノンビリまったりしている時
手前に鞠子が洗濯物を干す鞠子の姿を入れて
日常の「ささやかな幸せ」を強調し
直後に突然の苦痛に襲われる、かかの図ぅ
…が前振りとしてあったわけだけど

気になったのは、かかが鼻歌を歌っていたこと。

何か悩んでいたり辛いことがあったりした時
それを誤魔化すために鼻歌を歌うのが、かかの癖
…って設定があったハズ。

だから最初は
かかは既に病気に気付いていたのか
幸福過ぎて不安に怯えていたのか
どっちかの描写なのかな、と思った。

でも、全体を見ると
やっぱ、幸福の中にイキナリ差し込む影
…という描写の様だったよね?

やっぱオカシイ
…と変なところが気になってしまうのが、ひじゅにの癖。


ちゅーことで
 入院するも事実を悟って帰宅を願う、かかの図ぅ
で今日はオシマイ。

やはり、ととの最後と対比して
家で最後の時を過ごすことになるのか。
あの紙細工の桜に
相当するものは登場するのか!?

乞うご期待!>ぉ



【追記】
あ、書き忘れてたけど
綾さんが今頃になって”あなたの暮らし出版”に就職とはね…

もう、今更どーでもいいよ>こらこら

ただ、思うのは
子育てが終わった…とか何とか言っていたけど
綾さんちの場合、もうとっくに終わってたんじゃ…

ってことだけど
まあ、それもどーでもいいや。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


大きな家>キャンドルホルダー


お嬢様のためのドレスBOOK


ブランデーとチョコと牧牛乳の同居>アイス



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2312-e727d767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん (第145回・9/19) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第25週『常子、大きな家を建てる』『第145回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 ※ 本作は 8/25 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想な...

とと姉ちゃん 第145回

『常子、大きな家を建てる』内容昭和39年となり、大きな家を建てた常子(高畑充希)たちは、鞠子(相楽樹)美子(杉咲花)の家族と一緒に暮らしていた。 敬称略 もう、サブタイトル終了。 あとは、予告どおり。。。。君子が死ぬだけ。 にしても、いつも。。。コレだ...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第145回 感想

昭和39年。 常子(高畑充希)は元の家を購入・改装し、大きな一軒家を建てる。 鞠子(相楽樹)や美子(杉咲花)を家族ごと呼び戻し、3世帯9人の大所帯で暮らしていた。 『あなたの暮し』の売上も順調。 常子は新しい連載の企画の構想を練りながら職場づくりにも力を入れ始め、育児に一段落した女性の中途採用を積極的に行っていた。 全てが順風満帆と思っていたやさき、君子(木村多江)が突然入院する。...

鼻歌>『とと姉ちゃん』第146話 «  | BLOG TOP |  » 昭和39年>『とと姉ちゃん』第144話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (21)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (26)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR