topimage

2017-07

取材>『とと姉ちゃん』第93話 - 2016.07.20 Wed

美子の花山さんへの思い
鞠子の水田さんへの思い

…何故、対比させる様に描くのだろう?

美子は自分から恋心ではないと否定
鞠子は常子に冷やかされて否定

後者はハッピーエンドになるのだろうから
そっちを強調するため?

…だけなら良いけど>ぇ

…ひじゅにですが何か?



「ととに褒めてもらいたいのに近いのかな」
by美子



花山さんに発破をかけられてカフェ“浪漫”に取材に行く三姉妹。

綾さんにとって残酷な仕打ちだなあ、と思っていたけど
綾さんには紹介を頼んだだけで、彼女自身は蚊帳の外。

女給「アンタらも良いとこの子か」
常子「いえ、私達は普通の…」

いいえ、普通じゃありません!
…ってのは置いといて>ぇ


先週土曜日、今週月曜日と続いた
通りすがりの人が何から何まで勝手にペラペラ喋りだすシリーズ第三弾!


お竜さんや綾さんという
それなりに関わりのあった人達に言わせるシリーズに次ぐもの。

つーか今回は
綾さんが仲介に入ったり
初登場とはいえハッキリした存在感のある佐藤仁美が中心になっているし
(今回だけで終わりではなく再登場しそうな気配でもあるし)
脇役シリーズと通りすがりシリーズの両方を備えたもの?

…ってのも、どーでもいいけど>ぉ


「女の人の役に立つ雑誌」という常子の一言で

洋服を着てオシャレをしてみたい
でも、布もないし技術もない
…と、直接的なヒントを口にしたかと思うと

男に都合良く作ったもの
男から見た女の記事
…と、常子達が目指すものを強調するための逆説まで(笑)

実に親切仕様。


どっちかっつーと、この場合
常子達の姿勢の方に視点を置くべきだったんじゃ…
って気がするけど

それって所詮、素人考え?

だって、花山さんが彼女らを送り出したのは
普段あまり縁のない“世界”を覗くチャンスを
逃してはいけない!
という編集者としての心がけが第一だったわけでしょ?

で、結局のところ
それ以上の事を聞くことが出来たわけだけど
常子達の手腕によるものでは全くないよね(笑)

こっちから聞き出す…って形にした方が
面白かったと思うんだけどなあ…


花山さんは花山さんで
昨日ポスターで見た洋裁学校に取材。

こっちの方が、それなりのシーンになっていたと思う。

家で、妻が子供の髪を切っている図ぅも自然だったし
その子供が被った新聞紙を見て洋服の裁断法を思いつくところも
それなりに良かったと思うよ。

それなりに…と、つい付け加えちゃうのは
何となく既視感があるというか、要はベタだから>スマソ


確かにさ
表現や話の流れとしてはベタだったりイマイチだったりしても
花山さんが出ていると、それなりのシーンになっている気がするよね。

ヒロインの中の人との役者力の差をここまで見せつける唐沢GJ!>ぉ

それに加え
上記したシーンの積み重ねの後で
次のステップへと進む光を見出すもまた花山さんなんだよなあ…

常子は
「どーしたもんじゃろの~」
と、流行るどころか嫌悪感の対象と化してしまった
決め台詞モドキを呟くだけ。

ヒロインからドラマ内の立ち位置も奪い取る唐沢GJ!>ぉ


そしてそして
制作側も大いに意識しているのか
非常に非常に重要なこととして
今日、遂に「とと」という言葉が花山さんと重ねられた。

ここここれって…

ほら、以前から「男手」の大切さ…というのが
度々語られてきたじゃん?

それまでさんざんバカにしてきた鉄郎叔父さんでさえ
小橋家に滞在している間は「男手」故に有り難がられていた。

お竜さんエピの時なんて
常子の雑誌のヒントだけでなく
女だけでは家族を守るのは難しい…とまで言わせちゃって
何だか妙に「男手」を強調していた。

そもそも
「とと姉ちゃん」であること=オヤジ
みたいな解釈もされているみたいだし。

少なくともヒロインの中の人はそう演じているという話だし
脚本家もそうなのかもしれないという疑いが濃厚。

これって『とと姉ちゃん』の根幹に関わる問題だよね?


早トチリひじゅには
「とと」=家族のリーダーってことで
性別なんて関係ないと解釈していたんだよ。

でも、ドラマでは
「女」を一見強調している様で
意外にも男尊女卑的な考えがチラホラ…

でもって、ここに来て
花山さん=「とと」なんて概念が出てきちゃってさ

これじゃ
「とと姉ちゃん」は本物の「男手」が現れるまでの繋ぎ
に過ぎないじゃん。

実際、常子は今も今迄も大して役立っていないしさ
ドラマ的活躍もしていないし

でもって今は花山さんに丸投げだし。


これぞ西田の心の闇?
それがハッキリ表れてきたってこと?(怖




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


簡単手作り>子どもブティック
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ステープル ファイバー
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

昭和のファッション>おしゃれぬり絵
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2255-0a6488ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん (第93回・7/20) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第16週『“あなたの暮し”誕生す』『第93回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 カフェで働く梢(佐藤仁美)たちから、常子(高畑充希)は思いがけないヒントをもらう。布がないのはもちろんだが、洋裁学校で特別な技術を学ばなければ作ることもできないというのだ。一方、...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第93回 感想

カフェで働く梢(佐藤仁美)たちから、常子(高畑充希)は思いがけないヒントをもらう。 布がないのはもちろんだが、洋裁学校で特別な技術を学ばなければ作ることもできないというのだ。 一方、洋裁学校を取材していた花山(唐沢寿明)も高価なミシンや布地でしか教えていない現状を知る。 特別な技術や知識が無くても洋服が作れればと試行錯誤する常子たち。 そんな折、花山が娘の散髪で使っていた新聞紙から洋...

とと姉ちゃん 第93回

内容花山(唐沢寿明)に言われ、常子(高畑充希)鞠子(相楽樹)美子(杉咲花)の3人は、綾(阿部純子)の働くカフェーで梢(佐藤仁美)らから話を聞き始める。 敬称略 結局、 色々な理由を付け、イイワケしたところで、 金にものを言わせて、強引に取材しているよう...

直線断ち>『とと姉ちゃん』第94話 «  | BLOG TOP |  » 浪漫>『とと姉ちゃん』第92話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (96)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (17)
食べ物・飲み物 (34)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR