topimage

2017-06

しみつ>『とと姉ちゃん』第70話 - 2016.06.23 Thu

今日は清さんだけは良かったと思うよ

心情が伝わってきたもの
イケメンにも見えたし>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「しみつ(秘密)を隠しておくってのが不得手なもんで」by隈井



↑鶴太郎もアカラサマな江戸弁を使うところが良かったかも(笑)



え~っとね

え~っと…

まあ今日は一応
青柳商店と甲東出版とを対比させ
仕事への誇りや理想VS現実
その現実をもたらす戦争
その理不尽さや苦悩
気概を持っての妥協

…みたいなのを描いたんだと思う。

一番はやはり“戦争”なんだろうけど
まだ、あんまり伝わってはこないな。

だって
台詞で言ってるだけだからさ>言っちゃった


まずは甲東出版―

今回のユーモア特集が検閲に引っ掛かった
このご時世、笑える読み物を載せるなんて不謹慎

…とのこと。

何度も言っちゃうけど
今迄はどんな内容の雑誌だったの?
今回はどれだけの違いがあるの?
つーか
今回のはどんな内容だったの?


ひじゅにの無知を晒すけど>え、もう分かってる?

政府を揶揄したものだとか反戦思想を盛り込んだものだったら
あるいは
単なるオフザケ、とんだオチャラケいい過ぎないものだったら
当然の処置だろうけど…

目玉となっている小説(作者名忘れた)は
挿絵を描いた花山さんが言うには
平凡な一軒家に住む平凡な男の話…ってことだし

原稿を貰ってきたミッチーによれば(表現は忘れたけど)
何でもない日常の中で醸し出される笑い…みたいな
『暮しの手帖』に、まんま繋がる様な
恐らく西田的にはこのドラマそのものを言い表している様な
ささやかな物語というイメージだよね。

それがどう当局の逆鱗に触れたのか?
それほど戦局は切羽詰まっていたと言いたいのか?
戦争がどれだけ人の心を狂わせるかを訴えたいのか?
…そういうところを描いてほしかったな。


本当なら
ただ「笑わせる」の一言で済ますのではなく
もうちょい具体的に、どんな傾向のものにしたいのか
そこを話し合うシーンが欲しかったし
出来ることならば、常子が原稿に関わるエピも欲しかった。

でも、実際には
ただ「笑わせる」の一言で終わっちゃったし
常子が雑誌の回収に行く姿もなかった。

キザな台詞やスカした態度しか見せていなかったミッチーが
雑誌を乗せたリヤカーを引いてくるシーンがあったのは
等身大というか、肉が付いたキャラになったみたいで良かったのに。



「私が企画を提案したばっかりに…」
偽善者ぶる常子>こらこら

同じ企画を社長も立てていたという設定は
ヒロイン上げ、ヒロインのおかげ…的な
“お約束”を和らげるためかなあと
少~しばかり好意的に解釈していたのだけど

こうしてヒロインが自分だけ悪者にならない様にとの
セコい仕掛けだったのか。


回収の時もそうだった様に
削除に関しても、すぐに手を出そうとしない常子。

呆然としていたから…とか
折角の花山さんの挿絵も切り取るのは躊躇われる…とか
それこそ好意的解釈をしてあげたいけど

上目線常子はただブータレているだけに見えてしまうので困ったもの。

それを裏付けるかの様に
ページの下の方を破り残す常子の図ぅ―

単に不器用なだけかもしれないけど(笑)
でも、アレはないよなあ…

皆、それこそ苦渋の決断で削除に取り掛かっているのに
常子ったら言葉とは裏腹に他人事っぽい(^^;)


そして、青柳商店―

こちらは常子が直接関わる仕事じゃないから
他人事でも仕方ないかな…

いやいや、実の孫なんだから関わりは大いにあるよね。

清さんは養子ということで
以前からずっとコンプレックスを抱えている様子だった。

それが仕事を全面的に任される様になって解消されかけていたのに
今回のお祖母様の反対で、再び拗らせかけた。
でも、お祖母様の(これまた)苦渋の決断で道は開けた。
とはいえ、清さんだって今回の仕事にはプライドは大いに傷ついているはず。
彼にとっても苦渋の決断だったわけ。

そこの微妙な心情の動きが
(このドラマにしては)ちゃんと伝わってきたと思う。

甲東出版パートでの常子と
こちらの清さんを対比させているとしたら

ヤバいぜ、ヒロイン!

ってところでせうか?


ちょっと引っ掛かったのは

お祖母様の相変わらずの台詞回しも引っ掛かったけど
そこはまあ置いといて>ぇ


清さんが秘密にしておこうと言っていた間取りの件を
鶴太郎がバラしてしまったらしいこと。

そりゃあ鶴太郎は学費の件での前科があるから
他の人よりは「らしい」展開ではあるけど
あの時はお酒の誘惑に負けたわけだし
自分が仕出かしたことを忘れているというオチだったし
今回とは単純に繋がらないんじゃ…

つーか
バラしてしまったという結果だけど
台詞で語らせるだけってのが
ナントモ…





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


秘密のショコラスポンジロール


大草原の小さな四畳半


削除 処分 秘密を守りきります!


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2230-6067a867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん (第70回・6/23) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第12週『常子、花山伊佐次と出会う』『第70回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 常子(高畑充希)が提案した新しい企画が検閲にかかり、谷(山口智充)が警察に捕まってしまう。五反田(及川光博)は、会社を守るため発売直前の雑誌を回収しようと動き出す。一方、常子た...

とと姉ちゃん 第70回

内容検閲に引っ掛かり、谷(山口智充)社長が警察に逮捕された。五反田(及川光博)は、会社を守るために、雑誌の回収を試みる。 そのころ、仕事を受けてきた清(大野拓朗)に滝子(大地真央)が。。。 敬称略 これで、いいの???????? ハッキリ言って “お上”へ...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第70回 感想

常子(高畑充希)が提案した新しい企画が検閲にかかり、谷(山口智充)が警察に捕まってしまう。 五反田(及川光博)は、会社を守るため発売直前の雑誌を回収しようと動き出す。 一方、常子たちが暮らす青柳では、清(大野拓朗)が受けた仕事をめぐり滝子(大地真央)と対立していた。 普段通りの暮らしを守れない作りは青柳の名に恥じると反対する滝子に対し、今の時世どんな仕事を受けてでも店を守るのが大切なの...

太平洋戦争>『とと姉ちゃん』第71話 «  | BLOG TOP |  » 銭形平次>『とと姉ちゃん』第69話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (73)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (14)
食べ物・飲み物 (32)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR