topimage

2017-06

007は二度死ぬ - 2016.05.29 Sun

またまたTV放映にてショーン・ボンド視聴。

これで『007』シリーズも8作目。
印象としては
おバカ映画スレスレのカッコ良さ
ちゅーところでせうか。

でも、今作ばかりは

スレスレを通り越して
おバカ映画ど真ん中!
ちゅー感じ>スマソ

ま、それでも好きだけどね(笑)



「嫌われなくて良かった」byボンド



今作は日本が主な舞台。

噂には聞いていたのだけど
おお、世界的人気作に日本が関われたなんて素敵じゃん
…と素直に思っていた。

ところが観てみたら、ぶっ飛びましたわ(笑)

相撲が出てきたあたりでは、そんなに悪くない気がした。
割と正しい日本を紹介しているんじゃないの?とさえ思った。

乗り込んでいった部屋が変に和洋折衷なのも
仏像を武器にして、それが簡単に折れてしまうのも
まだまだ平気!と思って観ていた。

地下鉄の構内でイキナリ床が抜けて
田中@丹波哲郎の秘密基地(?)に滑り込むあたりで
心が折れ始めた(笑)


温泉か風俗かよく分からないシーンは
日本の正しい誤解のされ方という感じで>どーいう感じよ
却って落ち着いたんだけど>ぇ

港でアキを逃がすシーンなんぞは
何だか物凄~くノンビリしていて
ちょっと悲しくなってしまった(^^;)

忍者の訓練シーンは、ご愛敬ってとこかな(笑)


一番笑ってしまったのは、ボンドが日本人に変装するところ。

変装ではなく整形手術をするのか?って雰囲気で始まったのに
真っ先に要求した道具が「毛抜き」って(笑)

おまけに「鬘」だし(笑)
せめて染めようよ。

ただ、何か(シリコン?)を貼り付けて
瞼を厚ぼったく見せていたところはリアル。
西洋人と東洋人の違いが大きく表れる部分の一つだよね。

だからって日本人に見える様になったかというと
これが全然…(^^;)
キモイし。


ボンドの最大の欠点が“”だってことは
ピアース・ボンドで納得済みだけど
そこはスマートにこなしてこそ、のもの。
粋とかカッコイイとか男の夢とか言えるもの。

今作のボンドはただの女ったらしで
ナンダカナ…


最初の方の中国人女性とのベッドシーンで
「味が違う」なんぞとほざくのは、まだ許容範囲。
これから(同じく東洋である)日本に舞台が移ることへの
前振りと受け取ることができるし。

でも、その後はやりたい放題しているだけ(笑)

それでこそ007!と言いたいけど
今作の彼は肝心の任務においてはポカばっかりしている感じで
なんか違うって気がする(^^;)

それこそ『ジョニー・イングリッシュ』と大差ないじゃん。
いや、あっちはすっ呆けているだけ良い。



日本人になりきるために日本人女性と偽装結婚をする
ってのは良しとして
ワザワザ結婚式を挙げるってのも「はあ?」なんだけど

最初に見かけた花嫁がイマイチの容姿なので
露骨に嫌な顔をするし
自分の花嫁となる人は幸いにも美人だったので
大喜びするし

しかも、結婚したからにはベッドインしなくちゃ嫌だと駄々をこね
断られると食事も放棄して拗ねる。

その間に出逢ったもう一人のボンドガール@アキが
殺された直後だというのに…

可愛くない!
可愛くないぞ、007!



忍者に扮して忍び込むところもなあ…
違う!
それ、忍者のコスチュームはそういうんと違う!



…てな具合に
日本を誤解している…というレベルを通り越して
日本を大いにいじって遊び倒してくれた!
って感じの『007は二度死ぬ』でありました。

やっぱ、これ『ジョニー・イングリッシュ』だったんじゃないの?

でも
決して嫌いではない(笑)





『007 You Only Live Twice』 1967年/イギリス、アメリカ
監督:ルイス・ギルバート
脚本:ロアルド・ダール
原作:イアン・フレミング
音楽:ジョン・バリー
主題歌:ナンシー・シナトラ『You Only Live Twice』
出演:ショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)
丹波哲郎(タイガー田中)若林英子(アキ)浜美枝(キャシー鈴木)
島田テル(大里)カリン・ドール(ヘルガ)チャールズ・グレイ(ヘンダーソン)
特別出演:佐田の山晋松、鶴ヶ嶺昭男、琴櫻傑將、富士錦猛光、2代式守伊三郎




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


DVD>TV放送吹替初収録特別版


ブルーレイ


『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』


スポンサーサイト

● COMMENT ●

まさかこちらを先にご覧になるとは思いませんでしたよw

小さい頃に親が丹波哲郎と浜美枝はあの007に出演した日本でも有数のハリウッド映画出演者なんだと話を聞いていたので、勝手にすごい想像をしてたのですが、実際DVDでこの映画みた時のショックはかなり痛烈でありましたw

日本ってしょせんこんな風に世界で思われているってことなんですかね?w パロディー映画なら楽しめますが、もし当時のハリウッド映画での真剣に製作した映画なら何とも言えませんw


でも、ひじゅにさんが楽しめたなら、それがせめてもの救いですw

ジャスターさん☆

ありがとうございます。
TVだからカットされてるだろうし、吹替え版だから
余計にヘンテコなのが目に付いたのかもしれません
…って、ちゃんと観てもヘンテコだったか(笑)

日本が舞台の米映画では『ベストキッド2』を観ましたが
あれも相当でしたね>でも今作よりはマシ?
ラルフ・マッチオが可愛かったので大いにマシ(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2206-642ee0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャラメル>『とと姉ちゃん』第49話 «  | BLOG TOP |  » ぜんざい>『とと姉ちゃん』第48話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (73)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (14)
食べ物・飲み物 (32)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR