topimage

2017-10

人生の目標>『とと姉ちゃん』第58話 - 2016.06.09 Thu

鞠子の方が「とと姉ちゃん」っぽい
…そう思った視聴者は少なくないと思われ

そのせいか、最近の鞠子は
美子の世話を焼いたり
常子との間を取り持とうとしたり
「親」の役目も担い始めた

常子=「とと」なのは
ドラマ上、動かせないだろうから
鞠子=「かか」

そうそう、もう本物のかかはいらないね
姉妹三人だけの物語にした方がまだ健気さが出る

…と、思ってしまう今日この頃ですが
皆さん、いかがお過ごしですか?

…ひじゅにですが何か?



「立派だわ」by早乙女



星野さんにプロポーズされて
悩みに悩んでいる常子の図ぅ―

…ってことなんだろうけど

いつもの様に
ただ、ポーッとなっているだけに見えるのが
悲しいところ。


元も子もないことなんだけど
本当のことだから言っちゃうと―


星野さんが
あと一歩上手く行けば魅力が出るとは思うものの
その一歩が行けてないから魅力のないキャラのままで

常子の方はもう言わずもがなで>ぉ

だから2人が一緒にいても
画面のこちら側にまで伝わってくる様な化学反応は見られないし

プロポーズなんていっても
「だから何?」って感じだし

もう何ちゅーか
1mmも心が動かないんですけど…

これって、ひじゅにの感受性に問題あり!でせうか?


モデルの大橋鎭子さんが生涯独身だったからってのもある?
いや、ないな。
そうせ別れちゃうんでしょ?とは思うものの(笑)
それでも、こんな悲しい恋を秘めていたのかもしれないと思えば
より切ないハズじゃん?


そんな、ひじゅにの葛藤(ぇ)に関係なく
知恵熱を出すほどに悩みまくる常子である―


朝食の席に間に合わなかったため美子との仲がさらに拗れたのに
夕食をも断ってしまう常子>いや、それは仕方ないから

つーか
熱でも出さなければ心配してもらえない常子
いや
熱を出してまでも内面まで思いやってはもらえない常子
…ではある。

森田屋の人々は勿論、実家族の皆でさえも
普段あれほど常子を持ち上げているのは
常子を上手いこと利用するためじゃないか…とさえ思えてくる。

まあ、物語の流れからして、そんなわけないのだけど(笑)

常子自身の感情も
常子への周囲の皆の感情も
全くと言って良いほど伝わってこない。

だから当然、家族の絆なんて「何それ?」状態。


このままで良いのか西田?
本来なら、今は視聴者も気を揉んで盛り上がっているところだろ?
なのにコレじゃつまらなくなる一方じゃん。

…あ、実際にツマラナイんだからコレで良いのか。
実はコレって意図通り?>ぇ



それでも一応、常子の苦悩を表すために
熱だけでなく夢と早乙女さんに2つの形で協調する西田―


は、星野さんと結婚し家庭を築くも
借金取りに脅される
…というトホホな未来。

常子が家庭に入ったため、鞠子の学費は借金して
…ということらしい。

え?
結婚後も働けば良かったじゃん。

職もなかなかないだろうけど
そこは持ち前のバイタリティで頑張れば
朝ドラ・ヒロイン特権で何とかなったんじゃ?

星野さんだって
常子の状況を知りながら結婚を決めたのなら
借金は仕方ないとしても少しずつ確実に返すだけの甲斐性がなくっちゃ。

お祖母様に安易に頼らなかったことだけは褒めてあげるけど。


早乙女さんの方は
言うだけで実際には何もしない多田さんの言葉に動かされて
常子のお見舞い来て、自分の境遇について少し話すも
結局は常子上げ。

まあ「立派」と言われちゃあ
簡単に寿退社もし難いね、常子。

それとも
「女が自分の力だけで生きていけるほど甘い世の中ではありませんもの」
聞き様によっては
結婚へと常子の背中を押す言葉とも受け取れるけど
先の事を考えると、そーいうわけではないのだろうな。


こんなに具体的にアカラサマに分かり易く
心が真っ二つに分かれた常子
…っを強調しているのに

観ているこちらの心は
シーンと静まり返って、さざ波さえ起こる気配がないのは
何故だろう何故かしら?


言葉として出されることと
実際に画面から伝わってくることが
違う!ってことは昨日も書いたけど

残念ながら今日もそうだよ、西田。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


万年筆>レザー・キーホルダー


櫛&ハサミ>カフスボタン


知恵熱


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2217-c75196ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん (第58回・6/9) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第10週『常子、プロポーズされる』『第58回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 急きょ、大阪の研究室に行くという星野(坂口健太郎)は常子(高畑充希)に結婚してほしいとプロポーズする。突然の告白にぼう然とする常子。柄にもなく熱を出し寝込んでしまう。自分が家族の...

【とと姉ちゃん】第58回(6/9)「プロポーズ続き」感想

6/8(水)放送の前回(第58回)の関東の視聴率24.6%で、最高視聴率タイでし

【とと姉ちゃん】第58回(6/9木)「プロポーズ続...

6/8(水)放送の前回(第58回)の関東の視聴率24.6%で、最高視聴率タイでした♪(詳細はこちらです)前回最後の星野のプロポーズが注目されたのでしょう♪(^^)星野のプロポーズの続き...

とと姉ちゃん 第58回

内容美子(杉咲花)とケンカした常子(高畑充希)だが、鞠子(相楽樹)から。。。。皆の思いを。。。。。そんななか、常子は、星野(坂口健太郎)からプロポーズされる。 敬称略 ↑かなり、好意的に。。(苦笑) そもそも、大問題なのは。 “常子が、家族の...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第58回 感想

急きょ、大阪の研究室に行くという星野(坂口健太郎)は常子(高畑充希)に結婚してほしいとプロポーズする。 突然の告白にぼう然とする常子。 柄にもなく熱を出し寝込んでしまう。 自分が家族のためにしていることはうっとうしいことなのか。 このまま結婚もせず自分を犠牲にする人生でよいのか、布団の中でしゅん巡する常子。 そんな折、見舞いに訪れた早乙女(真野恵里菜)から妹たちの面倒を見るべきだと...

小銭>『とと姉ちゃん』第59話 «  | BLOG TOP |  » 桜はバラ科>『とと姉ちゃん』第57話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (15)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR