topimage

2017-08

胡坐と太陽>『とと姉ちゃん』第37話 - 2016.05.16 Mon

少女時代が終わる―
という、先週最後のナレーションからして
今週から第二部に入るのかと思われるけど

何だか相変わらずだなあ

良い意味でも悪い意味でも―
と言いたいけど

悪い意味しかない様な気がするなあ>こらこら


…ひじゅにですが何か?



「今日も全力で走らないといけないか」by鞠子



↑妹達の面倒を見るどころか迷惑かけっ放しの常子の図ぅ?


女学校最終学年@5年生になったという常子―

先週まで何年生だったのかは覚えていないけど
15歳と言っていたのは確かだよね。
今は16~17歳?

2年は経った可能性もあるし
単に年が明けて新学期が始まったところかもしれない(半年くらい)
良く分からないところが、このドラマらしいかも(笑)

新しい章の始まりってことで少しの年月経過が必要なんだろう。
美子は全然変わっていないけど
常子は制服がチェンジ!

「馬子にも衣裳」
と、お祖母様に言われていたけど
てことは、まだ新調して間もないってことだよね。
最終学年になって、やっと!?

鶴太郎からの援助だと思っていた時は
制服も遠慮していた常子。
お祖母様の援助を堂々と受けている今>返済なんて必要ないだろうし
物質的にちょっと余裕ができてきて
精神的にちょっと余裕が出来過ぎてしまった?


つーか、ひょっとして
お祖母様の言葉は「馬子」と「孫」をかけた
シャレに過ぎなかったのか?
あそこは笑ってスルーすべきところだったのか?



年月経過+制服のおかげで
常子にチョッカイを出すクラスメートは絶滅した模様。

それでも
親しい友人は綾さん唯一人なのは変わらない様子。

明らかに変わったのは担任教師。


出オチであるかの様に
登場時だけインパクトあった片桐はいり@東堂チヨ先生

イキナリ胡坐をかけと言い出すのは
それこそインパクトのためだろうけど
「はあ?」って感じだなあ。


聞かれた生徒が
「お行儀悪いから」
と、都合の良い言葉を出してくれたから
あんな風に話が続いたわけで…

ひじゅにだったら
「スカートだから」
と、答えちゃうかもな。

だって
パンツ見えちゃうし~
パンツで床に直接座るなんて冷たいし汚いし~
制服がスカートなのは学校側が決めたことだし~
何なら体操服に着替えてから胡坐かきましょか?
着替えさせてくれないなら、それってセクハラっしょ!?

と、生意気なことを言っちゃう気がするけど>下品でスマソ
あの時代でのあの教師なら逆に褒めてくれるでせうか?


でも、さすがのヒロイン@常子は
性別に囚われない考え方を推奨する先生の言葉に
就職口を探すのに「女性向け」に拘っていた自分を反省するのであった。

言われた言葉を適用するのは常子が得意とするところ。


それ自体はとても大切なことなんだけれど
何となし常子からは
いつも自分のことしか考えてないので
何事も自分に結び付けるし自分に都合良く取り入れる
…という、ちょいと斜めな印象を受けてしまう。

あ、そんな風に見てしまう、ひじゅにの方が斜めでせうか?
スミマセンスミマセン!


つーか、ここは
朝ドラ“お約束”の一つ@受け売り
のシーンなのか?



そんなわけで
先生から平塚らいてうの雑誌を借りる常子―

夢中になる様子は微笑ましいけど
夢中になっている描写が何だかイマイチ>ひじゅにだけ?

唯一の友である綾さんは置いてっちゃう
忙しい&危険な木場も二宮金次郎で通過しちゃう
せわになっている森田屋の面々にも目もくれず
手伝うそぶりもないまま机に向かって暗くなるまで読みふける
…あんまり微笑ましくないんですけど(^^;)

おまけに
森田屋の人々を待たせて平気な顔で食卓につき
無邪気を装って勝手に食べ始める
…あんまり好感持てないんですけど(^^;)

ここは
「しょーがないなあ」と苦笑しつつも
常子を可愛いと思わなければいけないシーンだと思うんだけど
常子の将来を思ってワクワクすべきところなのかもしれないけど

できんかったよ、スマソ!


それより、適用上手(?)な常子としては
平塚らいてうの言葉に

青白い月=かか
自分は、かかの様にはならない!
太陽となって家族の上に加賀谷相手みせるぜよ!


と発奮しそうな気もするけど
まあ、まずそんなことはないでせう>かかはドラマ内では肯定されてるしな





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


真新しい制服をお祝いボックスにデザインした鉛筆セット


写真集平塚らいてう人と生涯


子どもが「読書」に夢中になる魔法の授業


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2193-d2e3e135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第37回 感想

昭和11年春。常子(高畑充希)は女学校最高学年の五年生となる。 クラスの同級生の大半が嫁いでいく中で、家族の食いぶちを稼ぐため、少しでも給料の高い仕事を探していた。 そんな折、新たな担任としてやってきた東堂チヨ(片桐はいり)に出会う。 「女性とはこうあるべき」という固定観念に捕われず、自分の気持ちに正直に挑戦する大切さを教わる。 一方、鞠子(相楽樹)は進学したい思いを誰にも相談できず...

とと姉ちゃん (第37回・5/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第7週『常子、ビジネスに挑戦する』『第37回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 昭和11年春。常子(高畑充希)は女学校最高学年の五年生となる。クラスの同級生の大半が嫁いでいく中で、家族の食いぶちを稼ぐため、少しでも給料の高い仕事を探していた。そんな折、新たな...

【とと姉ちゃん】第37回(5/16月)感想&土曜スタジオパーク感想

今回、最初に月日が飛んで、昭和11年春になりました。 どの位、月日が飛んだのでし

【とと姉ちゃん】第37回(5/16月)感想&土曜ス...

今回、最初に月日が飛んで、昭和11年春になりました。どの位、月日が飛んだのでしょう?今迄、常子が何年生だったのか分かりませんが、女学校、5年生になり、最終学年です。ようやく...

人形の家>『とと姉ちゃん』第38話 «  | BLOG TOP |  » ばら園に行ってきました

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (118)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR