topimage

2017-03

007 死ぬのは奴らだ - 2016.08.07 Sun

ショーン・コネリー版を制覇しようと思っていたのに
ロジャー・ムーアに走ってしまった(笑)

でも、先回観た『ダイヤモンドは永遠に』の次の作品なので
順番としては合ってると言えるかも(笑)

これで、私的には4人目のジェームズ・ボンドとなる。
やはり皆、最初からボンドの顔をして登場するので>当たり前か
どの人も違和感なく入っていけた。


ロジャー・ボンド作品はコミカルだと聞いていた。
確かにコメディ・タッチではあるけれど
ショーン・ボンドの『ダイヤモンド』や『二度死ぬ』が
かなりキツイおバカ映画だったので(笑)
今作はかなりマトモに見えた。
コメディとして…ってことだけど。

たとえば、冒頭での―

突然訪ねてきたMに、女性を引っ張り込んでいることを気付かれまいと
ちょっとアタフタするところは何だか小物感があって
おいおい(^^;)だったし

Qに渡された>といってもQ自身の出番は無し(寂)
腕時計の協力な磁力で女性の背中のファスナーを下げるところは
おいおい(^^;;)だったし

結構笑えたけどね。

ああ、そうだな。
痛いのではなく普通に笑えたので
おバカぶりもコナレてきたってことなのかも?



今回の特徴の一つは
悪の側が一人を除いて全員、黒人だったこと。

日本を舞台にした『二度死ぬ』が日本人としては
ちょいキツメだった様に
今作も観る人によっては微妙かもしれない…という気はするけど

個人的にはそこらへんは無知なだけに見過ごせた。

つーか
サメディといいMr.ビッグといい、強烈なキャラが揃っていて
『二度死ぬ』よりオイシイじゃん(笑)

まあ、2人とも、ラストはあまりにもマンガチックだったけども。


毒蛇にワニにサメ…と、動物が多く登場したことも特徴。
毒蛇がチョロチョロするところは何というかレトロな雰囲気がしたし
ワニの背を踏んでボンドが逃げ出すところは
因幡の白兎かい!?
って感じで、ちょっと懐かしかった>ぉ

   ↑幼い頃、この話をよく読んだので(笑)


あと、お笑い要員以外の意味がないペッパー保安官
なんてのも登場(笑)


ボンドガールは
主要な人物が2人出てきて、片方は死に片方はハッピーエンド
ってところは黄金のパターン。

ロージーは何だかよく分からなかったけどね。
やたら煩くて、ちょっとウザいと思っていたら
あっという間に死んじゃうし(^^;)

ソリテアの方は、設定的には「おいおい」な部分が多いものの
美しいから許す!って感じかな(笑)


ま、そんなこんなで
ロジャー・ボンド第一作は「まあまあ」ということで(^^)



『007 Live and Let Die』 1973年/イギリス、アメリカ
監督:ガイ・ハミルトン
脚本:トム・マンキーウィッツ
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽:ジョージ・マーティン
テーマ曲:モンティ・ノーマン
主題歌:ポール・マッカートニー&ウィングス『Live and Let Die』
     (作詞作曲:ポール・マッカートニー、リンダ・マッカートニー)
出演:ロジャー・ムーア(ジェームズ・ボンド)
ヤフェット・コットー(Dr.カナンガ/Mr.ビッグ)ジェフリー・ホールダー(サメディ)
ジェーン・シーモア(ソリテア)グロリア・ヘンドリー(ロージー)
クリフトン・ジェームズ(ペッパー保安官)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

ブルーレイ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ロレックス・サブマリーナ・5513
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SHM-CD>完全生産限定盤
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

ついに私がみたことがない作品にたどり着きましたねw 私もひじゅにさんにも負けないくらいたくさん007シリーズ制覇しようと思います。

ロジャームーアを見るならば、私を愛したスパイを強くおススメします。私の中ではオナペッツ姉さんを超えるキャラだと思うレジェントが登場しますゆえw

ジャスター さん☆

ありがとうございます。
ショーンの方に区切りをつけてから…と思っていたのですが、都合ですっ飛ばしちゃいました(笑)
ロジャーに進んでしまったからには、こちらを制覇したいと思っていますが、どうなることやら。
噂ではロジャー番が一番コメディ色が強いそうですが(ショーンも大概という気がするけど)
楽しめると良いなあ。
(『スペクター』はどうした『スペクター』は!?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2272-f473c833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とうもろこし>『とと姉ちゃん』第109話 «  | BLOG TOP |  » ませ>『とと姉ちゃん』第108話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

べっぴんさん (145)
相棒 (111)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (10)
食べ物・飲み物 (23)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR