topimage

2017-03

007 ダイヤモンドは永遠に - 2016.06.26 Sun

またまたTVの吹替え版で観ました。
ショーン・コネリー=若山弦蔵になっている今日この頃…


「自然界で最高の硬度、ガラス切り、結婚の小道具
女性にとっては犬以外で最良の友」
byボンド


というダイヤモンドを巡る話―

何と
また日本かい!?
と思えるシーンから始まった。

前々作『007は二度死ぬ』でショーン・コネリーはボンド役を一旦卒業するも
ジョージ・レーゼンビー版『女王陛下の007』を挟んで今作で復帰
ということなので、『二度死ぬ』とイメージ的に繋げているのだろう。

『女王陛下』はまだ観ていないけど噂によるとシリアスな作品らしい。
後のダニエル・クレイグ版に続くものなのかな?
でもって今作は、『二度死ぬ』と似た調子のおバカ映画。
これはきっとロジャー・ムーア版に引き継がれていくのだろう。
って、まだムーア版も未見なんですが>ダメじゃん

でも、『二度死ぬ』の方は日本が関わっていたせいか
呆れてしまって楽しみきれない部分もあったけど
今作はそれなりに乗れた気がする(笑)


ラスボスは猫を抱いたブロフェルド@スペクター

影武者を作るため顔の模型が』並んでいるところといい
手術される人が粘土で固められていたり
ボンドがブロフェルドをストレッチャーごと泥(?)の海に突き落としたり
…と、やはり笑わせようとしているとしか思えない展開。

後の方のシーンでは、猫まで影武者が用意されているし。

女装までしているんだものなあ(笑)
あれって、ただティファニーをおびき寄せるためだけのもの?


それと呼応させるかの様に
二人組の殺し屋はゲイのカップルで、手を繋いで歩いていたりする。

滑稽さと不気味さの両面性があって面白いと思ったけど
最後のボンドとの対決はおマヌケだったな(^^;)


ボンドは火葬されそうになったり生き埋めになったり色々と危機は訪れるけど
助かり方が、良く言えばシャレているんだけど、やっぱギャグっぽい。

テープを取り替えたりとか細かい技も色々と見せてくれるんだけど
自分の背中に手を回して誰かと抱擁しているふりをするとか…
やっぱギャグじゃん(笑)

でも、でもね
おマヌケなキャラではなく、おトボケ・キャラってほどでもなく
あくまでもスマートにシャレた雰囲気で演じているところは
さすが!と思いますわ。



とはいえ、私的には
おトボケといったらQ
あのカジノでのシーン、カワイイざます。


ボンドガールのティファニー@ジル・セント・ジョン
露出過多の衣装もイヤラシサがなくキュート。
お尻のところにテープを入れられちゃうところは、やっぱギャグ。

前半は海千山千のオバサンっぽいのだけど>失礼
後半はちょっぴりドジッ子っぽくなって可愛い。

男性に都合の良い、ルックスは抜群+頭は弱いという
女性からしたら不快になりかねないキャラっぽいんだけど
不快感なく可愛いので許す>ぉ


最初の方ではマニ―ペニーが
ラストではティファニーが
ダイヤモンドを欲しがってボンドを呆れさせていたのが
女性の本性と男性の立ち位置を示していた上
物語全体を纏める役割も果たしていて
作品の印象を良くしているのかも?

大爆笑とは行かなかったし
途中でちょっとダレちゃったりもしたけれど
『二度死ぬ』よりは好意的に観ることができたな。





『007 Diamonds Are Forever』 1971年/イギリス、アメリカ
監督:ガイ・ハミルトン
脚本:トム・マンキーウィッツ、リチャード・メイボーム
原作・イアン・フレミング
音楽:ジョン・バリー
主題歌:シャーリー・バッシー
撮影:テッド・ムーア
出演:ショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)
ジル・セント・ジョン(ティファニー)チャールズ・グレイ(ブロフェルド)
ジミー・ディーン(ホワイト)Q(デズモンド・リュウェリン)
ブルース・グローヴァー(Mr.ウィント)パター・スミス(Mr.キッド)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ブルーレイ


ムートン・ロートシルト1955年もの


原作


スポンサーサイト

● COMMENT ●

ついに私の見ていない作品まで進出されましたね。この調子だと今年中に制覇できじゃうんじゃないですかねw

ブロフェルドは007シリーズの敵で一番有名で一番権力もっているのですが、未だにコネリーボンドでまともにお見掛けしたことないので、ひじゅにさんの記事でコネリーだけでも制覇しておこうかと思いましたよ。ちなみに、最新作のスペクターではブロフェルドは拝見しましたけどねw

二度死ぬよりかマシという時点でだいたい内容察してきましたが、ゲイカップルが気になる(そこかw)

ジャスター さん☆

ありがとうございます。
夏になってペースが極端に落ちてきましたが>暑いの苦手~
ショーン・ボンドとダニエル・ボンド(『スペクター』まで)は
何とか制覇したいです。

初見の『ゴールデンアイ』は、おバカな部分もシャレてたりカッコ良かったりと
バランス取れていたので十分に楽しめたのだと思いますし
今のところシリアス部分の多い『スカイフォール』が一番のお気に入りなので
まるきりおバカなのはイマイチかも…と思う今日この頃(笑)

次のボンドはトム・ヒドルストンという噂だそうですね。
もうちょいダニエルを楽しみたいけど
新しい人がどんなボンド像を形作るか、非常に楽しみでもあります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2233-9508a863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大切なもの>『とと姉ちゃん』第73話 «  | BLOG TOP |  » 青柳商店逃亡>『とと姉ちゃん』第72話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

べっぴんさん (146)
相棒 (111)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (10)
食べ物・飲み物 (24)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (3)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR