topimage

2017-09

鞠子、奮闘す>『とと姉ちゃん』第110話 - 2016.08.09 Tue

平塚らいてうが『暮しの手帖』に
お汁粉のレシピを載せたのは実話

それは「ゴマじるこ

黒ゴマを「すって すって すりつづける」のが大事で
体力的に大変なので夫の奥村博史が手伝ってくれたとか

強い女というイメージの平塚らいてうが
可愛く感じられるな

まさにそれこそが『暮しの手帖』の役割?

…ひじゅにですが何か?



「とと姉が花山さんに
編集長をお願いした時の話と比べれば…」
by鞠子



↑皮肉か?

ドラマ内では
花山さん=偏屈と言っているのかと
そっちの方の皮肉だと解釈していたみたいだけど

視聴者的には

常子、そんなに頑張ってたか!?

という疑問がグルグルグル…(笑)


仕事か結婚か…
朝ドラには付き物の
でも、現代にはあまり合わなくなってきている
命題。

三姉妹の内、唯一人結婚する次女@鞠子は
ヒロインに代わって、この命題に取り組むのである>ぉ


私~今迄~これといったことしてないし~
このまま家庭に入っちゃうのも~逃げてるみたいで~
私らしくないっていうか~
だって大卒は私だけだし~頭良いし~文学的素養もバッチリだし~
何事かを成し遂げる存在だと自分でも思っちゃったりなんかして~

…と
マリッジブルーというよりも中二病的な鞠子。

朝ドラに中二病も今や付き物みたいだから>既に“お約束”化?
そういう意味でも役割を果たしていると言えるな(笑)


常子だったら「何かを成し遂げる」ってところにではなく
お金を儲けられるか否か…を悩みそう。
バラック住まいの水田さんと結婚するだなんて
悩むどころか速攻で却下しそう(笑)

でも、意識高い系の鞠子は「日常」に埋没するのが怖いんだろうな。

プロの作家になっているとか
花山さん級に目立つ&役立つ存在になっているとか
出来ていたなら悩むことはなかったかもしれないけど
きっと、そこまでの能力はなかったのだろう(酷)

だからせめて、東堂先生の言う様に
何か一つだけでも「成し遂げる」ことが出来れば
それで前に進んでいける…

そう考えて、出したアイディアが平塚らいてう。


鞠子だけでなく常子も(もしかして美子も?)
ついでに言うと綾さんも
大きな影響を受けた平塚らいてうを
今迄『あなたの暮らし』に結び付けて考えてこなかったのが
却って不思議な気がするけれども、まあそこは置いといて>ぇ

鞠子だって、あんなその場の思いつきみたいなのではなく
ずっと以前からこの企画は温めていて
それが今回良い機会があったのと自分の心境とで遂に口にだした
…なんてのだったら良かった気がするけど、そこも置いといて>ぉ


鞠子の奮闘記スタート


その奮闘記の内容がベタなのは、まあご愛敬ってことで(笑)

雨の中を立ち尽くしているところとか
それで相手がアッサリ折れてくれたところとか
それでいて封筒はまるで濡れていないところとか
やっぱ、ちょっと笑っちゃったんだけどさ。

雨の中を座り込みした上に
濡れ髪&タンクトップで誘惑した
夏美タソ@『どんど晴れ』という前例があるだけにね>ぉ

でも、常子よりはずっと頑張ってた感は出ていたな。


その頑張った相手は平塚らいてう本人ではなくて
しかも偏屈で有名な担当編集者
っちゅーところは、いつもの西田流。

でもって、本人の方は
偏屈どころか自分の方から寄稿したいと思っていただの
書くからには雑誌に相応しく夏のお汁粉のレシピ&随筆が良い
と提案してくれるだの
話の分かる(雑誌の趣旨もよく分かってる)当たりの柔らかい人だった
っちゅーところも、西田流と言えるかな。

つまり、ツン→デレ展開(笑)


そんな平塚らいてうに拍子抜けというか、言葉を亡くす鞠子は
逆に常子や花山が目指しているものを真の意味で理解していない証拠。
う~ん、やっぱ…能力なかったのかも?(酷)


まあ、だからこそ
今回のことを「成し遂げた」後は
思い残すことなく主婦の道へと「変わる」ことができるのだろう。


少なくとも、この頑張りぶりは
   (上記した様に頑張った…と断定してしまうには
   緩い描写な気はするけど
   このドラマとしては画期的だったよね)
ヒロイン常子で描いてほしかったところだけれども

台詞で花山さんを迎える時の常子と比較していたところからして
西田としては十分に描いてきたつもりなんだろうな。

ここのところは、脚本だけでなく
中の人による役の解釈とか演技力とか、持って生まれた資質とか
勿論やる気とか…諸々が関係しているんだろうな>あ、言っちゃった






☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


冷やししるこぜんざい
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


自らを偏屈だからと言ってしまう気のいいおじさん陶芸家@都丸俊夫作
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

平和な日常
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2274-2535ac0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第110回 感想

予定していた原稿に突然穴があき、騒然とする編集部。 鞠子(相楽樹)は、平塚らいてう(真野響子)に原稿を依頼してはと提案する。 信頼している編集者としか仕事をしないというらいてう。 鞠子は門前払いを受けるも、担当編集者の元に何度も足を運び交渉を続け、やっと会うことができたらいてうに『青鞜』で自分が感動した様な女性に向けての言葉を寄稿してほしいと依頼する。 しかしらいてうが提案してきたの...

とと姉ちゃん 第110回

内容平塚らいてう(真野響子)の原稿を載せようと提案する鞠子(相楽樹)常子(高畑充希)は、鞠子を交渉に向かわせる。 敬称略 今回に限らず、相変わらず。。。“主張”は多い今作だけど。 なぜ、今回のように、頑張る姿を描いてこなかったかなぁ。。。。 本来は、そこにある...

とと姉ちゃん (第110回・8/9) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第19週『鞠子、平塚らいてうに会う』『第110回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 予定していた原稿に突然穴があき、騒然とする編集部。鞠子(相楽樹)は、平塚らいてう(真野響子)に原稿を依頼してはと提案する。信頼している編集者としか仕事をしないというらいてう。...

太陽になる>『とと姉ちゃん』第111話 «  | BLOG TOP |  » とうもろこし>『とと姉ちゃん』第109話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (151)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (38)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR